Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の展開を移動する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 952934 - 対象製品
制限 Microsoft Dynamics コンテンツは、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) のパブリック Web サイトに提供します。 Microsoft Dynamics の完全なコンテンツおよび追加リソースを参照してください:

Dynamics 顧客
Microsoft Dynamics CustomerSource *
Dynamics パートナー
Microsoft Dynamics PartnerSource

* 顧客などの拡張計画の準備完了にビジネス、ソフトウェア アシュアランス Microsoft Dynamics サービス プランがある必要がある
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは、次のシナリオで、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の展開を移動する必要な手順について説明します。
  • Microsoft Dynamics CRM データベースを別の Microsoft SQL Server と Microsoft SQL Server レポート サービス サーバー、同じドメインに移動します。 さらに、既存のサーバー上の Microsoft Dynamics CRM Server のまま残します。
  • 同じドメイン内または別のドメインには、Microsoft Dynamics CRM サーバーを含む、Microsoft Dynamics CRM 展開を再展開します。
  • Microsoft Dynamics CRM Server または Microsoft Dynamics CRM サーバーの役割の 1 つを移動します。 ただし、SQL Server と SQL Server レポート サービス サーバーをそのままをします。

詳細

同じドメイン内の別の SQL Server と SQL Server レポート サービス サーバーに、Microsoft Dynamics CRM データベースを動かし、Microsoft Dynamics CRM Server 既存サーバーに残す

  1. Organization _MSCRM データベースと、MSCRM_Config データベース バックアップします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 Microsoft SQL Server 2005 をポイントし、 SQL Server の管理 Studio
    2. データベース を展開する Organization _MSCRM データベースを右クリックして のタスク ] をポイントして [ バックアップ ] をクリックします。
    3. 変換先 ] で、バックアップ ファイルを保存する場所を追加し、 [OK]
    4. MSCRM_Config データベースを手順 1 b と c の 1 を繰り返します。
    メモ 1 つ以上の組織に移動する必要がある場合はデータベースごとに組織手順 1a-1 d を繰り返します。
  2. Organization の _MSCRM データベースと SQL Server を実行している新しいコンピューター上の MSCRM_Config データベースを復元します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 新しいコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 Microsoft SQL Server 2005 をポイントし、 SQL Server の管理 Studio
    2. データベース を右クリックし、 データベースの復元 を実行します。
    3. [ 復元先 ] には] ボックス にデータベース Organization _MSCRM データベースの名前を入力します。
    4. [ 復元用のソース デバイスから 省略記号ボタン (... )、Organization _MSCRM データベースを追加 [ OK] をクリック します。
    5. [ 復元 ] チェック ボックスをオン [ OK] をクリック します。
    6. 手順 2 b 2e、MSCRM_Config データベースを繰り返します。
    メモ 1 つ以上の組織に移動する必要がある場合はデータベースごとに組織手順 2a 2f を繰り返します。
  3. Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで次のレジストリ サブキーを更新します。
    • configdb
    • データベース
    • メタベース
    これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 regedit ファイルを開く ] と入力して [OK] をクリックします。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MSCRM
    3. configdb ] を右クリックし、 変更 を実行します。
    4. [ 値のデータ ] ボックスで、新しい SQL サーバーの名前、データ ソースに変更を [OK] をクリックします。 例、 値のデータ ] ボックスの文字列値は、次を示します。
      データ ソース NewSQLServer; = 初期カタログ MSCRM_CONFIG; = 統合セキュリティ SSPI =
    5. 手順は、3b %3d データベース サブキーのと、メタベースのサブキーを実行します。
    メモ
    • Microsoft Dynamics CRM の複数の役割は、展開では場合、は、サーバーの役割をすべてのレジストリ キーを更新する必要があります。
    • に SQL Server レポート サービスと、SQL Server レポート サービス サーバーを移動するかどうかはいないを、Microsoft Dynamics CRM データ コネクタを使用する場合は、SQL Server レポート サービスの Microsoft Dynamics CRM データ コネクタがインストールされているコンピューターの configdb のサブキーを更新する必要があります。
  4. 新しい SQL Server と SQL Server レポート サービス] をポイントするには、Microsoft Dynamics CRM アプリケーションを構成します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム Microsoft Dynamics CRM を指す] [ 展開マネージャー ] をクリックします。
    2. [ 組織 ] をクリックします。
    3. 組織を SQL Server を実行している新しいコンピューターに移動する右クリックして [ を無効にする </a0>] をクリックします。
    4. 組織を無効にしたを右クリックして [ 組織の編集 ] をクリックします。
    5. SQL Server レポート サービス サーバーの新しい名前、SQL Server の新しい URL を入力します。

      メモ この手順は SQL Server レポート サービス サーバーを指定するには実行されている新しいコンピューターに Microsoft Dynamics CRM でレポート発行します。
    6. 次へ 2 回クリックをして [ 適用 ] をクリックします。
    7. 手順 4 c で無効にする、組織を右クリック を有効にする ] をクリックして [ はい ] をクリックします。
  5. Microsoft Dynamics CRM データ コネクタ SQL Server レポート サービスの新しい SQL Server レポート サービス サーバーに移動するかどうかを使用している場合データ コネクタを SQL Server レポート サービスを実行している新しいコンピューターにインストールする必要があります。

同じドメイン内または別のドメインに Microsoft Dynamics CRM Server を含む、Microsoft Dynamics CRM 展開を再展開します。

  1. Organization _MSCRM データベースをバックアップします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 Microsoft SQL Server 2005 をポイントし、 SQL Server の管理 Studio
    2. データベース を展開する Organization _MSCRM データベースを右クリックして のタスク ] をポイントして [ バックアップ ] をクリックします。
    3. 変換先 ] で、バックアップ ファイルを保存する場所を追加し、 [OK]
    4. その他 Organization _MSCRM データベースを移動する必要がありますを手順 1 b と c の 1 を繰り返します。
  2. Microsoft Dynamics CRM Server を実行する新しいコンピューターに Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールします。

    メモ 組織名を入力するメッセージが表示されたら、元の組織名と異なる名前を使用します。 古い組織は、新しいインストールにインポートします。 したがって、したくない、インストール プロセスは、同じ名前を持つ新しい組織を作成します。
  3. SQL Server を実行している新しいコンピューターで Organization _MSCRM データベースを復元します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server を実行している新しいコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム ] をポイントし、 Microsoft SQL Server 2005 をポイントし、 SQL Server の管理 Studio
    2. データベース を右クリックし、 データベースの復元 を実行します。
    3. [ 復元先 ] には] ボックス にデータベース Organization _MSCRM データベースの名前を入力します。
    4. [ 復元用のソース デバイスから 省略記号ボタン (... )、Organization _MSCRM データベースを追加 [ OK] をクリック します。
    5. [ 復元 ] チェック ボックスをオン [ OK] をクリック します。
    6. 追加の Organization _MSCRM データベースに対して、手順 3b-3e を繰り返します。
  4. 修正プログラム 950680 を適用します。

    950680 の修正プログラムに関するについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
    950680ワークフロー ルールで Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で組織をインポートする展開マネージャーをインポートする組織ウィザードを使用するとが動作しません。
  5. Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の新しい展開に、組織をインポートします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics CRM Server を実行している新しいコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム Microsoft Dynamics CRM を指す] [ 展開マネージャー ] をクリックします。
    2. 組織 を右クリックし、 組織のインポート を実行します。
    3. Microsoft Dynamics CRM のプロフェッショナル エディションを使用している場合は、既存の組織を削除する求められます。 インストール中に作成された組織を削除して [OK] をクリックします。

      メモ この操作は、実際の Organization _MSCRM データベース SQL Server を実行しているコンピューターから削除されません。
    4. SQL Server ] Organization _MSCRM データベースを復元したコンピューター 組織データベース ] ボックスに、組織のデータベース [し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
    5. 表示名と、組織の名前を入力し、 次へ]
    6. [ SQL Server レポート サービスの URL ] ボックスに URL を入力し、 次へ]
    7. メソッド のユーザーのマップの一覧から方法を選択し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
    8. ユーザーをマップし、[ 次へ] しています。
    9. [ システムの要件 ] ダイアログ ボックスで [ 次へ ] を インポート をクリックします。
メモ
  • 同じ Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターを使用する場合は、構成ウィザードするように、ルーターが新しい環境を構成を実行する必要があります。
  • SQL Server レポート サービスの新しい MSCRM_Config データベースに、コンポーネントを登録する Microsoft Dynamics CRM データ コネクタをインストールする必要があります。
  • 新しい Microsoft Dynamics CRM サーバーに接続するのには、Microsoft Dynamics CRM クライアントに対して構成ウィザードを実行する必要があります。
  • 新しい Microsoft Dynamics CRM サーバーを指すデータ移行マネージャー、再インストールする必要があります。

Microsoft Dynamics CRM サーバーまたはいずれかの Microsoft Dynamics CRM サーバー ロール移動します。 ただし、まま、SQL Server と SQL Server レポート サービス サーバー

  1. 新しいサーバーに、Microsoft Dynamics CRM Server またはサーバー ロールをインストールします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 新しいコンピューターで Microsoft Dynamics CRM Server をインストールします。
    2. インストール処理中に、SQL Server の展開オプションの選択 ] ダイアログの MSCRM_Config データベースが存在するを入力し 、既存の展開への接続
    3. インストールを完了します。
  2. 古い Microsoft Dynamics CRM Server から、Microsoft Dynamics CRM Server またはサーバーの役割をアンインストールします。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [コントロール パネル] の [ プログラムの追加と削除 アイテムを開きます。
    2. Microsoft Dynamics CRM サーバーを選択し、 変更と削除 を実行します。
    3. Microsoft Dynamics CRM Server または古いサーバーでサーバー ロールを削除するには、削除ウィザード完了します。
    メモ 場合は、ハードウェア障害のため、古い Microsoft Dynamics CRM Server またはステップ 2 でサーバーの役割をアンインストールできません、手順 3 に進みます。
  3. 展開マネージャーから、サーバーを削除します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. Microsoft Dynamics CRM Server を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして、 すべてのプログラム Microsoft Dynamics CRM を指す] [ 展開マネージャー ] をクリックします。
    2. [ サーバー ] をクリックします。 Microsoft Dynamics CRM 展開サーバーの一覧を表示する必要があります。 サーバーが表示されない場合は サーバー ] を右クリックし、[ 最新の情報に更新 </a0>] をクリックします。
    3. 展開でない、サーバーを右クリックして の削除 ] をクリックして [ はい ] をクリックします。 そのサーバーは MSCRM_Config データベースから削除されます。
メモ 移動した、Microsoft Dynamics CRM 役割によって異なりますが、Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターの構成を更新するための構成ウィザードを実行あります。 新しい Microsoft Dynamics CRM サーバーに接続するのには、Microsoft Dynamics CRM クライアントの構成ウィザード実行する必要があります。 さらに、新しい Microsoft Dynamics CRM サーバーを指すには、データ移行マネージャーを再インストールあります。

プロパティ

文書番号: 952934 - 最終更新日: 2009年9月8日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kbhowto kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbmt KB952934 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:952934
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com