Intel プロセッサ以外のプロセッサを使用するコンピューターを、Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Service Pack 3 にアップグレードした後、次のエラー メッセージが表示される: "STOP:0x0000007E"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953356 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Intel プロセッサ以外のプロセッサを使用するコンピューターを、Windows XP Service Pack 2 (SP2) または Windows XP Service Pack 3 (SP3) にアップグレードします。その後、コンピューターを再起動します。これを実行すると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
A problem has been detected and Windows has been shut down to prevent damage to your computer...

Technical information:

*** STOP:0x0000007E (0xC0000005, 0xFC5CCAF3, 0xFC90F8C0, 0xFC90F5C0) SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED
PAE (Physical Address Extension) オプションが有効になっているときに、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
STOP 0x000000FC (ATTEMPTED_EXECUTE_OF_NOEXECUTE_MEMORY)
注意事項
  • Stop エラー メッセージの結果は、コンピューターのシステム障害の設定によって変化します。
  • STOP エラー メッセージの Technical information に表示される、かっこ内のパラメーターはコンピューターの構成によって異なる場合があります。ただし、この固有の問題が発生すると、最初のパラメーターは常に "C0000005" になります。
  • Stop 0x0000007E エラー メッセージの原因が、必ずしもこの問題であるとは限りません。

原因

この問題は、Intel プロセッサを使用するコンピューター上で System Preparation (Sysprep) イメージを作成し、Intel プロセッサを使用しないコンピューター上に展開するときに発生します。

大部分のコンピューターには、製造元が Sysprep ツールを使用して作成したイメージが含まれています。Sysprep を使用すると、異なるコンピューター使用できるイメージがコンピューターの製造元で作成されます。

Intel プロセッサを使用するコンピューター上に Windows XP Service Pack 1 (SP1)、Windows XP SP2、または Windows XP SP3 の元の Sysprep イメージが作成され、Intel プロセッサを使用しないコンピューター上に展開される場合に、「現象」に記載されている問題が発生します。

この構成で、コンピューターが Windows XP SP2 または Windows XP SP3 にアップグレードされると、Intel プロセッサ ドライバー (Intelppm.sys) がロードしようとすることがあります。ドライバーは、元の Sysprep イメージの孤立したレジストリ キーが残っているため、これを実行します。

異なるベンダーのプロセッサを搭載した作成先のコンピューター上で Sysprep イメージを展開する、サポートされていないシナリオに関する情報については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
828287 Sysprep でサポートされていない使用方法
: プロセッサが異なるコンピューターを使用してイメージが作成された場合、そのイメージを使用してオペレーティング システムをインストールすることはサポート対象外です。たとえば、Intel プロセッサが使用されているコンピューターで作成した Sysprep イメージを、AMD プロセッサが使用されているコンピューターに展開することはできません。

この問題が発生した後に復旧する方法

方法 1

重要: のセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。 バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターをセーフ モードで再起動します。

    Windows XP のセーフ モードの関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    315222 Windows XP のセーフ モード ブート オプションについて
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[File nameを指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  3. 次のレジストリ キーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\Intelppm
  4. 右側のウィンドウで [Start] エントリを右クリックし、[修正] をクリックします。
  5. [値のデータ] ボックスに「4」と入力し、[OK] をクリックします。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. コンピューターを再起動します。

方法 2

この現象を回避するには、Windows XP CD を使用して回復コンソールを実行します。次に、回復オプションを選択します。Windows XP 起動ディスクまたは Windows XP の CD から回復コンソールを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. Windows XP 起動ディスクをフロッピー ディスク ドライブに挿入します。または、CD ドライブに Windows XP の CD を挿入します。その後、コンピューターを再起動します。

    : 指示に従って、コンピューターを CD ドライブから起動するために必要なオプションを選択します。
  2. "セットアップの開始" 画面が表示されたら、R キーを押して回復コンソールを起動します。
  3. デュアルブート コンピューターの場合は、回復コンソールからアクセスするインストールを選択します。
  4. パスワードの入力を求めるメッセージが表示されたら、Administrator のパスワードを入力します。

    : 管理者のパスワードが空白の場合は、Enter キーを押します。
  5. 回復コンソールのコマンド プロンプトに、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    disable intelppm
  6. 回復コンソールを終了してコンピューターを再起動するには、回復コンソールのコマンド プロンプトで「exit」と入力し、Enter キーを押します。

この問題を回避して、Windows 更新プログラムで Windows XP SP3 を使用できるようにする方法

更新プログラムの情報

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows XP 用の更新プログラム (KB953356) パッケージ

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラムをインストールするには、Windows XP SP2 または Windows XP SP3 がインストールされている必要があります。

関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322389 最新の Windows XP Service Pack を入手する方法

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後に、コンピューターを再起動する必要があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリ情報

このパッケージに含まれている更新プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

更新プログラム (英語版) のファイル属性は次の表のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTimePlatform
Ippmcust.dll該当なし26,6242008 年 5 月 28 日12:01x86

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

"Stop 0x0000007E" エラーのトラブルシューティング方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
330182 Windows XP における STOP 0x0000007E エラーのトラブルシューティング方法
この問題の回避策に関する関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
888372 Intel 以外のプロセッサを搭載したコンピュータで Windows XP Service Pack 2 または Service Pack 3 にアップグレードすると、エラー メッセージ "Stop 0x0000007E" が表示される
Windows XP Service Pack 3 をインストールする前に講じる手順の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
950717 Windows XP Service Pack 3 のインストール前に実行する手順について
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 953356 - 最終更新日: 2013年6月10日 - リビジョン: 2.5
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Home Edition
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbfix kbbug kbqfe kbwinxppostsp3fix KB953356
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com