します。NET Framework 2.0 SP1 をインストールするがコンピューター上に失敗がします。NET Framework 2.0 のインストールが実行されている Windows XP、Windows Server 2003、または Windows 2000

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 951950
この資料には、Windows Installer Cleanup ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクが記載されている可能性があります。Windows Installer Cleanup ユーティリティを使用して問題を解決するためにこの資料が提示された場合、製品のインストールのサポートについてはソフトウェアの製造元に連絡してください。また、Windows インストーラーを使用する製品のアンインストールの問題のトラブルシューティング手順については、以下のサポート技術情報の資料を参照してください。

2438651 Windows ベースのコンピューターでプログラムをインストール、アンインストール、またはアップグレードするときに発生することがある問題のトラブルシューティング方法
Notice
この資料では、Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティ (MSICUU2.exe) へのリンクを含めることができます。Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティを使用して、問題を解決するのにはこの資料が表示された場合は、してください、製品のインストールのサポートについて、ソフトウェアの製造元に連絡してくださいまたは、Windows インストーラーを使用して製品のアンインストールに関する問題のトラブルシューティングの手順を次の Microsoft Knowledge Base 資料を参照してください。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft をインストールするときにします。NET Framework 2.0 Service Pack 1 (SP1) が、コンピューターにします。NET Framework 2.0 がインストールされているとが実行されている Windows XP、Windows Server 2003、または Windows 2000。NET Framework 2.0 SP1 のインストールは失敗します。

原因

Windows インストーラーをキャッシュに読み込む必要がありますこの問題発生データベースのインストールとアンインストールなどのメンテナンス ・ インストール、Windows インストーラーを実行すると、すべての更新。パッケージでは、これらの更新プログラムは Windows インストーラー キャッシュ内に存在しない場合は、Windows インストーラーは以前のソース ディレクトリから更新プログラムを検索しようとします。

します。NET Framework 2.0 SP1 は、以前のバージョンのアンインストールは大幅なアップグレードがします。NET Framework 2.0。Windows インストーラー パッケージが以前にインストールされている更新は、アンインストール処理中に見つけることができませんの場合は、インストール、エラー メッセージで失敗します。

不完全なロールバックが発生した場合は、インストールするのには、このエラーも使用するアプリケーション可能性がありますは。NET Framework の失敗します。

この問題は、次の 2 つの理由のいずれかの発生します。

Windows インストーラーのキャッシュに必要なファイルが不足しています

Windows インストーラー キャッシュは、修復、更新、および製品をアンインストールするが重要です。したがって、削除または、キャッシュの内容を変更する必要がありますされません。キャッシュの内容を変更する場合は、更新するか、Windows インストーラー ベースの製品を修復するとき、ソースの必要があります。

場合 Windows インストーラー キャッシュ内を検索すると、Windows インストーラーの修正プログラム (.msp) ファイルをない場合があります。なぜ .msp ファイルが見つからなかった可能性があります、次の 2 つの一般的な原因を次に示します。
  • 検索とサイズの大きなファイルを削除またはディスク上のファイルをほとんど使用して、ツールを実行します。
  • システムまたは管理者から %windir%\Installer ディレクトリ変更の所有者です。
この問題が発生した場合は、失敗したインストールは、Windows インストーラー ログで次の参照してください。

MSI (s) [19:05:57:843] (D0:B0): ローカルのパッチ 'C:\WINDOWS\Installer\a4784a.msp' が見つかりませんでした。元に検索します。MSI (s) (D0:B0) [19:05:57:843]: パッチを解決するためのソース。

Microsoft を使用できます。NET Framework 2.0 登録修正をインストールしたときに発生する場合は、この問題を解決するのにはツールをします。NET Framework 2.0 SP1。ツールは、特定の .msp ファイルをロードするメンテナンスのインストールが試行されないように、この更新プログラムに固有のすべての修正プログラムまたは更新プログラムの登録を削除することによって問題を解決します。

また、インストーラーのキャッシュを再構築してこの問題を解決することもできます。通常、サポート技術情報番号の修正プログラムまたは更新プログラム「解決する修正プログラム ファイルの場合、」の次の行を次の例に示すようにあります。

MSI (s) (D0:B0) [19:05:57:859]: SOURCEMGMT: ソースであるためがないとアクセスできないパッケージが無効です。
MSI (s) (D0:B0) [19:05:57:859]: メモ: 1: 1706年 2:-2147483647 3: NDP20 ・ KB917283 ・ X86.msp

次の使用例は、Windows インストーラーのキャッシュを修正するには、次の手順を実行します。
  1. 次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/kb/917283
    メモ 修正プログラムまたは Windows インストーラー キャッシュを修正する更新プログラムの技術記事数を Knowledge Base の文書番号 url を置き換えることができます。
  2. この更新プログラムをダウンロードします。
  3. 使用して、修正プログラムまたは更新プログラムの中で、.msp ファイルを抽出、 /x コマンド ライン スイッチまたは、 /extract コマンド ライン スイッチです。
  4. 不足しているファイルの場所は、展開した .msp ファイルをコピーします。この例では、場所は %windir%\installer\a4784a.msp です。

修正プログラムの登録や更新の登録が破損しています。

Windows インストーラー ベースの製品の修正プログラムまたは更新プログラムのインストール後、修正プログラムの登録または更新登録壊れて可能性があります。この問題は、特定のレジストリ キーを削除するサード ・ パーティ製レジストリ クリーナー ユーティリティのために発生します。これらのキーには、目的としています、キー使用して、Windows インストーラーにはが含まれます。この例では、「解決する修正プログラム ファイルの」メッセージがログにとおりです。

MSI (s) (CC:5 C) [03:02:56:181]: ローカルの修正プログラムは見つかりませんでした '。元に検索します。
MSI (s) (CC:5 C) [03:02:56:181]: パッチを解決するためのソース。

メモ 修正プログラムまたは更新プログラムの場所のため、ログ メッセージに失われているまたは登録情報を更新します。この例では、修正プログラムまたは更新プログラムは、製品が登録されます。ただし、修正プログラムまたは更新プログラムの場所情報がありません。ファイルが存在する可能性がありますが、Windows インストーラーは Windows インストーラーをロードするために必要なファイルのパスを認識しません。

Microsoft を使用できます。NET Framework 2.0 登録修正をインストールしたときに発生する場合は、この問題を解決するのにはツールをします。NET Framework 2.0 SP1。ツール メンテナンスのインストール、修正プログラムまたは更新プログラムのパッケージをロードしないでくださいするように、このサービス パックに固有のもののすべての修正プログラムまたは更新登録を削除することによってこの問題が修正されます。

回避策

正常にインストールできない場合、します。NET Framework 2.0 SP1 およびインストール ログ ファイルを「原因」セクションで説明するように"解決する修正プログラム ファイルの"テキストの検索では、マイクロソフトがダウンロードできます。NET Framework 2.0 登録修正この問題を解決するツール。

[マイクロソフト]。NET Framework 2.0 登録・修正ツール

マイクロソフト。NET Framework 2.0 登録修正ツールの「原因」セクションで説明する問題が解決されます。

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
マイクロソフトをダウンロードします。NET Framework 2.0 登録修正ツールのパッケージを今すぐです。

「Microsoft ダウンロード センター」を各プロセッサ アーキテクチャ用のツールの 1 つバージョンが、、。NET Framework 2.0 (x86、x64、および ia-64) をサポートしています。ほとんどのお客様は、32 ビット版のオペレーティング システムを実行します。したがって、これらのお客様にダウンロードし、x 86 バージョンのツールをインストールする必要があります。

管理者可能性がありますもこのユーティリティを使用してスクリプトのいずれかを渡すことによって、 /q コマンド ライン スイッチまたは、 /quiet コマンド ライン スイッチです。この方法ではがサイレント モードでは、ユーザー インターフェイスを使用しないとブロックのスクリプトを使用せず実行できます。

ツール、%TEMP%\dd_clwireg.txt フォルダーの下にあるログを書き込みます。このツールが何をしている詳細についてはログを表示できます。

メモ
  • マイクロソフト。NET Framework 2.0 登録修正ツールが意図していない任意のバージョンを使用するがします。NET Framework 以外にします。NET Framework 2.0。
  • このユーティリティを実行する管理者があります。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この資料で説明する問題を防止する方法

直接 %WINDIR%\Installer ディレクトリに置かれているファイルは削除しないことを確認してください。またでサイズの大きなファイルを削除] または [使用頻度が低いファイルの容量を解放するディスク領域再利用ユーティリティがこのディレクトリの下のファイルを削除しないことを確認します。

Msizap.exe ファイルを Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティに使用します。このユーティリティは、Windows ソフトウェア開発キット (SDK) に含まれているです。ユーティリティは、いくつかのファイルまたはインストーラー キャッシュ内のすべてのファイルを削除できます。ただし、このツール最後の手段としてのみ使用する必要があります。このユーティリティを使用する前に、慎重に情報と、ユーティリティに関する警告をすべて読むことを確認してください。常に Windows インストーラーでは、次のいずれかを使用して、製品や、修正プログラム、更新プログラムをアンインストールするが最適です。
  • 追加と削除] ユーティリティでは、Windows 2000、Windows XP、または Windows Server 2003
  • Windows vista または新しいバージョンの Windows オペレーティング システムで、ソフトウェア エクスプ ローラー
  • Msiexec.exe ファイル (製品自身のアンインストーラーがない場合) コマンドライン
メモ 影響を与える問題についてこの資料では説明しませんがします。NET Framework 2.0 の Vista およびそれ以降のオペレーティング システム。

関連情報

Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
290301Windows インストーラー クリーンアップ ユーティリティの説明

プロパティ

文書番号: 951950 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbprb kbpubtypekc atdownload kbmt kbmsicuu2 KB951950 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:951950
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com