リモート デスクトップ接続 6.1 クライアントの説明の更新用のターミナル サービスでは、Windows XP Service Pack 2

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 952155
Notice
2010 年 7 月 13日両端を Windows XP Service Pack 2 をサポートします。は、 クライアントの移行 トピックでは、 Windows 2000 のサポート終了のソリューション センター Windows XP SP2 の移行の計画の開始点です。詳細についてを参照してください、 マイクロソフト サポート ライフ サイクル ポリシー.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、リモート デスクトップ接続 (RDC) の説明します。役立つ 6.1 クライアント用更新プログラムは、ターミナル サービスの新機能を使用します。これら機能は、Windows Vista および Windows Server 2008 で導入され、はWindows XP Service Pack 2 を実行しているコンピューターから利用可能(SP2)。

RDC 6.1 クライアントは従来のターミナルへの接続を使用できます。サーバーまたはリモート デスクトップの前にします。ただし、新しい機能はこの資料に記載されているだけが、クライアントが接続可能にリモート コンピューターの Windows Vista または Windows Server 2008 が実行されています。

詳細

RDC 6.1 クライアント用更新プログラムには、次の機能が含まれます。

ターミナル サービス Web アクセス

ターミナル サービス Web アクセス (TS Web アクセス) をサービスではターミナル サービス Windows Server 2008 のターミナル サービスを確認することができます。(TS RemoteApp) を RemoteApp プログラムをユーザーが Web ブラウザーから利用できます。、ターミナル サーバー デスクトップにリンクを作成するのには、TS Web アクセスを使用することもできます。使用できます。また、TS Web アクセス ユーザーからの接続を開くことができます。任意のサーバーまたはクライアント コンピューターへのリモート デスクトップに Web ブラウザーユーザーが適切なアクセスがあります。

リモート デスクトップ プロトコル (RDP)

RDP 署名 RDP ファイルとの接続にサインインすることができます。TS Web アクセスを開きます。この機能のユーザーがいないことを確認してくださいすることができます。RDP ファイルを悪意のある可能性のある悪意のあるターミナル サーバーに接続することができます。グループ ポリシーの設定を使用して、ユーザーが開くことができます。 のみを指定することもできます。署名付きファイル。この機能を管理者が確認できますユーザーのみ既存のリソースに接続します。

ターミナル サービス Easy Print

ターミナル サービス Easy Print (ターミナル サービス Easy Print) は、新しいプリンターがWindows Server 2008 で導入されたソリューションをリダイレクトします。TS Easy Printクライアントのプリンターがリモート セッションでは、常にインストールされていることを確認し、ターミナル サーバーにプリンター ドライバーをインストールする必要はありませんように。また、TS Easy Print いくつか他のプリンターのリダイレクトの問題に対応します。過去に問題が発生しました。印刷キューがあたり今すぐスコープです。セッションは、すべてのプリンターのプロパティをリモート セッションで利用可能ですし、ターミナル サーバー管理者使用できるポリシー設定のみをリダイレクトするのには既定のプリンターです。ターミナル サービス Easy Print、通常使うプリンターになりましたターミナル サービスのリダイレクト メカニズムです。したがって、構成されていません。この機能を使用するために必要な。

ターミナル サービス Easy Print を使用するのに必要なもの

ターミナル サービス Easy Print を使用するには、Windows Server 2008 のターミナル サービス サーバーにインストールしなければなりません。追加のドライバーがあるないです。インストールされているとこれ以上の構成に発生するがあります。端末サービス クライアントは、ユーザーする必要がありますできません実行 6.1 のターミナル サービス クライアントおよび[マイクロソフト]。NET Framework 3.0 Service Pack 1

サーバーの認証

RDC 6.1 では、接続されているサーバーの認証の検証します。正しいリモート コンピューターまたはリモート サーバーにします。このセキュリティ機能を支援します。コンピューターまたはするしていないサーバーとの接続ができません。接続しようとしてください。この機能も、意図せずに公開できません。機密情報です。

既定では、サーバーの認証には接続を有効にします。ただし、サーバーを変更する場合認証の設定、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして すべてプログラムをクリックして アクセサリをクリックして通信、し リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプション、し、高度な タブします。
次の 3 つの認証オプションがあります。
  • 認証が失敗した場合でも、常に接続します。

    このオプションを有効にする場合は、接続できる場合でも、RDC6.1 は、リモート コンピューターの id を確認できません。
  • 認証が失敗したかどうかは警告する]

    このオプションを有効にすると、RDC 6.1 を指示すると、リモート コンピューターの id を確認できません。このオプションにより、接続を継続するかどうかを選択します。
  • 認証が失敗した場合に接続しないでください。

    このオプションを有効にする場合はと、を接続することはできません RDC 6.1リモート コンピューターの id を確認できません。

リソースのリダイレクト

RDC 6.1 クライアント、プラグをリダイレクトし、デバイスを再生することができます。リダイレクトをサポートします。

プラグ アンド プレイ デバイスをリダイレクトするには、以下を実行します手順:
  1. クリックしてください。 開始をクリックして すべてプログラムをクリックして アクセサリをクリックして通信、し リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、 ローカルリソース タブで、クリックしてください より、し、は、 サポートされているプラグ アンド プレイ デバイス チェック ボックスします。
メモ のみ RDP 6.1 を実行している Windows XP ベースのクライアント コンピューターポイントのサービス (PO) をサポートしています。NET デバイスです。Windows XP ベースのクライアントRDP 6.1 を実行しているコンピューターがメディア転送プロトコル (MTP) をサポートしていませんデジタル カメラ、メディア ・ プレーヤーなどのデバイス。

ターミナル サーバーのゲートウェイ サーバー

ターミナル サーバーのゲートウェイ (TS ゲートウェイ) サーバーはゲートウェイの一種です。企業上のリモート コンピューターに接続する権限を持つユーザーことができます。[ネットワーク] します。使用して認証されたユーザーが任意のコンピューターから接続できるはインターネットに接続します。TS ゲートウェイ リモート デスクトップ プロトコル (RDP) を使用します。暗号化された安全な接続を作成するのには、HTTPS プロトコルで。

以前のバージョンの RDC をリモート コンピューターに接続できません。ファイアウォールやネットワーク アドレス変換器の間で。これはポート 3389 であるためにです。ネットワークのセキュリティを向上させるためには、通常をブロックしました。ポート 3389 です。リモート デスクトップ接続を使用します。ただし、TS ゲートウェイ サーバーは、ポートを使用してください。443 データはセキュリティで保護されたソケット レイヤー (SSL) トンネルを経由のポートを使用します。 443 を送信します。

TS ゲートウェイ サーバーには、次の利点があります。
  • リモート デスクトップ接続は、企業ができるようにネットワークがインターネットから。この例では、仮想プライベートを必要のないです。ネットワーク (VPN) 接続します。
  • それ経由でリモート コンピューターに接続することができます。ファイアウォールです。
  • ネットワーク接続を共有することができます。コンピューター上で実行されているプログラムです。これは、インターネットを使用することができます。サービス ・ プロバイダー (ISP) 接続を送信するのには、企業ネットワークではなく、リモート接続を介してデータを受信するには。
TS ゲートウェイ サーバーを指定するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして すべてプログラムをクリックして アクセサリをクリックして通信、し リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、高度な タブをクリックし設定.
  3. クリックしてください。 これらの TS ゲートウェイ サーバーを使用します。設定は、サーバー名を入力、 サーバー名アドレスを追加してから、次のログオン方法のいずれかを選択、 ログオンメソッド ・ リスト:
    • 後で選択することができます。

      これオプションを使用すると、接続時にログオン方法を選択できます。
    • パスワードを要求します。

      このオプション接続時にパスワードを求められます。
    • スマート カード

      このオプション接続時にスマート カードを挿入するように求められます。
  4. オンまたはオフにして、 TS ゲートウェイ サーバーを使用しません。ローカル アドレス チェック ボックスします。このチェック ボックスを選択すると、によってできません。ローカル ネットワーク アドレスと移動するトラフィックTS ゲートウェイ サーバー経由でルーティングします。このオプションを接続をします高速化します。

ターミナル サービス RemoteApp

機能の Windows サーバー ターミナル サービス TS RemoteApp のです。クライアント コンピューターはプログラムを使用してリモート コンピューターに接続することができます。リモート コンピューターにインストールされています。たとえば、リモート職場が従業員ことができます接続して Microsoft Word を実行するコンピューター。は、管理者プログラムにアクセスするのには、エンド ・ ユーザーは、プログラムを発行する必要があります。それらのプログラムを実行すると、エンド ・ ユーザーの経験と同じです。ローカル コンピューターにインストールされています。

TS RemoteApp をシステムをにアップグレードするプログラムの 1 つだけのコピーがあるために容易に管理上にインストールされている多数のコピーではなく維持するためにコンピューター。

複数モニター

リモート デスクトップ接続サポートを高解像度が表示されます。複数のモニターにまたがることができます。ただし、すべての解像度の合計モニターが下の 4096 x 2048 ピクセルでなければなりません。モニターが同じ必要があります。解像度です。また、モニターを調整する必要があります。・左右します。

複数にわたるリモート コンピューターのデスクトップにモニターの種類 Mstsc/span コマンド プロンプトで。

表示機能の強化

リモート デスクトップ接続が 32 ビットの色とフォントの両方サポートされていますスムージングします。

32 ビットの色を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして すべてプログラムをクリックして アクセサリをクリックして通信、し リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、表示 タブをクリックし 最高レベル (32ビット) で、 カラー リストです。
フォント スムージングを有効にするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして すべてプログラムをクリックして アクセサリをクリックして通信、し リモート デスクトップ接続.
  2. クリックしてください。 オプションをクリックして、エクスペリエンス タブ、し、 フォントスムージング チェック ボックスします。

既知の問題

  • 多言語ユーザー インターフェイス パック (MUI) がある場合RDC 6.0 を KB、Knowledge Base の資料に記載されているインストール925877、MUI を使用するには、RDC 用の MUI は RDC 6.1 をインストールするとして必要。

    英語版の Windows XP SP2 を実行しているコンピューターでWindows XP SP2 MUI では、英語以外の言語バージョンを設定できます。ユーザー インターフェイス (UI)。ただし、テキストでは、英語の UI で代わりに見えます言語では、選択したバージョン、または UI は表示されません。RDC 6.0 がインストールされている場合、Windows XP SP2 の問題を修正するには、ダウンロードし、KB に記載されている RDC 6.1 MUI クライアント アップデートをインストールします。952230。
    詳細については、RDC 6.1 MUI のクライアント用更新プログラムで、クリックして次資料番号を表示するのには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
    952230MUI の詳細については、リモート デスクトップ接続 6.1 クライアントは Windows XP Service Pack 2 用の更新します。
  • 接続リモート デスクトップの Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインからコンピューターで RDC 6.1 があります。インストールされている、コンソール セッションまたは管理者のセッションを接続して、サーバーです。

    回避策
    この問題を回避するを使用して、リモート デスクトップ接続 6.1 アプリケーションとは /admin Windows Server 2003 のコンソール セッションに接続するためにフラグを付けるコンピューターまたは Windows Server 2008 コンピューターの管理セッションにします。
    の関連情報については、廃止に RDC 6.1 は、/admin を次の Knowledge Base の資料を参照するには。
    947723リモート管理では、Windows Server 2008 の変更
  • システムの復元が失敗した、Mstsc クライアントへを RDC を復元するのには6.0 の RDC 6.1 へを RDC 6.0 を更新した場合。

    RDC 6.0 を Workround
    この問題を回避するには、次の手順を実行します。
    1. 使用して、システムの復元を設定するのにはシステムの復元ポイントの前にRDC 6.0。
    2. 使用して、 追加またはプログラムを削除します。 項目コントロール パネルを使用して RDC 6.0 (KB925876) をアンインストールします。
    3. RDC 6.0 (KB925876) を再インストールします。
    詳細については、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。技術情報:
    925876リモート デスクトップ接続 (ターミナル サービス クライアント 6.0)

    RDC 6.0 MUI の回避策
    回避するこの問題、次の手順を実行します。
    1. 使用して、システムの復元を設定するのにはシステムの復元ポイントの前にRDC 6.0 と RDC 6.0 MUI を使用します。
    2. 使用して、 追加またはプログラムを削除します。 項目RDC 6.0 (KB925876) と RDC 6.0 MUI をアンインストールするコントロール パネルプログラム (KB925877)。
    3. RDC 6.0 (KB925876) を再インストールします。
    4. RDC 6.0 MUI (プログラム KB925877) を再インストールします。
    の詳細については、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
    925877説明のリモート デスクトップ接続 6.0 MUI

情報をダウンロードします。

は、次のファイルは、マイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード利用します。センター:
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードWindows XP 更新プログラム (KB952155) パッケージ今すぐします。
リリース日: 6 月 24 日2008

詳細についてはマイクロソフトのサポートをダウンロードする方法ファイル、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

情報を更新します。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Windows XP Service Pack 2 が必要コンピューターにインストールします。

再起動の必要性

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。更新します。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の以前リリースされた置き換わりません修正プログラム。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール内の項目パネルです。
Windows XP SP2 では、x86 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Aaclient.dll6.0.6001.18000136,1922008 年 5 月 05-19: 58x 86SP2
Aaclient.mui6.0.6001.180004,0962008 年 5 月 05-08: 37いない該当します。SP2
Lhmstsc.chmいない該当します。101,7232007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2
Lhmstsc.exe6.0.6001.18000677,8882008 年 5 月 05-08: 37x 86SP2
Lhmstsc.mui6.0.6001.1800049,1522008 年 5 月 05-08: 37いない該当します。SP2
Lhmstscx.dll6.0.6001.180002,061,8242008 年 5 月 05-19: 58x 86SP2
Lhmstscx.mui6.0.6001.1800086,0162008 年 5 月 05-08: 37いない該当します。SP2
Rhttpaa.dll6.0.6001.18000290,3042008 年 5 月 05-19: 58x 86SP2
Tscinst.vbsいない該当します。18,9172008 年 5 月 05-08: 37いない該当します。SP2
Tscuinst.vbsいない該当します。13,8012008 年 5 月 05-08: 37いない該当します。SP2
Tsgqec.dll6.0.6001.1800053,2482008 年 5 月 05-19: 58x 86SP2
W2k3rd.mstいない該当します。4,0962007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2
W2k3s1rd.mstいない該当します。4,0962007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2
Wxprd.mstいない該当します。4,0962007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2
Wxpsp1rd.mstいない該当します。4,0962007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2
Wxpsp2rd.mstいない該当します。4,0962007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2
Lhrdesk.chmいない該当します。31,7852007 年 7 月 01 日22: 25いない該当します。SP2

詳細

詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 952155 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbmt KB952155 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:952155
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com