GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクでは、Windows Server 2008 で動的なブート パーティション ミラーリングを設定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 951985 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

このステップ バイ ステップの資料では正常に動的なブート パーティションの GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクでは、Windows Server 2008 のミラーリングを設定する方法について説明します。32 ビット バージョンの Windows のマスター ブート レコード (MBR) ミラーとは異なり、多くの手順が正常に作成し、GPT ディスクにミラー化されたブート ボリュームを開始するがあります。また、プライマリ ディスク障害後の回復する方法についても説明します。

組み込み、Diskpart.exe を持つ必要があり、GPT ディスク上の Windows サーバー 2008年ボリュームのミラーを作成するのには、Bcdedit.exe ユーティリティを起動します。これらのタスクをディスクの管理コンソールは使用することができます。他のタスクでは、組み込みの Diskpart.exe ユーティリティを使用しています。

一貫性と使いやすさは、この資料の手順この資料では、Diskpart.exe ユーティリティを使用します。Diskpart.exe コマンドのいずれかのヘルプ、Diskmgmt.msc を起動し、ヘルプ トピックを開きます、 ヘルプ メニューです。実際の例の手順では、この資料に記載されている手順を使用します。

この資料の手順を各コマンドが返されることが期待どおりの結果を表示します。これらの手順をディスク 0、プライマリ システムとブート ドライブは、ディスク 1、別のドライブです。

詳細

ミラーリングには、別のドライブを準備します。

ブート ボリュームのミラーを設定する前に、拡張ファームウェア インターフェイス (EFI) パーティションを含むコンピューターで別の GPT ディスクがあることをお勧めします。EFI パーティションには、オペレーティング システムの起動に使用される、システム ファイルが含まれています。ディスクを開始するのには、EFI パーティションが必要です。プライマリ システム ドライブ (ディスク 0) が失敗した場合は、EFI パーティションを別のドライブ (ディスク 1) オペレーティング システムを起動できます。作成し、セカンダリ ドライブ上の新しい EFI と Microsoft 予約 (MSR) パーティションを準備する方法について説明します。必要な EFI と MSR パーティションを作成するのには、Diskpart.exe ユーティリティのみを使用できます。作成または EFI または MSR パーティションをミラー化するのには、[ディスクの管理] コンソールを使用できません。

次の手順を開始する前に、システムおよびブート パーティションのプライマリ ・ ディスクの容量以上の空き領域が未割り当てがもう 1 つのベーシック ディスクがあることを確認します。既にスペア ドライブをダイナミック ディスクに変換する場合は、次の手順を実行する前に、基本のドライブに戻します。
  1. コマンド プロンプトでは、Diskpart.exe ユーティリティを実行します。

    メモ これは、diskpart のコンソールを起動します。コンソールが初期化されると、 DISKPART > 表示されます。Diskpart コンソール入力コマンドの準備ができました。
  2. セカンダリ ドライブにしたいディスクを選択し、そのドライブを GPT に変換します。この例では、ディスク 1 はミラーのセカンダリ ・ ドライブが使用されます。

    メモ 選択したディスクにデータ パーティションが含まれていてはなりません。さらに、そのディスクはプライマリディスクの容量以上の未割り当て領域が含まれるベーシック ディスクでなければなりません。

    メモ コマンド プロンプトで入力するコマンドを次に示します。コマンドの書式が設定されたで太字、およびコマンドに関する、または、画面の表示の内容についてのコメントがテキスト形式でフォーマットされています。
    1. DISKPART >ディスク 1 を選択します。
      Disk 1 is now the selected disk. 
    2. DISKPART >GPT に変換します。
      Diskpart successfully converted the selected disk to GPT format.
    3. DISKPART >リスト パーティション
      Partition ###  Type              Size     Offset
      
      ------------- ----------------  -------  -------
      Partition 1    Reserved          128 MB    17 KB
      
      メモ 生じた場合、不適切なドライブを選択、1 つ以上のパーティションが表示されますやが raw デバイスを開始できませんでした。続行、またはデータの損失が発生する可能性がある前にこの問題を解決します。
  3. ディスク 1, パーティション 1 を選択し、削除します。オーバーライド コマンドを使用して、Microsoft 予約 (MSR) パーティションを削除する必要があります。必要な EFI パーティションを作成した後新しい MSR パーティションを再作成します。
    1. DISKPART >パーティション 1 を選択します。
      Partition 1 is now the selected partition. 
    2. DISKPART >パーティションの上書きを削除します。
      Diskpart successfully deleted the selected partition.
  4. ディスク 0 を選択し、ディスク 0 のパーティションを一覧表示します。Listコマンドの出力では、ディスク 1 とディスク 0 の EFI と MSR パーティションのサイズは同じである新しい EFI と MSR パーティションを作成します。
    1. DISKPART >ディスク 0 を選択します。
      Disk 0 is now the selected disk.
    2. DISKPART >リスト パーティション
      Partition ###  Type              Size     Offset
      -------------  ----------------  -------  -------
      Partition 1    System             200 MB  1024 KB <- EFI PARTITION
      Partition 2    Reserved           128 MB   201 MB <- MSR PARTITION
      Partition 3    Primary             50 GB   329 MB
      
    3. DISKPART >ディスク 1 を選択します。
      Disk 1 is now the selected disk. 
    4. DISKPART >efi のサイズのパーティションを作成 = 200
      Diskpart succeeded in creating the specified partition.
    5. DISKPART >msr のサイズのパーティションを作成 128
      Diskpart succeeded in creating the specified partition
    6. DISKPART >リスト パーティション
      Partition ###  Type              Size     Offset
      -------------  ----------------  -------  -------
      Partition 1    System             200 MB  1024 KB
      *Partition 2   Reserved           128 MB   201 MB

プライマリおよびセカンダリ ドライブをダイナミック ディスクに変換します。

ミラーを作成することができます前に、プライマリ (ソース) ドライブ (ディスク 0) とセカンダリ (送信先) ドライブ (ディスク 1) の両方をダイナミック ディスクに変換しなければなりません。両方のディスクをダイナミック ディスクに変換した後、ミラーを作成することができます。ディスクの管理スナップインまたは Diskpart.exe ユーティリティを使用して、プライマリ ドライブとセカンダリ ドライブをダイナミック ディスクに変換することができます。

Diskpart.exe ユーティリティを使用するをダイナミック ディスクに変換するドライブを選択し、ドライブをダイナミック ディスクに変換します。両方のセカンダリとプライマリ GPT ドライブでこの手順を実行する必要があります。プライマリとセカンダリの両方のドライブをダイナミック ディスクに変換するのには、次の手順を実行します。
  1. DISKPART >ディスク 1 を選択します。
    Disk 1 is now the selected disk
  2. DISKPART >動的な変換します。
    Diskpart successfully converted the selected disk to Dynamic format. 
  3. DISKPART >ディスク 0 を選択します。
    Disk 0 is now the selected disk 
  4. DISKPART >動的な変換します。
    DiskPart successfully converted the selected disk to dynamic format.
  5. DISKPART >終了
    Leaving Diskpart...

ブート ボリュームからミラーを別のドライブに設定します。

プライマリ ドライブ (ディスク 0) とセカンダリ ドライブ (ディスク 1) の両方をダイナミック ディスクに変換した後、ブート ボリュームのミラーにセカンダリ ドライブを確立できます。これを行うには、ディスクの管理コンソールまたは Diskpart.exe ユーティリティのいずれかを使用することができます。Diskpart.exe ユーティリティを使用してこの操作を行うには、次の手順を実行します。
  1. DISKPART > プロンプト、ブート ボリューム (c:)] を選択し、別のドライブ (ディスク 1) にボリュームをミラーリングします。
    1. DISKPART >ボリューム C を選択します。
      Volume 1 is the selected volume. 
    2. DISKPART >ディスクを追加する = 1
      Diskpart succeeded in adding a mirror to the volume.
  2. 完了するのには、そのボリュームの同期を待機し、Diskpart.exe を終了します。Diskmgmt.msc コンソールで同期の進行状況を確認できます。

EFI パーティションをフォーマット.

また、プライマリ ドライブ (ディスク 0) から BCD ストアし、EFI パーティションの内容が、別のドライブ (ディスク 1) コピーする必要があります。

メモ BCD ストアでドライブのいずれかが変更された場合この手順を実行する必要があります。

Diskpart.exe ユーティリティを使用して、EFI パーティションを別のドライブを選択して、書式を設定することができますように、EFI パーティションに、文字を割り当てます。次の例では、ドライブ文字"S"は、セカンダリ ドライブ上の EFI パーティションに割り当てられます。ここでは、任意の使用可能なドライブ文字を使用できます。
  1. DISKPART > ディスク 1 を選択します。
    Disk 1 is now the selected disk.
  2. DISKPART > パーティション 1 を選択します。
    Partition 1 is now the selected partition.
  3. DISKPART > 文字を割り当てる = S
    DiskPart successfully assigned the drive letter or mount point.
  4. Diskpart を使用して、FAT32 ファイル システムを使用するのには、"S"パーティションをフォーマットします。FAT32 ファイル システムを使用してフォーマットされていない場合システム EFI パーティションから起動できません。これを行うには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    DISKPART > フォーマット fs = の FAT32 のクイック
  5. EFI パーティションにプライマリ ドライブ (ディスク 0) を選択し、EFI パーティションにドライブ文字を割り当てます。この例では、プライマリの EFI パーティションをディスク 0 にドライブ文字"P"が割り当てられます。ここでは、任意の使用可能なドライブ文字を使用できます。
    1. DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      Disk 0 is now the selected disk.
    2. DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      Partition 1 is now the selected partition.
    3. DISKPART > 文字を割り当てる = P
      DiskPart successfully assigned the drive letter or mount point.
  6. Diskpart を終了します。

Bcdedit.exe を使用して、ミラー化されたディスクのブート エントリを構成するのには

現在の Windows のブート エントリを表示するのには、 BCDeditコマンドを使用します。ミラーを作成するのには、[ディスクの追加] 操作中に、ボリューム ディスク サービス (VDS)、第 2 のエントリを作成した、Windows サーバー 2008年ブート構成では、ディスク 1 の Windows ブート ローダーは、BCD ストアとも呼ばれます。現在の Windows のブート エントリを表示するのには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを開きます。
  2. コマンド プロンプトに入力します。 P:、および、P. のドライブに変更するのには、ENTER キーを押します
  3. コマンド プロンプトに入力します。 cd EFI\Microsoft\Boot、し、起動フォルダーを変更するのには、ENTER キーを押します。
  4. コマンド プロンプトに入力します。 bcdedit/enum、し、ENTER キーを押します。その後、次のような出力を参照してください。
    Windows Boot Manager
    --------------------
    identifier              {bootmgr}
    device                  partition=P:
    path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
    description             Windows Boot Manager
    locale                  en-US
    inherit                 {globalsettings}
    default                 {current}
    displayorder            {current}
                            {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    toolsdisplayorder       {memdiag}
    timeout                 30
    
    Windows Boot Loader
    -------------------
    identifier              {current}
    device                  partition=C:
    path                    \Windows\system32\winload.efi
    description             Microsoft Windows Server 2008
    locale                  en-US
    inherit                 {bootloadersettings}
    osdevice                partition=C:
    systemroot              \Windows
    resumeobject            {b158d5f9-d91f-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    nx                      OptOut
    
    Windows Boot Loader
    -------------------
    identifier              {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    device                  partition=C:
    path                    \Windows\system32\winload.efi
    description             Microsoft Windows Server 2008 - secondary plex
    locale                  en-US
    inherit                 {bootloadersettings}
    osdevice                partition=C:
    systemroot              \Windows
    resumeobject            {b158d5f9-d91f-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    nx                      OptOut
    
    Windows ブート ローダーの説明は、「Microsoft Windows サーバー 2008 - セカンダリ プレックス、「VDS で [ディスクの追加] 操作中に作成されています。Windows ブート ローダー エントリ"パーティション = C:"はミラー化されたボリューム C と Winload.efi のコピーのファイルは Windows Server 2008 ディスク 1 から起動するディスク 1 のこのエントリへの参照を表します。
次に、EFI ファームウェアのスタートアップ メニューから Windows Server 2008 のディスク 0 または 1 のディスクからの起動を確認させることができますように、コピーの現在の Windows ブート マネージャーを作成します。Bcdedit/copyコマンド、説明が新しい Windows ブート マネージャー エントリを「Windows ブート マネージャーの複製します」、現在の Windows ブート マネージャー エントリをコピーします。Bcdedit/setコマンドを新しい Windows ブート マネージャーの GUID を使用してコマンドは、"S"ディスク上のパーティション 1 にある Bootmgr.efi ファイルのコピーを参照するのには、デバイスのパーティション設定をします。GUID の例を次に示します。
FD221F0A-5B5D-484A-99FE-DEB4B3F90C32
次の使用例は、 bcdeditコマンドを使用する方法を示します。
  1. コマンド プロンプトに入力します。 bcdedit/copy {bootmgr が/d"Windows ブート マネージャーの複製]、し、ENTER キーを押します。次のような出力が表示されます。
    The entry was successfully copied to {GUID}.
  2. コマンド プロンプトに入力します。 bcdedit 設定 {GUID} デバイスパーティションしました。、し、ENTER キーを押します。このコマンドで置き換えます GUID 以前のコマンドからの出力の GUID。次のような出力が表示されます。
    The operation completed successfully.
  3. コマンド プロンプトに入力します。 すべての bcdedit/enum、し、加えられた変更を確認するのには、ENTER キーを押します。その後、次のような出力を参照してください。
    Firmware Boot Manager
    ---------------------
    identifier              {fwbootmgr}
    displayorder            {bootmgr}
                            {1ba28ce0-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28ce1-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28cdf-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28cde-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28ce2-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28ce3-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28ce5-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28ce4-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
                            {1ba28ce8-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    timeout                 2
    
    Windows Boot Manager
    --------------------
    identifier              {1ba28ce8-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    device                  partition=S:
    path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
    description             Windows Boot Manager Cloned
    locale                  en-US
    inherit                 {globalsettings}
    default                 {current}
    displayorder            {current}
                            {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    toolsdisplayorder       {memdiag}
    timeout                 30
    
    Windows Boot Manager
    --------------------
    identifier              {bootmgr}
    device                  partition=P:
    path                    \EFI\Microsoft\Boot\bootmgfw.efi
    description             Windows Boot Manager
    locale                  en-US
    inherit                 {globalsettings}
    default                 {current}
    displayorder            {current}
                            {1ba28ce6-d91e-11dc-bc7e-e72bb3afd58e}
    toolsdisplayorder       {memdiag}
    timeout                 30
    
  4. [コマンド プロンプト] ウィンドウを閉じます。

ファームウェアのブート マネージャーの表示順序で最後の GUID が同じ GUID をセカンダリとして Windows ブート マネージャーには、"S"のパーティションであることに注意してください。これは、NVRAM の EFI ファームウェア ファームウェアのスタートアップ メニューが表示された場合は、ファームウェアによって使用される同期「Windows ブート マネージャーにクローン作成」の説明になっている、新しい Windows ブート マネージャーを意味します。2 つの NVRAM エントリを Windows ブート マネージャーは、"P"のパーティション、およびその他の"S"のパーティションを 1 つになりました。EFI ファームウェアはこれらのエントリは EFI 起動メニューに一覧表示されます。

EFI パーティションし、BCD ストアを 2 番目のドライブにコピーします。

2 番目のドライブに EFI パーティションしを BCD ストアをエクスポートするのには、次の手順を実行します。
  1. ディスク 0 の EFI パーティションに BCD ストアをエクスポートします。ディスクからディスク 1 に 0、BCD ストアをコピーできます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトを開きます。
    2. コマンド プロンプトに入力します。 bcdedit の/export P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2、し、"BCD2。"という名前のファイルに、BCD ストアをエクスポートするのには ENTER キーを押します次のような出力が表示されます。
      The operation completed successfully.
  2. "S"(EFI パーティション、セカンダリ ドライブ上) に"P"(、EFI パーティションをプライマリ ドライブ) からシステム ファイルをコピーするのには、 Robocopyコマンドを使用します。ディスク 0 が失敗した場合、別のドライブに、システムを起動できることを確認するこれを行う必要があります。EFI パーティションを別の文字を使用する場合、適切なドライブ文字を使用することを確認してください。これを行うに入力します。 robocopy p:\ s:\/e/r:0 コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
  3. ディスク 0 上のストアの名前と一致するように BCD ストアをディスク 1 に変更します。これを行うに入力します。 BCD の S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2 名前を変更します。 コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
  4. ディスク 0 上の重複の BCD ストアを削除します。これを行うに入力します。 del P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2 コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
  5. 両方の EFI パーティションに割り当てられているドライブ文字を削除します。システムを再起動した後、ドライブ文字再割り当てされないために、この手順は省略可能です。両方の EFI パーティションに割り当てられているドライブ文字を削除するのには、次の手順を実行します。
    1. コマンド プロンプトに入力します。 diskpart.exe、し、ENTER キーを押します。
    2. DISKPART > プロンプトで入力 ボリューム P を選択します。
      Volume 1 is the selected volume. 
      
      
    3. DISKPART > プロンプトで入力 削除
      Diskpart successfully removed the drive letter or mount point.
    4. "S"パーティションの手順 5 b と c を繰り返します。

Windows Server 2008 の新しいブート エントリを使用して、別のドライブをテストします。

BCD 構成を更新した後、ディスク 0 が失敗した場合は、別のドライブを使用してシステムを起動することができることを確認するのには、エントリをテストします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. シャット ダウンし、コンピューターを再起動します。
  2. [スタートアップ] メニューで、[複製された Windows ブート マネージャー] という名前の EFI スタートアップ エントリーを選択します。このオプションでは、EFI パーティションを別のドライブ上の Windows ブート マネージャーを再起動できます。「Microsoft Windows サーバー 2008-第 2 セカンダリ ドライブから Windows Server 2008 を起動するプレックス」を選択します。
    メモ MUI 環境では、セカンダリ プレックスのエントリでは、Windows ブート マネージャーとして表示される可能性があります「Microsoft Windows サーバー 2008-??????".使用できます、 bcdedit 設定 {GUID} の説明」説明" セカンダリ プレックス エントリにわかりやすい名前を付けるコマンドです。たとえば、次のコマンドを使用できます。
    bcdedit/set {7e4632e7-0b4d-11dd-813b-bcbfbfe8b578} 説明「Microsoft Windows サーバー 2008-セカンダリ プレックス」
    セカンダリ プレックス エントリにわかりやすい名前を付ける場合は、この手順を完了すると、「EFI パーティションし、BCD ストアを 2 番目のドライブにコピーする」のセクションで説明されている手順を使用して、BCD ストアをセカンダリ ドライブにコピーすることを確認します。

プライマリ ブート ドライブ ミラーを再確立します。

プライマリ ドライブ (ディスク 0) の障害がある場合は、セカンダリ ドライブ (ディスク 1) に、コンピューターを起動し、ブート ボリュームはフォールト トレラントの状態に戻すには、ミラーを再作成する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. ハードウェア ・ ベンダーから提供されている指示を使用して、障害が発生したダイナミック ディスク 0 を交換します。ディスクのパーティション情報を持たないことを確認してください。を diskpart はクリーン コマンドは、ディスク上の既存パーティション情報を破壊するを使用できます。

    注:
    • 実行するときは注意してください、 diskpart はクリーン コマンドは、選択したディスク上のパーティション テーブルを破棄して、ディスクの内容にアクセスできなくなりますので。
    • この節では、元のプライマリ ・ ディスクはディスク 0 と呼ばれる続行され、以前のセカンダリ ディスク ディスク 1 として知られているを続行します。ただし、次の手順を実行すると、ディスク 1、新しいプライマリ ディスクとなりディスク 0 が新しいセカンダリ ディスクになります。
  2. 選択します。 Windows ブート マネージャーのクローンを作成 別のドライブ上の EFI パーティションを使用してコンピューターを起動するには。ブート マネージャーが表示されたら、選択します。 Windows サーバー 2008 - セカンダリ プレックス.
  3. 場合より前のバージョンと R2 バージョンの Windows Server 2008 を実行している以下の「サポート技術情報の資料に記載されている修正プログラムをインストールし確認メッセージが表示されたら、コンピューターを再起動します。
    970686 場合は、サポート技術情報の記事 951985 の指示をに従ってをブート パーティションに、Windows Server 2008 での GPT ディスクにミラー化を復元することはできません。
    メモ この修正プログラムは、Windows Server 2008 R2 に含まれています。したがって、Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールする必要はありません。この修正プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動すると、「Windows ブート マネージャーの複製」と「Microsoft Windows サーバー 2008-セカンダリ プレックス」システムを起動するを選択します。
  4. ディスク 1 の EFI パーティションに BCD ストアをインポートします。これは、BCD ストアのディスク 1 に、アクティブなシステム ストアを設定、それを変更することができます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. DiskPart を起動します。
    2. 次の実行コマンドをディスク 1 の EFI パーティションを選択してに割り当てるドライブ文字"%s"
      DISKPART > ディスク 1 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > 文字を割り当てる = 秒
    3. DiskPart を終了します。
    4. このコマンドを実行します。 bcdedit/S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD のインポート/削除 ディスク 1 の EFI パーティションから、ストアをインポートします。
  5. 切断されたミラーを解除する必要があります。ただし、まずは、正しいディスクを実行するかを確認する必要があります、 diskpart の改 command.この操作を行うと、ミラー ボリュームを選択 (ボリューム #)、し、ミラーを解除するが不足しているディスクから (m #) を確認する詳細を表示します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. DiskPart を起動します。
    2. ミラー ・ ボリューム、通常ボリューム C (ブート ボリューム) を選択します。
      DISKPART > ボリューム c を選択します。
    3. 不足しているディスクを通常の m0 の識別子を確認するのには、詳細ボリュームまたはリスト ディスク コマンドを使用します。
      DISKPART > 詳細ボリューム
    4. 手順 5 c (たとえば、m0)、不足しているディスクの識別子を指定することによって、ミラーを解除します。
      DISKPART > 故障ディスク m0 nokeep を =
    5. ミラーが削除され、ボリュームがシンプル ボリュームとして表示ことを確認するのには、ボリュームの一覧を表示します。
      DISKPART > ボリュームの一覧
    6. 不足しているディスク (m0) を削除します。
      DISKPART > ディスク m0 を選択します。
      DISKPART > ディスクを削除します。
    7. DiskPart を終了します。
  6. システムは、既知のクリーンな状態に戻るには、BCD ストアからは、すべての古いエントリを削除します。また、システムの現在の状態を正確に反映するのには、エントリの名前を変更します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. このコマンドを実行します。 bcdedit/enum すべて/v 説明が NVRAM のエントリの GUID を確認するのには「Windows ブート マネージャー」とは、あるデバイス パラメーターが不明または見つからないデバイスのパラメーター。このエントリの GUID を指定すると、コマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} デバイスのパーティション = 秒。 ディスク 1 のエントリをポイントします。
    2. 出力を使用して、 bcdedit/enum すべて/v NVRAM の「Windows ブート マネージャーのクローン」エントリの GUID を確認するコマンドです。このエントリの GUID を確認すると、コマンドを使用します。 bcdedit/delete {GUID} NVRAM からディスク 1 の古いエントリを削除します。
    3. 出力には bcdedit/enum すべて/v コマンドは、デバイス パラメーターが不明または見つからないデバイスのパラメーターを持つ「Windows の再開アプリケーション」という名前のエントリを探します。このエントリを削除します。 bcdedit/delete {GUID} command.
    4. で、 bcdedit/enum すべて/v 、見て、説明を持つエントリを出力]"Windows 再開アプリケーション - セカンダリ プレックス。このコマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} 説明「Windows 再開アプリケーション」 これが Windows の再開アプリケーション エントリをプライマリ ・ ミラー プレックスになったことを反映するように、エントリの名前を変更するコマンドです。
    5. 出力には bcdedit/enum すべて/v メニューので、説明を持つエントリを探します"Windows サーバー 2008」がデバイス パラメーターが不明または見つからないデバイスのパラメーター。このエントリを削除します。 bcdedit/delete {GUID} command.
    6. で、 bcdedit/enum すべて/v 出力、「Windows サーバー 2008 - セカンダリ プレックス」説明を持つエントリを探しますこのコマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} の説明「Windows Server 2008」 これがブート マネージャー エントリをプライマリ ・ ミラー プレックスになったことを反映するように、エントリの名前を変更します。
    7. 説明は、「Windows メモリ診断」が、BCD のエントリを探しますこのコマンドを使用します。 bcdedit/set {GUID} デバイスのパーティション = 秒。 ディスク 1 上にあるメモリ テスターのエントリをポイントします。
    8. このコマンドを実行します。 bcdedit/enum すべて/v NVRAM と BCD のエントリを確認します。
    9. コンピューターを再起動します。「Windows ブート マネージャー」を選択し、「Windows Server 2008」ディスク 1 を開始するには。
  7. 新しく追加したディスクを GPT 形式に変換し、パーティション構造を作成します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. DiskPart を起動します。
    2. ディスク 0 は、GPT 形式に変換します。
      DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > GPT に変換します。
    3. 自動的に作成され、ディスク 0 のパーティションを削除します。
      DISKPART > リスト パーティション
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > パーティションの上書きを削除します。
    4. パーティションのレイアウトをディスク 1 ディスク 0 上のレイアウトの複製を記録しておきます。
      DISKPART > ディスク 1 を選択します。
      DISKPART > リスト パーティション
    5. ディスク 0、ディスク 1 のレイアウトを複製します。このステップの MSR パーティションのサイズを計算するのには、一緒に MSR の「予約済み」のパーティションとに記載されている動的「予約済み」のパーティションのサイズを DiskPart でディスク 1 に追加します。たとえば、MSR パーティション 127 MB ディスク 1 上にされる」動的な予約済み」のパーティション 1 MB ディスク 1 上にある場合は、128 MB の MSR パーティション ディスク 0 の作成します。一般的に、EFI パーティションは 200 MB にする必要があり、128 MB の MSR パーティションをする必要があります。ディスク 1 のレイアウトを複製するのには、次のコマンドを実行します。
      DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > efi のサイズのパーティションを作成 = 200
      DISKPART > msr のサイズのパーティションを作成 128
    6. ディスク 0 は、EFI と MSR パーティションの両方が含まれていることを確認するのには、システム上のパーティションをリストします。
      DISKPART > リスト パーティション
  8. 既にダイナミック ディスクがない場合は、両方のディスクをダイナミック ディスクに変換します。
    DISKPART > ディスク 0 を選択します。
    DISKPART > 動的な変換します。
    DISKPART > ディスク 1 を選択します。
    DISKPART > 動的な変換します。
  9. 新しいディスク 0 はブート ボリュームのミラーを追加します。
    DISKPART > ボリューム c を選択します。
    DISKPART > ディスクの追加 = 0
  10. ミラー再同期中は、ディスク 0 の EFI パーティションを準備します。
    1. DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > フォーマット fs = の fat32 のクイック
    2. DiskPart を終了します。
  11. ミラーの再同期を完了するまで待機します。再同期プロセスを確認するのには、[ディスクの管理を使用できます。
  12. ディスク 0 の EFI パーティションがドライブ文字"P"が割り当てられていないディスク 1 の EFI パーティションが"S"のドライブ文字が割り当てられていない場合は、ディスク 0 とディスク 1 の EFI パーティションに適切なドライブ文字を割り当てます。
    1. Diskpart を起動します。
    2. DISKPART > ディスク 0 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > 文字を割り当てる = p
      DISKPART > ディスク 1 を選択します。
      DISKPART > パーティション 1 を選択します。
      DISKPART > 文字を割り当てる = 秒
    3. DiskPart を終了します。
  13. NVRAM 内のブート マネージャー エントリをディスク 1 のクローンを作成します。
    1. ブート マネージャー エントリを使用してクローンを作成します。 bcdedit/copy {bootmgr が/d"Windows ブート マネージャーの複製] command.このコマンドの出力では、GUID を指定する新しいエントリを記録します。
    2. デバイスのパラメーターを使用して、ディスク 0 の EFI パーティションを指すように、クローンとして作成されたエントリを設定します。 bcdedit/set {GUID} デバイスのパーティション = p。 command.GUID からの出力を使用して、 bcdedit/copy command.
    3. このコマンドを実行します。 bcdedit/enum すべて/v 変更内容を確認します。
  14. ディスク 0 から起動できるように、ディスク 0 の EFI パーティションをディスク 1 の EFI パーティションの内容をコピーします。
    1. コマンドを使用して、作業中の BCD ストアをエクスポートします。 bcdedit の/export S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2
    2. EFI パーティションをディスクのコマンドを使用してディスクを 0 〜 1 のコピーします。 robocopy s:\ p:\/e/r:0
    3. コピーした BCD ストアのディスク 0、コマンドを使用して BCD を名前を変更します。 BCD の P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2 名前を変更します。.
    4. このコマンドを使用して重複するエクスポートされた BCD ストアのディスク 1 を削除します。 del S:\EFI\Microsoft\Boot\BCD2
  15. 次の手順を実行します。
    1. DiskPart では、割り当てられたドライブ文字を削除します。

      DISKPART > ボリューム p を選択します。
      DISKPART > 削除
      DISKPART > ボリュームを選択します。
      DISKPART > 削除
    2. ディスク 0 または 1 のディスクから起動することができることを確認するのには、コンピューターを再起動します。
メモ 既定では、ディスク 1 にブート エントリを示します。0、ディスクからのブート ディスク 0 を起動すると、BCD ストアを変更する必要がある場合は、まずストアをインポートする必要があります。
  1. DiskPart を起動します。
  2. ディスク 0 の EFI パーティションを選択し、ドライブ文字"P"を割り当てます。
    DISKPART > ディスク 0 を選択します。
    DISKPART > パーティション 1 を選択します。
    DISKPART > 文字を割り当てる = p
  3. DiskPart を終了します。
  4. このコマンドを実行します。 bcdedit/P:\EFI\Microsoft\Boot\BCD のインポート/削除 ディスク 0 の EFI パーティションから、ストアをインポートします。

    メモ 常に、コンピューターを起動したときに、選択した NVRAM のエントリに対応する BCD のエントリからコンピューターを起動する必要があります。たとえば、「Windows ブート マネージャー」(プライマリ ディスク) の NVRAM エントリを選択した場合、選択する必要が場合があります、"Windows サーバー 2008」(プライマリ ディスク) の BCD のエントリが正常に起動するのシステムを。「Windows ブート マネージャーの複製」(セカンダリ ・ ディスク) の NVRAM のエントリを選択した場合は、「Microsoft Windows サーバー 2008-セカンダリ プレックス」(セカンダリ ・ ディスク) の BCD のエントリを選択してください。

プロパティ

文書番号: 951985 - 最終更新日: 2013年7月10日 - リビジョン: 11.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseadvanced kbinfo kbmt KB951985 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:951985
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com