Office 2008 for Mac Service Pack 1 (12.1.0) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 952331 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS08-026 を公開しました。このセキュリティ情報には、Microsoft Office 2008 for Mac のセキュリティ更新プログラムに関連する情報がすべて記載されています。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
https://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms08-026.mspx

この更新プログラムで発生する既知の問題

  • 現象

    この更新プログラムをインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    "Microsoft Office 2008 Update" doesn't understand the <event sysodisA> message.

    原因

    更新プログラムをインストールするときに Office for Mac アプリケーションが実行中である場合にこの問題が発生することがあります。

    解決方法

    この問題を解決するには、Office 2008 更新プログラムをインストールする前に、すべての Office for Mac アプリケーションと Microsoft Messenger for Mac を終了してください。

    この問題の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/mac/help.mspx?MODE=pv&CTT=PageView&clr=99-0-0&target=bee52d73-be77-4544-a5cd-402d9b56b9f41033

更新プログラムの詳細

Office 2008 SP1 更新プログラム (12.1.0) には、安全性、安定性、およびパフォーマンスが向上する複数の変更が収められています。この更新プログラムを適用すると、攻撃者が悪質なコードでコンピュータのメモリの内容を上書きできる可能性があるという、脆弱性が修正されます。

また、この更新プログラムには、Office 2008 for Mac 12.0.1 更新プログラムでリリースされたすべての機能強化が含まれています。 Office 2008 for Mac 12.0.1 更新プログラムに含まれる機能強化の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
948057 Office 2008 for Mac 12.0.1 更新プログラムについて (英語)

更新プログラムに含まれる機能強化

Office 2008 SP1 更新プログラム (12.1.0) では、以下の点が強化されました。

Microsoft Office 2008 for Mac のすべてのアプリケーションに対する機能強化

  • Word および PowerPoint の [オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックスに Excel のオブジェクトの種類の名前が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、[オブジェクトの挿入] ダイアログ ボックスを開いたときに Excel のオブジェクトの種類の名前が正しく表示されない問題が修正されます。
  • フォント カーニングを無効にしても、図形、テキスト ボックス、またはグラフ要素内のテキストが正しく調整されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、図形、テキスト ボックス、またはグラフ要素内のテキストのフォント カーニングを無効にすると、一部の OpenType フォント (Corbel、Cambria、Calibri など) を使用しているテキストが正しく調整されない問題が修正されます。
  • 挿入された、レイヤを持つ PSD ファイルが適切に表示されるようになります。
    この更新プログラムにより、複数のレイヤを含む PSD ファイルを Office ドキュメントに挿入するときに [図のレイヤを個別のオブジェクトとして扱う] チェック ボックスを選択すると発生する問題が修正されます。この問題により、図のレイヤは画像の境界の左上に不適切に配置されます。図のレイヤは予想どおりに配置されるようになり、図のレイヤは挿入した PSD ファイルの元の位置に一致するようになります。
  • 矢印が適切に表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Office 2008 アプリケーションで矢印が予想以上に長く表示される問題が修正されます。
  • 読み取り専用ボリュームにある Microsoft Clip Gallery が正しく開くようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Microsoft Office 2008 のフォルダが読み取り専用ボリュームにあるときに Microsoft Clip Gallery が開かない問題が修正されます。
  • フランス語およびドイツ語の校正ツールを使用するときのパフォーマンスが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、[ツール] メニューの [言語の選択] を使用してフランス語またはドイツ語の校正ツールを有効にするとメモリの使用量が増加することがある、Office 2008 アプリケーションの問題が修正されます。
  • テキスト ボックス、図形、またはグラフ要素にテキストを入力するときのパフォーマンスが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、テキスト ボックス、図形、またはグラフ要素にテキストを入力するときにパフォーマンスが低下する問題が修正されます。
  • 赤い "X" として表示されていた画像の信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Windows メタファイル (WMF) 形式の一部の画像を Office 2008 アプリケーションで開くと赤い "X" として表示される問題が修正されます。
  • QuickTime 関連のエラー メッセージが表示されていた画像の信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、一部の画像で次のエラー メッセージが表示される問題が修正されます。
    • この図を表示するには、QuickTime? および解凍プログラムが必要です。
    • この図を表示するには、QuickTime? および TIFF (非圧縮) 解凍プログラムが必要です。
    この問題は、以前のバージョンの Office for Mac または Windows ベースの Office で作成された Office ドキュメントから画像を開く、またはコピーする場合に発生することがあります。
  • Office 2008 アプリケーションから Office 2004 アプリケーションにコンテンツをコピーするときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Office 2008 アプリケーションから Office 2004 アプリケーションにコンテンツをコピーするときに Office 2004 アプリケーションが突然終了する問題が修正されます。
  • NetBoot またはネットワーク ホーム フォルダを使用するコンピュータでグラフを作成するときの信頼性が向上しました。
    NetBoot またはネットワーク ホーム フォルダを使用するコンピュータを使用している場合、この更新プログラムを適用すると、Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションにグラフを追加しようとしても新しいグラフを作成できない問題が修正されます。
  • SMB ネットワーク ボリュームに保存するときの信頼性が向上しました。
    Mac OS X 10.5 (Leopard) のユーザーの場合、この更新プログラムを適用することにより、SMB プロトコルを使用するネットワーク ボリュームに対して 97-2004 ファイル形式のドキュメントを保存すると、Word、Excel、または PowerPoint が予期せずに閉じる原因になるという問題が修正されます。次は、プロトコルの例です。
    smb://computer-name/volume-name
  • Remove Office ツールを使用するときの信頼性が向上しました。
    Office を削除するツールで、以前にインストールされたバージョンの Office を探して削除すると、更新プログラムの信頼性が向上します。Mac OS X 10.5 (Leopard) のユーザーの場合、この更新プログラムを適用することにより、Office を削除するツールで、Time Machine バックアップに格納されている Office のコピーが検索される問題も修正されます。
  • 一部のサードパーティのフォントを使用するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、[フォント] 一覧に一部のサードパーティ製のフォントが表示されなくなる問題が修正されます。この更新プログラムを適用すると、[フォント] 一覧でフォントを選択したときに一部のフォントが正しく表示されない問題も修正されます。
  • セキュリティが強化されました。
    この更新プログラムを適用すると、攻撃者が悪質なコードを使用してコンピュータのメモリの内容を上書きできる可能性があるという、Office 2008 の脆弱性が修正されます。詳細については、この資料で前述のセキュリティ情報を参照してください。
  • Microsoft プロジェクト ギャラリーを使用するときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用することにより、プロジェクト ギャラリーが予期せず終了する問題が修正されます。Microsoft エラー報告システムによるお客様の送信に基づいて、この問題は修正されました。
  • ツール バーを使用するときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Office 2008 アプリケーションで応答が停止したり、ツール バーの操作時に予期せずに終了したりする問題が修正されます。Microsoft エラー報告システムによるお客様の送信によって、この問題は修正されました。
  • タブを挿入するときにテキスト ボックスおよび図形内のテキストが正しく折り返されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、一連のタブを挿入することでテキストがテキスト ボックスまたは図形の範囲外にずれたときに、テキスト ボックスおよび図形内のテキストが正しく折り返されない問題が修正されます。
  • Office セットアップ アシスタントで、Entourage のアイテムを含まない Office 2004 ユーザー情報がインポートされるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Office 2004 で作成された、Entourage のアイテム (電子メール、イベント、連絡先、仕事など) を含まないユーザー情報が Office セットアップ アシスタントでインポートされない問題が修正されます。

Microsoft Word 2008 for Mac の機能強化

  • 日本語テキストの文章校正を行うときの正確性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Word で一部の日本語テキストが文法上正しくないと誤って判断される問題が修正されます。
  • デザイン レイアウト表示で名刺テンプレートを使用できるようになります。
    この更新プログラムによって、デザイン レイアウト表示で作成できる新しい名刺のテンプレートのセットが導入されます。新しいテンプレートは、[エレメンツ ギャラリー] の [デザイン テンプレート] タブの [名刺] から使用できます。
  • Microsoft 数式オブジェクトおよび Microsoft Graph グラフ オブジェクトの折り返しの種類を変更する機能が正しく動作するようになります。
    Mac OS X 10.5 (Leopard) のユーザーの場合、この更新プログラムを適用することにより、Microsoft 数式のインライン オブジェクトおよび Microsoft Graph グラフ オブジェクト用の折り返しのスタイルに変更されないという問題が修正されます。折り返しのスタイルを変更しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    十分なメモリがありません。今すぐ文書を保存してください。
  • [Customize workspace] 背景の設定が新しい文書に適用されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、デザイン レイアウト表示およびノート レイアウト表示の [Customize workspace] 背景の設定が新しい文書に自動的に適用されない問題が修正されます。
  • 数式、組織図、およびその他のオブジェクトが正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、一部のオブジェクト (Microsoft 数式オブジェクト、Microsoft 組織図オブジェクトなど) が含まれる文書を Open XML 形式 (.docx など) で保存してから Word 2008 で再度開くと、これらのオブジェクトが正しく表示されない問題が修正されます。
  • [繰り返し] を使用するときに文字書式が正しく適用されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Word で [編集] メニューの [繰り返し] を使用するときに、文字書式の変更がコンテンツに適用されない問題が修正されます。
  • マウス スクロールのサポートが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、マウスのスクロール ホイールおよびスクロール ジェスチャをサポートするトラックパッドのサポートが向上します。スクロール ホイールまたはスクロール ジェスチャを使用して、[書式パレット] の [ナビゲーション ウィンドウ] または [スタイル] のコンテンツをスクロールすることができます。また、[スタイル] パネルでスタイルをスクロールするときに、パフォーマンスが向上します。
  • ノート レイアウト表示が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、ノート レイアウト表示を使用する際のいくつかの機能が強化されます。
    • 画面の再表示に関するさまざまな問題が修正されます。
    • Word 2007 for Windows でノート レイアウト表示文書を編集および保存したときに、タブのタイトルおよび色が保持されるようになります。
    • 複数のノート レイアウト表示文書を開き、音声録音を 1 つの文書に録音すると、録音中の文書の録音の状況のみが [録音中] に変更されるようになります。
    • ノート レイアウト表示文書に情報を貼り付けるときに、情報の書式が文書の書式と一致するように設定されるようになります。
  • 日本語テキストを入力するときのパフォーマンスが向上しました。
    日本語版の Word 2008 または日本語機能が有効になっている英語版の Word 2008 を使用している場合、この更新プログラムを適用すると、日本語テキストを入力したり、方向キーを使用して日本語テキスト内を移動したりするときにパフォーマンスが低下する問題が修正されます。
  • 見出しマップを使用するときのパフォーマンスが向上しました。
    この更新プログラムにより、ドキュメント マップで項目を選択することが困難になる問題が修正されます。さらに、この更新プログラムにより、操作時のドキュメント マップの応答性が向上します。
  • WMF 形式または EMF 形式を使用する画像が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Word 2008 で Windows メタファイル (WMF) 形式または拡張メタファイル (EMF) 形式を使用する画像を含む文書を開くときに、これらの画像が正しく表示されない問題が修正されます。
  • 英語以外のキーボードを使用している場合の信頼性が向上しました。
    英語以外のキーボードを使用している場合、この更新プログラムを適用すると、[ツール] メニューの [言語の選択] を使用しても、設定した文章校正言語が Word で無視される問題が修正されます。
  • 見出しマップを表示する文書を開くときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、見出しマップを表示する文書を開くときに、予期しないレベルの見出しが見出しマップに表示される問題が修正されます。
  • 文書を Web ページとして保存するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、文書に Windows メタファイル (WMF) または拡張メタファイル (EMF) 形式を使用する図が含まれている場合、Word で Web ページとしてその文書を保存できない問題が修正されます。Web ページとして保存しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    ディスクがいっぱいか、開いているファイルが多すぎます。
  • Excel グラフを含む文書を保存するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、次のエラー メッセージが表示される問題が修正されます。
    ファイル エラーが発生しました。ネットワーク接続をチェックするか、ディスクが正しく挿入されており、適切に動作していることを確認してください。
    この問題は、次の状況で発生します。Excel グラフを Word 文書にコピーし、[貼り付けの設定] スマート ボタンで [Excel のグラフ (ブック全体)] を選択し、Word 文書を .docx ファイル形式で保存します。
  • 横並びに複数のページを表示している文書ウィンドウをスクロールするときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、文書ウィンドウで横並びに表示されている文書のページをスクロールするときに、文書のレイアウトが正しく表示されない問題が修正されます。
  • 動的ガイドおよび静的ガイドを使用するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、デザイン レイアウト表示でオブジェクトをドラッグしたときに、一部のオブジェクトが最も近い動的ガイドまたは静的ガイドに正しく合わない問題が修正されます。
  • スタイルを適用するときに、選択したコンテンツが正しく更新されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、 コンテンツの選択後、[設定パレット] の [スタイル] パネルのスタイルを選択したときに、場合によっては Word で表や他のコンテンツの表示が更新されない問題が修正されます。
  • フランス語およびドイツ語の校正ツールまたはキーボードを使用するときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、フランス語またはドイツ語のキーボードを使用するか、[ツール] メニューの [言語の選択] を使用してフランス語またはドイツ語の校正ツールを有効にしているときに、Word が突然終了する問題が修正されます。
  • 別のアプリケーションから Word への切り替えが、より簡単にできるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、他のアプリケーションを開いているときに Word に切り替えにくい問題が修正されます。Word 文書の画面で [ナビゲーション ペイン] またはスクロール バーをクリックして、Word へ切り替えることができるようになります。
  • [1 行目のみ表示] オプションを選択したときに、アウトライン表示で表示されているテキストが正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、[アウトライン] ツール バーの [1 行目のみ表示] を選択したときに、Word で文書本文の最初の段落の 2 行目以降のテキストが表示されない問題が修正されます。
  • 小型英大文字に書式設定されているテキストが正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、文字書式を小型英大文字に変更したときに一部の文字 (ハイフンなど) が正しく表示されない問題が修正されます。
  • 新しい文書の [段落後] 間隔の設定が変更されます。
    ユーザーからのフィードバックに応え、この更新プログラムを適用すると、新しい文書の [段落後] 間隔設定が 10 pt から 0 pt に変更されます。新しい文書の設定を変更する方法の詳細については、Word のヘルプを参照してください。
  • あるテーマ ドキュメントから別のテーマ ドキュメントに図形をコピーするときに [ペーストのオプション] スマート ボタンを使用できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、適用される文書テーマを持つ文書から、適用される別の文書テーマを持つ別の文書に図形をコピーしたときに Word で [貼り付けのオプション] スマート ボタンが表示されなくなる問題が修正されます。[貼り付けのオプション] スマート ボタンを使用すると、次のオプションから貼り付けられた図形に適用されるテーマを選択できます。
    • 図形のコピー元の文書で使用されているテーマ
    • 図形の貼り付け先の文書で使用されているテーマ
  • [文法設定] ダイアログ ボックスの [すべて元に戻す] ボタンが正常に機能するようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Word の初期設定の [スペル チェックと文章校正] パネルにある [文章校正の詳細設定] ダイアログ ボックスの [すべて元に戻す] ボタンですべての文章校正の設定がリセットされない問題が修正されます。このボタンは期待どおりに動作するようになります。
  • 段落番号の [番号を振り直す] オプションが正常に機能するようになります。
    この更新プログラムを適用すると、[書式] メニューの [箇条書きと段落番号] を使用して [段落番号] タブの [番号を振り直す] を選択しても、Word で段落番号が振り直されない問題が修正されます。
  • アプリケーションを切り替えるときにツール バーのアイコンが正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Word 2008 と他のアプリケーションを切り替えるときに [標準] ツール バーのアイコンが誤って表示される、またはアイコンが表示されない問題が修正されます。

Microsoft Excel 2008 for Mac の機能強化

  • グラフの書式オプションが復元されます。
    この更新プログラムを適用すると、以前のバージョンの Office for Mac で使用可能であった次のグラフの書式オプションが復元されます。
    • データ系列用の [誤差範囲] パネルの [ユーザー設定の誤差範囲] 書式オプション
    • データ系列およびデータ要素用の [塗りつぶし] パネルの [負の値を反転する] 書式オプション
    • グラフ軸用の [Ticks] パネルの [Tick Marks] 書式オプション
    • [ソース データの選択] ダイアログ ボックスの [軸ラベル] エントリ ボックス
  • 互換性の問題の確認機能が強化されました。
    この更新プログラムを適用すると、以前のバージョンの Excel と互換性のないファイル形式でワークブックが保存されるときに、ワークブックで発生する可能性のある互換性の問題を警告する Excel の機能が向上します。これには、Windows 用の Excel のバージョンが含まれます。
  • 互換性が向上します。この更新プログラムを適用すると、Windows 用の Excel のバージョンが表示されず、Excel 2008 for Mac で作成したワークブックが正常に保存されない、いくつかの問題が修正されます。この更新プログラムにより、Open XML ファイル形式の仕様に準拠するワークブックとの互換性も向上します。
  • 通貨のセル書式が正しく保存されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Excel で、数値形式を使用するセルの書式に通貨形式を使用するセルの書式が誤って保存される問題が修正されます。特に、ドル以外の通貨記号のユーザーがこの問題の影響を受けます。
  • 数式バーのサイズ変更動作が強化されました。
    この更新プログラムを適用すると、メニュー バーで既定の位置から移動したり、サイズ変更したりするときに数式バーの動作が変更されます。数式バーの幅を移動したり、サイズ変更したりすると、メニュー バーで既定の位置に戻すとしても、変更は保持され、画面の全体の幅をカバーするように数式バーではサイズは自動的に変更されなくなります。自動のサイズ変更の動作をリストアするには、com.microsoft.excel.plist ファイルを削除し、Excel を再起動します。この初期設定ファイルを削除する場合には、すべての Excel の初期設定が既定の設定に戻ることに注意してください。
  • 資産/財務管理シートで依存列を挿入または削除するときに、集計列の数式が正しく調整されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、依存列を削除したときに集計列の数式に #REF! シート エラーが表示される問題が修正されます。また、集計列の数式は、依存列を資産/財務管理シートに挿入する場合に依存列を含めるように調整されます。Excel では、集計列の数式に影響を与える依存列が挿入または削除されるときに、ユーザーに警告します。
  • Excel 97-2004 ブックを開くときにハイパーリンクの書式が保持されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Excel 97-2004 ファイル形式で保存されたブックを Excel で開くときに、ハイパーリンクを含むセルからハイパーリンクの書式が削除される問題が修正されます。
  • 標準表示で改ページを新しい場所にドラッグできるようになります。
    この更新プログラムでは、標準表示でシートを表示するときに、シート内の新しい場所に改ページをドラッグできる拡張機能が導入されています。この拡張機能は、改ページ プレビューによって以前のバージョンの Excel で使用できた機能をリストアします。標準表示では、改ページは行と列の間の破線で表示されます。
  • パフォーマンスが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、次の操作を実行するときにパフォーマンスに影響を与えるいくつかの問題が修正されます。
    • データの入力
    • シートのスクロール
    • 複雑な数式の計算
    • 数式パレットを使用した数式の編集
    • セルの書式の変更
    • 多数のシートを含むブックを開く
  • グラフの近似曲線の精度および信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Excel でグラフの近似曲線が不正確に作成される問題が修正されます。特に、この更新プログラムを適用すると、[グラフに R-2 乗値を表示する] オプションを使用したグラフの近似曲線に 1 万分の 1 の精度で R-2 乗値が表示されない問題が修正されます。
  • SmartArt グラフィックを使用するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、SmartArt グラフィックを挿入した後に、セルにデータを入力した場合や別のオブジェクト (図、グラフなど) を挿入した場合に、SmartArt グラフィックのサイズが突然変更される問題が修正されます。
  • ブックを印刷するときの安定性および信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Excel が予期せず終了したり、ワークブックが不適切に印刷されたりする問題が修正されます。特に、Excel では、[ファイル] メニューの [ページ設定] コマンドを使用して [シート] タブの [白黒] オプションを設定すると、すべてのワークブックのコンテンツは白黒で正確に印刷されます。
  • [ソース データの選択] ダイアログ ボックスで空白の系列を削除するときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、[ソース データの選択] ダイアログ ボックスで [系列] ボックスの一覧から空白の系列を削除するときに Excel が突然終了する問題が修正されます。
  • セカンダリ ディスプレイのサポートが強化されました。
    この更新プログラムを適用すると、2 台以上のモニタを持つコンピュータを使用している場合に発生する問題が次のように修正されます。
    • セカンダリ ディスプレイに表示されているブック ウィンドウの緑色のズーム (+) ボタンをクリックしたときに、ウィンドウのサイズが正しく変更され、開いている他のブック ウィンドウは影響を受けなくなります。
    • 2 台以上のモニタを持つ Intel ベースの Macintosh コンピュータで、.xls ファイル形式で保存されたブックが見える位置で開かれるようになります。
    • [ウィンドウ] メニューの [新しいウィンドウを開く] を使用して同じブックを別のウィンドウで開くときに、ブックの情報がセカンダリ ディスプレイに正しく表示されるようになります。

Microsoft PowerPoint 2008 for Mac の機能強化

  • ムービー ファイルへの破損したリンクを修正すると正しく保存されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、PowerPoint でリンクされているムービー ファイルの場所の変更が保存されない問題が修正されます。ムービー ファイルに対する壊れたリンクを修正し、プレゼンテーションを保存しても、プレゼンテーションを再度開くと、リンクが壊れたままの状態です。
  • アウトライン ウィンドウでのコンテンツの表示が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、アウトライン ペインのテキストが正しく表示されない問題が修正されます。この問題により、アウトライン ペインの下部にあるテキストを選択することが難しくなります。
  • 静的ガイドをドラッグするときの表示および応答性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、固定ガイドをスライドの別の場所にドラッグすることが非常に困難である問題が修正されます。この更新プログラムを適用すると、固定ガイドをスライドの別の場所にドラッグした後に、淡い青色のボックスが表示される問題も修正されます。
  • スライド ショーの実行中に別のアプリケーションに切り替えたときの表示が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Finder や別のアプリケーションに切り替えた後、PowerPoint で実行中のスライド ショーに戻るときにスライド上に予期しない白い線が表示される問題が修正されます。
  • PowerPoint プレゼンテーションのほとんどのファイル形式を [スライド テーマ] タブに追加できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、.pptx、.ppt、.pot、および .potx のファイル形式で保存された PowerPoint プレゼンテーションを次のフォルダに保存する機能が導入されます。
    /Users/username/Library/Application Support/Microsoft/Office/User Templates/My Themes
    これらのファイルを "My Themes" フォルダに追加すると、プレゼンテーションのスライドのテーマは、PowerPoint を次回に開いたときに、[エレメンツ ギャラリー] の [スライド テーマ] タブにある [ユーザー設定のテーマ] グループから使用できます。
  • 全体的な安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用することにより、PowerPoint が予期せず終了する複数の問題が修正されます。Microsoft エラー報告システムによるお客様の送信に基づいて、この問題は修正されました。
  • 印刷時のパフォーマンスおよび安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、印刷時にパフォーマンスが低下する問題が修正されます。この更新プログラムを適用することにより、高解像度のプリンタでプレゼンテーションを印刷するときに PowerPoint が予期せず終了する問題も修正されます。
  • スライド ショーで複雑なオブジェクト、アニメーション、および画面切り替えを使用するときのパフォーマンスが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、複雑なオブジェクト、アニメーション、および画面切り替えを含むスライド ショーを実行するときに PowerPoint のパフォーマンスが低下するいくつかの問題が修正されます。
  • 画像プレースホルダに画像を挿入するときに画像が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、スライドの図プレースホルダに図を挿入したときに図がトリミングされて表示される問題も修正されます。この更新プログラムを適用することにより、複数のプレースホルダを含むスライドについての問題も修正されます。この問題では、プレースホルダにドラッグされてドロップされた図が、スライドの 1 番目のプレースホルダに常に表示されてしまいます。この現象は、図が 1 番目のプレースホルダにドロップされなかった場合にも発生します。
  • PowerPoint Mobile で PowerPoint 2008 プレゼンテーションを開くことができるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、PowerPoint 2008 で作成された .pptx ファイルが PowerPoint Mobile で表示されない問題が修正されます。PowerPoint の PowerPoint Mobile バージョンは、Windows Mobile を実行している電話用です。
  • 縮小表示のスライドをスライド一覧表示で 100% を超えて拡大できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、スライドの縮小表示のサイズをスライド一覧表示で 100% 以上に変更できる機能が導入されます。[標準] ツール バーの [ズーム] ボックスを使用して、スライドの縮小表示のサイズを大きくすることができます。
  • プレゼンテーションを開いてから保存するときの安定性および互換性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、プレゼンテーションを開き、プレゼンテーションに変更を加えた後で保存するときに PowerPoint が突然終了する、応答を停止する、またはデータが失われるいくつかの問題が修正されます。
  • 日本語テキストの [標準レベル] および [指定] 改行ルールが復元されます。
    PowerPoint 2008 の日本語版または PowerPoint 2008 の英語版で日本語の機能をオンにしている場合、[ツール] メニューの [文字体裁] コマンドによって、「標準」または「ユーザー設定」の改行規則を使用できます。PowerPoint 2008 では、「高レベル」の改行規則の使用が制限されなくなりました。
  • オブジェクトの選択が AppleScript 辞書でサポートされるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、既存のクラスおよび既存のコマンドの更新だけでなく、新しいクラスおよび新しいコマンドのセットが導入されます。これらの新しいクラスと新しいコマンドにより、AppleScript ユーザーがオブジェクトを選択し、選択したオブジェクトで処理を実行するスクリプトを作成できます。以下の新しく更新されたクラスとコマンドは、PowerPoint の AppleScript ディレクトリから入手できるようになります。
    • 新しいクラス :
      • selection (PowerPoint Suite)
      • shape range (Drawing Suite)
      • slide range (PowerPoint Suite)
    • 新しいコマンド :
      • unselect (PowerPoint Suite)
      • align (Drawing Suite)
      • distribute (Drawing Suite)
      • group (Drawing Suite)
      • ungroup (Drawing Suite)
      • regroup (Drawing Suite)
      • copy shape range (Drawing Suite)
      • cut shape range (Drawing Suite)
    • 更新されたクラス :
      • document window (PowerPoint Suite)
    • 更新されたコマンド :
      • select (Standard Suite)
      • delete (Standard Suite)
      • duplicate (Standard Suite)
      • apply template (PowerPoint Suite)
      • apply theme (PowerPoint Suite)
      • apply theme color scheme (PowerPoint Suite)
      • copy object (PowerPoint Suite)
      • cut object (PowerPoint Suite)
      • apply (Drawing Suite)
      • flip (Drawing Suite)
      • get action setting for (Drawing Suite)
      • pick up (Drawing Suite)
      • reroute connections (Drawing Suite)
      • set shapes default properties (Drawing Suite)
      • z order (Drawing Suite)
  • スライド マスタに画面切り替えを適用できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、プレゼンテーションのスライド マスタに画面切り替えを適用できない問題が修正されます。
  • Office テーマでのタイトル プレースホルダの垂直方向の配置設定が変更されます。
    この更新プログラムを適用すると、既定の Office テーマのタイトル プレースホルダに関して垂直方向の配置設定が中央揃えに変更されます。以前のバージョンの PowerPoint 2008 では、垂直方向の配置が上揃えに設定されました。この変更は日本のお客様のフィードバックに対応しています。

Microsoft Entourage 2008 for Mac の機能強化

  • 定期的な終日イベント用のアラームの期限が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Microsoft Office Reminder アプリケーションに不適切な期限または期限のないリマインダが表示される問題が修正されます。この問題は、Outlook または Outlook Web Access で作成した終日イベントのリマインダに影響を与えます。
  • 連絡先情報を vCard (.vcf) 形式にエクスポートする機能が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、連絡先情報に写真が含まれていない場合に、Entourage で連絡先情報が vCard (.vcf) 形式にエクスポートできない問題が修正されます。
  • [My Day] 環境設定のキーボード ショートカットとして拡張文字を使用する場合のサポートが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、[日] 初期設定の [ショートカット キー] 設定で一部の拡張文字が有効なキーボード ショートカットとして承認されない問題が修正されます。この問題は、英語版でないキーボードを使用し、キーボード ショートカット文字を入力すると発生します。
  • Microsoft Sync Services の安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用することにより、Microsoft Sync Services が予期せず終了することがある問題が修正されます。たとえば、この問題は、Microsoft Sync Services で .ics ファイルとして保存し、Apple iCal の Entourage にインポートしたカレンダー イベントを同期しようとすると発生することがあります。
  • Exchange サーバー アカウントに対するクライアント ベースの証明書認証がサポートされるようになりました。
    この更新プログラムを適用すると、Microsoft Exchange Server を実行するサーバーのアカウントへの接続にスマート カードを使用する場合に、RSA キーおよび DSA キーに対する SSL (Secure Sockets Layer) v3 証明書認証および TLS (トランスポート層セキュリティ) クライアント ベース証明書認証がサポートされるようになります。
  • 混在環境の Exchange ユーザーに対して、空き時間情報が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Exchange Server 2007 を実行するサーバーと Exchange Server 2003 を実行するサーバーが混在するネットワーク上で、Exchange Server 2007 を実行するサーバーのアカウントを持つユーザーに発生する問題が修正されます。この問題により、Entourage で、Exchange Server 2003 を実行するサーバーのアカウントを持つユーザーの空き時間情報が正しく表示されませんでした。
  • 予定表に切り替えるときのパフォーマンスが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、予定表に切り替えるときに Entourage のパフォーマンスが低下する問題が修正されます。
  • POP アカウントを使用するときの安定性とエラー処理が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage が POP メール アカウントに接続されている間に「正しくないメッセージ」のエラーが表示されたときに Entourage で応答が停止する問題が修正されます。Entourage で「正しくないメッセージ」のエラーがスキップされて、POP アカウントの残りの電子メール メッセージが引き続きダウンロードされるようになります。
  • ハイパーリンクを含む電子メール メッセージが正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage でハイパーリンクを含む一部の電子メール メッセージが不適切に表示される問題が修正されます。この問題では、ハイパーリンクされたテキストが予測されるものとは異なる色とフォント スタイルで表示されます。
  • 迷惑メールから保護するための定義ファイルが更新されました。
    この更新プログラムで、更新された定義ファイルを適用することにより、Entourage 迷惑メールフィルタの効果が高くなります。定義ファイルは迷惑メールとして処理する必要のある電子メール メッセージを判断するのに使用します。
  • 英語版以外の Entourage から送信される電子メール メッセージのテキストで、元のフォント サイズが保持されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、電子メール メッセージのテキストのフォント サイズが、メッセージを送信するか、返信にメッセージを含めるたびに大きくなる問題が修正されます。英語版以外のバージョンの Entourage を使用するユーザーがこの問題の影響を受けます。
  • インポートされた電子メール メッセージで、元の受信日時が保持されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、インポートする電子メール メッセージの改訂された日時が Entourage にインポートした日時に変更される問題が修正されます。
  • 不在時のアシスタントを使用するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、不在時のアシスタントで、Exchange Server 2007 を実行するサーバーのアカウントに接続できない場合がある問題が修正されます。この問題が発生すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    Out of Office status is temporarily unavailable because Entourage cannot connect to the server.
  • 添付ファイルを含む電子メール メッセージを開くときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、添付ファイルを含む電子メール メッセージを開くときに Entourage が突然終了する問題が修正されます。
  • ハイパーリンクのサポートが向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で、長いハイパーリンク、拡張文字を含むハイパーリンク、引用符で囲まれたハイパーリンクなどのハイパーリンクが適切に表示されないいくつかの問題が修正されます。
  • iPhone と最初に同期するときに、連絡先およびイベントが重複しなくなります。
    この更新プログラムを適用すると、iTunes を介して iPhone または iPod Touch と連絡先およびイベントを最初に同期した後に、Entourage で連絡先およびイベントが重複して表示される問題が修正されます。
  • Microsoft Database Utility を使用するときの信頼性および安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Microsoft Database Utility が予期せずに終了するか、ユーティリティが正しく動作しない問題が修正されます。この問題は、Entourage データベースを検証、圧縮、または再構築しようとすると発生します。
  • [条件の追加] を使用するときの信頼性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で項目を検索するため、[編集] メニューの [高度な検索] コマンドを使用したときに一部の検索条件で結果が返されない、いくつかの問題が修正されます。この機能の向上を活かすには、Entourage でスポットライト検索インデックスを再構築します。検索インデックスを再構築するには、[Entourage] メニューの [初期設定] をクリックします。さらに、[全般設定] で、[スポットライト] をクリックし、[再構築] をクリックします。
  • Entourage 2008 と Entourage 2004 を同時に実行できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage 2004 の実行中に同じコンピュータで Entourage 2008 が実行されなくなる、いくつかの問題が修正されます。
  • Entourage のすべての表示で、列の設定への変更をリセットできるようになります。
    この更新プログラムによって、Entourage ビューで列の設定をリセットできるオプションが導入されます。ビューで列の設定をリセットするには、ビューに切り替えて、[ビュー] メニューで [列] をポイントし、[すべての既定値をリセットする] をクリックします。
  • プロジェクト センターで共有ファイルが正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage プロジェクト センターで、プロジェクトの共有ファイルの横に [共有] インジケータ アイコンが表示されない問題が修正されます。
  • 会議のすべての出席者が、出席者の完全な一覧を表示できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、会議の出席者が完全な出席者一覧を表示できない問題が修正されます。Entourage 2008 より以前のバージョンでは、会議の開催者のみが完全な出席者一覧を表示できました。
  • [ユーザーの切り替え] ダイアログ ボックスを使用するときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、AppleScript スクリプトを実行している場合、または [ユーザーの切り替え] ダイアログ ボックスが開いているときに "mailto:" リンクをクリックした場合に、Entourage が予期せずに終了する問題が修正されます。Microsoft エラー報告システムによるお客様の送信に基づいて、この問題は修正されました。
  • Exchange Server 2007 でのアカウント設定の自動検出に対するサポートが追加されました。
    この更新プログラムを適用すると、Exchange Server 2007 を実行するサーバーのアカウントを持つユーザーに対して、アカウント設定の自動検出がサポートされます。この機能は、Outlook 2007 でも使用できます。
  • Exchange アカウントの電子メール メッセージから、添付ファイルを削除できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で、Exchange Server を実行するサーバーに格納されている電子メール メッセージから添付ファイルを削除できない問題が修正されます。
  • AppleScript を使用した Exchange メッセージの内容の編集、およびその変更のサーバーへの同期がサポートされるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、AppleScript スクリプトを実行しても、Entourage で、Exchange Server を実行するサーバー上の電子メール メッセージの内容を変更できない問題が修正されます。
  • To Do リストの項目の期限変更が Exchange アカウントと正しく同期されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で To Do リストの項目の一部の期限変更 (項目の期限を [期限なし] に変更するなど) が正しく同期されない問題が修正されます。
  • Gmail アカウントで IMAP を使用するように自動的に構成されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、POP プロトコルの代わりに IMAP プロトコルを使用するように、Entourage の Gmail アカウントの既定の構成が変更されます。
  • ファイル名にスラッシュを含む圧縮 (.zip) ファイルが添付ファイルとして正しく送信されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で、ファイル名にスラッシュ文字 (/) を含む圧縮 (.zip) ファイルを添付ファイルとして送信できない問題が修正されます。
  • 定期的なイベントを [My Day] から開いたときに、開始日が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、[日] を使用してシングル インスタンスを開くときに定期的な予定のシングル インスタンスに開始日が「Fri, Jan 1, 1904」として表示される問題が修正されます。
  • 会議出席依頼への返信のメッセージ本文に、会議出席依頼のテキストが含まれなくなります。
    この更新プログラムを適用すると、出席者が返信を編集することを決定していない場合であっても、Entourage で返信のメッセージ本文に会議出席依頼のテキストが含まれてしまう問題が修正されます。この問題により、メッセージ本文にテキストが含まれない返信を受信したい Outlook ユーザーの自動規則が破壊されます。
  • complex HTML を含む電子メール メッセージをスクロールするときの安定性が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、complex HTML を含む電子メール メッセージの内容をスクロールするときに、マウス スクロール ホイールまたはトラックパッド ジェスチャを使用した場合に Entourage が応答を停止する問題が修正されます。
  • Safari または他のアプリケーションからコピーした画像を Entourage の電子メール メッセージに正しく貼り付けられるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Safari からコピーされた図が Web アドレスとして Entourage 電子メール メッセージに貼り付けられる問題が修正されます。また、この更新プログラムを適用することにより、他の Macintosh アプリケーションからコピーされる図が Entourage 電子メール メッセージに貼り付けられない問題も修正されます。
  • アドレス帳に含まれていない連絡先にも暗号化メッセージを送信できるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で、アドレス帳に含まれていない連絡先、および次のメッセージが表示された後に以下の手順でデジタル証明書を選択した連絡先の S/MIME デジタル証明書が受け入れられない問題が修正されます。
    一部の受信者の暗号証明書が Entourage のアドレス帳にありませんでした。LDAP サーバーに照会しますか?
    この場合、[はい] をクリックして [名前の確認] ダイアログ ボックスからユーザーを選択します。
  • ネットワーク ファイル共有で開かれているファイルを添付ファイルとして送信するときの処理が正しく行われるようになります。
    Intel ベースの Macintosh コンピュータ ユーザーの場合、この更新プログラムを適用することにより、別のコンピュータで電子メールの添付ファイルとして開くファイルを Entourage がゆっくりと実行されたり、応答を停止したりする問題が修正されます。メッセージが表示され、ファイルが別のコンピュータで開かれていることが通知されるようになります。
  • To Do リストにパブリック フォルダおよび共有フォルダの連絡先やメッセージが表示されなくなります。
    この更新プログラムを適用すると、パブリック フォルダおよび共有フォルダで作業の一覧の項目として連絡先やメッセージを指定することができる問題が修正されます。既定では、パブリック フォルダおよび共有フォルダ内の連絡先やメッセージは作業の一覧に表示されません。
  • HTML 署名が正しく表示されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、電子メール メッセージの本文で一部の HTML 署名が HTML マークアップで表示される問題が修正されます。
  • 他のアプリケーションが全画面表示モードで実行されているときは Office のアラームが表示されなくなります。
    この更新プログラムを適用すると、PowerPoint スライド ショーや Microsoft Messenger での全画面ビデオ チャットなど、他のアプリケーションが全画面表示モードで実行されているときに、Office のアラームが表示される問題が修正されます。
  • UPN 認証を使用する Exchange アカウントへのログオンの際にドメイン名が不要になります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で、UPN 認証を使用する Exchange Server を実行するサーバー上のアカウントへのログオンの際に、ドメイン名が要求される問題が修正されます。
  • PDF 添付ファイルが保持されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、PDF 添付ファイルを電子メール メッセージの本文にドラッグするときに Entourage で PDF 添付ファイルの最初のページが PNG イメージに変換される問題が修正されます。PDF 添付ファイルはそのまま送信され、変換されなくなります。
  • Entourage を既定の電子メール アプリケーションとして設定している場合に、vCard (.vcf)、iCalendar (.ics)、および電子メール (.eml) 形式のファイルを Entourage で開けるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage が vCard、iCal、電子メール ファイルの既定のアプリケーションとして登録されない問題が修正されます。Entourage を既定の電子メール アプリケーションとして設定しても、これらのファイルをダブルクリックすると、Entourage で開くことができるようになります。
  • IMAP アカウントの未読メールのカウント機能が向上しました。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage が IMAP の未読のメッセージ数を表示しない問題が修正されます。Entourage を実行しているコンピュータでまだ読まれていないメッセージの数がカウントされるようになります。
  • 連絡先の名前が、白黒ではなく、分類に割り当てられた色で印刷されるようになります。
    この更新プログラムを適用すると、Entourage で、連絡先に割り当てられた分類の色ではなく、常に白黒で、連絡先の名前が印刷される問題が修正されます。

必要条件

Office 2008 SP1 Update (12.1.0) をインストールする前に、コンピュータで Mac OS X 10.4.9 (Tiger) またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムが実行されていることを確認します。

コンピュータがこの必要条件を満たしていることを確認するには、[アップル] メニューの [この Mac について] をクリックします。

更新プログラムの入手方法

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft Office 2008 for Mac Service Pack 1 (12.1.0) パッケージ

リリース日 : 2008 年 5 月 13 日

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

更新されたファイル

この更新プログラムによって追加または変更されるファイルの完全な一覧を参照するには、更新プログラム インストーラをダブルクリックし、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。

注 :

Office 2008 SP1 更新プログラム (12.1.0) は、Microsoft AutoUpdate を使用して入手することもできます。AutoUpdate は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つためのプログラムです。

AutoUpdate を使用するには、Microsoft Office プログラムを起動し、[ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] をクリックします。

Office 2008 for Mac に関する資料の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/mac

プロパティ

文書番号: 952331 - 最終更新日: 2008年10月3日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2008 for Mac
  • Microsoft Office 2008 for Mac (Home and Student Edition)
  • Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition
  • Microsoft Entourage 2008 for Mac
  • Microsoft Office Excel 2008 for Mac
  • Microsoft Office PowerPoint 2008 for Mac
  • Microsoft Office Word 2008 for Mac
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix KB952331
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com