SQL Server がオンラインでない場合、SQL Server パラメーターをクラスター環境でを変更する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953504
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server 2008年の構成マネージャー、SQL Server 2005 構成マネージャー、SQL Server 2000年の Enterprise Manager、または SQL Server のセットアップを使用して、クラスター化された環境での SQL Server パラメーターを変更する場合は、SQL Server のクラスター リソースがオンラインの間にアクティブ ノードに変更することがあります。SQL Server はオンラインではない場合は、SQL Server を最初にオンラインにすることがあります。ただし、状況によっては、SQL Server をオンラインにできないことがあります。

この資料は、SQL Server がオンラインでない場合、または SQL Server をオンラインにすることはできませんする場合 SQL Server パラメーター、クラスター環境でを変更する方法について説明します。

詳細

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
SQL Server がオンラインでない場合、SQL Server パラメーターをクラスター環境でを変更するのには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

メモ このメソッドを最初に使用することをお勧めします。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. クォーラム ディスクを検索します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 次のレジストリ キーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Cluster\Quorum
    2. パス エントリには、クォーラム ディスクのパスが含まれます。たとえば、パス エントリには次のパスが含まれます。
      <quorumdrive></quorumdrive>: \MSCS
  3. SQL Server クラスター リソースの GUID を見つけます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 次のレジストリ キーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Cluster\Resources
    2. 検査は、 名前 レジストリ エントリの列。

      メモ いくつかのレジストリ エントリには、エントリ名前には"GUID"が含まれます。
    3. 既定のインスタンスは、"SQL Server"が含まれています、SQL Server のクラスター リソースを見つけるに 名前 列です。

      名前付きインスタンスの場合、"SQL Server (を含む SQL Server のクラスター リソースを見つける<instancename></instancename>)」で、 名前 列です。
  4. チェックポイント ファイルの名前を検索します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 次のレジストリ キーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Cluster\Resources\ {GUID} \RegSync
    2. 詳細ウィンドウで、チェックポイントのレジストリ ハイブとは、次のように、対応する番号を表示します。
      既定のインスタンスについて
      00000004 は SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQLSERVER

      名前付きインスタンス
      00000004 SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL。X\MSSQLSERVER
      メモ 名前付きインスタンスには、 X インスタンス ID に対応しています

      数は、チェックポイント ファイルの名前です。この例では、チェックポイント ・ ファイル名は 00000004.cpt です。
  5. レジストリ エディターをクリックします。 HKEY_LOCAL_MACHINE.
  6. で、 ファイル メニューをクリックして [ハイブの読み込み.
  7. で、 <quorumdrive></quorumdrive>:\<guid></guid> フォルダー、チェックポイント ファイル手順 4 で見つけたを見つけます。
  8. で、 キーの名前 ボックスの種類 1、し [OK].
  9. 無効なチェックポイントのレジストリ キーの値を修正するのには、次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\1\<yourregistrykey></yourregistrykey>
    メモ 次の例では、MSSQLSERVER チェックポイントのレジストリ キーを修正します。
    • 例 1
      Master.mdf ファイルの無効なパスを修正するには、次の手順を実行します。
      1. 次のレジストリ キーを見つけます。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\1\Parameters
      2. 修正は
        SQLArg0
        キーです。
    • 例 2
      誤って有効になっている無効にするプロトコルでは、これらの手順を実行します。
      1. 次のレジストリ キーを見つけます。
        HKEY_LOCAL_MACHINE\1\SuperSocketNetLib\Via
      2. Enabled エントリの値が 1 から 0 に変更します。
  10. レジストリ キーを修正した後、クリックしてください。 HKEY_LOCAL_MACHINE\1をクリックして、 ファイル メニューのとクリック ハイブをアンロードします。.
メモ 次の手順を実行すると、このチェックポイントは固定されており、特定のノードには、フェイル オーバー時に自動的にレプリケートされます。SQL Server のインスタンスをオンラインに戻すことです。

方法 2

注意だけ、関連するリソースがオンラインになった場合、チェックポイントのレジストリ キーに対する変更を保存してください。リソースがオンラインでない場合、チェックポイントなしの場合のキーの変更によって、前回保存した値、チェックポイント ファイルからが上書きされます。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
174070 レジストリ ・ レプリケーションを Microsoft クラスター サーバー

メモ

  • SQL クラスター グループのフェールオーバーのステップ 2 〜 ステップ 4 を実行しないでください。また、これらすべての手順を完了しなかった場合は、フェイル オーバーの予期しない動作をことがあります。
  • 2 〜 ステップ 4、MSSQL をステップ実行します。x では実装されていなかったために発生します、MSQL10。x では実装されていなかったために発生します、および MSSQL10_50。x では実装されていなかったために発生しますSQL Server のインスタンスのそれぞれのインスタンス id のプレース ホルダーです。MSSQLSERVER のレジストリ エントリには、次のレジストリ サブキーの値から、システムの対応する値を決定できます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<instancename>\SQL\</instancename>
  • 手順 2 と 4 の手順については、 <instancename></instancename>SQL Server のインスタンスの名前のプレース ホルダーです。

  1. 次のコマンドを使用してチェックポイントなしの場合のキーの一覧を取得します。
    クラスターの res/checkpoints
  2. コマンド プロンプトでは、特定のレジストリ サブキーをクラスター チェックポイントを無効にするのには、次のコマンドのいずれかを実行します。
    • SQL Server 2008 R2 のインスタンスは、次のコマンドを実行します。

      クラスターです。リソース"ネットワーク名 (の SQLInstanceName>)" /removecheckpoints: [Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50。x では実装されていなかったために発生します\MSSQLSERVER"
    • SQL Server 2008年のインスタンスは、次のコマンドを実行します。

      クラスターです。リソース"ネットワーク名 (の SQLInstanceName>)" /removecheckpoints: [Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10。x では実装されていなかったために発生します\MSSQLSERVER"
    • SQL Server 2005 のインスタンスには、次のコマンドを実行します。

      cluster res"SQL Server (<instancename></instancename>)"/removecheck:"Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL.x \MSSQLSERVER"
    • SQL Server 2000年の既定のインスタンスには、次のコマンドを実行します。

      クラスターの res"SQL Server"/removecheck:"Software\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLSERVER"

      クラスターの res"SQL Server"/removecheck:"Software\Microsoft\MSSQLServer\Cluster"

      メモ のみ追加または・ SQL Server 2000年をリッスンする 1 つまたは複数の IP アドレスを削除する場合は、2 番目のコマンドを実行するとして必要。
    • SQL Server 2000年の名前付きインスタンスには、次のコマンドを実行します。

      cluster res"SQL Server (<instancename></instancename>)"/removecheck:"SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<instancename></instancename>\MSSQLSERVER"

      cluster res"SQL Server (<instancename></instancename>)"/removecheck:"SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<instancename></instancename>\Cluster"

      メモのみ追加または・ SQL Server 2000年をリッスンする 1 つまたは複数の IP アドレスを削除する場合は、2 番目のコマンドを実行するとして必要。
  3. SQL Server のクラスター化されたインスタンスのすべてのノードに対しては、パラメーターを変更します。
  4. コマンド プロンプトで、クラスター チェックポイントは、特定のレジストリ サブキーを有効にするのには、次のコマンドのいずれかを実行します。
    • SQL Server 2008年のインスタンスは、次のコマンドを実行します。

      クラスターです。リソース"SQL Server (<instancename></instancename>)"/addcheckpoints:"HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL.x\MSSQLSERVER"
    • SQL Server 2005 のインスタンスには、次のコマンドを実行します。

      cluster res"SQL Server (<instancename></instancename>)"/addcheck:"Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL.x\MSSQLSERVER"
    • SQL Server 2000年の既定のインスタンスには、次のコマンドを実行します。

      クラスターの res"SQL Server"/addcheck:"Software\Microsoft\MSSQLServer\MSSQLSERVER"

      クラスターの res"SQL Server"/addcheck:"Software\Microsoft\MSSQLServer\Cluster"
    • SQL Server 2000年の名前付きインスタンスには、次のコマンドを実行します。 cluster res"SQL Server (

      <instancename></instancename>)"/addcheck:"SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<instancename></instancename>\MSSQLSERVER"


      cluster res"SQL Server (<instancename></instancename>)"/addcheck:"SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\<instancename></instancename>\Cluster"

      メモ あるリソース名"SQL Server (<instancename></instancename>)"ケースでは異なる場合があります。リソース名を確認するには、クラスター アドミニストレーターを起動、クリックしてください SQL グループ、SQL Server リソースのプロパティ] をクリックし、リソースの正確な名前を決定します。
  5. SQL Server のインスタンスをオンラインにします。

SQL Server 2008年サーバー上の出力例

クラスターの res/checkpoints

リソース名が指定されていません。

すべてのリソースに対するレジストリ チェックポイントの一覧を表示しています.

リソースのレジストリ チェックポイント

-------------------- --------------------------------------------------------

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\Cluster'</instance></instance>

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\MSSQLServer'</instance></instance>

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\Replication'</instance></instance>

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\Providers の</instance></instance>

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\SQLServerSCP'</instance></instance>

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\CPE'</instance></instance>

SQL ネットワークの名前 (<instance name="">) ' SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\SQLServerAgent'</instance></instance>

SQL IP アドレス 1 (<instance name="">) なし</instance>

SQL Server (<instance name="">) なし</instance>

SQL Server エージェント (<instance name="">) なし</instance>

C:\Windows\system32>cluster。リソース「SQL ネットワーク名 (<instance name="">)」/removecheckpoints:"Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10<instance name="">。\MSSQLSERVER"<b00></b00></instance></instance>

レジストリ チェックポイントを削除する ' Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\MSSQL10。EI

PRPTDB\MSSQLSERVER' リソース ' SQL のネットワークの名前 (<instance name="">)'...</instance>

関連情報

SQL Server の構成マネージャーで [サーバ起動オプションの構成方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms345416.aspx
詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
912397SQL Server 2000 または SQL Server 2005 のクラスター化インスタンスの起動パラメーターは無効な値に変更すると、SQL Server サービスを開始できません。
244980 SQL Server のフェールオーバー クラスター インスタンスのネットワーク IP アドレスを変更する方法

プロパティ

文書番号: 953504 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbpubtypekc kbmt KB953504 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:953504
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com