更新 e 間隔アプライアンス 3. 6 の 3 と 4 インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年用更新プログラムの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955123 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

更新プログラムは Microsoft の e-間隔の 3. 6 アプライアンスのとは Microsoft インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 (バージョン 3. 7) です。 更新機能は、3. 6 アプライアンスの e-間隔およびインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年同じです。 ただし、この更新プログラムは、次の 2 つのキットでリリースします。
元に戻す全体を表示する
製品名前を更新しているかどうかビルド
e-間隔アプライアンス 3. 6 のサービス パック 1e-Gap3.6-SP1Update-3 (e 間隔 v3.6 SP1 更新プログラム 3)51
インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007年のサービス パック 1IAG3.7-SP1Update-4 (IAG v3.7 SP1 更新プログラム 4)47

修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる機能強化

WMI の検出をサポートする、IAG の検出センターの機能が追加されます。

この更新プログラム (WMI) を有効にする検出センター機能を紹介するクライアント コンピューター上で検出します。 この更新プログラムを適用するした後 IAG は、WMI インターフェイスに加えて、既存の検出メカニズムを使用してクライアント セキュリティ アプリケーションを検出できます。 この機能には、次の変更が行われます。
  • 検出スクリプトとクライアント コンポーネントは、WMI の検出を有効に更新されます。 WMI を無効にするにはサーバー値を設定することができます検出します。
  • 既定のポリシーの式の WMI 検出追加される新しい変数を含める更新されます。
  • 新しいポリシーの変数が WMI の検出によって生成される新しい値を処理する追加されます。

レジストリ エントリは、ダウンロード可能なファイルの最大サイズを制御する追加します。

ダウンロード可能なファイルの最大サイズは現在 10 MB にハードコードされています。 この修正プログラムを適用すると、レジストリ エントリを使用して、ダウンロード可能なファイルの最大サイズを設定できます。 詳細についてを参照してください、"レジストリ情報」セクション。

SharePoint アプリケーションに対する修正

この更新プログラムの適用後、は、次の新しい機能を使用できます。
  • [ < アプリケーション名 > のプロパティ ] ダイアログ ボックスの [Web サーバー ] には、SharePoint サーバーのパブリック ホスト名、ターゲット アドレスとして挿入できます。
  • [ < アプリケーション名 > のプロパティ ] ダイアログ ボックスの [Web サーバー ] に IP を挿入できます、ターゲット アドレスとしてアドレス。

その他のアプリケーションのサポート

この更新プログラム適用すると、IAG は、次のサードパーティ製品サポートします。
  • ドミノ iNotes v8.x
  • プラグインの Sametime 8

詳細

情報を更新します。

サポートされている修正プログラムを Microsoft から入手可能なようになりました。 ただし、ことを目的としたものですのみを修正する問題をこの資料では、について説明します。 この特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

この問題を解決するには、顧客サポート マイクロソフトに連絡の修正プログラムを入手します。 カスタマー サポート サービスの電話番号およびサポートのコストに関する情報の完全な一覧、については、次の Web マイクロソフトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 特殊な場合は、Microsoft Support 担当者により、特定の更新は問題が解決される場合料金がサポート通常発生する可能性があります取り消されます。 通常のサポート料金が追加の質問および問題の特定のアップデートの対象とならない問題について適用されます。

前提条件

この更新プログラム アプライアンス 3. 6 の e-間隔に対してを適用するには、e 間隔アプライアンス 3. 6 Service Pack 1 (バージョン 3.6.1)、コンピューターにインストールしなければなりません。

この更新プログラムのインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年を適用するにはインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 1 が必要 (バージョン 3.7.1) コンピューターにインストールします。

再起動の要件

この更新プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

置き換えに関する情報を更新します。

この更新プログラムは累積です。 3. 6 アプライアンスの e-間隔および IAG 2007 にリリースされた次の更新プログラムを置き換えます。
  • e-間隔アプライアンス 3. 6 の 1 を更新します。
  • アプライアンス 3. 6 の e-間隔 2 を更新します。
  • 1 IAG 2007 用の更新します。
  • 2 IAG 2007 を更新します。
  • 3 IAG 2007 用の更新します。

この更新プログラムに関する既知の問題

  • プラグインの Sametime を使用して最初の試行で会議に出席できないこと場合があります。
  • 検出センター機能は、WMI の検出を使用して Windows ファイアウォールが見つかりません。 したがって、Windows ファイアウォールが実行されていて、クライアント コンピューターで有効かどうかを検出する、既存の検出メカニズムが使用されます。

以前の更新に関する既知の問題

  • パブリックのホスト名を樹幹を定義する IP アドレスは使えません。 代わりに、ホスト名だけが使わなければなりません。 トランク構成でコンソール、幹の 公開のホスト名または IP アドレス ] ボックスは、 パブリック ホスト名 ] ボックスに置き換えられます。 また、ホスト名には少なくとも 2 つのピリオドが含ま 必要があります。
  • 場合によっては、smuggling 保護定義、または IAG のアプライアンスの e-間隔の要求で定義されている既定の本文サイズを変更する必要があります。 たとえば、SharePoint サイトに Web パーツによって、要求のサイズはや IAG e 間隔での既定サイズより大きい。 ここでは、次メッセージが表示されたら Web モニターで。
    HTTP 要求 Smuggling (HRS) の試行が検出されました。
  • 新しい更新プログラムはオフラインのクライアント コンポーネントのインストールをサポートしません。 をオフライン インストールを実行したい場合は、IAG 2007 Service Pack 1 (SP1) オフラインのクライアント コンポーネントをインストールする必要があります。 クライアント コンポーネントは、新しい更新プログラムを実行するコンピューターにアクセスする初めてをアップグレードする自動的にされます。
  • IAG 3. 7 更新 3 は、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料 953623 に記載されている問題 (問題 2) に解決方法も説明します。 したら IAG 3. 7 の更新プログラム 3 を適用または IAG 3. 7 の更新プログラム 4、OWA プレミアム バージョンと OWA (淡色) バージョンでも切り替えまたはプライベートのコンピューター オプションとパブリック コンピューター オプションでも切り替え。 ただし、特別な指示が IAG 3. 7 更新 4 にこの機能を使用する必要です。 取得する更新 4 でこの機能を使用する方法についてにお問い合わせマイクロソフト カスタマー サービスのサポート。

    メモ この機能は、アプライアンス 3. 6 の e-間隔] で使用できません。

レジストリについて

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を説明する手順がされています。 ただし、深刻な問題のレジストリを誤って変更する場合が発生する可能性があります。 このため、これらの手順を慎重に実行することを確認します。 追加の保護、するため、レジストリのバックアップを変更する前に。 問題が発生した場合に、レジストリを復元できます。 バックアップおよびレジストリを復元する方法の詳細についてはをクリックして次資料「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料を参照。
322756バックアップおよび Windows のレジストリを復元する方法
ダウンロード可能なファイルの最大サイズを構成するには、手順します。
  1. レジストリ エディターを開きます。 これを行うには、 開始 実行 ファイルを開く ボックスに regedit を入力する [し、Enter キーを押します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WhaleCom\e-Gap\von\UrlFilter
  3. [ 編集 ] メニューの [ 新規作成 ] をポイントし、[ DWORD 値 ] をクリックします。
  4. MaxBodyBufferSize を入力して Enter を押します。
  5. MaxBodyBufferSize ] を右クリックし、 変更 を実行します。
  6. 基本 、[には 10 進数 クリックします。
  7. [ 値のデータ ] ボックスで、必要な値を入力を [OK] をクリックします。

    メモ この値は最大サイズ、ダウンロード可能なファイルのバイト単位で表します。
    MaxBodyBufferSize
    レジストリ エントリが存在しない場合はダウンロード可能なファイルの最大サイズは 10,485,760 (10 MB) の既定に設定します。
  8. レジストリ エディターを終了します。
警告
MaxBodyBufferSize
レジストリ エントリの値が大きすぎる設定しないでください。 値が大きすぎる場合、システムはメモリが不足する可能性です。

検出センターの概要

IAG クライアント コンポーネントはインストールし有効にすると、検出センター、既存の IAG クライアント検出機能を拡張、WMI を追加して検出メカニズムです。 特定のオペレーティング システムでは、検出センター取り出せる格納されているすべてのデータ、WMI のセキュリティ ストアにします。

検出センターには Windows XP Service Pack 2 ベースのクライアント コンピューターには、ウイルス対策アプリケーションと、システムにインストールされているパーソナル ファイアウォール アプリケーションを検出できます。 Windows Vista ベースのコンピューターを検出センターはインストールされているスパイウェア対策プログラムを検出してもします。 これは Windows Vista に導入した新しい WMI 機能のためです。 検出センターの将来のバージョンには、その他のアプリケーションやサービスを検出可能性があります。

WMI から収集されるデータは、エンドポイントの検出のクライアント コンポーネントによって収集される、IAG に報告が他のデータと共に格納します。 IAG をホストするサーバー、IAG、このデータを処理して、検出結果を計算します。 次に、IAG ポリシー エンジンは、チェック検出結果には、ポリシーに準拠します。 この処理を行っている間は、ユーザーは、既存のポリシーの強制動作の変更を発生しません。 また、ポリシー エディターで、管理者が気付かない大幅な変更が作成またはポリシーを管理するとき。 管理者気付くだけ一部 WMI 検出固有の式が追加されたのです。 高度なポリシー エディターを使用する管理者には、いくつかの新しい検出文字列およびいくつかの既定のポリシーへのいくつかの変更を確認可能性があります。

検出センターの詳細は、以下です。

検出スクリプト

  • 検出スクリプトには、WMI の検出メカニズムと、既存の検出メカニズムの両方が今すぐ含まれます。
  • WMI の検出は、1 つの関数で実行されます。 WMI 検出メカニズムを無効を次の行を含むカスタム クライアント スクリプトを追加できます。
    Params("Skip_DetectWmi") = True
  • クライアント コンピューターが WMI をサポートしていない、既存の検出メカニズムを使用し、WMI の検出が開始されません。

ポリシー テンプレート

  • ポリシー テンプレートは、既存の式を変更して新しいいくつか検出式を追加する更新されます。
  • Any_WMI_Antivirus 式は WMI を使用してウイルス対策アプリケーションを検出する紹介します。
  • 既存の Any_Antivirus 式と新しい Any_WMI_Antivirus 式が結ばされるように、既定の Any_Antivirus 式が更新されます OR のロジック。
  • 各製造元の式は、次のロジックのパターンに変更します。
    InstalledRunning と (Last_Update_Not_Older_Than_X または ProductUpToDate)
    メモ Installed は特定のプログラムがインストールされているかどうかを特定の式です。 Running は、特定のプログラムが実行かどうかを指定するため、特定の式です。 Last_Update_Not_Older_Than_X は、式、前回の更新プログラムは十分な最新かどうか、従来のスクリプトによって提供されます。 ProductUpToDate は、変換処理中に、対応する WMI 検出変数からコピーされるパラメーターです。 ProductUpToDate パラメーターは、WMI によって提供されます。

ポリシーの定義

ポリシー定義ファイルが追加したり、ポリシー エディターを代わりには、高度なポリシー エディターを使用してポリシーを編集したりする場合は、ポリシー エディターのユーザー インターフェイスの変更に対応する更新されるとします。 一覧のエントリが次の式の追加されます。
  • どの WMI ウイルス対策ソフトウェア
  • すべての WMI ファイアウォール
  • すべての WMI 対策スパイウェア
この一覧のエントリをポリシーに WMI の検出を追加するを選択できます。

メモ 式の バージョン フィールドが無効となります。 WMI ウイルス対策ソフトウェアのすべて のエントリの 最後の更新された フィールドは、 UptoDate 値を格納します。 UptoDate の値が 前回更新 から削除された場合フィールド、「上の日付に」WMI パラメーターは、評価ポリシーから削除されます。

WMI の変数から IAG レガシ変数への変換

クライアントの変数が IAG に送信されると、WMI 検出変数 IAG で認識される検出変数に変換されます。 変換プロセスは、変換ルールによって実行されます。 このプロセスですべての既知の仕入先、バージョン、および WMI から取得したエディションは、IAG で認識される検出変数に変換されます。 WMI を取得するそれぞれのセキュリティ変数、WMI_NAME フィールドは解析する定義済みの変換規則に従って、一致する文字列を検索します。 現在、人気の製造元およびエディションは、組み込みの規則によって変換されます。 変換規則は、次のフォルダーに WmiTranslate.inc ファイルに新しいルールを追加することによって簡単に拡張できます。
e-Gap\von\InternalSite\inc
メモ e-Gap プレースホルダー アプライアンスがインストールされている IAG や電子メールの間隔]-フォルダーを表します。

システム情報] ウィンドウ

システム情報] ウィンドウが更新されます。 既存の横に緑のテキスト 日付の設定を読む が表示されます 更新: 日付/時刻 、次の条件に該当する場合のテキスト。
  • ウイルス対策アプリケーションは WMI によって検出されます。
  • ウイルス対策アプリケーションは最新の状態です。
さらに場合は、検出されたウイルス対策アプリケーションに関する情報は、対応する既存の検出の製品の変数に正常に変換されます、 の更新: 日付/時刻 もテキストが表示されます。

製品が WMI によって検出されると存在しない変換存在する場合 更新: 日付/時刻 テキストが表示されます。 ただし、テキスト 日付の上へ は、製品が最新の状態の場合は表示も。

関連情報

3. 6 アプライアンスの e-間隔および IAG 2007 にリリースされた以前の更新に関するについては、記事の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリックします。
948280アプライアンス 3. 6 の e-間隔および Microsoft インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年更新プログラム 1 の説明
953442更新 3.6.1 の e-間隔 2 と 2 IAG 2007 用更新プログラムの可用性
953623インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 1 の更新プログラム 3 は。

ソフトウェア更新の用語についてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 955123 - 最終更新日: 2008年7月14日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Intelligent Application Gateway 2007
  • Whale Communications Intelligent Application Gateway 3.6
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB955123 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:955123
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com