維持し、BizTalk Server データベースをトラブルシューティングする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 952555
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft BizTalk Server のデータベースと、データベースの状態は、成功した BizTalk Server のメッセージング環境に非常に重要です。この資料では、BizTalk Server データベースを使用するときに考慮すべき重要な点について説明します。これらの考慮事項は次のとおりです。
  • 無効にする必要があります、 統計の自動更新統計の自動作成します。 Microsoft SQL Server のオプションです。
  • プロパティの並列処理の最大限度を正しく設定する必要があります。
  • BizTalk Server のインデックスを再構築できる場合を決定します。
  • ロック、デッドロック、またはブロックに発生する可能性があります。
  • 大規模なデータベースまたはテーブルの問題が発生する可能性があります。
  • BizTalk SQL Server エージェント ジョブ
  • サービス インスタンスが中断されることがあります。
  • SQL Server と BizTalk Server のパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  • BizTalk Server でのベスト プラクティスに従ってください。

はじめに

この資料では、BizTalk Server データベースを維持する方法、および BizTalk Server データベースの問題をトラブルシューティングする方法について説明します。

詳細

既知の問題

統計の自動更新と自動統計の作成オプションを無効にする必要があります。

無効にする必要があります、 統計の自動作成します。統計の自動更新 BizTalkMsgBoxDb データベースのオプションです。これらの設定は無効になっているかどうかを確認するには、SQL Server で次のストアド プロシージャを実行します。
exec sp_dboption 'BizTalkMsgBoxDB', 'auto create statistics'
exec sp_dboption 'BizTalkMsgBoxDB', 'auto update statistics'

CurrentSetting の設定を設定必要があります。 オフ.場合は、この設定を設定するのには 、SQL Server には、以下のストアド プロシージャを実行することによってオフします。
exec sp_dboption 'BizTalkMsgBoxDB', 'auto create statistics', 'off'
exec sp_dboption 'BizTalkMsgBoxDB', 'auto update statistics', 'off'

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
917845 ブロックが発生する、BizTalkMsgBoxDb のデータベース BizTalk Server に接続しようとするとデッドロックの条件、またはその他の SQL Server の問題
912262 自動更新の統計情報は、自動作成のオプションの統計情報、および並列処理の設定は無効、BizTalk Server の BizTalkMsgBoxDB データベースをホストする SQL Server データベース ・ インスタンスで

プロパティの並列処理の最大限度を正しく設定する必要があります。

SQL Server を実行して、BizTalkMsgBoxDb データベースをホストしているコンピューターで、最大限度の並列 run_value config_value プロパティの値を 1 に設定します。ストアド プロシージャに対して、マスター、最大限度の並列処理の設定を判断し、次を実行してデータベースで SQL Server。
exec sp_configure 'max degree of parallelism'
Run_value と config_value プロパティ値に 1 が設定されていない場合は、SQL を 1 に設定するのには、サーバーで次のストアド プロシージャを実行します。
exec sp_configure 'max degree of parallelism', '1'
reconfigure with override

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
899000 SQL の BizTalk Server を構成するときのサーバーのインスタンスの並列処理の設定
917845 ブロックが発生する、BizTalkMsgBoxDb のデータベース BizTalk Server に接続しようとするとデッドロックの条件、またはその他の SQL Server の問題

BizTalk Server のインデックスを再構築できる場合を決定します。

ほとんどの BizTalk Server のインデックスがクラスター化されている (インデックス ID: 1). BizTalk Server テーブルの断片化情報を表示するのには、DBCC SHOWCONTIG SQL Server ステートメントを使用することができます。

BizTalk Server インデックスは GUID ベースです。そのため、断片化は通常発生します。DBCC SHOWCONTIG ステートメントによって返されるスキャン密度の値が 30% 未満の場合は、ダウンタイム時に BizTalk Server のインデックスを再構築することができます。

多くの BizTalk Server テーブルにデータ型定義を使用する列が含まれます。これらの列のオンライン インデックス作成を実行できません。したがって、BizTalk Server のデータを処理している間 BizTalk Server インデックスは再構築する必要があります。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
917845 ブロックが発生する、BizTalkMsgBoxDb のデータベース BizTalk Server に接続しようとするとデッドロックの条件、またはその他の SQL Server の問題
DBCC SHOWCONTIG ステートメントの出力を分析する方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc966523.aspx

ロック、デッドロック、またはブロッキングが発生する可能性があります。

通常、ロックやブロック、BizTalk Server 環境で発生します。ただし、これらのロックやブロックにかかる時間のままにはなりません。そのため、潜在的な問題のブロックとデッドロックを示します。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
917845 ブロックが発生する、BizTalkMsgBoxDb のデータベース BizTalk Server に接続しようとするとデッドロックの条件、またはその他の SQL Server の問題

大規模なデータベースまたはテーブルの問題が発生する可能性があります。

BizTalkMsgBoxDb データベースが 5 GB より大きい場合、パフォーマンス上の問題が発生することができますを見てきました。理想的には、BizTalkMsgBoxDb データベースのデータを保持しない必要があります。データを処理またはが BizTalkDTADb データベースに移動するまで、BizTalkMsgBoxDb データベース バッファーと見なします。

5 GB より大きい BizTalkMsgBoxDb のデータベース バック エンドと多くの長時間のオーケストレーションでは、強力な SQL Server を使用する環境があります。長時間のオーケストレーションを使用しない、量の多い環境は、5 GB よりもはるかに小さい、BizTalkMsgBoxDb データベースが必要です。

BizTalkDTADb データベースには、セットのサイズはありません。パフォーマンスが低下する場合は、ただし、データベースが大きすぎます。通常、20 gb の 15 GB が大きすぎると見なされます。BizTalk Server の大規模なデータベースがある場合は、次の問題が発生する可能性があります。
  • BizTalkMsgBoxDb データベースは増え続けています。ただし、ログ ファイルおよびデータのサイズ大きいままです。
  • BizTalk Server は簡単なメッセージ フロー シナリオでも、処理に通常よりも時間がかかります。
  • 稼働状態と動作状況の追跡 (HAT) のクエリは通常よりも時間がかかるし、タイムアウト可能性があります。
  • データベースのログ ファイルはトランケートされません。
  • BizTalk SQL Server エージェント ジョブは、通常よりも遅くなります。
  • いくつかのテーブルが非常に大きいですまたは列が多すぎます、通常テーブル サイズを比較しました。
データベースはさまざまな理由から大きくなります。これらの理由から次のよう可能性があります。
  • BizTalk SQL Server エージェントのジョブが実行されていません。
  • 中断されたインスタンスの数が多い
  • ディスクの障害
  • 追跡
  • 調整
  • SQL Server のパフォーマンス
  • ネットワークの遅延
環境内でデータの問題が発生しているかどうかを判断するために期待を知っていることを確認してください。

既定では、トラッキングは既定のホストで有効になります。BizTalk には、 ホストの追跡を許可します。 1 台のホストのチェック ボックスをオンします。追跡が有効になっている場合は、追跡は、追跡データをデコード サービス (TDDS) を移動、BizTalkDTADb データベースに BizTalkMsgBoxDb データベースからイベントのデータ。追跡ホストが停止している場合は、TDDS データ、BizTalkDTADb データベースおよび、TrackingData_ に移動しませんx では実装されていなかったために発生します_x では実装されていなかったために発生します BizTalkMsgBoxDb データベース内のテーブルに拡張されます。

1 つのホストの追跡を専用することをお勧めします。Tdds が大容量のシナリオでの新しい追跡イベントを維持するを許可するには、1 つの追跡ホストの複数のインスタンスを作成します。1 つ以上の追跡ホストはありませんする必要があります。

テーブルに行が多すぎることができます。セットの数が多すぎる行がありません。また、この行数はどのような種類のデータは、テーブルに格納されてによって異なります。たとえば、100万行の可能性がありますは、dta_DebugTrace テーブル行数が多すぎます。A ホスト名おそらく 200,000 台を超える行を持つ Q_Suspended テーブル行数が多すぎます。

適切な BizTalk SQL Server エージェント ジョブを使用します。

BizTalk SQL Server エージェント ジョブは、BizTalk Server データベースを管理するため、高いパフォーマンスを維持することが重要です。

は、 BizTalk Server をバックアップします。 SQL Server エージェント 仕事、BizTalk Server データベースをバックアップするのには、サポートされている唯一の方法です。このジョブでは、BizTalk Server のすべてのデータベースが完全復旧モデルを使用する必要があります。このジョブでは、健全な BizTalk Server 環境を構成してください。のみ SQL Server のエージェントが停止している場合は、BizTalk Server のすべてのホスト インスタンスが停止している場合は、BizTalk Server データベースをバックアップするのには、SQL Server メソッドを使用できます。

は、 MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェントのジョブが無限に実行されます。したがって、SQL Server エージェントのジョブ履歴は、正常に完了が表示されます。障害が発生した場合は、ジョブは 1 分以内に再開、無限実行され続けます。そのため、エラーを無視しても安全。さらに、ジョブの履歴をクリアできます。のみ、ジョブ ヒストリをこのジョブ絶えず失敗し、再起動を報告するときは注意すべきです。

は、 MessageBox_Message_Cleanup_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェント ジョブによって起動したために無効になっている必要がありますだけ BizTalk Server 仕事のですが MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェント ジョブ。

は、 データのパージとアーカイブ SQL Server エージェント ジョブ BizTalkDTADb データベース削除し、履歴メッセージのアーカイブを維持することができます。このジョブでは、テーブル内のすべての行を読み取ります、レコードを削除するかどうかを確認するのには、タイム ・ スタンプを比較します。

すべての BizTalk SQL Server エージェントのジョブを除く、 MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェントのジョブが正常に実行されている必要があります。

BizTalk Server SQL Server のエージェントのすべてのジョブの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
919776 BizTalk Server で SQL Server のエージェント ジョブの説明

サービス インスタンスを中断することができます。

サービス インスタンスが中断 (再開可能) かが中断 (再開可能) ことができます。これらのサービスのインスタンスは、メッセージング、オーケストレーション、ポートまたはポートの場合があります。

これらのサービスのインスタンスは、BizTalkMsgBoxDb データベースが不必要に成長し、終了することができることができます。次の表は、どのような方法、BizTalk バージョンに応じて使用できますを示します。
元に戻す全体を表示する
グループ ハブハットTerminate.vbs終端文字ツール
BizTalk Server 2010[はい]いいえ[はい][はい]
BizTalk Server 2009[はい]いいえ[はい][はい]
BizTalk Server 2006 R2[はい][はい][はい][はい]
BizTalk Server 2006[はい][はい][はい][はい]
BizTalk Server 2004 年いいえ[はい][はい][はい]
Terminate.vbs スクリプトの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb203857.aspx
キャッシュのインスタンスは表示されません、 グループ ハブ ページを一時停止または終了できません。この制約は、テーブルの増加の一般的な原因です。新しいゾンビ メッセージ BizTalk Server 2006年のサービス インスタンスをキャッシュにしないようにするには、サポート技術情報の記事 936536 での修正プログラムをインストールします。この問題は、BizTalk Server 2006 R2 およびそれ以降のバージョンで固定されています。

メモ ゾンビ メッセージは、メッセージのルーティングが使用しないです。

詳細については、:microsoft の Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
936536 FIX、BizTalk Server 2006年でのパフォーマンスの問題が発生して、調整のメッセージは、パフォーマンス ログ ファイルに記録されます。
BizTalk Server のホスト インスタンスを終了すると、インスタンス キャッシュ削除できません。BizTalk Server 2006年でこの現象を解決するには、サポート技術情報の記事 944426 での修正プログラムをインストールします。BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk 2006 R2 Service Pack 1 をインストールします。この問題は、2009 の BizTalk Server およびそれ以降のバージョンで固定されています。

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
974563 BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 に含まれている Microsoft BizTalk Server の修正プログラムの一覧
944426 修正: 孤立したキャッシュ インスタンス、インスタンスのホスト キューに BizTalk Server 2006年でと、BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalkMsgBoxDb データベースのテーブルをビルドできます。
ルーティング エラー レポート (RFRs) に蓄積されること、もう 1 つの一般的な問題をされて、 BizTalkHostQ と BizTalkHostQ_Suspended テーブル。RFRs は削除されません、され、BizTalkMsgBoxDb データベースの拡張にこの動作が発生する可能性があります。BizTalk Server 2006年でこの問題を解決するには、941690 のマイクロソフト サポート技術資料に修正プログラムをインストールします。この問題は、BizTalk Server 2006 R2 およびそれ以降のバージョンで固定されています。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
941690 FIX ルーティング エラー レポート<biztalkhostname>BizTalk Server 2006年サーバー上の Q_Suspended テーブル</biztalkhostname>から削除されません。
用語「孤立したメッセージ」や「ゾンビ メッセージ」よく同じ意味で使用されます。

孤立したメッセージは、メッセージに関連付けられたインスタンスはありませんです。たとえば、ルーティング エラー レポートは、孤立したメッセージです。

ゾンビ メッセージは、メッセージのルーティングが使用しないです。たとえば、メッセージは、コンボイ オーケストレーションに配信されました。ただし、コンボイ オーケストレーションを他のコード パスしました。オーケストレーション インスタンスを終了します。メッセージは破棄され、ここではゾンビ メッセージとして知られています。

ゾンビ メッセージの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://blogs.msdn.com/biztalk_core_engine/archive/2004/06/30/169430.aspx

SQL Server と BizTalk Server のパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。

BizTalk Server 何百もの非常に短い短いトランザクションに SQL Server 分以内になります。BizTalk Server SQL Server この活動を受けることができない場合は、パフォーマンスの問題があります。パフォーマンス モニターで、モニターは、 平均ディスク読み取り/秒、平均ディスク秒と転送平均ディスク秒/書き込みパフォーマンス モニター カウンターは、 PhysicalDisk パフォーマンス オブジェクト。最適値より小さい 10 ミリ秒 (ミリ秒) です。値 20 ミリ秒のパフォーマンスが低いと見なされます。

SQL Server のパフォーマンスの詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc966540.aspx
BizTalk Server 2004年データベースの高可用性の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms942187.aspx
BizTalk Server 2006年データベースの高可用性の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa559920.aspx
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
298475 SQL Server のパフォーマンスの問題のトラブルシューティング方法

271509 SQL Server 2000年および SQL Server 2005 でのブロッキングを監視する方法

BizTalk Server のヒント集

SQL Server エージェントを SQL Server を起動します。SQL Server エージェントが停止した場合、データベースの保守を担当する組み込み BizTalk SQL Server エージェント ジョブを実行できません。この問題はデータベースの拡張が発生、この拡張パフォーマンスの問題が発生する可能性があります。BizTalk Server 2004 Service Pack 2 (SP2) およびそれ以降のバージョンで BizTalk Server データベースの保守が大幅に向上しました。

LDF の SQL Server と MDF ファイルを別のドライブを配置します。LDF と MDF ファイルを BizTalkMsgBoxDb および BizTalkDTADb データベースが同じドライブ上にある場合は、ディスクの競合が発生します。

メッセージ本文の追跡からの恩恵を受けることと、この機能を有効にしないでください。ただし、開発および、ソリューションのトラブルシューティングを行うときにメッセージ本文の追跡を有効にすることをお勧めします。この操作を行う場合は、終了したらメッセージ本文の追跡を無効にすることを確認します。メッセージ本文の追跡が有効になっている場合は、BizTalk Server データベースを拡張します。メッセージ本文の追跡を有効にする必要があります、ビジネス ・ ニーズがある場合は、ことを確認、 TrackedMessages_Copy_BizTalkMsgBoxDbデータのパージとアーカイブ SQL Server エージェントのジョブが正常に実行されています。

通常、トランザクション ログのサイズを小さくより優れたパフォーマンスが発生します。トランザクション ・ ログを小さくするためには、構成、 BizTalk Server をバックアップします。 SQL Server エージェント ジョブを使用してより頻繁に実行します。BizTalk Server の最適化の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb743398.aspx
BizTalkMgmtDb データベース内の sp_ForceFullBackup が格納されているプロシージャ、アドホックのデータとログ ファイルの完全バックアップを実行するのにも使用できます。ストアド プロシージャに値 1 が adm_ForceFullBackup テーブルを更新します。次に、 BizTalk Server をバックアップします。 ジョブが実行されると、データベース全体のバックアップ セットが作成されます。

BizTalk Server の既存の配置を評価するためには、BizTalk Server ベスト プラクティス アナライザー (BPA) を使用できます。BPA は、多くのデータベース関連のチェックを実行します。BPA の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の 93d432fe-1370年-4b6d-aaa8-a0c43c30f5ab & displaylang = en

トラブルシューティング

トラブルシューティング手順の BizTalk Server SQL Server のデータベースに最適なブロックやデッドロックなどのデータベースの問題の種類によって異なります。BizTalk Server データベースの問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順 1: 有効にして、すべての必要な BizTalk SQL Server エージェント ジョブを実行します。

BizTalk SQL Server のエージェントはすべてのジョブを除く、 MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDb ジョブが正常に有効になっており、実行されているはずです。他のジョブを無効にしないでください。

障害が発生した場合を使用して、 履歴の表示 SQL するには、エラー情報を表示し、問題のトラブルシューティングを行うサーバーのオプションです。注意してください、 MessageBox_Message_ManageRefCountLog_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェントのジョブが無限に実行されます。そのため、のみ、ジョブ履歴ジョブ絶えず失敗し、再起動ことが報告された場合注意すべき。

手順 2: MsgBoxViewer ツールを使用します。

問題を再現する MsgBoxViewer のデータを収集します。

MsgBoxViewer ツールの詳細情報の表のサイズ、ローの数が、html 形式のレポートを提供するためのトラブルシューティングに便利です。レポートも BizTalk Server を調整するかどうかを判断に役立ちます。また、ツールは、BizTalk Server データベースと BizTalk Server 構成のスナップショットを提供します。

MsgBoxViewer ツールをダウンロードする方法の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://blogs.technet.com/jpierauc/pages/msgboxviewer.aspx
BizTalk Server での調整の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa559893.aspx
BizTalk Server は通常よりも遅く実行している場合は、MsgBoxViewer ツールを実行し、生成された html 形式のレポートの問題を確認します。は、 概要 セクションで黄色および潜在的な問題は赤色の警告の一覧を表示します。

さらに、テーブル、最もサイズの大きいいて、ほとんどのレコードを出力、MsgBoxViewer ツールを使用できます。通常、最大規模に成長した BizTalk Server テーブルを次に示します。潜在的に問題がある可能性がありますを確認するにはこのデータを使用できます。
元に戻す全体を表示する
テーブル説明
ホスト名Q_Suspendedこのテーブルには、中断されたインスタンスは、特定のホストに関連付けられている、スプール テーブル内のメッセージへの参照が含まれます。次の表は、BizTalkMsgBoxDb データベースにです。
ホスト名Qこのテーブルが中断される、特定のホストに関連付けられているメッセージ、スプール テーブルへの参照が含まれます。次の表は、BizTalkMsgBoxDb データベースにです。
スプール
パーツ
フラグメント
これらのテーブルは、実際のメッセージ データは、BizTalkMsgBoxDb データベースに格納します。
インスタンスこのは、BizTalkMsgBoxDb データベース内のすべてのインスタンスとその現在の状態を格納します。
TrackingData_0_x では実装されていなかったために発生しますこれら 4 つのテーブルは、BizTalkMsgBoxDb データベース内のイベントを BAMPrimaryImport データベースに移動するのには tdds がビジネス アクティビティの監視 (追跡 BAM) イベントを格納します。
TrackingData_1_x では実装されていなかったために発生しますこれら 4 つのテーブルは、BizTalkMsgBoxDb データベース内のイベントを BizTalkDTADB データベースに移動するのには tdds が追跡したイベントを格納します。
Tracking_Fragmentsx では実装されていなかったために発生します
Tracking_Partsx では実装されていなかったために発生します
Tracking_Spoolx では実装されていなかったために発生します
2 つのこれらの各テーブル内の BizTalkMsgBoxDb および BizTalkDTADb データベースです。1 つがオンラインになって、もう 1 つはオフラインです。

BizTalk Server 2004 SP2 およびそれ以降のバージョンでは、TrackedMessages_Copy_BizTalkMsgBoxDb SQL Server のエージェント ジョブが BizTalkDTADb データベースにこれらのテーブルに直接追跡メッセージの本文に移動します。

BizTalk Server 2004 Service Pack 1 (SP1) およびそれ以前のバージョンの BizTalk Server 2004 TrackedMessages_Copy_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェント ジョブは、追跡メッセージ本文 BizTalkMsgBoxDb データベース内のこれらのテーブルにコピーします。TrackingSpool_Cleanup_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェント ジョブ オフラインのテーブルを削除し、ジョブもテーブルは、オンライン オフラインになるときに、テーブルをオンラインになります。
dta_ServiceInstancesこのは履歴イベントは、サービス インスタンスの BizTalkDTADb データベースに格納します。このテーブルが大きい場合、BizTalkDTADb データベースはおそらく大です。
dta_DebugTrace次の表、オーケストレーション デバッガーのイベント、BizTalkDTADb データベースに格納します。
dta_MessageInOutEvents次の表、BizTalkDTADb データベースに履歴イベント メッセージを格納します。これらの追跡イベント メッセージにはメッセージのコンテキスト情報が含まれます。
dta_ServiceInstanceExceptions次の表、BizTalkDTADb データベースに中断状態のサービス インスタンスのエラー情報を格納します。
次のシナリオを検討してください。
ホスト名Q_Suspended テーブル
場合は、 ホスト名Q_Suspended テーブルの複数のレコード、テーブルに表示される有効な中断されたインスタンスがあります。 グループ ハブ または帽子。これらのインスタンスを終了することができます。このような場合に表示されない場合 グループ ハブ HAT では、インスタンスがインスタンスをキャッシュするか、またはルーティングの障害レポートを孤立しました。中断されたインスタンスが終了すると、このテーブル内のアイテムおよびスプールとインスタンス テーブル内の行の関連クリーンアップされます。

このシナリオでは、中断したインスタンスを再開すると、終了を処理します。BizTalk の終端文字ツールを使用することもできます。
ホスト名Q テーブル
場合は、 ホスト名Q テーブル レコードの多くがある、次のようなインスタンスが存在しません。
  • インスタンスを即座に実行
  • アクティブなインスタンス
  • ステータス退避済みのインスタンス
BizTalk Server は、"catch"して、インスタンスを処理する時間が必要です。処理の着信率が発信処理の速度を outpaces すると、このテーブルを拡張できます。このシナリオは、大きな BizTalkDTADb データベースまたは SQL Server ディスクの遅延などの問題が発生したときに発生します。
スプール、パーツ、およびフラグメントのテーブル
スプール、パーツ、およびフラグメントのテーブルに多数のレコードがある場合、多数のメッセージ ステータス退避、または中断、現在アクティブなです。サイズ、部分の数とこれらのテーブルの断片化の設定によっては、これらのすべてのテーブルを単一のメッセージが生成可能性があります。各メッセージには、スプール テーブル内の 1 つの行とパーツ テーブル内の行を少なくとも 1 つがあります。
インスタンス テーブル
中断している多くのインスタンスをインスタンス テーブル内に残りますが、BizTalk 管理者は許可しません。長時間のオーケストレーションのビジネス ロジックが必要な場合は、ステータス退避済みインスタンスのみです。その 1 つのサービス インスタンス、スプール テーブル内の多くのメッセージを関連付けることができます注意してください。
TrackingData_x では実装されていなかったために発生します_x では実装されていなかったために発生します テーブル
場合は、TrackingData_x では実装されていなかったために発生します_x では実装されていなかったために発生します 大規模なテーブルは、追跡ホスト (TDDS) が実行されていないまたはが正常に実行されていません。インスタンス追跡をホストする場合を実行して、イベント ログと TDDS_FailedTrackingData テーブルの BizTalkDTADb データベースにエラー情報を確認します。BizTalk が 6 (大規模データベース) の状態に調整される場合は、これらのテーブルも、BizTalk の終端文字を使用して切り捨てることができます。

ある場合は、大きなギャップ間 BizTalkMsgBoxDb TrackingData_ の番号順序x では実装されていなかったために発生します_x では実装されていなかったために発生します テーブルと、BAMPrimaryImport または BizTalkDTADb TDDS_StreamStatus テーブルで、TDDS データから BizTalkMsgBoxDb のデータベース移動可能性があります。この問題を解決するには、BizTalk の終端文字ツールを使用して、これらのテーブルを削除して、シーケンス番号をリセットします。

BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk 2006 R2 Service Pack トラッキング データを既知の問題に対処するため 1年をインストールします。詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
969870 修正: トラッキング データ BizTalk Server 2006 R2 BizTalkDTADb データベースから BizTalkMsgBoxDb のデータベースを正常に移動されません。

974563 BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 に含まれている Microsoft BizTalk Server の修正プログラムの一覧
Tracking_Spool1 または Tracking_Spool2 テーブル
Tracking_Spool1 または Tracking_Spool2 テーブル BizTalk Server 2004 SP1 および以前のバージョンの BizTalk Server 2004年に大きくなる可能性が場合、ことを確認、 TrackingSpool_Cleanup_BizTalkMsgBoxDb SQL Server エージェント ジョブを有効にし、実行中です。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
907661 Tracking_Spool1 または Tracking_Spool2 データベース内のテーブルは、BiztalkMsgBoxDb BizTalk Server の 2004 年には非常に大きくなる可能性


データベースの保守の SDK サンプルの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms966372.aspx
dta_DebugTrace テーブルと dta_MessageInOutEvents
Dta_DebugTrace テーブルを作成する場合 図形の開始および終了 オーケストレーションでは有効になっています。Dta_DebugTrace テーブルに多数のレコードがある場合は、これらのオーケストレーションのデバッグ イベントが使用されているか使用されていた。オーケストレーションのデバッグは、通常の操作に必須ではない場合は、チェック ボックスをオフに 図形の開始および終了 [オーケストレーションのプロパティ オプション。

Dta_MessageInOutEvents テーブルを作成する場合 メッセージの送受信 オーケストレーションまたはパイプラインで有効になっています。これらの追跡イベントは必要ない場合、このオプションでは、オーケストレーションまたはパイプラインのプロパティのチェック ボックスをオフにします。

これらのトレース イベントが無効になっている場合は、BizTalkMsgBoxDb データベース内のバックログが存在する場合は、これらのテーブル TDDS がこれらのテーブルにデータを移動し続けるためになることがあります。

既定では、グローバル追跡が有効になります。グローバル追跡が必要ない場合は、無効にすることができます。詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb203858.aspx
Dta_DebugTrace テーブルおよび BizTalkDTADb データベースの dta_messageInOutEvents テーブルが大きすぎる場合は、ホストの追跡を停止すると、テーブル手動で切り捨てることができます。ターミネータの BizTalk ツールでは、この機能もあります。

BizTalk Server 2004 年には、dtav_FindMessageFacts ビュー、BizTalkDTADb データベースに切り捨て処理を dta_MessageInOutEvents テーブルを防止します。この現象を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 追跡ホストと、DTA の削除とアーカイブ ジョブを停止します。
  2. Dta_messageInOutEvents テーブルの切り捨てを行う場合は、保存し、dtav_FindMessageFacts 表示を削除します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server では、dtav_FindMessageFacts ビュー、BizTalkDTADb データベースにアクセスします。
    2. 右クリックし、 dtav_FindMessageFacts クリックして表示するには すべてのタスク]、し SQL スクリプトを生成します。.場合は、 SQL スクリプトを生成します。 ダイアログ ボックスが開き、変更をし、ものではありません。 [OK].
    3. ファイルの dtav_FindMessageFacts.sql、という名前をし、 保存.
    4. 右クリックし、 dtav_FindMessageFacts 表示しをクリックしてください 削除.クリックしてください。 すべて削除します。.
これで、テーブルを切り捨てることができます。Dta_messageInOutEvents テーブルを切り捨てるには、また、dta_url テーブルを切り捨てる必要があります。Dta_url テーブルは、BizTalk Server 2004 年にのみ存在します。

完了したら、dtav_FindMessageFacts ビューを再作成するのには、次の手順を実行します。
  1. SQL Server では、新しいクエリを開きます。
  2. で、 使用可能なデータベース リストを選択、 BizTalkDTADb データベースです。
  3. 保存した dtav_FindMessageFacts.sql スクリプトを実行します。これは、BizTalkDTADb データベースにビューを再作成します。
追跡ホストを再起動し、 データのパージとアーカイブ ジョブ。
データベースのサイズ決定ガイドラインの追跡の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa559162.aspx
dta_ServiceInstanceExceptions テーブル
Dta_ServiceInstanceExceptions テーブルは、通常、定期的にインスタンスを中断している環境では大きなになります。

手順 3: デッドロック シナリオを調査します。

SQLERROR ログにデッドロック情報が書き込まれるようにするには、デッドロックのシナリオでは、SQL Server で DBCC トレースを有効にします。

SQL Server 2005 以降では、次のステートメントを実行します。
DBCC TRACEON (1222,-1)
SQL Server 2000 には、次のステートメントを実行します。
DBCC TRACEON (1204)
また、PSSDiag ユーティリティを使用してデータを収集するため、 ロック: デッドロック イベントとはロック: デッドロック チェーン イベントです。

BizTalkMsgBoxDB データベースは、大容量、高トランザクションのオンライン トランザクション処理 (OLTP) データベースです。いくつかのデッドロックが予想され、このデッドロック、BizTalk Server エンジンで内部的に処理されます。この現象が発生すると、エラーがエラー ログに表示されません。デッドロック状態を調べる場合は、デッドロック エラーのイベント ログに出力を調査する、デッドロックを関連付けることする必要があります。

SQL の PSSDiag の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
830232 PSSDIAG データ収集ユーティリティ

ステップ 4: 外観をブロックされているプロセス

利用状況モニターで SQL Server ロック システム プロセスのサーバー プロセス id (SPID) を取得するのにを使用します。その後、SQL ロックの SPID で実行している、SQL ステートメントを決定するプロファイラーを実行します。

SQL Server ではロックとブロッキングの問題をトラブルシューティングするには、ブロッキング スクリプトが有効になっているすべての Transact SQL イベントをキャプチャするのには、PSSDiag を SQL ユーティリティを使用します。

SQL Server 2005 以降では、指定できます、 ブロックされたプロセスのしきい値 SPID または Spid のブロックが指定のしきい値よりも長くしている決定を次のように設定します。

SQL の PSSDiag の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
830232 PSSDIAG データ収集ユーティリティ
ブロックされたプロセスのしきい値の詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms181150.aspx
メモ ブロッキングの問題 SQL Server で、ロックを発生またはマイクロソフト カスタマー サポート サービスに問い合わせることをお勧めします。マイクロソフト カスタマー サポート サービスは、正しい PSSDiag ユーティリティのオプションを構成するために役立ちます。

手順 5: BizTalk Server の最新のサービス パックと累積更新プログラムをインストールします。

BizTalk Server 2006 R2 およびそれ以降のバージョンは、累積的な更新プログラム (CU) モデルに移動しました。累積的な更新プログラム、最新の修正プログラムが含まれます。BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 も利用できます。
BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1
BizTalk Server 2004 SP1 にパージとアーカイブの機能を BizTalkDTADb データベースの組み込みがありません。この機能は、BizTalk Server 2004 SP2 に含まれています。BizTalkDTADb データベースのセットアップ プログラムを削除するため、BizTalkDTADb データベースのサイズによっては、BizTalk Server 2004 SP2 をインストールする時間かかります。

については既知 BizTalk Server 2004 Service Pack 2 をインストールするとの問題は、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の文書番号をクリックします。
940519 BizTalk Server 2004 Service Pack 2 では、ReadmeSP2.htm ファイルに記載されていない既知の問題
BizTalk Server 2004 SP2 をインストールすると、次の手順を実行することをお勧めします。
  1. サポート技術情報の記事 894253 での修正プログラムをインストールします。SQL Server 2000 での bts_tracking_shrinkexistingdatabase.sql スクリプトを実行するのには、この資料の手順を実行します。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    894253 修正: dtasp_PruneTrackingdatabase() のストアド プロシージャ BizTalk Server 2004 年に、DTA データベースをクリーンアップするのには多くの時間をかかることがあります。
  2. BizTalk Server 2004 SP2 をインストールします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    888751 BizTalk Server 2004年の最新の service pack を入手する方法

すべてのデータを削除します。

データベースが大きすぎる場合、またはすべてのデータを削除する場合は推奨される方法は、すべてのデータを削除できます。

注意 このメソッド任意の環境で重要なビジネスや、データが必要になったかどうかは、データがされてことがあります。

BizTalkMsgBoxDb データベースの削除の手順

BizTalkMsgBoxDb データベース内のすべてのデータを削除するのには、BizTalk の終端文字ツールを使用できます。それ以外の場合は、次の手順を実行します。

メモ このアクションは、すべてのメッセージを削除します。実稼働環境で以下の手順を実行すると、非常に注意が必要です。
  1. BizTalk Server のすべてのデータベースをバックアップします。ただし、ストアド プロシージャは、データ ファイルとログ ファイルのフル ・ バックアップを強制する使用できます BizTalkMgmtDb.dbo.sp_ForceFullBackup。このストアド プロシージャを実行し、バックアップの BizTalk Server SQL のエージェント ジョブを実行します。
  2. Msgbox_cleanup_logic.sql スクリプトからコピーします。 ドライブ: \Program Files\Microsoft BizTalk 200x では実装されていなかったために発生します\schema SQL Server に。
  3. この SQL、bts_CleanupMsgbox のストアド プロシージャを更新するのには、BizTalkMsgBoxDb データベース スクリプトを実行します。
  4. すべての BizTalk ホスト、サービス、およびカスタム分離アダプターを停止します。HTTP または SOAP アダプターを使用すると、IIS サービスを再起動します。
  5. BizTalkMsgBoxDb の上のすべてのデータベース、bts_CleanupMsgbox のストアド プロシージャを実行します。
  6. すべてのホスト インスタンスと BizTalk Server のサービスを再起動します。
BizTalk Server 2006 年 bts_CleanupMsgbox のストアド プロシージャで既知の問題の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
924715 FIX、bts_CleanupMsgbox を実行した後のデータは、追跡データベースからは削除されません、BizTalk Server 2006年のテスト環境でストアド プロシージャ

BizTalkDTADb データベースのオプションを削除します。

BizTalkDTADb データベースからすべてのデータを削除するのには、使用できます、ターミネータの BizTalk ツール。それ以外の場合は、次の方法のいずれかを使用します。

メモ 2 つの方法は、すべてのメッセージを削除します。方法 2 は、高速です。
  • 方法 1:
    1. BizTalk Server のすべてのデータベースをバックアップします。
    2. Dtasp_PurgeAllCompletedTrackingData のストアド プロシージャを実行します。Dtasp_PurgeAllCompletedTrackingData のストアド プロシージャの詳細については、次の MSDN web サイトを参照してください。
      http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa561918.aspx
      メモ この操作は、完了済みのすべてのメッセージを削除します。
  • 方法 2:
    1. すべての BizTalk データベースをバックアップします。
    2. Dtasp_CleanHMData のストアド プロシージャを実行します。BizTalkDTADb データベースに削除する必要があります多くの不完全なインスタンスが含まれている場合のみこのオプションを使用します。

      これを行うには、次の手順を実行します。
      1. すべての BizTalk ホスト、サービス、およびカスタム分離アダプターを停止します。HTTP または SOAP アダプターを使用すると、IIS サービスを再起動します。
      2. BizTalkDTADb データベースに dtasp_CleanHMData のストアド プロシージャを実行します。
      3. すべてのホストと BizTalk Server のサービスを再起動します。
BizTalk Server 2004年専用の手順
BizTalk Server 2004 BizTalkDTADb データベースからすべてのデータを削除するには、次の手順を実行します。

メモ この操作は、完了済みのすべてのメッセージを削除します。
  1. BizTalk Server のすべてのデータベースをバックアップします。
  2. すべての BizTalk ホスト、サービス、およびカスタム分離アダプターを停止します。HTTP または SOAP アダプターを使用すると、IIS サービスを再起動します。
  3. サポート技術情報の記事 894253 での修正プログラムをインストールします。SQL Server 2000 での Bts_tracking_shrinkexistingdatabase.sql スクリプトを実行するのには、この資料の手順を実行します。

    Dtasp_PruneTrackingdatabase のストアド プロシージャの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    894253 修正: dtasp_PruneTrackingdatabase() のストアド プロシージャ BizTalk Server 2004 年に、DTA データベースをクリーンアップするのには多くの時間をかかることがあります。
  4. すべてのホストおよび BizTalk サービスを再起動します。
メモ トラッキング データがある必要な場合、BizTalkDTADb データベースのバックアップ、別の SQL Server には、データベースを復元し、元の BizTalkDTADb データベースを削除します。

MsgBoxViewer のデータや、PSSDiag の出力を分析する必要がある場合は、マイクロソフト カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ カスタマー サポート サービスに連絡する前に、MsgBoxViewer データ、PSSDiag の出力、および最新のイベント ログ (.evt ファイル) を圧縮します。これらのファイルには、BizTalk Server エンジニア リングをサポートに送信する必要があります。

プロパティ

文書番号: 952555 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbpubtypekc kbmt KB952555 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:952555
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com