Outlook 2007 で、Business Contact Manager データベースの共有のトラブルシューティング方法の問題します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953745
この記事の 2003年バージョンには、次を参照してください。サポート技術情報の記事:
901164 共有データベースの Outlook with Business Contact Manager 更新プログラムのトラブルシューティング方法
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でにはデータベースについての背景情報が含まれています。Microsoft Office Outlook 2007 ビジネス用連絡先と共有マネージャーです。

さらに、次の一般的なを掲載します。問題とは、データベースの共有のトラブルシューティングに使用できる手順の問題します。発生する可能性があります。
  • ネットワーク接続のトラブルシューティングを行います。
  • Microsoft ファイアウォール設定を確認してください。
  • SQL データベースへの接続を確認します。
  • リモートの Business Contact Manager ユーザーいないことを確認してください。空のパスワードがあります。
  • Business Contact Manager サーバーに接続できません。Business Contact Manager サーバーの IP アドレスと名前が変更されます。
  • 既定の名前付きインスタンスの SQL Server に接続します。
  • Business Contact Manager を共有する場合のエラー メッセージデータベースです。
  • データベースを復元した後、ユーザーをリセットします。

はじめに

IThis 資料でにはトラブルシューティング方法に関する情報が含まれています。Business Contact Manager での Outlook 2007 の問題を共有するデータベースです。

この資料で、次の用語を使用します。
  • Business Contact Manager サーバーは、コンピューターにあります。共有データベースをホストしています。
  • Business Contact Manager のクライアント コンピューターで、共有データベースに接続しているコンピューターです。
  • 共有のユーザーは、ビジネスへのアクセスを持つユーザーです。用連絡先マネージャー サーバー上のデータベースを Business Contact Manager。
  • ログオンしているユーザーがログオンしているユーザー アカウントです。Business Contact Manager のクライアントにします。

詳細

Business Contact Manager のデータベース共有に関する背景情報

Microsoft Office Outlook 2003 Business Contact Manager 更新ローカル エリア ネットワーク (LAN) 経由でデータベースを共有する機能が導入されました。

Microsoft Office Outlook 2007 ではこの機能を継続します。Business Contact Manager。共有データベースに加え、Outlook 2007 でBusiness Contact Manager の共有データベースを構成できるようになりますオフラインで作業するには。次のような Outlook 2007 Exchange キャッシュできるモードローカルにキャッシュするためのメールボックス。

Business Contact Manager クライアントの場合また、データベースは、次の項目を共有するのには、サーバーが機能しています。
  • Business Contact Manager クライアントのビジネスに接続します。用連絡先マネージャー サーバーの TCP ポート 5356 上で。このポートをオープンにする必要があります、Business Contact Manager サーバーを使用して発生するデータベースを共有します。場合によっては、このポートを有効にするのには、ファイアウォールやプロキシの設定を再構成する必要があります。渡されます。

    メモ 5356 以外のポートを使用するには、「は、非標準のポート」を参照してください。セクションです。
  • Business Contact Manager クライアントを解決できる必要があります。Business Contact Manager サーバーの名前です。ドメイン ネーム システム (DNS)サーバー、Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバー、またはホストのファイルであっても、ことができます。名前の解決を管理できます。ただし、企業の IP アドレスを使用すると、用連絡先マネージャーのサーバーがクライアントから接続の IP アドレスがあります。動的 IP アドレスを使用している環境での問題。これは特にそうです。Business Contact Manager は、オフラインのデータベースを使用すると、します。
詳細については詳細は、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
827422SQL Server 2000 の接続に関する問題のトラブルシューティング方法


認証

SQL データベースは、SQL を使用するように構成します。この認証では、SQL Server ユーザーの独自のリストを保持しています。ただし、Business Contact Manager は、この認証方法をサポートしていません。Aログオンしているユーザーの Windows 資格情報、仕事上の連絡先へのアクセスを決定します。マネージャーに含まれる ◇

詳細については詳細は、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
909801SQL Server 2005 のインスタンスへのリモート接続を作成すると、Kerberos 認証を使用しているかどうかを確認する方法


Business Contact Manager ユーザーの構成を共有します。

ビジネスをホストするシステムは、データベースを共有する場合は、用連絡先マネージャー データベースをワークグループまたは Windows のいずれかのメンバーを指定できます。ドメイン。

これにより、ユーザーにも適用されます。ログオン ユーザー アカウントを指定できます、ローカル アカウント、ワークグループのアカウント、または Windows のメンバーであるアカウントドメイン。

Business Contact Manager データベースを構成すると、共有、データベースへのアクセス、ログオンしたユーザーの Windows に基づいています。ログオン アカウントです。これには次に基づきます。
  • そのアカウントがローカル アカウントまたはドメインかどうかアカウントです。
  • そのユーザーであるコンピューター上のかどうかにログオンしている、ワークグループまたはドメインのメンバーを使用します。
Windows ドメインのメンバーであるサーバー上のデータベースにあります。ドメイン ユーザーとワークグループ ユーザーにアクセスを提供します。ただし、データベースのワークグループはドメイン ユーザーにアクセスを提供できません。

Windows ドメインの構成

Windows のドメイン構成では、すべてのユーザー アカウント集中化された Active Directory にコンピューター アカウントが保持されます。データベースです。専用 Windows ドメイン コント ローラー上の Active Directory データベースWindows 2000 では、Windows Server 2003 を実行しているスタンドアロン サーバーを指定できます、または、Windows Small Business Server (Windows Small Business Server 2003 (WindowsSBS))。ビジネス用連絡先マネージャーは、Windows ドメインを使用する利点データベースを共有する複数のユーザーを維持する必要性を排除することです。アカウントとパスワード、環境内のコンピューターの間で。場合は、ビジネス用連絡先マネージャー サーバーと Business Contact Manager のクライアントのメンバーであります。Windows ドメイン、ドメイン ユーザー アカウントの代わりに使用することお勧めローカル ・ アカウントへのアクセスを制御します。

ワークグループの構成

ワークグループ構成では、専用の Windows ドメインコント ローラーは表示されない、またはユーザーが使用していません。認証します。ワークグループの構成では、中央のデータベースにはありません。Windows のユーザー。Windows のユーザー アカウント上の各コンピューターに保持されます。の例は、Business Contact Manager データベースをワークグループで共有します。構成します。ログオン ユーザーは共有ビジネスにアクセス user1 をという名前用連絡先マネージャー データベースを user1 のアカウントが存在する、クライアント コンピューターを Business Contact Manager、user1 の別のインスタンスになりますBusiness Contact Manager サーバー上に存在しています。

混合構成

Business Contact Manager データベースを共有できる、混在したドメインとワークグループの構成。この場合をビジネスを行うことができます。用連絡先マネージャーのサーバーがドメインのメンバーとのメンバーは、クライアントでは、ワークグループ。Business Contact Manager サーバーでこの操作を行うには、新しいを作成します。ローカル ユーザーのアカウント、ビジネス用連絡先は、同じアカウント ID を使用してマネージャーのクライアントを使用して、ローカル コンピューター上のログに記録します。

場合は、ビジネス小規模なビジネス サーバーまたはドメイン用連絡先マネージャー データベースが存在します。コント ローラー、ローカル アカウントを作成することはできません。この問題を回避するには、いずれかを使用してください。次のメソッド。
  • すべての Business Contact Manager にログオン ユーザーの使用があります。ドメイン アカウントのワークグループのアカウントではなく。
  • ユーザー名を使用して、新しいドメイン アカウントを作成し、ワークグループのユーザー アカウントのパスワードを指定します。
メモ 場合は、ビジネス用連絡先が混在する構成は使用できません。マネージャーのサーバーがメンバーのワークグループとは、Business Contact Manager でください。クライアントは、ドメイン アカウントの ID を使用してください。ワークグループ コンピューターができないためにです。Windows ドメインを信頼するには、そのドメインのメンバーではなきます。

は、次の表に使用できる、コンピューターとユーザーの構成を説明します。データ内の Business Contact Manager を共有します。

サポートされている構成
元に戻す全体を表示する
Business Contact Manager Windows クライアント ログインしているユーザー Business Contact Manager サーバー共有ユーザー
クライアントがドメインのメンバーでは ユーザーがBusiness Contact Manager クライアントを持つドメイン ユーザーとしてログオン権利を共有します。 サーバーがドメインのメンバーでください。 共有ユーザーは、同じユーザーとしてドメインにログオンしているドメインのユーザー、Business Contact Manager に含まれる ◇この例では、すべて Active Directory を処理します。ユーザーの認証
クライアントがワークグループの一部であります。 クライアントに含まれてワークグループ サーバーが、ワークグループのメンバーです。 共有ユーザーはローカル ドメイン以外のユーザーです。個別のアカウントを作成する必要があります。上の各コンピューターにログオンしているユーザー。
クライアントがワークグループのメンバーではユーザーがBusiness Contact Manager のクライアントに、ローカル ユーザーとしてログオンは、サーバーがドメインのメンバーでください。共有のユーザーはローカル ドメイン以外のユーザーです。共有を有効にするには、ローカル アカウントを Business Contact Manager を作成します。サーバーです。または、データベースの存在するドメイン コント ローラーでは、大文字と小文字ユーザー名とパスワードは、ログオンのと一致するアカウントを作成します。ユーザーです。


サポートされていない構成
元に戻す全体を表示する
Business Contact Manager Windows クライアント ログインしているユーザー Business Contact Manager サーバー共有ユーザー
クライアントがドメインのメンバーでは ユーザーがBusiness Contact Manager のクライアントに、ドメイン ユーザーとしてログオンは、サーバーがワークグループのメンバーでください。 共有のユーザーをローカル以外のドメインです。ユーザー


メモ Outlook を使用してメールボックスにアクセスする資格情報します。別の共有データベースにアクセスするために使用する資格情報。

詳細については、次の資料をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
101957ドメイン、ドメイン コント ローラー、およびワークステーション

295017 コンピューター名の変更、ドメインに参加では、Windows XP または Windows Server 2003 では、コンピューターの説明を追加する方法

Business Contact Manager server のトポロジ

Business Contact Manager データベースを共有する 2 つの種類が使用できます。トポロジ: ピア ツー ピアと集中。

ピア ツー ピア

ピア ツー ピア環境では、コンピューターが指定されていません。Business Contact Manager、中央サーバーにします。代わりに、任意のコンピューターでBusiness Contact Manager のインストールを含むサーバーとして機能します。データベースを共有します。ピア ツー ピア トポロジは、ドメイン内に存在できますかワークグループ環境。

メモ データベースを共有するユーザーの Outlook で開くことはありません。データにアクセスするには。SQL Express または SQL Server 2005 を実行している場合は、共有のユーザーことができます。そのデータベースにアクセスします。

利点
  • コンピューターを専用として指定する必要はありません。サーバーです。
短所
  • 一元的なバックアップとデータベースの管理の欠如。
  • 同じデータベースの潜在的な部数をします存在します。
  • 分散していないドメインへのユーザー アクセスを管理する化しています。使用します。
  • 大規模なデータベース ・ ホスト上のユーザーのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。コンピューターです。
集中管理

一元化された環境では、1 台のコンピューターに取り組んでいますBusiness Contact Manager は、サーバーとして動作します。このコンピューターは、専用場合があります。SQL server、または Windows XP クライアント。集中型の Business Contact Managerサーバーは、ドメイン環境またはワークグループ環境で使用できます。

利点
  • 可能性があるのためにパフォーマンスが向上がログに記録するユーザーコンソールで、サーバーとして動作するコンピューターを使用しますないです。
  • バックアップを集中管理しています。
  • アクセス権の集中管理
短所
  • 専用のコンピューターに関連付けられたコスト
  • Active Directory を管理するための複雑化環境のために使用されるドメイン専用サポート担当者する必要がありますが
メモ Business Contact Manager の集中化されたサーバーおよびデータベースが個々 のユーザーそれぞれに独自の共有をしないようにします。データベース。

サポートされていないシナリオ

Business Contact Manager では、データベースを設計したとテストするには、ローカル エリア ネットワーク (LAN) では、ドメインまたは共有します。ワークグループ環境。

マイクロソフトは、ビジネスの共有をサポートしていません次のシナリオでの用連絡先マネージャー データベース:
  • Business Contact Manager データベースへの接続には、インターネット。この例では、インターネットを参照する外部のパブリック ネットワーク企業ネットワークまたはホーム オフィス ネットワーク
  • ダイヤルアップ、仮想プライベート ネットワーク (VPN) を使用してください。Business Contact Manager サーバーに接続するには、[接続] をクリックします。
  • いくつかの潜在的な問題が上記のシナリオが含まれて次:
    • 必要なポートにするかどうかを制御できません。Business Contact Manager サーバーまたはクライアントの間で利用可能
    • 帯域幅または待機時間のためのパフォーマンスが低下するとアクセスまたは Business Contact Manager の大規模なデータベースを同期します。
  • Business Contact Manager のデータベース間での共有します。バージョン。Business Contact Manager の両方のデータベースを共有するにはサーバーとクライアントが同じバージョンの Business Contact Manager を実行しなければなりません。
メモ Exchange から Business Contact Manager のデータベースは異なります格納されます。Business Contact Manager データベースは、Exchange ストアにアクセスできないし、Exchange は、Business Contact Manager データベースからデータをプルできません。でまた、Outlook から Business Contact Manager のデータベースをアクセスできません。Web アクセスします。

Business Contact Manager のデータベースの共有を有効にする方法

Business Contact Manager データベースを有効にするのには 2 つの方法があります。共有するため。
  • 共有データベース ウィザードを使用します。Outlook 2007 でこれを行うには、ポイントします。 データベース ツール で、 ビジネス用連絡先マネージャー メニューのとクリック 共有データベース.

    詳細については、共有データベースウィザードは、Business Contact Manager ヘルプ ファイルを参照してください。
  • Business Contact Manager のデータベース管理ツールを使用します。コンピューターが、Outlook などの Small Business Server インストールできません。Exchange と共に。このユーティリティをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:
    ドキュメントですか。FamilyID = の b8e7aa0f ・ f593 ・ 4fb4 ・ b822 ・ dd662af1a6cb
詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
番号 266418Microsoft インストール Exchange Server のコンポーネントと同じコンピューター上の Outlook をサポートしていません


詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:

データベースの共有の問題をトラブルシューティングする方法

ここに共通の問題とトラブルシューティングの一覧が含まれています。手順:
  • ネットワーク接続のトラブルシューティングを行います。
  • Microsoft ファイアウォール設定を確認してください。
  • SQL データベースへの接続を確認します。
  • リモートの Business Contact Manager ユーザーいないことを確認してください。空のパスワードがあります。
  • Business Contact Manager サーバーに接続できません。Business Contact Manager サーバーの IP アドレスと名前が変更されます。
  • 既定の名前付きインスタンスの SQL Server に接続します。
  • Business Contact Manager を共有する場合のエラー メッセージデータベースです。
  • データベースを復元した後、ユーザーをリセットします。

ネットワーク接続をトラブルシューティングします。

Business Contact Manager クライアントが通信できることを確認してください。ネットワーク レベルの Business Contact Manager サーバーとします。テストするのには接続では、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 cmd、し [OK].
  2. コマンド プロンプトで pingサーバー名、し、ENTER キーを押します。
メモ サーバー名 どちらかに参照がNetBIOS 名またはビジネス連絡先の完全修飾ドメイン名 (FQDN)マネージャーのサーバーです。

場合は、Business Contact Manager クライアントことができます。結果を確認する必要があります Business Contact Manager のサーバーとの通信します。ping コマンドを実行した後、次のよう。
C:\>ping BCMServer 
Pinging BCMserver.contoso.com [10.0.0.1] with 32 bytes of data: 
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128 

Ping statistics for 10.0.0.1: Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss), 
Approximate round trip times in milli-seconds: 
Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms

Business Contact Manager のクライアントと通信できない場合は、Business Contact Manager サーバーを後、次の結果を表示可能性があります。ping コマンドを実行します。
  • C:\>ping BCMserver.contoso.com Ping request could not find host BCMserver.contoso.com. Please check the name and try again. 
  • C:\>ping BCMServer Pinging BCMServer with 32 bytes of data: 
    Request timed out.
    Request timed out.
    Request timed out.
    Request timed out.
    Ping statistics for 123.0.0.2: Packets: Sent = 4, Received = 0, Lost = 4 (100% loss), 
    
Ping を実行すると、サーバーと通信できない場合は、NetBIOS 名または FQDN をビジネス用連絡先のコマンドサーバーとサーバーの IP アドレスに対して ping を実行します。たとえば、サーバーの IP アドレスに対して ping を実行した後、次の結果が表示されます。
C:\>ping 10.0.0.1 Pinging BCMServer.contoso.com [10.0.0.1] with 32 bytes of data: 
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128
Reply from 10.0.0.1: bytes=32 time<1ms TTL=128

Ping statistics for 10.0.0.1: Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss), Approximate round trip times in milli-seconds: Minimum = 0ms, Maximum = 0ms, Average = 0ms 

メモ Business Contact Manager サーバーの IP のはっきりしない場合は、アドレスまたは NetBIOS 名のコンピューターをビジネスでこれらの手順を実行します用連絡先マネージャーのサーバー:
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 cmd 、し [OK].
  2. コマンド プロンプトでipconfig、し、ENTER キーを押します。
    C:\Documents and Settings\user1>ipconfig
    
    Windows IP Configuration
    Ethernet adapter Local Area Connection:
       Connection-specific DNS Suffix  . : Contoso.com
       IP Address. . . . . . . . . . . . : 10.0.0.1
       Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
       Default Gateway . . . . . . . . . : 10.0.0.15
    
正常に IP アドレスを使用してサーバーを ping できる場合これを示している可能性があります、NetBIOS 名、またはサーバーの FQDN を使用できませんが、名前解決に問題があります。

通信できない場合は、Business Contact Manager のサーバの IP アドレスまたは NetBIOS を使用して名前は、する必要があります解決この通信上の問題に接続を試行する前に、Business Contact Manager データベースを共有します。

メモ Ip アドレスを使用して、名前解決の問題を回避を操作できる場合は、サーバーのアドレスを Business Contact Manager、コンピューター名ではなく、これは、推奨される回避策の環境では、ビジネスに連絡してくださいではありません。マネージャー サーバーは、動的 IP アドレスが使用されています。「そのことできませんを参照してくださいBusiness Contact Manager サーバーに接続すると、名前または IP アドレスをBusiness Contact Manager サーバーは変更された"

詳細については詳細は、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
314067Windows XP での TCP/IP 接続のトラブルシューティングを行う方法

Microsoft ファイアウォール設定を確認してください。

既定では、TCP ポート 5356 を Business Contact Manager を使用してください。データベースを共有します。Business Contact Manager のいずれかの存在を検出した場合は、ファイアウォールの Windows XP Service Pack 2 (SP2) または Windows Vista のファイアウォールは、2 つの例外ポート 5356 を共有データベース ウィザードによって作成されます。1 つ例外は、ファイルとプリンターの共有です。その他の例外は Microsoft です。Windows XP または Windows Vista 上で MSSMLBIZ の中小企業。

ただし、例外は、コンピューター共有データベース ウィザードを作成できない場合サード ・ パーティ製 Business Contact Manager のサーバーが実行中の構成ファイアウォールまたはファイアウォールまたはプロキシ サーバーの間、ビジネス用連絡先マネージャーのサーバーとクライアントは、次のエラー メッセージのいずれかを受け取ることがあります。Business Contact Manager クライアントが、ビジネスに接続しようとしたとき用連絡先マネージャーのサーバー:

  • データベース サーバー コンピューター上コンピューター名 アクセスできなくなります。いることを確認、リモート マシン Business Contact Manager インストールされている場合は、Outlook のそれであります。実行している共有データベースがその場所で使用可能であります。ファイアウォールリモート コンピューターでの設定は、アクセスもブロック可能性があります。確認、リモート コンピューターの管理者。

  • データベースにアクセスできません。サーバー コンピューター上コンピューター名
Windows XP では、次の例外が作成されたことを確認してください。Service Pack 2 (SP2) のファイアウォールや Windows Vista のファイアウォールによってビジネスに用連絡先マネージャーのサーバーです。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類wscui.cpl、し[OK].
  2. [Windows ファイアウォール] をクリックします。
  3. クリックして、 例外 タブで、クリックしてくださいMicrosoft 小規模ビジネス windows XP またはMSSMLBIZ Windows Vista では、し編集.
  4. TCP ポート番号が 5356 であるを確認します。
場合は、Business Contact Manager クライアントとビジネス用連絡先マネージャーのサーバーが同じ TCP/IP ネットワークは、既定の例外設定を保持することができます。

場合は、Business Contact Manager クライアントとBusiness Contact Manager サーバーが異なるネットワークまたはサブネットに、ファイアウォールの例外のスコープ設定を変更する必要があります。変更するのには設定をファイアウォールの例外のスコープは、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 firewall.cpl、し [OK].
  2. クリックして、 例外 タブを選択する] をクリックします。Microsoft 小規模ビジネス、し編集.
  3. クリックしてください。 [スコープの変更をオンにし、すべてのコンピューター オプション、し、 [OK].
メモ ビジネス用連絡先を 5356 以外のポートを使用している場合マネージャーは、そのポートを使用するのには、ファイアウォールの例外を変更する必要があります。参照してください。"確認 Business Contact Manager インスタンスでは、ポート セクションでは、リッスンしている"と"は、標準以外のポートまたはインスタンスを使用します。名前"です。

詳細については詳細は、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
875357上級ユーザー向けの Windows XP Service Pack 2 の Windows ファイアウォールの設定のトラブルシューティング
164015 理解を TCP/IP アドレスとサブネットの基礎
283673 または、Windows XP でファイアウォールを無効にする方法

SQL データベースへの接続を確認してください。

Business Contact Manager クライアントが確立できることを確認するのにはBusiness Contact Manager の共有データベースへの接続を次の手順を実行します。
  1. Business Contact Manager としてクライアント コンピューターにログオンします。ビジネス用連絡先のデータベースへのアクセスを許可する Windows ユーザーマネージャーのサーバーです。
  2. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 cmd、し [OK].
  3. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    C:\>sqlcmd ? E Sサーバー名\mssmlbiz,5356

    メモsqlcmd スイッチは、大文字と小文字を区別します。サーバー名 ビジネス用連絡先の名前です。マネージャーのサーバーです。
このコマンドは、Business Contact Manager クライアントを実行すると、リモートの SQL インスタンスに直接接続しようとしています。場合は、クライアントことができます。Business Contact Manager、リモート インスタンスへの接続を確立します。OSQL コマンド プロンプトが表示されます。OSQL コマンド プロンプトが表示されます「1 >"。

OSQL コマンド プロンプトの外観は、次を示します。
  • ビジネスをクライアント コンピューターが通信できます。用連絡先マネージャー データベースです。
  • Business Contact Manager の単位のデータベースを正常にで共有を設定します。
  • ビジネス連絡先からテストを実行するユーザーマネージャーのクライアントが正常にデータベースへのアクセス権を与えられます。
ビジネス用連絡先のリモート インスタンスへの接続が成功マネージャーは、次のように表示されます。
C:\> sqlcmd ?E -S Server_Name\mssmlbiz,5356
1>

Business Contact Manager クライアントを確立できない場合は、Business Contact Manager のリモート インスタンスへの接続が表示されます可能性があります。次に、Business Contact Manager のようなエラー メッセージする場合サーバーに接続しようとしています。

アクセスできない、データベース サーバー コンピューター上 コンピューター名

接続しようとします。sqlcmd コマンドを使用して、サーバーには、次のエラーが表示されます。メッセージ:
C:\>sqlcmd ?E -S Server_Name\mssmlbiz,5356

HResult 0x274D, Level 16, State 1
TCP Provider: No connection could be made because the target machine actively refused it.

Error: Microsoft SQL Native Client: An error has occurred while establishing a connection to the server. When connecting to SQL Server 2005, this failure may be caused by the fact that under the default settings SQL Server does not allow remote connections.
Error: Microsoft SQL Native Client: Login timeout expired.

このエラー メッセージは、次の可能性のある問題を可能性があります。
  • 転送先サーバーが使用できないか、ビジネス用連絡先マネージャーのインスタンスが実行されていません。
  • Microsoft ファイアウォールまたはサードパーティ製のファイアウォールSQL サーバーへのブロック アクセスします。
  • データベースで、ユーザーは共有されていませんサーバーにアクセスしようとしています。この問題は、ビジネス用連絡先する場合に発生する可能性があります。マネージャーのクライアントとサーバーは、別のワークグループまたはドメインでです。詳細についてはについては、セクション「Business Contact Manager データベース共有を参照してください。構成"
メモ 使用する資格情報データベースのアクセスに注意してください。同じ資格情報がクライアント コンピューターにログオンするために使用されます。

Business Contact Manager のインスタンスがリッスンしているポートを確認します。

SQL Server のインスタンスがどのポートを確認してください。リッスンしている、有効かどうか。これを行うには、次の手順、Business Contact Manager サーバー:
  1. SQL Server [構成マネージャー] を開きます。
  2. 展開 SQL Server 2005 ネットワーク構成、し MSSMLBIZ のプロトコル.
  3. ダブルクリック TCP/IP.
  4. で、 プロトコル タブで、ことを確認します有効になっています。 設定されています。 [はい].
  5. クリックして、 IP アドレス タブをしIP のすべての TCP ポート 5356 構成されてことを確認します。場合は、ポートを設定するのには、5356 に 5356、ポートを変更するかを選択する以外の値現在設定されているものを保持します。5356 以外のポートを使用する必要がある場合このポートを使用する他のプログラムとの競合を回避するには、実行します。次の手順に"標準以外のポートまたはインスタンス名を使用する]
  6. 必要がある場合、5356 にポートを変更し、停止し、指示に従って、Business Contact Manager のインスタンスを再起動します。
標準以外のポートまたはインスタンス名を使用します。

既定では、Business Contact Manager のようです。リモート接続のポート 5356 上で MSSMLBIZ をという名前のインスタンスに接続します。ただし、Business Contact Manager 以外のポートまたはインスタンス名を使用します。既定の設定をします。非標準のポートとインスタンスの名前に接続するのにはBusiness Contact Manager クライアントでは、次の手順を実行します。
  1. Outlook 2007 では、ポイントします。 データベース ツールで、 Business Contact Manager メニューのとクリック作成またはデータベースを選択します。.
  2. オンにし、 既存を選択します。データベース 目的のインスタンス名を入力してくださいし、してポートこの次の形式でを使用して、 コンピューター名 ボックス:
    サーバー名\Instance_Name,Port_Number


    たとえば、SQL_Contoso\BCMDatabases は 1234年です。

    メモ サーバー名 名前です、Business Contact Manager データベースをホストするコンピューター。これは、いずれかになりますがローカルまたはリモートのコンピューターです。 Instance_Name 名前します。SQL のインスタンスは、Business Contact Manager データベースをホストします。Port_Number 構成するポートします。ビジネス用連絡先マネージャーを使用します。
詳細については、次の資料をクリックします。数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
823938SQL、特定の TCP ポートまたは動的ポートでリッスンするようにサーバー インスタンスを構成する方法


詳細については、次を参照してください。Microsoft の Web サイト:
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms188247.aspx

http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms177440.aspx

空のパスワードを Business Contact Manager のリモート ユーザーがいないことを確認してください。

Business Contact Manager のデータベース アクセスを許可するユーザー空白のパスワードを含めないでください。場合は、空白を持つユーザーにアクセス権を与えるパスワードをリモート ユーザーに次のエラーを受信するときにメッセージがリモート データベースへの接続を試行します。

と、リモート コンピューターに接続するのには ユーザー名、、データベースが格納されている、次の理由のため完了できませんでした。

1 BCM がリモート コンピューターへのアクセスが許可されていません ユーザー名.

2) は、データベースの所有者、使用するデータベースと、データベースにアクセスを与えていません。コンピューターです。データベースの所有者からアクセスを要求します。BCM に使用するパスワードコンピューターへのログオン ユーザー名 異なりますローカル コンピューターにログオン パスワード BCM 使用 ローカルコンピューターのユーザー名、作業場所から

3) にコンピューター上の共有データベースにアクセスします。 ユーザー名 からコンピューター ローカル コンピューターのユーザー名、上のパスワードリモート コンピューターは、ローカル コンピューターのパスワードを一致しなければなりません。

名または Business Contact Manager サーバーの IP アドレスが変更されたとき、Business Contact Manager サーバーに接続できません。

次のシナリオを検討してください。として構成されたコンピューターがあります。Business Contact Manager サーバーです。サーバーが動的 IP アドレスを持つ動的ホスト構成プロトコル (DHCP) によって割り当てられています。接続し、共有 Business Contact Manager データベースの IP アドレスを使用して、サーバーです。さらに、データベースのオフラインでの使用を構成します。これでシナリオでは、データベースをホストするサーバーが新しい IP アドレスを受信する場合は、クライアントが次には、次のエラー メッセージが表示されるクライアントサーバーに接続します。

Business Contact Manager でください。共有データベースに接続できませんでした。コンピューターを確認してください。共有データベースを実行正常に動作しがあるがそのコンピューターへのネットワーク接続。

次のいずれかを選択します。オプション:
オフラインのまま
もう一度実行してください。
別に共有接続します。データベースまたはローカル データベースを新規作成します。

さらに、このエラー メッセージ場合に発生、Business Contact Manager のサーバの名前Business Contact Manager のクライアントに接続されていないときに変更される、サーバーです。



この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 名前または IP アドレス、Business Contact Manager を変更します。サーバーは、元に戻します。
  2. 別に共有に接続するためのオプションを選択します。データベースです。これは、データベースのオフライン コピーを削除するのには、クライアントを強制的にローカル コンピューター上のファイル。これは複数の可能性があります、データベースです。

既定の名前付きインスタンスの SQL Server に接続します。

SQL Server 2005 の既定のインスタンス名を使用してにインストールします。[MSSQLSERVER]。名前付きインスタンスの SQL を既定値に接続するときにBusiness Contact Manager クライアントからサーバーに、次の表示されます。エラー メッセージ:

データベース ・ サーバにアクセスできません。コンピューター コンピューター名

回避するのにはこの問題は、SQL Server のセットアップを実行して、新規の名前付きインスタンスをインストールします。別の名前をビジネス用連絡先を使用するマネージャー。

ステータス

マイクロソフトは、この問題は、microsoft が確認しています「対象製品」に記載されている製品セクションです。


詳細については詳細は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/ms143219.aspx

http://technet.microsoft.com/en-us/library/ms143744.aspx

Business Contact Manager データベースを共有しようとするとエラー メッセージ

使用して、Business Contact Manager データベースを共有するときに共有データベース ウィザードで、次のエラー メッセージが表示されます。

Business Contact Manager は、直前の操作を完了できませんでした。または操作します。くださいもう一度やり直してください。

この問題が発生する場合の値ではなく、影響を受けるデータベースのデータベース所有者 (DBO) を NULL 値は、有効なユーザー id。

DBO は、影響を受けるの値を確認するにはデータベースは、次の手順を実行します。
  1. ダウンロードして Microsoft SQL Server Management Studio をインストールします。高速。このユーティリティをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    ドキュメントですか。FamilyId = の C243A5AE ・ 4BD1 ・ 4E3D ・ 94B8 ・ 5A0F62BF7796
  2. SQL Server Management Studio の接続データベースに存在する Business Contact Manager インスタンスです。

    メモ Business Contact Manager の既定のインスタンスは、MSSMLBIZ です。
  3. クリックしてください。 新しいクエリ、して enter、次のスクリプト:
    USE DATABASE_NAME
    Select Name,SID,SUser_SName(SID) from sysusers
    

    メモ データベース名 名前です、Business Contact Manager データベースを共有しようとしています。
  4. 上記の 2 つの行を選択する、F5 キーを押すかクリックしてください実行.次のような結果が表示されます。Dbo には、行の値を確認します。
    public 0x0105000000000009040000000CB67908C617DA44A56E4FE13EBC9099 NULL
    dbo 0x01050000000000051500000066A1405A33097BD72406BEC271040000 NULL
    
  5. 結果が NULL の DBO 値を指定する場合は、これらに従ってください。この問題を解決するのには、手順します。

    メモ この問題は、特定のデータベースです。バックアップと復元、空のデータベースにデータベースは問題が解決可能性があります。
    1. この問題が発生したデータベースのバックアップをバックアップしてください。行うにはこのでの Outlook 2007 を指す データベース ツール で、 Business Contact Manager メニューをクリックして 管理データベース、し データベースをバックアップします。.
    2. SQL Server Management Studio の接続場所、データベースが存在する Business Contact Manager インスタンスにします。 メモ Business Contact Manager の既定のインスタンスがMSSMLBIZ。
    3. クリックしてください。 新しいクエリ、し、いずれかを入力してくださいワークグループに属するかどうかに応じて、次のスクリプトを環境またはドメイン。

      ワークグループ環境
      use DATABASE_NAME
      exec sp_changedbowner 'mymachine\user1'
      

      ドメイン環境用
      use DATABASE_NAME
      exec sp_changedbowner 'Domain_Name\user1'
      

      メモ データベース名 名前です、Business Contact Manager データベースを共有してください。場合は、データベースの所有者変更に戻すことはできません。
    4. 上記の 2 つの行を選択し、F5 キーを押してまたはクリックしてください。 実行.
    5. データベースを共有することができることを確認します。
    6. 正常に共有した後は、データベースのバックアップをバックアップします。
かどうかでかに基づいて、適切なユーザー名を使用します。ドメインとワークグループのどちらを使用します。ユーザー名として使用するのにはどのようなはっきりしない場合を実行します。現在のデータベースの所有者を決定するのには、次の手順:
  1. Business Contact Manager では、新しいデータベースを作成します。
  2. で、 Business Contact Manager メニューポイントします。 データベース ツール、し 管理データベース.
  3. データベースの所有者の値を使用します。
の詳細については、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
314546SQL Server を実行しているコンピューターの間でデータベースを移動する方法

データベースを復元した後、ユーザーをリセットします。

ビジネス、Business Contact Manager データベースを復元した後用連絡先マネージャーのクライアント可能性がありますできなく、データベースに接続することがBusiness Contact Manager に含まれる ◇

ユーザーは、データベースをバックアップすると、ユーザーがデータベースに与えられている共有へのアクセスは維持されます。場合によっては、これらのユーザー ID が有効な場合があります。

した後この問題を解決するのにはデータベースを復元し、共有データベース ウィザードを起動し、ユーザーを追加ユーザーがデータベースにアクセスする必要があります。

プロパティ

文書番号: 953745 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB953745 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:953745
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com