更新 2 e 間隔 3.6.1 と IAG 2007 用更新プログラム 2 の可用性

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953442 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この更新 2 クジラ通信 e 間隔 3.6.1 と更新 2 の Microsoft Intelligent Application Gateway (IAG) を 2007年説明します。

これらの更新プログラム以前リリースされたすべての変更更新 1 の e 間隔 3.61 および IAG 2007 用の更新 1 に挿入します。

詳細

修正プログラムおよびこれらの更新プログラムに含まれる機能強化

これらの更新プログラムには次の修正プログラムと機能強化が含まれます。

SharePoint Server 2007 の強化された統合

これらの更新プログラムのサポート向上しより優れたユーザー エクスペリエンスを提供するために Microsoft Office SharePoint Server 2007 との統合を向上します。 これは、今 SharePoint 製品とテクノロジは、e ギャップ ポータルまたは IAG ポータルを通じて代替アクセス マッピング (AAM) を使用して公開することができます。 AAM は、アプリケーションの内部 URL とパブリック URL 間のマッピングを有効にします。

e-ギャップ/IAG Server のメモリ管理の向上

これらの更新にはサーバー モジュールには、いくつかの修正プログラムが含まれます。 これらの更新プログラムより安定し、メモリ管理の向上 e-ギャップ/IAG ください。

CPU 使用率の向上

高い CPU 使用率、多数のユーザーによってアクセスされる多くのプログラムを発行ポータルでこれらの更新を防ぐ。 更新より高速なアルゴリズムを使用して、ユーザーがアクセスできるプログラムの一覧を計算します。

増加したユーザー名またはパスワード フィールド RADIUS リポジトリを使用すると容量

文字数の制限のユーザー名フィールドと [パスワード] フィールドの 20 文字から 255 文字に増加します。

内部サイトに少数のリダイレクト

認証とは、実装しないトランクでクジラ クライアント コンポーネントを使用しないで、最初の要求がなくなった内部サイトにリダイレクトされます。 ただし、最初の要求をバックエンド アプリケーションに直接送信されます。

強化された ISA サーバー ルール作成で IAG 3. 7

これらの更新プログラムは、インターネット セキュリティ アクセラレータ (ISA) 規則を作成するのには、IAG の構成を使用する処理を最適化します。 これには、IAG ルールの作成プロセスが簡略化されます。

強化された検出スクリプト

これらの更新プログラムには、最新の IAG 検出スクリプト (バージョン 1.73) が含まれます。

既知の問題

  • IP アドレスを使用して、パブリック ホスト名を樹幹を定義するのには使用できなくなります。 代わりに、ホスト名だけを使用する必要があります。 樹幹構成コンソールで、パブリック ホスト名] ボックスで樹幹の 公開のホスト名または IP アドレス] ボックスに置き換えられます。 また、ホスト名には、少なくとも 2 つのピリオドが含まれている必要があります。
  • 場合によっては、e 間隔で定義されている既定の本文のサイズを変更する必要があります。 それ以外の場合は、IAG smuggling 保護定義を要求します。 たとえば、一部の Web パーツ、SharePoint サイトで、要求サイズ E 間隔または IAG で既定のサイズより大きいです。 この場合、Web モニターで、次のメッセージを受信します。
    HTTP 要求 Smuggling (HRS) の試みが検出されました。
  • これらの更新プログラムは、オフラインのクライアント コンポーネントを含めません。 オフラインのクライアント コンポーネントを使用する場合は、IAG 2007 Service Pack 1 (SP1) オフラインのクライアント コンポーネントをインストールする必要があります。 更新プログラムを実行しているコンピューターに初めてアクセスしたときに、クライアント コンポーネントが自動的にアップグレードされます。

パッケージの情報を更新します。

これらの更新プログラムを入手するには、Microsoft カスタマー サポート サービスに連絡してください。 マイクロソフト カスタマー サービスのサポートの電話番号とサポートのコストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

前提条件

コンピューター IAG 2007 Service Pack 1 を実行している必要があります。

再起動について

この更新プログラム パッケージを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

ファイル情報

この更新プログラムの英語版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表に一覧表示されます。 世界協定時刻 (UTC) では、日付と時刻をこれらのファイルに一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。

IAG 2007 更新プログラム

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Whlsecurityutilities.dll3.7.1.40140,4322008 年月 13 日16: 05x86
Configmgrcore.dll3.7.1.40525,3922008 年月 13 日16: 05x86
Whlfirewallinfra.dll3.7.1.40476,2562008 年月 13 日16: 05x86
Whlhttpparser.dll3.7.1.4091,2322008 年月 13 日16: 05x86
Usermgrcore.dll3.7.1.40787,5282008 年月 13 日16: 05x86
Sessionmgrcore.dll3.7.1.40492,6402008 年月 13 日16: 05x86
Whlglobalutilities.dll3.7.1.40115,8402008 年月 13 日16: 05x86
Detectionsvr.dll3.7.1.4095,2002008 年月 13 日16: 05x86
Configuration.exe3.7.1.425,624,9362008 年月 13 日16: 05x86
Whlfilter.dll3.7.1.40463,9202008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltappwrap.dll3.7.1.40328,7762008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltformlogin.dll3.7.1.40373,8402008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltsecureremote.dll3.7.1.421,168,4802008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltwebdav.dll3.7.1.4070,7122008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltauthorization.dll3.7.1.40230,5042008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltsnt.dll3.7.1.40160,8162008 年月 13 日16: 05x86
Whlfiltruleset.dll3.7.1.40545,8642008 年月 13 日16: 05x86
Setup.exe3.7.211.0389,7842008 年月 13 日16: 05x86
Whlmgr.dll3.7.211.0945,8162008 年月 13 日16: 05x86
Interop.fpclib.dll1.0.0.0975,5762008 年月 13 日16: 05x86
Iag_kcd_tool.exe3.8.350.0103,0642008 年月 13 日16: 05x86
Iag_kcd_ad_tool.exe3.8.348.011,4162008 年月 13 日16: 05x86
Eulaviewer.exe1.0.0.1212,9922008 年月 13 日16: 02x86
Richtx32.ocx6.0.88.4203,9762008 年月 13 日16: 02x86

3.6.1 の e 間隔の更新

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
E ギャップ configuration.exe3.6.1.496,644,8402008 年月 13 日16: 32x86
Whlsecurityutilities.dll3.6.1.48140,4322008 年月 13 日16: 32x86
Configmgrcore.dll3.6.1.48525,3922008 年月 13 日16: 32x86
Whlhttpparser.dll3.6.1.4891,2322008 年月 13 日16: 32x86
Usermgrcore.dll3.6.1.48783,4322008 年月 13 日16: 32x86
Sessionmgrcore.dll3.6.1.48492,6402008 年月 13 日16: 32x86
Whlglobalutilities.dll3.6.1.48115,8402008 年月 13 日16: 32x86
Detectionsvr.dll3.6.1.4895,2002008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltsso.dll3.6.1.4850,2242008 年月 13 日16: 32x86
Whlfilter.dll3.6.1.48459,8242008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltappwrap.dll3.6.1.48283,7202008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltsslvpn.dll3.6.1.48287,8002008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltencoding.dll3.6.1.4870,7282008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltformlogin.dll3.6.1.48373,8402008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltrecorder.dll3.6.1.4895,3042008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltlogoff.dll3.6.1.48164,9202008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltsecureremote.dll3.6.1.491,168,4802008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltwebdav.dll3.6.1.4870,7122008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltauthorization.dll3.6.1.48230,5042008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltsnt.dll3.6.1.48156,7202008 年月 13 日16: 32x86
Whlfiltruleset.dll3.6.1.48541,7682008 年月 13 日16: 32x86
Setup.exe3.7.211.0389,7842008 年月 13 日16: 32x86
Whlmgr.dll3.7.211.0945,8162008 年月 13 日16: 32x86
Eulaviewer.exe1.0.0.1212,9922008 年月 13 日16: 28x86
Richtx32.ocx6.0.88.4203,9762008 年月 13 日16: 28x86

プロパティ

文書番号: 953442 - 最終更新日: 2009年3月16日 - リビジョン: 2.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Intelligent Application Gateway 2007
  • Whale Communications Intelligent Application Gateway 3.6
キーワード:?
kbinfo kbupdate kbexpertiseadvanced kbmt KB953442 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:953442
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com