一部のコンピューターで WSUS サーバーから更新プログラムを受信できない

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 954960 - 対象製品

技術的な更新 : 2008 年 8 月 1 日

マイクロソフトでは、この問題に関して、IT 担当者向けのマイクロソフト セキュリティ アドバイザリをリリースしました。セキュリティ アドバイザリには、この問題に関連する追加のセキュリティ関連の情報が含まれています。セキュリティ アドバイザリを参照するには、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/954960.mspx
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 を使用して、組織内のコンピューターにソフトウェア更新プログラムおよび修正プログラムを展開します。しかし、一部のコンピューターが WSUS サーバーから更新プログラムを受信しません。この問題は、コンピューターに Microsoft Office 2003 または Office 2003 のコンポーネントがインストールされている場合に発生します。

この問題は、Microsoft Windows Server Update Services 3.0 および Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 1 (WSUS 3.0 SP1) に影響します。ただし、状況によっては、以下の製品にも影響する場合があります。
  • WSUS コンポーネントを WSUS 2.0 から WSUS 3.0 にアップグレードした Windows Small Business Server 2003 (Windows SBS)
  • System Center Essentials 2007
  • System Center Configuration Manager 2007
詳細については、アドバイザリを参照してください。

この問題が発生した場合、影響を受けるコンピューターの自動更新ログ ファイル (%windir%\WindowsUpdate.log) に、以下のメッセージに類似したメッセージが記録されます。
Date Time 788 ee4 PT +++++++++++ PT:Synchronizing server updates +++++++++++
Date Time 788 ee4 PT + ServiceId = {3DA21691-E39D-4DA6-8A4B-B43877BCB1B7}, Server URL = http://WSUS Server/ClientWebService/client.asmx
Date Time 788 ee4 PT WARNING:SyncUpdates failure, error = 0x8024400E, soap client error = 7, soap error code = 400, HTTP status code = 200
Date Time 788 ee4 PT WARNING:SOAP Fault:0x000190
Date Time 788 ee4 PT WARNING:faultstring:Fault occurred
Date Time 788 ee4 PT WARNING:ErrorCode:InternalServerError(5)
Date Time 788 ee4 PT WARNING:Message:(null)
Date Time 788 ee4 PT WARNING:Method:"http://www.microsoft.com/SoftwareDistribution/Server/ClientWebService/SyncUpdates"
Date Time 788 ee4 PT WARNING:ID:c0a7445f-b989-43fa-ac20-11f8ca65fa8c
このメッセージは検出フェーズでログに記録されます。

また、WSUS を実行するコンピューターの WSUS ログ ファイル (%ProgramFiles%\Update Services\Log Files\SoftwareDistribution.log) に、以下のメッセージに類似したメッセージが記録されます。
Date Time UTC Error w3wp.12 ClientImplementation.SyncUpdates System.ArgumentException:Item has already been added.Key in dictionary: '8862' Key being added: '8862'
at System.Collections.Hashtable.Insert(Object key, Object nvalue, Boolean add)
at System.Collections.Hashtable.Add(Object key, Object value)
at Microsoft.UpdateServices.Internal.ClientImplementation.GetSyncInfo(DataAccess dataAccess, Hashtable stateTable, Hashtable deploymentTable, Boolean haveGroupsChanged, Boolean doChunking)
at Microsoft.UpdateServices.Internal.ClientImplementation.SoftwareSync(DataAccess dataAccess, UnencryptedCookieData cookieData, Int32[] installedNonLeafUpdateIds, Int32[] leafUpdateIds, Boolean haveGroupsChanged, Boolean expressQuery)
at Microsoft.UpdateServices.Internal.ClientImplementation.SyncUpdates(Cookie cookie, SyncUpdateParameters parameters)
at Microsoft.UpdateServices.Internal.ClientImplementation.SyncUpdates(Cookie cookie, SyncUpdateParameters parameters)
at Microsoft.UpdateServices.Internal.Client.SyncUpdates(Cookie cookie, SyncUpdateParameters parameters)
lines removed
Date Time UTC Warning w3wp.12 SoapUtilities.CreateException ThrowException:actor = http://wsusebc/ClientWebService/client.asmx, ID=c0a7445f-b989-43fa-ac20-11f8ca65fa8c, ErrorCode=InternalServerError, Message=, Client=?
このメッセージを見つけるには、クライアント ログから取得された ID を使用して WSUS サーバーを検索します。

原因

この問題は、Microsoft Office 2003 Service Pack 1 (SP1) 更新プログラムの最新改訂版によって、一部の WSUS 3.0 サーバーで改訂版の更新プログラムと更新プログラムの承認が正しく同期されないことが原因で発生します。影響を受けるクライアント コンピューターがこのようなサーバーと通信する場合、Web サービスで承認を処理することができません。このため、検出が正常に実行されません。

解決方法

WSUS 3.0 SP1 を実行しているサーバーでこの問題を解決するには、次の手順に従います。

  1. WSUS サーバー上の現在の地域と言語の設定が、WSUS がインストールされた時点の設定と同じであることを確認します。たとえば、WSUS がインストールされた時点で WSUS サーバーが英語 (米国) に設定され、現在の設定がドイツ語 (スイス) である場合、この更新プログラムをインストールする前に言語を英語 (米国) に変更します。
  2. 更新プログラム 954960 をインストールします。サーバーに該当する「Microsoft ダウンロード センター」のリンクをクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Windows Server Update Services (WSUS) 3 Service Pack 1 用の更新プログラム (KB954960) パッケージ

    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    Windows Server Update Services (WSUS) 3 Service Pack 1 for x64-based Systems 用の更新プログラム パッケージ

    リリース日 : 2008 年 8 月 1 日

    マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報 をクリックしてください。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。
  3. 必要に応じて、WSUS サーバーの言語を必要な設定に変更します。

WSUS 3.0 RTM を実行しているサーバーでこの問題を解決するには、次の手順に従います。

次のいずれかの手順を実行します。
  • WSUS 3.0 RTM から WSUS 3.0 SP1 にアップグレードし、更新プログラム 954960 を自動的に受信します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=f87b4c5e-4161-48af-9ff8-a96993c688df
  • また、現時点では WSUS 3.0 SP1 にアップグレードしない場合は、「回避策」の手順に従います。

回避策

WSUS 3.0 SP1 にアップグレードし、更新プログラム 954960 を受信することをお勧めします。現時点では WSUS 3.0 SP1 にアップグレードしない場合は、この手順に従って、WSUS サーバー上で整合性の取れた状態に承認をリセットします。
  1. WSUS 管理コンソールの更新プログラムの一覧で、Office 2003 Service Pack 1 更新プログラムを見つけます。
    • : 複数の Office 2003 Service Pack 1 更新プログラムが公開されている場合があります。この手順に必要なこの更新プログラムの特定のバージョンを選択したことを確認することが重要です。詳細ウィンドウの下部に以下の UpdateID が表示されていることを確認します。
      D359F493-0AAD-43FA-AF5C-6763326CD98F
    • この更新プログラムを表示するために、更新プログラム ノードのフィルタを変更することが必要な場合があります。これを行うには、[状態] を [すべて] に設定し、[承認] を [拒否済み] に設定します。この操作を行っても更新プログラムが表示されない場合は、[承認] を [拒否された更新以外のすべて] に設定します。
  2. 更新プログラムが [拒否済み] であることを確認します。更新プログラムが拒否されていない場合は、更新プログラムを右クリックして、[拒否] をクリックします。
  3. 更新プログラムを承認します。これを行うには、更新プログラムを右クリックし、[承認] をクリックし、[OK] をクリックします。[更新の承認] ダイアログ ボックスで承認の設定を変更しないでください。
  4. 更新プログラムを拒否します。これを行うには、更新プログラムを右クリックし、[拒否] をクリックします。
  5. コンピューターでは WSUS サーバーによる検出が正常に完了し、適用可能なすべての更新プログラムを受信できるようになります。コンピューターが同期できることを確認するには、次の手順に従います。
    1. コマンド プロンプトを起動します。
    2. 次のコマンドを入力します。
      wuauclt.exe/detectnow
    3. Enter キーを押します。
  6. WindowsUpdate.log ファイルを調べ、同期が成功したことを確認します。detectnow コマンドを 2 回実行することが必要な場合があります。一部のユーザーから、最初の同期には失敗したがそれ以降の同期は成功したという報告がありました。
  7. 複数の WSUS サーバーが階層化されている場合は、各サーバーで以下の手順を繰り返します。最上位のサーバーを起動します。いずれかのサーバーがレプリカ子サーバーである場合は、[オプション] から表示される [更新元およびプロキシ サーバー] ダイアログ ボックスを使用して、そのサーバーを自律サーバーに変更します。以下の手順を実行した後、自律サーバーを再びレプリカ子サーバーに変更します。

詳細

この更新プログラムで発生する既知の問題

  • WSUS を実行しているコンピューターにこの更新プログラムをインストールするときに、同じコンピューターで HTTP、FTP、NNTP または SMTP などの他のインターネット サービスもホストしている場合、更新プログラムのインストール時にこれらのサービスは停止され、再起動される可能性があります。
  • この更新プログラムでは、アンインストールはサポートされていません。この更新プログラムを削除するには、WSUS をアンインストールして、再インストールする必要があります。

    この更新プログラムを削除する場合、WSUS をアンインストールするときに既定のオプションを選択することをお勧めします。既定のオプションでは、データベースとコンテンツがシステムに残されるので、WSUS を再インストールしたときに、カスタマイズした設定が保持されます。
  • この更新プログラムをインストールしても、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] の一覧にこの更新プログラムは表示されません。更新プログラムが正しくインストールされたことを確認するには、以下の手順を実行します。
    1. 次のフォルダーを開きます。
      %ProgramFiles%\Update Services\WebServices\ClientWebService\bin\
    2. Microsoft.UpdateServices.WebServices.Client.Dll ファイルを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [バージョン] タブをクリックします。
      • 更新プログラムが正しくインストールされている場合、ファイルのバージョンは 3.1.6001.66 です。
      • 更新プログラムが正しくインストールされていない場合、ファイルのバージョンは 3.1.6001.65 です。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 954960 - 最終更新日: 2009年6月15日 - リビジョン: 7.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server Update Services 3.0
  • Microsoft Windows Server Update Services 3.0 Service Pack 1
キーワード:?
kbinfo kbbug kbexpertiseinter kbpubtypekc kbsecurity kbsecvulnerability kbsecadvisory KB954960
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com