Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターへのアクセスをテストしようとすると、エラー メッセージ:"受信状態: されましたエラー - 基になる接続が閉じ: SSL/TLS のセキュリティで保護されたチャネルの信頼関係を確立できませんでした"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 954584
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft Dynamics CRM 電子メールを Exchange Server 2007 を実行しているサーバーまたは Exchange Server 2010 の上にあるメールボックスにアクセスするには、ルーターを構成します。メールボックスへのアクセスをテストするときに、次のエラー メッセージが表示されます。
受信状態:エラー - 基になる接続が閉じされた: 信頼関係を確立できませんでしたSSL/TLS のセキュリティで保護されたチャネルの関係。リモート証明書は無効です。検証の手順に従って。
使用すると、この問題が発生します。自己署名入りの証明書。

原因

この問題は、次の理由の 1 つ以上の発生します。
原因 1マイクロソフトは、Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターを使用します。NET ライブラリの証明書の検証をします。Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターは、自己署名入りの証明書をサポートしていません。

原因 2着信プロファイルには、Microsoft Dynamcis の CRM 電子メールのルーターを指定した URL が、Microsoft Exchange Web サイト証明書に登録する URL が一致しません。

解決方法

解決方法 1
Exchange Server 2007 を実行しているサーバー、または Exchange Server 2010 では、署名済み証明書を実装します。

解決方法 2
着信プロファイルには、Microsoft Dynamcis の CRM 電子メールのルーターを指定した URL に一致する URL を Microsoft Exchange の Web サイトの証明書を持っていることを確認します。

プロファイルの受信に Microsoft Dynamics CRM 電子メールのルーターを指定した URL を確認するには、Microsoft Dynamics CRM 電子メール ルーターがインストールされているコンピューターで、次の手順に従います。
  1. をクリックして開始をクリックしてすべてのプログラムをクリックしてMicrosoft Dynamics CRM 電子メールのルーター、し、Microsoft CRM 電子メールの Router.exe.
  2. クリックして、構成プロファイルタブを開いて、プロファイルの受信をクリックし、URL に注意してください、サーバーフィールドです。
注:証明書を確認するには、次の URL をコピーして、Internet Explorer のブラウザーに貼り付ける証明書のエラーや警告が表示されない場合に有効です。

証明書に登録した URL を確認するには、Windows 2008 の Microsoft Exchange Server の手順です。
  1. をクリックして開始をクリックして実行、種類Inetmgr、し、[OK].
  2. サーバーを選択し、サーバー証明書で、プレビュー ウィンドウ.
  3. Microsoft Exchange サーバーを使用している証明書を開きます。
  4. 指定されている URL を注意してください。証明書.着信プロファイルには、Microsoft Dynamics CRM 電子メールで上の手順 2 で見つかったルーターが指定されている URL と一致することを確認します。


証明書に登録した URL を確認するには、Windows 2003 の Microsoft Exchange Server の手順です。
  1. をクリックして開始をクリックして実行、種類Inetmgr、し、[OK].
  2. Exchange Web サイトを検索します。
  3. Exchange Web サイトを右クリックし、プロパティ.
  4. クリックして、ディレクトリのセキュリティタブで、クリックしてください[証明書の表示、し、で指定された URL をメモします。証明書.着信プロファイルには、Microsoft Dynamics CRM 電子メールで上の手順 2 で見つかったルーターが指定されている URL と一致することを確認します。

詳細

が3 つプライマリの種類のデジタル証明書記載されています。次のとおり。
  • 自己署名入りの証明書: 自己署名入り証明書ですアプリケーションが署名します。証明書のサブジェクトの名前に一致します。証明書。証明書の発行者とサブジェクトを定義します。で自己署名証明書を使用すると、一部のクライアント プロトコルをセキュリティで保護されたを使用できます。通信にソケット レイヤー (SSL)
  • Windows PKI で生成された証明書: 公開キーインフラストラクチャ (PKI) は、システムのデジタル証明書、証明機関および登録機関の。パブリック PKI を使用します。キーの暗号化を確認し、それぞれの有効性を認証するには、第三者に電子取引に使用されます。証明書が導入されます。Active Directory のディレクトリを使用する組織内の権限サービスから、インフラストラクチャは証明書有効期間を取得します。管理、更新、信頼管理、および失効します。ただし、サーバーを展開するいくつかの追加の費用が必要ですし、インフラストラクチャを作成し、Windows PKI で生成された証明書を管理します。証明書サービスは、Windows PKI を展開する必要があります。使ってできます、追加またはプログラムを削除します。証明書サービスをインストールするには、コントロール パネルのドメイン内のサーバー。

    詳細については、Windows PKIServer 2003 では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId = の 19936
    実装するためのベスト プラクティスの詳細については、Windows PKI では、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId = の 17800
    Windows ベースの PKI を展開する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId = の 17807
  • サード パーティの証明書: サード パーティの証明書または商用証明書は、サード パーティの証明機関によって生成される証明書です。または、民間の証明機関。これらを購入します。証明書をしてから、サーバー上の証明書を使用します。クライアントコンピューターおよびモバイル デバイスに自動的に自己署名入り証明書を信頼しません。Windows PKI で生成された証明書。そのため、証明書をインポートする必要があります。信頼されたルート証明書ストアでは、クライアント コンピューターとモバイルにデバイス。ただし、ほとんどのサード パーティの証明書または商用の証明書[信頼されたルート証明書ストアに既に存在しています。したがって、展開プロセスが簡素化されます。サード パーティの証明書または商用の使用証明書。大規模な組織や組織を行う必要があります。公開証明書は、サード パーティを使用して、展開します。証明書または行う必要があります。 が、商用証明書が適して可能性があります。証明書を必要があります。ただし、サード パーティの証明書または商用小規模な組織にとって適切なソリューションの証明書がない場合、または中規模の組織では。使ってできます、使用できるその他の証明書の種類の企業および中規模組織にします。

関連情報

詳細については、クライアントの SSL を管理する方法についてサーバーへのアクセスには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb310795 (EXCHG.80)
詳細については SSL を構成する方法について複数クライアント アクセス サーバーのホスト名を使用するのには、[証明書] を参照してください、次のマイクロソフト Web サイト。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa995942 (EXCHG.80)
詳細については SSL をインストールする方法証明書には、Windows モバイル電源が入っているデバイスは、以下を参照してください。Web サイト:
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/aa997575 (EXCHG.80)
詳細については Outlook Web を構成する方法SSL を使用して、次のマイクロソフト Web を参照してくださいするには、仮想ディレクトリへのアクセスします。サイト:
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb123583 (EXCHG.80)
使用される証明書に関するの詳細についてはExchange Server 2007 には、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb851505 (EXCHG.80)

プロパティ

文書番号: 954584 - 最終更新日: 2011年1月26日 - リビジョン: 0.1
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbmbsemail kbmt KB954584 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:954584
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com