Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953822 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムについて説明します。この更新プログラムには、Office 2008 for Mac プログラムの安定性とパフォーマンスが向上する複数の変更が収められています。

詳細

この更新プログラムで発生する既知の問題

  • 現象

    この更新プログラムをインストールするときに、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
    "Microsoft Office 2008 Update" doesn't understand the <event sysodisA> message.

    原因

    更新プログラムをインストールするときに Office for Mac アプリケーションが実行中である場合にこの問題が発生することがあります。

    解決方法

    この問題を解決するには、Office 2008 更新プログラムをインストールする前に、すべての Office for Mac アプリケーションと Microsoft Messenger for Mac を終了してください。

    この問題の関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/mac/help.mspx?MODE=pv&CTT=PageView&clr=99-0-0&target=bee52d73-be77-4544-a5cd-402d9b56b9f41033

更新プログラムに含まれる機能強化

Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムでは、以下の点が強化されました。

Microsoft Office 2008 for Mac のすべてのアプリケーションに対する機能強化

  • 安定性が向上しました。

    この更新プログラムを適用すると、Office 2008 アプリケーションを開くとき、または使用しているときに、Office 2008 アプリケーションが突然終了する問題が修正されます。
  • Microsoft Word 2008 for Mac および Microsoft PowerPoint 2008 for Mac のグラフで、日付が正しく表示されるようになります。

    この更新プログラムを適用すると、グラフを含む Word 2008 文書または PowerPoint 2008 プレゼンテーション開いたときに、日付が意図したものとは異なる表示になる問題が修正されます。

Word 2008 for Mac の機能強化

  • 単語間のスペースが維持されるようになります。

    この更新プログラムを適用すると、Word 2008 for Mac または Microsoft Office Word 2007 で作成または保存した文書を開くと単語間のスペースが失われる問題が修正されます。
  • マクロを含む文書を保存するときに、マクロが保持されるようになります。

    この更新プログラムを適用すると、Visual Basic マクロをサポートするバージョンの Word for Mac および Word for Windows で OnOpen マクロおよび OnClose マクロが正しく動作しない問題が修正されます。

    この問題は、次の状況で発生します。
    • Word 2008 を使用し、これらのマクロを含む文書を開いて保存する。
    • Visual Basic マクロをサポートするバージョンの Word でこの文書を開く。
  • Word 文書をダブルクリックしたとき、または Web サイトから Word 文書をダウンロードしたときに、文書が正しく開くようになります。

    この更新プログラムを適用すると、Word 文書をダブルクリックしたとき、または Web サイトから Word 文書をダウンロードしたときに、Microsoft Word 2008 for Mac Service Pack 1 (SP1) で文書を開くことができない問題が修正されます。この更新プログラムを適用すると、最もよく使用される文書ファイルの種類について、この問題が解決されます。

    ただし、この更新プログラムをインストールした後も、Word for Mac の一部の古い文書ファイル種類については、これまでと同じように、文書をダブルクリックしても Word 2008 で開くことができません。この動作は、これらの文書によりセキュリティ上の脅威が発生する可能性があるためです。

    ブロックされるファイルの種類の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
    953266 古いバージョンの Microsoft Word for Mac で作成された文書を開くことができない (英語)
  • ノート レイアウト文書内の項目が、文書の変換時に保持されるようになります。

    この更新プログラムを適用すると、ノート レイアウト文書内の項目が正しく表示されない、または項目の情報が失われる問題が修正されます。この問題は、文書を Open XML 形式 (.docx など) で保存した後、.doc 形式で保存すると、または Open XML File Format Converter for Mac を使用して変換すると、発生します。
    • 日本語ユーザーおよび全角文字ユーザーの場合、この更新プログラムを適用すると、セクション タブのタイトルで全角文字が下線として表示される Word 2008 の問題が修正されます。
    • この更新プログラムを適用すると、チェック ボックスや優先度インジケータなどのノート フラグが、文書を Word 2008 で再び開いた場合でも画像に変換される問題が修正されます。
    • この更新プログラムを適用すると、SmartArt グラフィックスが、文書を Word 2008 で再び開いた場合でも画像に変換される問題が修正されます。
  • 表内のテキストのフォント サイズが維持されるようになります。

    この更新プログラムを適用すると、表スタイルまたはオートフォーマット機能で書式設定した表内のテキストのフォント サイズが予期せず変更される問題が修正されます。

    この問題は、表を含む文書を Open XML 形式で保存した後、文書を再び開くと発生します。
  • 面グラフまたは塗りつぶしレーダー チャートを含む文書を .doc 形式で保存するときの信頼性が向上します。

    この更新プログラムを適用すると、Word で次のエラー メッセージが表示される問題が修正されます。
    指定されたファイル形式で文書を保存できませんでした。
    ファイル エラーが発生しました。次の項目を確認してください。ディスク ドライブに、ディスクが正しく挿入されていることを確認してください。ディスク ドライブ、またはディスクに障害が発生していないことを確認してください。ネットワーク接続を確認してください。
    この問題は、面グラフまたは塗りつぶしレーダー チャートを含む文書を、次の製品で使用される .doc 形式で保存しようとすると発生します。
    • Microsoft Word 97
    • Microsoft Word 98
    • Microsoft Word 2000
    • Microsoft Word 2002
    • Microsoft Office Word 2003
    • Microsoft Word 2004 for Mac

Microsoft Excel 2008 for Mac の機能強化

  • 国際小数点区切り記号が、誤差範囲で使用できるようになります。

    この更新プログラムを適用すると、Excel 2008 の一部の [誤差範囲] 入力ボックスに国際小数点区切り記号を入力できない問題が修正されます。この問題は、折れ線グラフまたは散布図の誤差範囲を作成するときに発生します。
  • グラフのデータを更新するときの信頼性が向上します。

    この更新プログラムを適用すると、グラフが正しく更新されない問題が修正されます。この問題は、TODAY、RAND、RANDBETWEEN、INDIRECT、OFFSET などの関数で計算されるデータを使用するグラフで発生します。
  • Excel ブックをダブルクリックしたとき、または Web サイトから Excel ブックをダウンロードしたときに、ブックが正しく開くようになります。

    この更新プログラムを適用すると、ブックをダブルクリックしたとき、または Web サイトからブックをダウンロードしたときに、Microsoft Excel 2008 for Mac Service Pack 1 (SP1) でブックを開くことができない問題が修正されます。
  • セル参照と似ているシート名を参照するとき、またはそのようなシート名にリンクするときの、信頼性が向上します。

    この更新プログラムを適用すると、"foo1" や "ark50" のようなセル参照と似たシート名を、Excel 2008 が解決できない、またはリンクできない問題が修正されます。
  • 数式を計算または編集するときの信頼性が向上しました。

    この更新プログラムを適用すると、Excel 2008 の次のような動作の原因となる問題が修正されます。
    • ブックを開くときに、Excel 2008 が数式を計算しない。
    • 数式を編集または再計算するときに、予期していない次のようなエラー メッセージを Excel 2008 が表示する。
      開いているブックに循環参照がありますが、この場合、循環参照は表示されません。
  • ブックを .xls 形式で保存したとき、埋め込まれているムービーが複製されなくなります。

    この更新プログラムを適用すると、.xls 形式で保存したブックで、ブック内に埋め込まれているムービーが複製される問題が修正されます。

    .xls 形式は、次のバージョンの Excel で使用されています。
    • Microsoft Excel 97
    • Microsoft Excel 98
    • Microsoft Excel 2000
    • Microsoft Excel 2002
    • Microsoft Office Excel 2003
    • Microsoft Excel 2004 for Mac
  • Microsoft Excel 5.0 ブック形式または Microsoft Excel 95 ブック形式でブックを保存するときの、信頼性が向上します。

    この更新プログラムを適用すると、Excel 2008 SP1 を使用してブックを Excel 5.0 ブック形式または Excel 95 ブック形式で保存するときにデータが失われることがある問題が修正されます。
  • ピボットテーブル レポートの機能が向上します。

    この更新プログラムを適用すると、ピボットテーブル レポートを使用するときに発生するいくつかの問題が修正されます。
    • この更新プログラムを適用すると、次のような場合に Excel 2008 が突然終了する問題が修正されます。
      • GETPIVOTDATA 関数を使用する数式を編集しています。
      • 次に、ブックを Excel Binary Workbook (.xlsb) 形式で保存します。
    • 32,000 行を超えるような非常に大きいピボットテーブル レポートを含むブックを開くときのパフォーマンスが向上します。
    • ピボットテーブル レポートを含むブックを Excel ブック (.xlsx) 形式で保存するときの互換性が向上します。
    • この更新プログラムを適用すると、ピボットテーブル レポートでマウス ポインタを横方向にドラッグしてピボットテーブル レポートの複数のセルを選択できない問題が修正されます。

PowerPoint 2008 for Mac の機能強化

  • パフォーマンスが向上します。

    この更新プログラムを適用すると、Microsoft PowerPoint 2008 for Mac Service Pack 1 (SP1) でプレゼンテーションを開くのに長い時間がかかる問題が修正されます。この問題は、"DFP" ファミリのフォントなどの特定のフォントを使用するテキストがプレゼンテーションに含まれると発生します。

Microsoft Entourage 2008 for Mac の機能強化

  • コンピュータをスリープから復帰するときの安定性が向上します。

    この更新プログラムを適用すると、コンピュータをスリープから復帰するときに Entourage 2008 が突然終了する問題が修正されます。この問題は、たとえば、ポータブル コンピュータのカバーを閉じてから開くと発生します。

必要条件

Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムをインストールする前に、コンピュータで Mac OS X 10.4.9 (Tiger) またはそれ以降のバージョンの Mac OS X オペレーティング システムが実行されていることを確認します。

コンピュータがこの必要条件を満たしていることを確認するには、アップル メニューの [この Mac について] をクリックします。

さらに、Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Office 2008 Service Pack 1 (SP1) 更新プログラム (12.1.0) をコンピュータにインストールする必要があります。

Office 2008 SP1 更新プログラム (12.1.0) がインストールされていることを確認するには、次の手順を実行します。
  1. [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックします。
  2. Microsoft Office 2008 フォルダを開き、いずれかの Office アプリケーションを開きます。たとえば、Word を開きます。
  3. [Word] メニューの [Word について] をクリックします。
  4. [Word について] ダイアログ ボックスで、[最新のインストール済み更新プログラム] に表示されるバージョン番号を調べます。

更新プログラムの入手方法

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラム パッケージ

リリース日 : 2008 年 6 月 24 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

追加または変更されたファイルの判別方法

この更新プログラムによって追加または変更されるファイルの完全な一覧を参照するには、Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラム インストーラをダブルクリックし、[ファイル] メニューの [ファイルを表示] をクリックします。

注 :
  • Office 2008 for Mac 12.1.1 更新プログラムは、Microsoft AutoUpdate を使用して入手することもできます。AutoUpdate は、マイクロソフトのソフトウェアを自動的に最新の状態に保つためのプログラムです。

    AutoUpdate を使用するには、Office プログラムを起動し、[ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] をクリックします。
  • Office 2008 for Mac に関する資料の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/japan/mac/
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 953822 - 最終更新日: 2008年8月28日 - リビジョン: 4.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2008 for Mac
  • Microsoft Office 2008 for Mac (Home and Student Edition)
  • Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition
  • Microsoft Entourage 2008 for Mac
  • Microsoft Office Excel 2008 for Mac
  • Microsoft Office PowerPoint 2008 for Mac
  • Microsoft Office Word 2008 for Mac
キーワード:?
kbexpertisebeginner kbqfe kbsecurity kbsecbulletin kbsecvulnerability kbbug kbfix KB953822
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com