SQL Server 7.0 への更新プログラムの適用方法としてサポートされている方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953743 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft SQL Server 7.0 に更新プログラムをインストールするために実行する必要がある手順について説明します。SQL Server 7.0 用のすべての更新プログラムは、手動でインストールする必要があります。

詳細

SQL Server 7.0 に更新プログラムを適用する方法

SQL Server 7.0 用の更新プログラムをインストールする前に、この資料の説明を最後までお読みください。

重要 : SQL Server 7.0 更新プログラムを適用するには、SQL Server 7.0 Service Pack 4 (SP4) をインストールする必要があります。更新プログラムのインストール時に Microsoft Customer Support Services (CSS) への問い合わせが必要な状況になった場合、すぐに SQL Server 7.0 SP4 にアップグレードするようにお願いすることがあります。

クラスタ化を有効にして SQL Server 7.0 Enterprise Edition を実行している場合は、「クラスタ化を有効にした SQL Server 7.0 Enterprise Edition に更新プログラムを適用する方法」を参照してください。その他の環境では、「更新プログラムの通常のインストール手順」を参照してください。

クラスタ化を有効にした SQL Server 7.0 Enterprise Edition に更新プログラムを適用する方法

  1. SQL Server に更新プログラムをインストールする前に、master データベースのバックアップを作成します。

    : 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc341123(SQL.80).aspx
  2. SQL Server 7.0 が最初にセットアップされたコンピュータ ノードで、SQL Server のリソースが管理されていることを確認します。これを行うには、SQL Server 7.0 が最初にセットアップされたコンピュータ ノードに _VIRTUAL_SERVER_NAME_ 環境変数が設定されていることを確認します。
  3. 同じコンピュータ ノードで、フェールオーバー セットアップ ウィザード ユーティリティを実行して、仮想 SQL Server を削除します。
  4. 適用する更新プログラムに対応する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されているファイルのバックアップ コピーを作成します。これらのファイルは、\Mssql7\Binn フォルダ、または SQL Server 7.0 プログラム ファイルをインストールしたフォルダに格納されています。
  5. 更新プログラムで提供される自己解凍形式の実行可能ファイルから、\Mssql7\Binn フォルダにファイルをコピーします。
  6. フェールオーバー セットアップ ウィザード ユーティリティを実行して、仮想 SQL Server のリソースを作成します。
  7. Windows 2000 クラスタ アドミニストレータで、SQL Server リソース グループを右クリックし、[オンラインにする] をクリックします。

    : この操作により、すべてのサービスが依存関係の順序に従ってオンラインになります。
  8. SQL クエリ アナライザまたは OSQL ユーティリティ (Osql.exe) を使用して、システム管理者ロールのメンバまたはシステム管理者として SQL Server に接続します。次に、SQL Server 7.0 SP4 更新プログラム パッケージで提供されている任意のスクリプトを実行します。
  9. 更新プログラムによって問題が発生した場合は、更新プログラムを適用する以前の状態にロールバックできます。手順 2. 〜 4. を参照して、仮想 SQL Server を削除し、関連するファイルを元の場所にコピーしてください。手順 1. でバックアップを作成した master データベースを復元する必要があります。

更新プログラムの通常のインストール手順

  1. SQL Server に更新プログラムをインストールする前に、master データベースのバックアップを作成します。

    : 詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc341123(SQL.80).aspx
  2. SQL Server 7.0 SP4 をインストールします。SQL Server 7.0 SP4 が正常にインストールされたことを確認します。
  3. Microsoft SQL Server および SQL Server エージェント サービスをシャットダウンします。
  4. 適用する更新プログラムに対応する「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料に記載されているファイルのバックアップ コピーを作成します。これらのファイルは、\Mssql7\Binn ディレクトリ、または SQL Server 7.0 プログラム ファイルをインストールしたディレクトリに格納されています。
  5. 更新プログラムで提供される自己解凍形式の実行可能ファイルから、\Mssql7\Binn ディレクトリにファイルをコピーします。
  6. Microsoft SQL Server および SQL Server エージェント サービスを起動します。
  7. SQL クエリ アナライザまたは OSQL ユーティリティを使用して、システム管理者ロールのメンバまたはシステム管理者として SQL Server に接続します。次に、SQL Server 7.0 SP4 更新プログラム パッケージで提供されている任意のスクリプトを実行します。
  8. その更新プログラムのビルドで問題が発生した場合は、更新プログラムを適用する以前の状態にロールバックできます。手順 4. を参照して、関連するファイルを元の場所にコピーしてください。また、手順 1. でバックアップを作成した master データベースを復元する必要があります。

関連情報

SQL Server の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/japan/sql/default.mspx
SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
321185 SQL Server のバージョンとエディションを識別する方法
Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE) の詳細については、次の MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa214930(SQL.80).aspx

プロパティ

文書番号: 953743 - 最終更新日: 2008年6月16日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 7.0 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 7.0 Service Pack 4
  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
キーワード:?
kbinfo kbhowto KB953743
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com