システム センター操作マネージャー 2007 Service Pack 1、および System Center Essentials 2007 Service Pack 1 の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2008 年 7 月 25 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 954049
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は、Microsoft Operations Manager 2007 について説明します。Microsoft System Center Essentials 2007年の修正プログラムで修正される問題2008 年 7 月 25 日付でプログラムのロールアップ パッケージです。この資料で説明、この修正プログラム ロールアップ パッケージに関する以下の項目:
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージで修正される問題
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージをインストールするための必要条件
  • 情報をダウンロードします。
  • 修正プログラムのインストールに関する情報
  • インストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますかこの修正プログラム ロールアップ パッケージ
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージが他の置き換えられますかどうか修正プログラム ロールアップ パッケージ
  • ファイルを抽出する方法
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージに含まれるファイル
  • 関連情報および既知の問題

はじめに

この修正プログラム ロールアップ パッケージ システムの説明します。センター操作マネージャー 2007年サービス パック 1 (SP1) と、Essentials 2007 の7 月 25日 2008 サービス パック 1。

詳細

この修正プログラムのサポート Operations Manager をインストールするのには2007 Service Pack 1 または Windows サーバー上で Essentials 2007 Service Pack 12008 ベースのコンピューター。

メモ Operations Manager 2007 と、Essentials 2007 の以前のバージョンWindows Server 2008 ではサポートされていません。

詳細については Windows のサポートOperations Manager 2007 サーバー 2008年、Essentials 2007 をクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
953141実行中のシステム センター操作マネージャー 2007 Service Pack 1 および System Center Essentials 2007 Service Pack 1、Windows Server 2008 ベースのコンピューターをサポートします。

サポートされている構成

この修正プログラムは、次のシナリオをサポートしています。
  • Operations Manager 2007 の新規インストール、またはEssentials 2007 では、Windows Server 2008 ベースのコンピューター
  • Windows Server 2008 オペレーティング システムのインプレース アップグレードOperations Manager 2007 でコンピューターがまたは、Essentials 2007 のインストールサポートされている構成

    詳細については、サポート操作のマネージャーの構成は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb309428.aspx
    詳細についてはサポートされる構成についての要点2007 年は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/systemcenter/essentials/en/us/system-requirements.aspx

この修正プログラム パッケージで修正される問題

この修正プログラム パッケージではありません、次の問題が修正されます。これまで、Knowledge Base の資料に記載されて。

問題 1

Windows の Operations Manager エージェント コンピューターをアップグレードする場合Server 2003 Windows Server 2008 に、ヘルス サービスが開始しないのは、コンピューターです。この問題を発生を証明書ストアのアップグレードを削除正常性サービスに証明書セキュリティで保護された記憶域のデータにはが含まれています暗号化します。場合、セキュリティで保護された記憶域マネージャー コンポーネントの正常性サービス初期化は、失敗した証明書シリアル番号が設定されている場合がストアはありません。

問題 2

オペレーション マネージャー Web コンソール ページが表示されません。正しく変更のためのユーザー アクセス制御 (UAC) Windows server2008 で 1 つまたは複数、以下の現象が発生する可能性があります。
  • Web コンソールが開きません。
  • は、 個人用ワークスペース ページがありません。表示されます。
  • パフォーマンス ビューは表示されません。

問題 3

コンピューターをアップグレードした後に、Operations Manager を実行します。管理サーバーの役割を Windows Server 2003 Windows Server 2008 では、操作マネージャーのパフォーマンス カウンターが登録されていません。

情報をダウンロードします。

は、次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードパッケージを今すぐ、954049。

リリース日: 2008 年 7 月 25 日

詳細についてはマイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする、次の資料をクリックする方法について数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

現時点では、この修正プログラム提供されます、英語のみ。ただし、すべての Operations Manager には、修正プログラムを適用します。2007 Essentials 2007 のリリースの言語か。すべてのリリースのローカライズ版パッケージ言語はまもなく利用可能になります、この資料が一覧表示されます。有効になります。

前提条件

954049 の修正プログラムをインストールする前に満たす必要があります、次の前提条件:
  • 場合は、オペレーティング システムのインプレース アップグレードWindows Server 2008 では、Operations Manager 2007 のいずれかを持つコンピューターEssentials 2007 のコンピューターの役割をインストールする必要があります完了のアップグレードしてください。
  • のWindows Server 2008、Windows Server 2008 Service Pack 2 かインストールする必要があります。または以下の修正プログラムは、Windows サーバの場合は個別に入手可能な2008:
    951327 ヘルス エクスプ ローラー] ウィンドウを開くと、システム センター操作マネージャー 2007年コンソールでは、Windows Server 2008 または Windows Vista でクラッシュします。
    952664 イベント ログ サービスが Windows Server 2008 ベースのコンピューターでデッドロックのためが応答を停止可能性があります。
    953290 クエリ パフォーマンス カウンターの値を従来の方法で Windows Vista または Windows Server 2008 で使用するとアプリケーションがクラッシュする可能性があります。
    951116 Windows Server 2008 ベースのコンピューターを監視するために使用するパフォーマンス カウンターのメモリ リークが発生します。
    メモ ナレッジに記載されている修正プログラムをインストールする必要があります。資料 952664、953290、および 951116 は、ルート管理サーバー (RMS) の管理サーバー、ゲートウェイ サーバー、および、事前に、System Center Essentials サーバーとエージェントの役割がインストールされているまたはそのインストールされている)。

再起動の必要性

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。修正プログラムは、クラスター化されていない環境です。クラスター化されたルート管理サーバーに(RMS) を前に、Operations Manager 2007 サービスを停止する必要があります。この修正プログラムをインストールします。場合は、サービス手動で、クラスター上で停止しません。ルート管理サーバー クラスターの各ノードを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

修正プログラムのインストールに関する情報

修正プログラムをインストールするには、次の規則に従う必要があります。
  • いずれかを実行しているコンピューターで修正プログラムをインストールする必要があります。または、次のロールの詳細。
    • ルートの管理サーバー
    • 管理サーバー
    • ゲートウェイ サーバー
    • Web コンソール サーバー
    • System Center Essentials サーバー
    • エージェント
  • 手動でインストールされたエージェント コンピューターでは、手動で必要なこの修正プログラムをインストールします。
  • 自動的に配備された担当者は、承認できる、アップグレードのいずれかがサーバー上で保留中の管理ビューで、次の役割がインストールされています。
    • ルートの管理サーバー
    • 管理サーバー
    • ゲートウェイ サーバー

ファイルを抽出する方法

この修正プログラム パッケージからファイルを抽出するを実行する必要があります、次のファイル:
SystemCenterOperationsManager2007-SP1-KB954049-X86-X64-ENU.MSI
Windows Server 2008 では、管理者特権をこのファイルを実行する必要があります。"管理者として実行] オプションで実行されたコマンド プロンプトします。場合は、この MSI ファイルでは、昇格したコマンド プロンプト、システムは実行されません。Center Operations Manager 2007 のソフトウェアの更新のスプラッシュ スクリーンはできません。表示します。これは、修正プログラムがインストールされません。ファイルにコピーします。コンピューターまたはネットワーク共有には、各コンピューターにログオンし、ファイルを実行します。

ファイル情報

この修正プログラム パッケージ完全に、製品を更新する必要がありますすべてのファイルを含めることはできません。最新のビルド。この修正プログラム パッケージに、必要なファイルのみが含まれています。これで記載されている問題を解決するのには資料です。
この修正プログラム パッケージの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール内の項目パネルです。
System Center Operations Manager 2007 は、x86 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォームSP要件サービスの分岐
Healthservice.dll6.0.6278.321,397,8162008 年 7 月 07 日 19: 53x 86SP1SP
Microsoft.mom.ui.common.dll6.0.6278.321,613,824 2008 年 7 月 07 日 17: 15x 86SP1SP
Operationaldatareporting.exe6.0.6278.0320,5602008 年 2 月 16 日18: 18 x 86SP1SP
Webcamanagedpac.dllいない該当します。180,9522008 年 7 月 07 日 21: 00 x 86SP1SP
Webcapack.dll該当なし124,984 2008 年 7 月 07 日 21: 00 x 86SP1SP
Microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.dataabstractionlayer.commonsetup.dll 6.0.6278.327,6802008 年 7 月 07 日 17: 15x 86SP1SP
Microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.dataabstractionlayer.dll6.0.6278.32241,664 2008 年 7 月 07 日 17: 15x 86SP1SP
Microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.web.consoleframework.dll 6.0.6278.32368,6402008 年 7 月 07 日 17: 15x 86SP1SP
Mobilewebconsole.dll 6.0.6278.3271,680 2008 年 7 月 07 日 17: 16 x 86SP1SP
Rootwebconsole.dll 6.0.6278.32273,408 2008 年 7 月 07 日17: 16x 86SP1SP
Rsswebconsole.dl6.0.6278.3231,744 2008 年 7 月 07 日17: 16x 86SP1SP
System Center Operations Manager 2007 は、x64 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォームSP要件サービスの分岐
Healthservice.dll6.0.6278.322,781,752 2008 年 7 月 07 日 19: 53x64SP1SP
Microsoft.mom.ui.common.dll6.0.6278.321,613,824 2008 年 7 月 07 日 16: 49 x64SP1SP
Operationaldatareporting.exe6.0.6278.0320,5602008 年 2 月 16 日18: 47 x64SP1SP
Webcamanagedpac.dllいない該当します。209,6242008 年 7 月 07 日 21: 00 x64SP1SP
Webcapack.dll該当なし153,656 2008 年 7 月 07 日 21: 00 x64SP1SP
Microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.dataabstractionlayer.commonsetup.dll 6.0.6278.327,6802008 年 7 月 07 日 16: 50x64SP1SP
Microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.dataabstractionlayer.dll6.0.6278.32241,664 2008 年 7 月 07 日16: 50x64SP1SP
Microsoft.enterprisemanagement.operationsmanager.web.consoleframework.dll 6.0.6278.32368,6402008 年 7 月 07 日 16: 50x64SP1SP
Mobilewebconsole.dll 6.0.6278.3271,680 2008 年 7 月 07 日 16: 50x64SP1SP
Rootwebconsole.dll 6.0.6278.32273,408 2008 年 7 月 07 日16: 50x64SP1SP
Rsswebconsole.dll6.0.6278.3231,744 2008 年 7 月 07 日16: 50x64SP1SP

関連情報および既知の問題

要件
  • Windows、Web コンソール サーバーの役割をインストールした後Server 2008 ベースのコンピューターは、インターネット インフォメーション サービスを再起動する必要があります。(Web コンソールが正常に動作しているかどうかを確認するのには IIS)。
  • 再起動するか、Windows サービスを停止する必要があります。Operations Manager 2007 または Essentials 2007 は、次のシナリオではでは。
    • 954049 の修正プログラムは、Essentials 2007 をインストールした後サーバーは、Essentials 2007 のサービスを手動で再起動する必要があります。
    • クラスター化されたルートに 954049 の修正プログラムをインストールする前に管理サーバーで Operations Manager 2007 サービスを停止する必要があります。クラスター アドミニストレーターを使って。アクティブ ノードに修正プログラムを適用した後は、行う必要があります。すべてのクラスター化された RMS ノードに修正プログラムを適用します。
    どちらのシナリオでは、再起動を停止したりする必要があります、次のサービス:
    • OpsMgr 構成サービス (OMCFG)
    • OpsMgr 正常性サービス (HEALTHSERVICE)
    • OpsMgr SDK サービス (OMSDK)
問題

問題 1
後から Windows Server 2003 にインプレース アップグレードを行うWindows Server 2008 では、Operations Manager 2007 を実行しているコンピューターロールまたは、Essentials 2007 の役割では、レポートを表示しません。マネージャーまたは、Essentials 管理コンソールで。

問題 1 の解決方法
この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft SQL のサービス構成のレポートを開くマネージャーです。
  2. レポート サーバーの仮想ディレクトリを選択します。 適用既定の設定、し 適用.
  3. レポート マネージャーの仮想ディレクトリを選択します。 適用既定の設定、し 適用
  4. Web サービスの資格情報の緑を回転させるに注意してください。赤い"X"のマークを確認します。そのページで、[アプリケーション プール] オプションを元にリセットします。設定し、 適用.
  5. インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーを開きます。(Inetmgr.exe)、し、次の手順を実行します。
    1. 操作マネージャー 2007 Web コンソールのサイトを選択します。から、 サイト ノードです。
    2. ダブルクリック、 ハンドラー マッピング アイコンには、 機能 表示し、[検索する文字列は、[マイクロソフト]。次のファイル名拡張子に対して NET 1.1 のマッピング:
      *.aspx
    3. 実行可能ファイルのパスを確認し、削除マッピングします。たとえばのようなマッピングを削除する必要があります、次のパス:
      C:\Windows\Microsoft.Net\Framework\v1.1.4322\aspnet_isapi.dll
    4. で、 アクション [ウィンドウ] をクリックして 追加スクリプト マップ、し、入力 *.aspx で、 Path の値を要求します。 ボックス。
    5. 次に、 実行可能な値 ボックスで、次のファイルを検索する省略記号ボタン (...) をクリックしてください。
      aspnet_isapi.dll
      たとえば、ファイルは、通常、次のようにあります。フォルダー:
      C:\Windows\Microsoft.Net\Framework\v2.0.50727\aspnet_isapi.dll
    6. で、 サイト ノードをクリックして、操作マネージャー 2007 Web コンソールのサイトの 1 つ多くの時間をしをクリックして、 再起動 オプションの アクションウィンドウです。
問題 2
Operations Manager 2007 または Essentials 2007 中に失敗する可能性があります。ソフトウェアがインストールされている SQL Server を列挙しようとするとインストールデータベース。

問題 2 の原因
この問題は場合に発生することができますは、Windows サーバー 2008年内部データベースの機能を有効にします。この依存機能が有効になっている場合いずれかの次の機能が有効になります。
  • Active Directory Rights Management サービス
  • Windows Server Update Services
  • Windows システム リソース マネージャー
  • UDDI サービス (汎用の説明、発見と統合サービス)
問題 2 の回避策
Services.msc スナップインで探して、s を開始Windows 内部データベース (MICROSOFT ##SSEE) サービスです。次に、操作を再インストールします。マネージャー 2007年または Essentials 2007 を使用します。

問題 3
インプレース アップグレードの Windows Server 2003 に Windows Server2008 は PowerShell V1.0 (KB926139) がインストールされている場合にブロックされます。

問題 3 の回避策
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. オペレーション マネージャー 2007 SP1 のコマンド シェルをアンインストールします。使用して機能 [プログラムの追加/リモート.
  2. 管理者の資格情報を使用して、PowerShell の version 1.0 をアンインストールするのには(KB926139)、Windows Server 2008 にアップグレードする前にします。(だけでする必要があります。PowerShell を削除すると、コンピューターにログオンしているユーザーです。)
  3. Windows Server 2008 にアップグレードすると、追加のPowerShell の機能から、 機能 サーバーのオプションマネージャーです。
  4. PowerShell をインストールした後、操作を再インストールします。マネージャー 2007 SP1 コマンド シェル操作マネージャーの設定から。
第 4 号
SQL Server 2005 管理パックをインストールすると、"スクリプトまたは実行可能ファイルを実行できませんでした"という通知が送信されます、データベース ・ インスタンス MICROSOFT ##SSEE 用のスクリプトを DiscoverSQL2005DB.vbs。

4 の問題の原因
この問題が発生すると、Windows Server 2008 内部データベースの機能を有効にします。関連する Windows サービス (Windows 内部手動で開始するデータベース (MICROSOFT ##SSEE)) を構成します。この現象SQL Server データベース エンジン検出が失敗するが発生します。

4 の問題の回避策
この Windows Server 2008 を除外することをお勧め内部の SQL Server データベース検出からします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Operations Manager 2007 または Essentials 2007 で管理インタ フェースを移動するには オーサリング ウィンドウで、しクリックしてください。 オブジェクト検出 下に 管理パックオブジェクト ノードです。
  2. クリックして、 スコープ ツールバーのボタンクリックしてください。 すべてのターゲットを表示します。、し、入力 SQL 2005 DBエンジン で、 検索対象 ボックス。
  3. クリックして、 SQL DB エンジン 表示されているターゲットし [OK].
  4. で、 オブジェクト検出 開いているウィンドウをプロパティは、 SQL 2005 データベース エンジン (Windows を検出します。サーバー) 探索します。
  5. クリックして、 オーバーライド タブで、クリックしてくださいWindows Server で、 型のすべてのオブジェクトについてクリックし、 オーバーライド ボタン クリックします。
  6. で、 プロパティをオーバーライドします。 ダイアログ ボックスクリックしてください。 新しい 管理パックのセクションで新しいを作成するのには、管理パックに上書きを保存します。既定値は使用しないでください。管理パックに上書きを保存します。
  7. オンにし、 List パラメーターを除外します。チェック ボックス、入力 MICROSOFT ##SSEE で、 オーバーライド設定 ボックスとクリック [OK] 適用するのにはオーバーライドします。
問題 5
開くと、オペレーション コンソールまたは Web コンソールでは、Windows Server 2008 ベースのコンピューターに対して認証を要求するはするとユーザーアクセス制御 (UAC が有効になって)

5 の問題の回避策
"実行時を使用して、オペレーション コンソールを開く管理者"オプションを使用して、管理者コンソールを開きます。インターネット エクスプ ローラーを実行します。使用して、"管理者として実行] オプション、および [Web コンソールの機能URL です。

問題 6
ウィンドウを開くと、エラー メッセージが表示されます。イベントは、監視対象の Windows Server 2008 クラスター上でログインします。この問題を防ぐことができます、オペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェントをからいくつかの仮想サーバーを監視します。Windows Server 2008 クラスターで実行されているをインストールします。

6 の問題の回避策
Operations Manager の修正プログラムは、これが解決問題。 詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
959865操作マネージャー モジュールのロールアップ更新プログラムをシステム センター操作マネージャー 2007 Service Pack 1 で解決される問題: 2009 年 6 月 10 日


問題 7
インプレース アップグレードでは、Windows Server 2003 ベースのコンピューターシステム センター Essentials のサーバーに Windows Server 2008 をホストしています。現在サポートされていません。

7 の問題の回避策
System Center Essentials のインプレース アップグレードをサポートWindows Server 2003 から Windows Server 2008 へのサーバーの役割が現在]調査します。

問題 8
Web コンソールは、Windows Server 2008 をインストールした後コンピューターが携帯を使用してください。(http://webconsoleserver>: 51908/モバイル) またはRSS (http://webconsoleserver>: 51908/RSS)リンクには、HTTP エラー 500.19 - 内部サーバー エラーのようなが表示されます。次:
要求されたページにアクセスできません。関連する構成データのページなので無効です。

とき、確認物理パス情報に、IIS 7 エラー ページを返すには、二重の円記号 () が表示されます。たとえば。
C:\Program Files\System Center Operations Manager2007\Web Console\\Mobile\login.aspx
8 の問題の解決方法
[インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー内で、Web コンソール サーバーは、次の手順を実行します。
  1. 下に サイト ノードを見つけるは、操作マネージャー 2007 Web コンソール サイトし、ノードを展開します。
  2. 検索し、という名前のアプリケーションモバイル.
  3. クリックしてください。 基本設定 から、アクション メニューまたはクリック 高度な設定 からは、 コンテンツ メニューのし、二重の円記号 (\) を探します内の物理パス。
  4. 1 つの円記号 () 文字を削除します。
  5. RSS について同じ操作を実行します。アプリケーションです。

関連情報

詳細については、サポートする構成Operations Manager 2007 では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb309428.aspx
Essentials のシステム要件に関する詳細については2007 年は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/systemcenter/essentials/en/us/system-requirements.aspx

プロパティ

文書番号: 954049 - 最終更新日: 2011年8月11日 - リビジョン: 11.0
キーワード:?
kbdownload kbfix kbpackage kbqfe kbupgrade kbclustering kbhotfixrollup atdownload kbopmanwebcon kbopmanperfmon kbopmaninstall kbexpertiseadvanced kbconfiguration kbmt KB954049 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:954049
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com