LifeCam およびその他のプログラムの間での互換性の問題を解決します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953692 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

この資料ではマイクロソフト LifeCam と共に特定のプログラムを使用する場合に発生する可能性のある既知の問題について説明します。

LifeCam を起動しようとすると、次の問題があります。
  • LifeCam (ハング) を応答を停止可能性があります。
  • カメラのウィンドウは空白になる可能性があります。
  • コンピューターの CPU 使用率が 100% に増加します。
さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
LifeCam.exe は動作を停止しました。プログラムが正常に動作を停止する原因します。Windows ではプログラムを閉じて解決策がある場合は通知します。
これらの問題は LifeCam と共に次のプログラムのいずれかを使用している場合に発生します。
  • EarthLink の TotalAccess
  • ベンチュリ VClient
  • Nero
  • システムの Studio 9 ソフトウェアを pinnacle します。
  • F-secure インター ネット セキュリティ
  • Web サイバー エコノミーのデル
  • AOL、または Yahoo のツールバー
  • ユーティリティを修正します。
メモ 上記のプログラムの新しいバージョンではこれと同じ動作を見られません。他のプログラム一覧にないも干渉する可能性があります。

回避策

この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. 「現象」に記載されている任意のプログラムを一時的に無効にします。
  2. ダウンロードして、一時的に無効にするプログラムの最新バージョンをインストールします。
  3. 以前のバージョンのプログラムをアンインストールします。
メモ プログラムを一時的に無効にする方法、最新のバージョンをインストールする方法と、古いバージョンをアンインストールする方法についてのサポートを入手するのには、特定のプログラムの製造元に問い合わせてください。

特定のプログラムの回避策

EarthLink の TotalAccess

EarthLink の TotalAccess をアンインストールしてください。EarthLink の TotalAccess をアンインストールするは、サポート担当者に問い合わせてくださいするには、次のような EarthLink のサポート Web サイトを使用します。
http://support.earthlink.net/contact/contact.php

メモ EarthLink の TotalAccess を使用して、電子メール メッセージを送受信する場合に、EarthLink の TotalAccess を削除する前に、メールボックスをセットアップをバックアップすることがあります。

ベンチュリ VClient

この問題を解決するには、次の方法のいずれかを使用します。
方法 1: ベンチュリ VClient を無効にします。
  1. 通知領域には、ベンチュリを見てください。 V アイコンをします。
  2. 右クリックし、 V アイコンをクリックし 終了.
  3. LifeCam を起動します。
方法 2: ベンチュリ VClient をアンインストールします。
場合は、回避策"方法 1"は、問題が解決しない、ベンチュリ VClient ソフトウェアをアンインストールする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート、ポイント すべてのプログラム]、ポイント ベンチュリ クライアントプロパティ アンインストール.ソフトウェアをアンインストールする指示に従います。
  2. ダウンロードして、次の Web サイトから「完全にアンインストール ベンチュリ クライアント」ツールを実行します。
    http://www.evdoinfo.com/content/view/267/63/
    Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。
  3. インターネットに接続できることと、他のアプリケーションが正常に動作することを確認します。
  4. LifeCam を起動します。

    メモ ベンチュリ VClient の詳細については、次のベンチュリ ワイヤレス サポート センターの Web サイトを参照してください。
    http://www.venturiwireless.com/support
    Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

手順 1: ダウンロードして最新のソフトウェアをインストールします。

LifeCam ソフトウェアの最新バージョンをダウンロードするには、次の手順を実行します。
  1. 以下のマイクロソフト ハードウェア Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/hardware/downloads/default.mspx
  2. クリックしてください。 Webcam とヘッドセットの製品用のソフトウェア.
  3. で、 製品の種類を選択します。 ボックスで、 Web カメラ.
  4. で、 ご使用の製品を選択します。 ボックスで、[LifeCam 製品を選択します。
  5. で、 オペレーティング システムを選択します。 ボックスで、Windows のバージョンを選択します。
  6. で、 オペレーティング システム言語を選択します。 ボックスで、Windows の言語を選択します。
  7. クリックしてください。 移動.
  8. LifeCam ソフトウェアの最新バージョンをダウンロードするリンクをクリックします。

手順 2: クリーン ブートの手順

Windows オペレーティング システムは、いくつか、ウイルス対策ソフトウェアなどのプログラムやシステム ユーティリティ プログラムを起動すると自動的に起動します。これらのプログラムは、バック グラウンドで動作、LifeCam を干渉する可能性があります。クリーン ブートを実行すると、これらのプログラムは自動実行されないようにします。クリーン ブートの手順を実行するには、Administrators グループのメンバーとして、または管理者としてログオンする必要があります。コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワーク ポリシーの設定もこの手順を完了できないことがあります。

Windows Vista でクリーン ブートを実行

Windows Vista でクリーン ブートを実行するには、次の手順を実行します。
手順 1: システム構成ユーティリティを起動します。
Windows Vista または Windows 7 でシステム構成ユーティリティを起動するをクリックしてください。 スタート
元に戻す画像を拡大する
[スタート] ボタン
] msconfig 続いて 検索を開始します。 ボックスで、しを押します ENTER.

元に戻す画像を拡大する
ユーザー アカウント制御の許可
管理者のパスワードまたは確認を求められたら、入力、 パスワード、、またはをクリックして 続行.
手順 2: [プログラムおよびサービスを無効に
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. で、 全般 タブをクリックしてください スタートアップのオプションプロパティ ].
  2. スタートアップのオプションをクリックしてをオフにするには、 スタートアップ項目を読み込む] チェック ボックスします。
  3. クリックして、 サービス タブをクリックし、 Microsoft サービスを全て隠す チェック ボックスをオンにしをクリックしてください すべて無効にします。.
  4. クリックしてください。 ]プロパティ 再起動.

Windows XP でクリーン ブートを実行

Windows XP でクリーン ブートを実行するには、次の手順を実行します。

警告これらの手順を実行すると一時的に一部のサービスの機能を失う可能性があります。設定を復元すると、サービスが復元されます。機能を復元すると、ただし、元のエラー メッセージや動作返すことがあります。
手順 1: システム構成ユーティリティを起動します。
Windows XP でシステム構成ユーティリティの起動をします スタート] msconfig 続いて スタート ボックスで、しを押します ENTER.
手順 2: [プログラムおよびサービスを無効に
これを行うには、次の手順を実行します。
  1. で、 全般 タブをクリックしてください スタートアップのオプションプロパティ ].
  2. スタートアップのオプション、次のチェック ボックスをオフにします。
    • システムのプロセスです。INI ファイル
    • プロセス勝利。INI ファイル
    • スタートアップ項目を読み込む]
  3. クリックして、 サービス タブをクリックし、 Microsoft サービスを全て隠す チェック ボックスをオンにしをクリックしてください すべて無効にします。.
  4. クリックしてください。 ]プロパティ 再起動.

手順 3: をダウンロードして、最新の Windows service pack をインストールします。

  1. コンピューターにインストールされている service pack のバージョンを確認してください。これを行うをクリックしてください。 スタート または、[Vista] アイコンをクリックしてください、右クリックしてください マイ コンピューター または コンピューター、しを選択 プロパティ.で、 全般 表示タブで、 システム このセクションでは、サービス パックのバージョン番号が表示されます。
  2. 最新の Windows service pack をダウンロードしてください。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://support.microsoft.com/sp
    バージョンの Windows では、] をクリックし、使用するには、マイクロソフト サポート技術情報の記事に関する最新の Windows service pack が表示されます。「、マイクロソフト ・ ダウンロード ・ センターから最新の Windows service pack を入手する」セクションこの資料の更新プログラムをダウンロードするためのリンクが含まれています。

詳細

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

Microsoft では、お客様がテクニカル サポート情報を見つけるお手伝いをするためにサード パーティーの連絡先情報を掲載しています。この連絡先情報は予告なく変更される可能性があります。マイクロソフトは、このサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

関連情報

クリーン ブートを実行する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
331796バック グラウンドのプログラムがゲームまたは現在使用して、プログラムに干渉しないようにするのには、クリーン ブートの手順を実行する方法

プロパティ

文書番号: 953692 - 最終更新日: 2013年7月24日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • マイクロソフト ライフカム VX-1000
  • マイクロソフト ライフカム NX-3000
  • マイクロソフト ライフカム VX-3000
  • Microsoft LifeCam VX-5000
  • マイクロソフト ライフカム NX-6000
  • マイクロソフト ライフカム VX-6000
  • マイクロソフト ライフカム VX-7000
  • Lifecam Cinema
  • Microsoft LifeCam Show
  • Microsoft LifeCam VX-5500
キーワード:?
dftsdahomeportal kbstartprogram kbtshoot kbexpertisebeginner kbprb kbmt KB953692 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:953692
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com