2007 Office system 用または Windows SharePoint Services 3.0 用の更新プログラムのインストールの失敗を調べて解決する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 954713 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、2007 Microsoft Office アプリケーションまたは Windows SharePoint Services 3.0 用の更新プログラムをインストールするときに発生することがある問題について、その調査方法と解決方法を説明します。

詳細

エラーの種類

更新プログラムのインストールが失敗する原因には、さまざまなものがあります。 多くの場合、コンピュータが更新プログラムで想定されている状態になっていません。これは、インストール対象が破損している場合や、ファイルが誤って削除されている場合に発生します。 その他の原因としては、インターネットから更新プログラムをインストールしている最中のインターネット接続の切断があります。 また、更新プログラムを正常にインストールするのに十分なハード ディスクの空き容量がないこと、または更新プログラム自体の問題がエラーの原因になっている場合もあります。

2007 Office アプリケーションまたは Windows SharePoint Services 3.0 用の更新プログラムをインストールするときに、更新プログラムのインストールが失敗したことを示すエラー メッセージが表示された場合は、何が問題であるかを特定して解決するのにこの資料を役立ててください。

トラブルシューティングを行う方法

更新プログラムをインストールする際にエラーが発生する場合は、以下の手順を実行して何が問題であるかを特定します。

手順 1. 更新プログラムのインストール中にログ ファイルが作成されたことを確認する

2007 Office スイート Service Pack 2、および 2009 年 2 月以降にリリースされたすべての更新プログラムでは、デフォルトでログ出力が有効になっています。 この時点以降にリリースされた更新プログラムをインストールしている場合は、手順 2. に進みます。

2009 年 2 月より前にリリースされた更新プログラムをインストールしている場合は、/log スイッチを指定してログ出力を有効にして、更新プログラムのインストールを再実行する必要があります。 これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. インストール時に問題が発生した .exe ファイルを、デスクトップまたはアクセスしやすい場所に保存します。
  2. インストールを再実行します。
    • Windows Vista の場合は、[スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックし、[検索の開始] ボックスに full path of the .exe /log と入力し、Enter キーを押します。
    • Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに full path of the .EXE /log と入力し、[OK] をクリックします。

手順 2. ログ ファイルを見つける

ログ ファイルを見つけるには、以下の手順を実行します。
  1. Temp フォルダを開きます。
    • Windows Vista の場合は、[スタート] ボタン
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      をクリックし、[検索の開始] ボックスに %temp% と入力し、Enter キーを押します。
    • Windows XP の場合は、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに %temp% と入力し、[OK] をクリックします。
  2. Temp フォルダで、2 種類のログを検索します。
    • ログ ファイルの中に opatchinstall(#).log という名前が付いているものがあります。

      : # は、1 から始まって、更新プログラムを実行するたびに増えていく番号を表します。 したがって、同じ更新プログラム再度実行したり、新しい更新プログラムを実行したりすると、次のログ ファイルの名前は opatchinstall(2).log になります。
    • また、######_MSPLOG.log という名前が付いているログもあります。

      : ###### は、インストールする Microsoft Update (MSP) の名前を表しています。
  3. これらのログが見つかったら、アクセスしやすい場所にコピーします。

ログでエラーを見つけ、内容を確認する方法

ログ ファイルが見つかったら、問題の箇所を特定するために、いくつかのログ ファイルを調べる必要があります。 opatchinstall(#).log ファイルから調べることをお勧めします。 これらのログでエラーに関する十分な情報が見つからない場合は、######_MSPLOG.log ファイルを調べます。
opatchinstall(#).log ファイルでエラー コードを見つけて内容を確認する
opatchinstall(#).log ファイルを開き、ファイルの最後に移動します。 最後から始めて、上へ移動していきます。 "SYS.PROC.RESULT" という文字列を検索します (二重引用符は除きます)。 この文字列に関連するエラー コードが見つかります。 その意味を調べるには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc179058.aspx
この情報で解決方法が明らかになった場合は、これで終わりです。 エラーついてまだ十分な情報が得られていない場合は、######_MSPLOG.log ファイルを調べます。
######_MSPLOG.log ファイルでエラー コードを見つけて内容を確認する
ファイルを開き、"MainEngineThread is returning" という文字列を検索します (二重引用符は除きます)。 この文字列の後にエラー コードがあります。 エラー コードの意味を調べるには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa368542(VS.85).aspx
たとえば、次のように、######_MSPLOG.log ファイルで、"MainEngineThread is returning" という文字列の後にエラー コード 1632 が記載されているとします。
MSI (s) (EC:BC): Note: 1: 2336 2: 5 3: C:\WINNT\Installer\
MSI (s) (EC:BC): MainEngineThread is returning 1632
この場合、返されたエラー コード 1632 は、一時フォルダがいっぱいか、またはアクセスできないことを示しています。

: この情報でも十分ではない場合があります。 たとえば、返されたエラー コードが 1603 の場合は、インストール中に致命的なエラーが発生しています。 この場合は、ログ ファイルの先頭に移動し、"戻り値 3" という文字列を検索します (二重引用符は除きます)。 この文字列の言語は、使用している 2007 Office システムの言語と同じです。 この文字列が見つかったら、その直前に Windows インストーラ エラー メッセージと共に、エラーに関する詳細情報があります。 Windows インストーラのエラー メッセージの詳細については、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa372835(VS.85).aspx

プロパティ

文書番号: 954713 - 最終更新日: 2009年4月29日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Basic 2007
  • Microsoft Office Enterprise 2007
  • Microsoft Office Home and Student 2007
  • Microsoft Office Professional 2007
  • Microsoft Office Professional Plus 2007
  • Microsoft Office Small Business 2007
  • Microsoft Office Standard 2007
  • Microsoft Office Ultimate 2007
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertisebeginner kbhowto KB954713
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com