Intellipoint、IntelliType または LifeCam ソフトウェアのインストールのトラブルシューティングします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953691 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft IntelliPoint、Microsoft IntelliType Pro、またはマイクロソフト LifeCam のプログラムをインストールしようとすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。
  • 十分なディスク領域があるか、予期しないエラーが発生したため、セットアップを続行できません。必要なディスク領域を解放してから、セットアップを再度実行してください。システム要件、製品のパッケージを参照してください。
  • エラー 1603:インストール中に致命的なエラーが発生しました。
  • インストール エラー

解決方法

この問題を解決するのに記載されている順序でこの手順を実行します。必要がありますログオンするコンピューターに、管理者または Administrators グループのメンバーとして。

注: この問題は、Vista から Windows 7 にアップグレードした場合発生可能性があります。アップグレードのこの資料の手順で問題が解決しない場合は、Windows 7 を再インストールする必要があります。


方法 1: 以前のバージョンのプログラムを削除して、最新バージョンをインストールし、

手順 1: コントロール パネルからプログラムを削除します。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. Windows XP を実行しているコンピューターでコピーして貼り付けて (または入力) を押して、[名前] ボックスに、次のコマンド ENTER:
    appwiz.cpl
    Windows Vista または Windows 7 を実行しているコンピューターで開始] をクリックします。
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    ] appwiz.cpl 検索の開始ボックス、および [プログラム] の一覧で、 appwiz.cpl ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  3. 現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧では IntelliPoint、IntelliType Pro では、LifeCam の既存のバージョンが表示されているかどうかを確認します。
  4. プログラムの既存のバージョンが表示されている場合、プログラムのエントリをクリックし、[削除] をクリックします。ソフトウェアを削除する指示に従います。
  5. ダイアログ ボックスが表示されたら、コンピューターを再起動します。

手順 2: ダウンロードして最新のプログラムやハードウェア デバイス用のドライバーをインストールします。

メモ 最新のソフトウェアをインストールする前に他のプログラムが閉じられているされていることを確認します。デスクトップの右下隅、プログラムを無効にするか、プログラムを終了するには、一度に 1 つのアイコンを右クリックします。

IntelliPoint、IntelliType Pro、または LifeCam のプログラムには、次のマイクロソフト Web サイトからをインストールします。
http://www.microsoft.com/hardware/downloads/default.mspx
問題が引き続き発生する場合は、方法 2 に進みます。

方法 3: は、Windows インストーラー サービスが自動に設定されていることを確認します。

  1. Windows Vista または Windows 7

    クリックしてを開始
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    ] services.msc検索の開始ボックス、および ENTER キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。

    Windows XP およびそれ以前のバージョン

    [スタート] ボタン、実行をクリックして型 services.msc、し [ OK] をクリックします。
  2. サービスリスト、 Windows インストーラーをダブルクリックします。
  3. Windows インストーラーのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[スタートアップの種類] ボックスの一覧で [自動] をクリックします。
  4. [スタート] ボタンや[適用] をクリックし [ OK] をクリックします。
  5. ソフトウェアのインストールを開始します。
問題が引き続き発生する場合は、方法 4 に進みます。

方法 4: クリーン ブートを実行し、Temp フォルダーをクリアします。

Windows を通常どおりに起動するときにいくつかのプログラムが自動的に起動し、バック グラウンドで実行します。これらのプログラムは製品のインストールを妨げる可能性があるプログラムのシステムのウイルス対策プログラムなどがあります。インストールを開始する前にクリーン ブートを実行するときにこれらのプログラムが自動的に起動しないようにします。クリーン ブートを実行するには、Windows のバージョンに応じて適切な手順に従います。

手順 1: クリーン ブートを使用して、コンピューターを再起動します。

メモ この手順を完了する必要があるにログオン、管理者または Administrators グループのメンバーとしてします。場合は、コンピューターがネットワークに接続、ネットワーク ポリシーの設定によってこの手順を完了できない可能性があります。
  1. システムの構成を開きます。

    Windows Vista または Windows 7
    1. [続行] をクリックします。 スタート
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
    2. 検索の開始] ボックスで、システムの構成を入力します。
    3. [プログラム] の一覧で、システムの構成をクリックします。

      元に戻す画像を拡大する
      ユーザー アカウント制御の許可
      場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。
    Windows XP およびそれ以前のバージョン
    1. [スタート] をクリックします。
    2. [実行] をクリックします。
    3. [名前] ボックスに次のように入力します。 msconfig.
    4. [Ok]をクリックします。
  2. [全般] タブで、[スタートアップのオプションをクリックします。
  3. Windows Vista または Windows 7

    [スタートアップのオプションを以下のチェック ボックスをオフにするをクリックします。
    • システム サービスを読み込む
    • スタートアップ項目を読み込む
    • 元のブート構成を使用します。
    Windows XP およびそれ以前のバージョン

    [スタートアップのオプションを以下のチェック ボックスをオフにするをクリックします。
    • システムのプロセスです。INI ファイル
    • プロセス勝利。INI ファイル
    • スタートアップ項目を読み込む
  4. [サービス] タブをクリックします。
  5. [ Microsoft のサービスを全て隠す] チェック ボックスをオンにし、すべて無効にする] をクリックします。
  6. [OK] をクリックし、[再起動] をクリックします。

手順 2: Temp フォルダーをクリアします。

一時ファイル フォルダーをクリアするには、次の手順に従います。

Windows Vista または Windows 7
  1. Windows Vista または Windows 7 を実行しているコンピューターでをクリックしてを開始
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    ] %temp%検索の開始ボックス、および、プログラムの一覧で [ Temp ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または [続行] をクリックします。
  2. [編集] メニューで、 [すべて選択] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [削除] をクリックします。
  4. 削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. IntelliPoint、IntelliType Pro、または LifeCam を起動しようとしてください。場合は、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されたら、プログラムを削除しプログラムを再インストールし、します。
Windows XP およびそれ以前のバージョン
  1. [スタート] ボタン、実行をクリックして型 %temp%、し [ OK] をクリックします。
  2. [編集] メニューで、 [すべて選択] をクリックします。
  3. [ファイル] メニューの [削除] をクリックします。
  4. 削除を確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  5. IntelliPoint、IntelliType Pro、または LifeCam を起動しようとしてください。場合は、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示されたら、プログラムを削除しプログラムを再インストールし、します。
問題が引き続き発生する場合は、方法 5 に進みます。

方法 5: Windows インストーラーをアンインストールし、最新バージョンをインストールし、

注: Windows インストーラー (3SI) は、Windows 用のアプリケーションのインストールおよび構成サービスです。これらのダウンロード パッケージをバージョン 4.5 に、コンピューター上の Windows インストーラーのバージョンが更新されます。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. コピーと貼り付け (または型)、次のコマンドを[名前] ボックスと ENTER キーを押します。
    appwiz.cpl
  3. 現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧で、 Windows インストーラー (KB893803)を選択します。
  4. 削除を、] をクリックし、指示に従って Windows インストーラーを削除する.
  5. 最新の Windows インストーラーをインストールするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=5a58b56f-60b6-4412-95b9-54d056d6f9f4&DisplayLang=en
    メモ Windows のバージョンには、.msi ファイルをダウンロードします。x86 は、32 ビット バージョンの Windows があるし、x64、64 ビット バージョンであることを意味することを意味します。確認しない場合は、ダウンロードして、x64 ベースのバージョンをインストールします。「指示」で、オペレーティング システムで使用するファイルに関する情報が表示されます。

方法 6: Microsoft.NET Framework をインストールします。

問題が引き続き発生する場合は、.NET Framework の最新バージョンをインストールします。これには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/netframework/aa569263.aspx
今すぐインストール] をクリックし、指示に従います.

.NET Framework の製品の情報をダウンロードするのには、サーバーへの接続に使用されます。

プロパティ

文書番号: 953691 - 最終更新日: 2014年6月24日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • マイクロソフト インターネット キーボード プロ
  • Microsoft Multimedia Keyboard
  • マイクロソフト ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000
  • Microsoft Natural Keyboard Elite
  • マイクロソフト ナチュラル マルチメディア キーボード
  • Microsoft Reclusa
  • Microsoft Sidewinder X6 Keyboard
  • マイクロソフト ベーシック キーボード
  • Microsoft Wired Keyboard 200
  • Microsoft Wired Keyboard 600
  • マイクロソフト ワイヤード キーボード 500
  • Microsoft Wireless Keyboard 3000
  • マイクロソフト コンフォート カーブ キーボード 2000
  • Bluetooth Mobile Keyboard 6000
  • Microsoft Wired Desktop 600
  • Microsoft Wireless Desktop 3000
  • Microsoft Wireless Laser Desktop 5000
  • Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000
  • Microsoft Arc Mouse
  • マイクロソフト ベーシック オプティカル マウス
  • Microsoft Bluetooth Notebook Mouse 5000
  • マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 1000
  • マイクロソフト コンフォート オプティカル マウス 3000
  • Microsoft Habu Laser Gaming Mouse
  • Microsoft Explorer Mouse
  • Microsoft Explorer Mini Mouse
  • マイクロソフト レーザー マウス 6000
  • Microsoft Mobile Memory Mouse 8000
  • Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000
  • マイクロソフト モバイル オプティカル マウス
  • マイクロソフト ノートブック オプティカル マウス 3000
  • マイクロソフト プレゼンター 3000
  • Microsoft SideWinder Mouse
  • マイクロソフト ワイヤード デスクトップ 500
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ ウィズ フィンガープリント リーダー
  • マイクロソフト ワイヤレス インテリマウス エクスプローラ フォー ブルートゥース
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 6000
  • Microsoft Wireless Laser Mouse 6000 v2.0
  • Microsoft Wireless Laser Mouse 7000
  • マイクロソフト ワイヤレス レーザー マウス 8000
  • Microsoft Wireless Mobile Mouse 3000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック レーザー マウス 6000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック プレゼンター マウス 8000
  • Microsoft Wireless Optical Mouse 1.0
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 2000
  • マイクロソフト ワイヤレス オプティカル マウス 5000
  • マイクロソフト ワイヤレス ホイール マウス
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 4000
  • マイクロソフト ワイヤレス ノートブック オプティカル マウス 3000
  • Lifecam Cinema
  • マイクロソフト ライフカム NX-3000
  • マイクロソフト ライフカム NX-6000
  • Microsoft LifeCam Show
  • マイクロソフト ライフカム VX-1000
  • マイクロソフト ライフカム VX-3000
  • Microsoft LifeCam VX-500
  • Microsoft LifeCam VX-5500
  • マイクロソフト ライフカム VX-6000
  • マイクロソフト ライフカム VX-7000
  • LifeCam Vx-800
  • Microsoft LifeChat LX-1000
  • Microsoft LifeChat LX-3000
  • マイクロソフト ライフチャット ZX-6000
  • Microsoft IntelliType Pro 7.0
  • Microsoft IntelliPoint 6.1
  • Microsoft IntelliType Pro 6.0
  • Microsoft IntelliType Pro 6.1
  • Microsoft IntelliPoint 6.0
キーワード:?
dftsdahomeportal kbinstallation kbexpertisebeginner kbtshoot kbprb kbmt KB953691 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:953691
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com