Microsoft Office 2004 for Mac で Open XML 形式のファイルを操作する方法に関する情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 953823 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

重要: Office 2004 for Mac のサポートが終了し、マイクロソフトからサポートまたは更新プログラムが提供されるなくなりました。サポートされるバージョンの Office を使用するために Office 2011 for Mac にアップグレードすることをお勧めします。Office 2004 for Mac のサポート終了の詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル サイトを参照してください。


Microsoft Office 2004 for Mac 11.5.0 更新プログラムと Microsoft Office Open XML File Format Converter for Mac をインストールしてある場合は、Office 2004 アプリケーションを使用して Open XML 形式のファイルを開いたり、保存したりすることができます。Open XML 形式は 2007 Microsoft Office system for Windows と Microsoft Office 2008 for Mac で導入されました。

: ご使用の Mac オペレーティング システムがこれらの最低限の必要条件を満たしていることを確認するには、アップル メニューの [この Mac について] をクリックします。

Mac に次の 2 つのパッケージをダウンロードする必要があります。
  • Microsoft Office 2004 for Mac 11.5.0 更新プログラム パッケージをダウンロードするには、次の Microsoft ダウンロード センターの Web サイトを参照してください。
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Microsoft Office 2004 for Mac 11.5.0 更新プログラム パッケージ
    システム要件: Apple Mac OS X 10.2.8 (Jaguar) またはそれ以降のバージョンの Mac OS
  • Open XML File Format Converter for Mac 更新プログラム パッケージをダウンロードするには、次の Microsoft ダウンロード センターの Web サイトを参照してください。
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Open XML File Format Converter for Mac パッケージ
    重要: 変換されたドキュメントを開くには、Office 2004 11.4.0 またはそれ以降のバージョン、または Office v. X 10.1.9 またはそれ以降のバージョンがコンピューターにインストールされている必要があります。ただし、Office 2004 for Mac 用の Office 2004 11.5.1 更新プログラムまたはそれ以降の更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

    システム要件: Mac OS X バージョン 10.4.9 (Tiger) またはそれ以降のバージョンの Mac OS

詳細

サポートされているファイル形式

Office 2004 for Mac 11.5.0 更新プログラムと Open XML File Format Converter for Mac がインストールされている場合、以下の Open XML 形式のファイルを Office 2004 for Mac で開いたり保存したりすることができます。
  • Word 2008 文書 (.docx)
  • Word 2008 マクロ有効文書 (.docm)
  • Excel 2008 ブック (.xlsx)
  • Excel 2008 バイナリ ブック (.xlsb)
  • Excel 2008 マクロ有効ブック (.xlsm)
  • Excel 2008 テンプレート (.xltx)
  • Excel 2008 マクロ有効テンプレート (.xltm)
  • Excel 2008 アドイン (.xlam)
  • PowerPoint 2008 プレゼンテーション (.pptx)
  • PowerPoint 2008 マクロ有効プレゼンテーション (.pptm)
  • PowerPoint 2008 テンプレート (.potx)
  • PowerPoint 2008 マクロ有効テンプレート (.potm)
  • PowerPoint 2008 スライド ショー (.ppsx)
  • PowerPoint 2008 マクロ有効スライド ショー (.ppsm)

コンバーター サポート ファイル

Office 2004 for Mac 11.5.0 更新プログラムと Open XML File Format Converter for Mac がインストールしてある場合、Office 2004 for Mac では、/Library/Application Support/Microsoft/Office Converter Support フォルダーにあるコンバーター サポート ファイルが認識されます。以下のコンバーター サポート ファイルが必要です。
  • MFConverter.bundle
  • MicrosoftChartPlugin.framework
  • MicrosoftComponentPlugin.framework
  • MicrosoftOffice.framework
  • MicrosoftOLE.framework
  • MicrosoftOLEAutomation.framework
  • MicrosoftOleo.framework
  • MSXML.framework
  • OfficeArt.framework
  • Open XML for Charts.app
  • Open XML for Excel.app
  • Open XML for Excel.framework
  • Open XML for Word.app
  • Open XML for Word.framework
  • pptfc.app
  • SmartArt.framework
Microsoft Office 2008 for Mac でもコンバーター サポート ファイルを使用します。そのため、Office 2004 または Open XML Converter を削除する場合も、これらのファイルをコンピューターから削除しないでください。

コンバーター サポート ファイル用の更新プログラムは、Microsoft AutoUpdate を使用して入手できます。コンバーター サポート ファイルの更新プログラムを調べるには、Open XML Converter アプリケーションを起動します。[ヘルプ] メニューの [更新プログラムのチェック] をクリックします。

重要: Office 2004 11.5.0 以降のバージョンの Office 2004 でベータ版の Open XML Converter を使用することはできません。ベータ版のコンバーターがコンピューターにインストールしてある場合、バージョン 1.0 以降の Open XML Converter をダウンロードしてインストールします。ダウンロードするには、以下のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/japan/mac/default.mspx

フォント

コンピューターに Microsoft Office 2004 for Mac がインストールされている場合、Open XML File Format Converter for Mac をインストールすると、以下のフォントが /Library/Fonts/Microsoft フォルダーまたは /User/ユーザー名/Library/Fonts/Microsoft フォルダーにインストールされます。
  • Cambria
  • Calibri
  • Consolas
  • Constantia
  • Corbel
  • Candara
これらのフォントにより、2007 Microsoft Office system for Windows および Microsoft Office 2008 for Mac で作成されたドキュメントを開く際の、ドキュメントの互換性とドキュメントの再現性が向上します。

Word 2004 での Open XML 形式のファイルの操作に関する既知の問題

Word 2004 を使用して、Open XML 形式である Word 文書を操作する際には、以下の問題が発生する場合があります。
  • Word 2007 の数式オブジェクトが保持されない。
  • Word 2008 for Mac または Word 2007 for Windows で利用できる新しい文書のレイアウトと書式設定が、変換されたファイルでは正しく表示されない。
  • リスト ボックスやテキスト ボックスなどの HTML オブジェクトが、変換されたファイルでは切り詰められる。
  • Word 2008 テンプレート (.dotx) および Word 2008 マクロ有効テンプレート (.dotm) を変換することができない。
  • パスワードまたは Information Rights Management (IRM) により保護された文書を変換することができない。
  • 行頭絵文字が標準の行頭文字に変換される場合がある。
  • 文献目録および引用文献フィールドがテキストに変換され、変換されたファイルでは自動的には更新されない。
  • 変更履歴のマークの色が保持されない場合がある。
  • [変更履歴] をオンにして移動されたコンテンツが、挿入と削除に変換される。
  • 塗り直された図が元の色に変換される。
  • 図の線のスタイルが元の線のスタイルに変換される。
  • デジタル インク注釈が図に変換される。
  • グラフと SmartArt グラフィックが図に変換される。
  • ひらがなフォントを含む透かしが保持されない。
  • メイリオ フォントを使用する水平テキストが、変換されたファイルで垂直テキストに変更された場合、フォントの置換が発生する。
  • Open XML の変換に関連する警告とエラーが常に英語で表示される。
  • 変換されたファイルでは、数式エディターを使用して作成されたオブジェクトを開いたり編集したりすることができない。
  • Word 2004 で保存された Open XML 形式の文書は、Word 2007 で開いた場合、クイック フォーマット スタイルを維持しない。
  • Word 2004 では、複数の Open XML 形式の文書を同時に保存することができない。
  • コンテンツに互換性のないグラフが含まれている可能性があるため、ドキュメントのコンテンツが正しく表示されない。Word 2004 で保存された Open XML 形式の文書は、互換モードで保存されています。このため、Word 2007 for Windows または Word 2008 for Mac で作成されたコンテンツは、ユーザーがこれらのアプリケーションで文書を開いた場合、想定どおりに表示または動作しないことがあります。コンテンツを復元するには、Word 2008 で文書を開き、グラフをダブルクリックして編集し、メッセージが表示されたらグラフを選択します。変換後、Word に戻り、文書を再度保存します。
  • Word 2004 で SmartArt グラフィックを編集すると、一部の SmartArt グラフィックの背景が黒に変化する場合がある。
  • Word 2004 を使用して文書を Open XML 形式で保存すると、インライン SmartArt グラフィックが予期せず図に変換される。
  • Open XML 形式の文書の埋め込み PowerPoint 2007 プレゼンテーション、Excel 2007 グラフとシート、および Excel 2008 グラフとシートを Word 2004 で編集することができない。
  • Word 2004 の [ファイル] メニューの [電子メールの送信] オプションでは、文書を Word 文書 (.doc) 形式で送信する。送信するファイルが Open XML 形式であっても、同様にして送信されます。
  • Open XML 形式の文書を開いた場合、Word 2004 の進行状況インジケーターには正確な進行状況が表示されない。
  • Word 2008 マクロ有効文書 (.docm) 形式のマクロを含まない Open XML 形式の文書を保存する場合に、"ファイルが見つかりません" エラー メッセージが表示される。ただし、このメッセージは無視しても問題ありません。
  • 次のような状況で問題が発生します。
    1. .docm ファイル名拡張子を使用する Microsoft Office Word 文書を開きます。
    2. この Office Word 文書には、マクロや Visual Basic コードは含まれていません。
    3. [ツール] メニューの [マクロ] サブメニューを使用して Visual Basic Editor を開きます。
    この場合、Visual Basic Editor は、Office Word 文書で使用できるプロジェクトがない状態で開かれます。

    この問題を解決するには、Word 文書 (.docx) 形式で文書を保存し、文書を閉じて再度開いてから、Visual Basic Editor を起動します。
  • 次のような状況で問題が発生します。
    1. Mac OS X 10.5 (Leopard) のユーザーが Open XML 形式の文書を開きます。
    2. この文書は、ネットワーク ボリューム上に格納されています。
    3. ユーザーは、SMB プロトコルを使用してネットワーク ボリュームに接続します。
    この場合、Word 2004 で文書は読み取り専用として開かれます。

Excel 2004 での Open XML 形式のファイルの操作に関する既知の問題

Excel 2004 を使用して、Open XML 形式である Excel ブックを操作する際には、以下の問題が発生する場合があります。
  • パスワードまたは Information Rights Management (IRM) により保護されたブックを変換できない。
  • 行 65,526 または列 256 を超えるすべてのデータは保持されない。この領域のデータを参照するすべての数式は、#REF! エラー値を返します。
  • セル内の複数の条件付き書式規則は保持されない。Excel では、最初の条件が評価および表示された後、評価が停止します。
  • Excel 2008 の新しい関数が保持されない。これらの関数は、計算された結果ではなく、#NAME? エラー値を返します。
  • 29 を超えるユーザー定義引数が付属する数式は保持されない。これらの数式は、"#VALUE!" エラー値に変換されます。
  • 初期化されていない ActiveX コントロールは保持されない。
  • 他のブックのテーブルへの参照を含む数式は保持されない。これらの参照は、"#REF!" エラー値に変換されます。
  • セル内に 30 を超える引数が含まれる数式は保持されない。これらの数式は、"#VALUE!" エラー値に変換されます。
  • 隣接しない範囲にある条件付き書式は保持されない。
  • 8,000 を超えるアイテムを持つピボットテーブル レポートを変換することはできない。
  • 内部の長さ制限 (1,800 文字) を超える数式は保持されない。これらの数式は、"#VALUE!" エラー値に変換されます。
  • 入れ子レベル制限 (7 レベル) を超える数式は保持されない。これらの数式は、"#VALUE!" エラー値に変換されます。
  • サポートされていないカレンダーの書式の日付が、予期せずグレゴリオ暦のカレンダーの書式に変換される。
  • 内部の制限 (4,050 文字) を超える一意のセル書式は保持されない。
  • [行全体の書式設定] オプションの条件付き書式は保持されない。
  • 255 文字を超える日付検証の数式は保持されない。
  • 4 つ以上の条件付き書式を持つセルでは、最初の 3 つの条件のみが表示される。
  • オブジェクトに適用されている Excel 2008 効果は保持されない。
  • 内部の制限を超える一意のフォント書式は保持されない。
  • 40 を超えるオペランドが含まれる数式は保持されない。これらの数式は、"#VALUE!" エラー値に変換されます。
  • 以下のデータ フィルターは保持されない。
    • カスタム
    • アイコン
    • カラー
    • 日付グループ
    • トップ 10
    • フォントの色
    • データ バー
  • 2 つを超える並べ替え条件は保持されない。
  • 自動 Web 公開用の Windows 固有の設定は保持されない。
  • 並べ替えに対する 2 つ以上のフィルターは保持されない。
  • SmartArt グラフィックが図に変換される。
  • 変換されたファイルからは、リンクされたり埋め込まれた Word 2008 文書、Excel 2008 ブック、および PowerPoint 2008 プレゼンテーションを開いたり編集したりすることはできない。
  • Excel 2004 では、複数の Open XML 形式のブックを同時に保存することができない。

PowerPoint 2004 での Open XML 形式のファイルの操作に関する既知の問題

PowerPoint 2004 を使用して、Open XML 形式である PowerPoint プレゼンテーションを操作する際には、以下の問題が発生する場合があります。
  • パスワードまたは Information Rights Management により保護されたプレゼンテーションを変換することができない。
  • 二重の下線が一重の下線に変換される。
  • カスタムの文字間隔設定が保持されない。
  • タイル形式の図がスライドの背景として使用されている場合、変換されたファイルではタイルの設定が保持されない。
  • 3-D 効果を持つオブジェクトが含まれる PowerPoint プレゼンテーションは、変換に長時間かかる場合がある。
  • スタックされた日本語の日付は、変換されたファイルでは正しく表示されない。
  • SmartArt グラフィックが図に変換される。
  • 5 レベルを超える深さの箇条書きは、図に変換される。
  • 元のプレゼンテーションのフォントがコンピューターにインストールされていない場合、図に変換されたコンテンツに代替フォントが含まれる。
  • 影は黒に変換される。
  • 変換されたファイルに追加される新しいスライドには、箇条書きレイアウトではなく白紙レイアウトが使用される。
  • PowerPoint 2004 では、複数の Open XML 形式のプレゼンテーションを同時に保存することができない。
  • 変換されたファイルからは、埋め込みの Word 2008 文書、Excel 2008 ブック、および PowerPoint 2008 プレゼンテーションを開いたり編集したりすることはできない。
  • PowerPoint 2008 テンプレート (.potx) および PowerPoint 2008 マクロ有効テンプレート (.potm) を変換すると、ファイルを保存する際に [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスが表示されない。ただし、[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] オプションをクリックすると、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスを表示できます。
  • PowerPoint 2004 でプレゼンテーションを保存してから PowerPoint 2007 または PowerPoint 2008 でドキュメントを開いた場合、PowerPoint 2007 for Windows または PowerPoint 2008 for Mac で作成されたグラフは、想定どおりに表示または動作しないことがある。コンテンツを復元するには、PowerPoint 2008 でドキュメントを開き、グラフをダブルクリックして編集し、メッセージが表示されたらグラフを選択して変換します。変換後、PowerPoint に戻り、文書を再度保存します。
  • PowerPoint 2007 for Windows または PowerPoint 2008 for Mac で作成されたグラフは、PowerPoint 2004 で表示すると、図として表示される。
  • PowerPoint 2004 で、マクロ有効プレゼンテーションを、マクロが有効ではないファイル形式で保存することはできない。また、プレゼンテーションのすべてのマクロを削除した場合であってもこの問題が発生する。
  • PowerPoint 2004 では、ファイル名に複数のファイル名拡張子が追加されることがある。たとえば、"myfile.pptx.pptm" のような名前です。この問題が発生するのは、マクロが有効ではない形式を使用するプレゼンテーションを開き、プレゼンテーションにマクロを追加してから、マクロ有効形式でプレゼンテーションを保存した場合です。この問題を解決するには、ファイルを保存する前に、[名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、マクロが有効ではないファイル名拡張子をファイル名から削除します。
  • PowerPoint 2004 が Open XML 形式のプレゼンテーションの変換中に応答を停止した場合、Open XML 形式のプレゼンテーションを再度開いたり保存したりする前に、コンピューターを再起動するか、/Applications/Utilities フォルダーの Activity Monitor ユーティリティを使用して Pptfc.app プロセスを閉じる必要がある。

詳細

インストール可能な最新の更新プログラムに関する関連トピック

この資料で問題を解決できない場合は、以下のリンクをクリックして他のオプションを検索してください。 この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 953823 - 最終更新日: 2014年2月5日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office 2004 for Mac Professional Edition
  • Microsoft Office 2004 for Mac Standard Edition
  • Microsoft Office 2004 for Mac Student and Teacher Edition
  • Microsoft Entourage 2004 for Mac
  • Microsoft Excel 2004 for Mac
  • Microsoft PowerPoint 2004 for Mac
  • Microsoft Word 2004 for Mac
キーワード:?
dftsdahomeportal kbexpertisebeginner kbinfo KB953823
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com