SQL Server 2008年のセットアップ ログ ファイルには、セットアップの問題を特定する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955396 - 対象製品
スモール ビジネスのお客様の場合は、追加のトラブルシューティング ラーニング リソースを探し、 スモール ビジネス向けのサポート サイトです。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server 2008年のインストール時の問題が発生する場合は、トラブルシューティングを行う、SQL Server 2008年のログ ファイルを使用できます。この資料では、シナリオ例にはが含まれていて、2008年セットアップの問題を特定の SQL Server の原因を検索するには方法を手順を追って説明します。

詳細

SQL Server のセットアップを実行すると、新しいタイムスタンプのログ フォルダーにログ ファイルが作成されます。ログ フォルダーに配置されています。 ファイル名を指定\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\.タイム ・ スタンプ付きのログ フォルダー名の形式がいます YYYYMMDD_hhmmss.

SQL Server 2008年のセットアップ時に発生する可能性があります問題を解決するには、問題の根本原因を見つけるに多くのログ ファイルを確認する必要があります。最初のログ ファイルは、障害の根本原因を判断するため、開始ポイントだけを提供できます。

通常、データ ストアのサブフォルダー内のログ ファイルのいずれかを使用する必要はありません。通常、次のファイルを確認する必要があります。
  • ConfigurationFile.ini
  • Summary.txt
  • Detail.txt
  • Detail_ComponentUpdate.txt
  • Sql_common_core_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1.log</32>
  • Sql_common_core_loc_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1033_1.log</32>
  • Sql_engine_core_inst_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1.log</32>
  • Sql_engine_core_inst_loc_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1033_1.log</32>
  • Sql_engine_core_shared_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1.log</32>
  • Sql_engine_core_shared_loc_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1033_1.log</32>
  • Sql_tools_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1.log</32>
  • Sql_tools_loc_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1033_1.log</32>
  • SqlBrowser_Cpu32_1.log
  • Sqlncli_Cpu<32 and="" or="" 64="">_1.log</32>
お客様の環境では、SQL Server 2008年をインストールすると、選択されている、インストールの機能に基づいて、一覧からファイル名とログ ファイルの数が異なる場合があります。

SQL Server 2008年のログ ファイルの説明

Summary.txt

場所: ファイル名を指定\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\

目的: このログ問題に関する基本的な情報を含む、クリーンとユーザー フレンドリ ログ ファイルです。このファイルには、コンポーネントが見つかりました、SQL サーバー、オペレーティング システム環境、指定したコマンド ライン パラメーターに指定された値と実行された各 MSI および MSP ファイルの全体的な状態を示しています。

トラブルシューティング: このファイルのエラーを検索するには、検索「エラー」または「失敗」のキーワードを。エラーの詳細については、「ログの失敗を」で始まる行に記載されているファイルを開きます。

Summary_<%ComputerName%_YYYYMMDD_HHMMSS>.txt

場所: % のファイル名を指定%\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\<YYYYMMDD_HHMMSS></YYYYMMDD_HHMMSS>\Summary_<%ComputerName%_YYYYMMDD_HHMM>txt

目的: このログ ファイルには、Summary.txt ファイルと同じ情報が含まれています。このログは、前回の SQL Server のセットアップに関する情報も含めることができます。

トラブルシューティング: このファイルのエラーを検索するには、一般に「エラー」または「失敗」のキーワードを検索できます。エラーの詳細については、「ログの失敗を」で始まる行に記載されているファイルを開きます。

Detail.txt

場所: ファイル名を指定\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\<YYYYMMDD_HHMM></YYYYMMDD_HHMM>\Detail.txt

目的: このログ ファイルの実行の詳細なログを提供します。ログを生成する、拡張子が付いて、タイム ・ スタンプの行で構成されています。発生したエラーを識別するために使用できるため、最も重要なログ ファイルのいずれかです。時間単位で、ログが生成されます。これは、アクションここを呼び出す時間でなくそれを生成したコンポーネントできませんにログオンしていることを意味します。これは、実行プロセスのステップ バイ ステップ、アクションの実行順序とアクション間の依存関係を判断するのに便利です。このファイルは、メインのワークフローなどのインストールまたはアップグレードのワークフローが生成されます。

トラブルシューティング: 例外またはセットアップ中にエラーが発生する場合は、ファイルの末尾が記録されます。このファイル内のエラーを見つけるには、ファイルの末尾に移動して、例外またはエラーが記録されますを検索するには、最上部に下から逆の順序でアクションを読み取りする必要があります。「終了のファシリティ コード」、Summary.txt ファイルと、検索、「エラー」で始まる行を検索する「博士のバケットを」または「例外」キーワード、Detail.txt ファイルにします。検索機能の終了コードの近くに、最初のエラーの発生場所の特定に役立ちます。

Detail_ComponentUpdate.txt

場所: % のファイル名を指定%\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\<YYYYMMDD_HHMMSS></YYYYMMDD_HHMMSS>\Detail_ComponentUpdate.txt

目的: このログ ファイルに、Detail.txt ファイルに似ています。このファイルは、コンポーネントの更新ワークフローの生成されます。

トラブルシューティング: Detail.txt のセクションと同じ手順を実行します。

Detail_GlobalRules.txt

場所: ファイル名を指定\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\<YYYYMMDD_HHMMSS></YYYYMMDD_HHMMSS>\Detail_GlobalRules.txt

目的: このログ ファイルに、Detail.txt ファイルに似ています。グローバル ルールの実行には、このファイルが生成されます。

トラブルシューティング: このログ ファイルはのみ Summary.txt ファイルが [SystemConfigurationCheck] セクションでエラーを示す場合に使用されます。一般的には、開くし、必要なすべての情報を取得するのには、SystemConfigurationCheck_Report.htm ファイルを使用することができます。このログから追加情報が必要な場合は、ただし、検索、"ルールの評価の完了: でした"このファイル内の語句。

MSI ログ ファイル:

  • <Feature>_<Architecture>_<Iteration>.log</Iteration></Architecture></Feature>
  • <Feature>_<Architecture>_<Language>_<Iteration>.log</Iteration></Language></Architecture></Feature>
  • <Feature>_<Architecture>_<Iteration>_<workflow>.log</workflow></Iteration></Architecture></Feature>
場所: ファイル名を指定\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\<YYYYMMDD_HHMMSS></YYYYMMDD_HHMMSS>\<Name></Name>.log

目的: これらのログ ファイルが、パッケージのインストール処理の詳細ログを提供します。指定したパッケージをインストールすると、Msiexec.exe プロセスがこれらのログが生成されます。セットアップが成功し、エラーが発生しない、する場合、ログ エントリ"製品。ログインインストールが正常に完了しました"が表示されます。

トラブルシューティング: MSI ログ ファイルを使用する場合は、事後対応型のエラー メッセージではなく問題の元のソースを探していることを確認します。以下が手順例となります:
  1. 並べ替え、MSI が同じディレクトリに変更された日付を記録します。
  2. 各 MSI ログ ファイル、ログ ファイルの一番下からたびに以前のログを開きます。各ログ ファイルに対しては、「戻り値 3」または"@"引用符は検索します。
  3. エラー ログの終わりが見つかりませんするまで、各ファイルのエラー メッセージを注意してください。最後のログに元のエラーが含まれています。ログに最初に見つかったを検索する場合は、すべての「戻り値 3」のエラーが問題であるため、エントリが有効かどうかを決定する必要があります。これらのエラーのいくつかが考えられます。エラーが有効かどうかを判断できない場合は、Microsoft SQL Server のサポート オプションのいずれかを試すことをお勧めします。

SystemConfigurationCheck_Report.htm

場所: % のファイル名を指定%\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\<YYYYMMDD_HHMMSS></YYYYMMDD_HHMMSS>\SystemConfigurationCheck_Report.htm

目的: このファイルに、ルールの実行の状態のわかりやすいバージョンが含まれています。また、各ルールの実行の簡単な説明を提供します。

トラブルシューティング: SystemConfigurationCheck_Report.htm ファイルを開くと「失敗」のキーワードを検索し、「警告」のエントリは、環境に適用する場合を確認します。

名前付きインスタンスのログ ファイルを使用して、SQL Server 2008 のスタンドアロンのインストールの失敗を特定する方法のサンプル シナリオ

このシナリオは、エラー メッセージが表示されます、Microsoft SQL Server 2008年のセットアップ 次のようなダイアログ ボックス。

タイトル: Microsoft SQL Server 2008年のセットアップ

------------------------------

次のエラーが発生しました。

SQL Server セットアップは Windows インストーラー ファイルを実行するとエラーが発生しました。

Windows インストーラーのエラー メッセージ: システムに指定されたファイルが見つかりません。

Windows インストーラーのファイル: C:\Temp\SQL2008Full_ENU\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\sql_engine_core_inst.msi

Windows インストーラーのログ ファイル タイプ ライブラリ SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\20100521_064942\sql_engine_core_inst_Cpu64_1.log。

失敗した操作を再試行するのには、[再試行] をクリックします。 または、この操作をキャンセルし、セットアップを続行するには、[キャンセル] をクリックします。

ヘルプについてをクリックして: http://go.microsoft.com/fwlink か。LinkID=20476&ProdName=Microsoft+SQL+Server&EvtSrc=setup.rll&EvtID=50000&ProdVer=10.0.2531.0&EvtType=0xDC80C325

------------------------------

ボタン:

& RetryCancel
------------------------------

このシナリオでは、このエラー メッセージでが表示されないことしましょう、Microsoft SQL Server 2008年のセットアップ ダイアログ ボックス。代わりに、セットアップは、セットアップ プロセスが失敗したことを示しています。

このシナリオでは、ログ ファイルを使用して、障害の根本原因を見つけるには、次の手順を実行します。
  1. 検索し、対応の前回の SQL Server 2008年のセットアップを実行するには、Summary.txt ファイルを開きます。この例では、タイプ ライブラリの SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\20100521_064942 フォルダーは、実際のインストールに関連付けられているです。このフォルダーが含まれていますが、次の形式でファイル名を持つ、Summary.txt ファイル。
    Summary_<Machine_Name>_20100521_064942.txt</Machine_Name>
  2. Summary.txt ファイルで、失敗の原因を判断するのには、レポートの上部には、次の情報を検索します。
    全体の概要:

    最終の結果: SQL Server のインストールに失敗しました。続行するには、失敗の原因を調査、問題を解決、SQL Server をアンインストールして SQL Server のセットアップを再度実行。

    終了コード (10 進数):-2068643839

    ファシリティ コードを終了: 1203年

    終了エラー コード: 1

    終了メッセージ: SQL Server のインストールに失敗しました。続行するには、失敗の原因を調査、問題を解決、SQL Server をアンインストールして SQL Server のセットアップを再度実行。

    開始時刻: 2010年-05 月 21 日 06時 50分: 38

    終了時刻: 2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 19

    要求されたアクション: インストール

    ログにエラー: タイプ ライブラリの SQL Server\100\Setup Bootstrap\Log\20100521_064942\Detail.txt

    この情報に基づいて、終了コードや機能の終了コードのトラブルシューティング、根本的な原因を検索するには、なるありません。これは、これらのコードは複数の状況に対応し、失敗の要因を決定するないためにです。ここから、重要な情報を「ログ エラーが」で始まる行です。
  3. Summary.exe ファイルで"Log"エラーで始まる行で識別される、ログ ファイルを開きます。この例では、ファイル名を SQL の Server\100\Setup Bootstrap\Log\20100521_064942\Detail.txtを開きます。
  4. ファイルの末尾から開始、1203年エラーから、下から上へ検索します。次のセクションを検索します。
    2010-05-21 07:09:19 Slp: ----------------------------------------------------------------------

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 19 Slp: アクションを実行する: CloseUI

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 19 Slp: UI モード完全にスキップのアクションを停止

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 19 Slp: アクションの完了: CloseUI、True が返される

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp。

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp。

    2010-05-21 07:09:23 Slp: ----------------------------------------------------------------------

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp。

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: エラーの結果:-2068643839

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: 施設コード: 1203年

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: エラー コード: 1

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: Sco: レジストリの基本キー HKEY_LOCAL_MACHINE を作成しようとしてコンピューター

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: Sco: レジストリ サブキーを開くしようとしています。

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: Sco: Software\Microsoft\PCHealth\ErrorReporting\DW\Installed のレジストリ サブキーを開くしようとしています。

    2010 年 05 月 21 日 07時 09分: 23 Slp: Sco: レジストリ値 DW0201 を取得しようとしています。

    2010 年 05 月 21 日 07時 10分: 26 Slp: 2 エラー博士のデータ リポジトリへの送信の 2
  5. この情報は、問題やその解決方法の実際の原因を示しません。メッセージをここでこれはレジストリのアクセス許可または破損の問題がせたりすることがあります。これらの問題は、主要な問題の症状だけです。前に記載されている、Detail.txt ファイルの説明で、私たち「エラー、」の語句を検索提案"博士バケット"と"Exception"この例では、これらの検索条件を使用して、次の結果をが。
    • エラー: 99 回
    • 例外: 26 回
    • ワトソン博士のバケット: 4 回

  6. この例では、「博士のバケット」Detail.txt ログ ファイルで確認するのには、最初の項目です。ファイルの一番下から上に検索します。博士のバケットのセクションの最初の場所では、次のエントリが表示されます。
    2010 年 05 月 21 日 06時 57分: 03 Slp: ターゲット パッケージ:"C:\Temp\SQL2008Full_ENU\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\sql_engine_core_inst.msi"

    2010 年 05 月 21 日 06時 57分: 04 Slp: InstallPackage: MsiInstallProduct 2 の結果コードを返します。

    2010 年 05 月 21 日 06時 57分: 04 Slp: ワトソン博士のバケット 1

    この情報から、障害の根本原因、ターゲット パッケージC:\Temp\SQL2008Full_ENU\x64\setup\sql_engine_core_inst_msi\sql_engine_core_inst.msiがないことが推定できます。


関連情報

SQL Server 2008年のログ ファイルを参照して方法の詳細については、Microsoft TechNet の次の資料参照してください。
方法: ビューと読み取り SQL Server のセットアップ ログ ファイル

TechNet の記事には、ファイル名と内容の基本的な構造について説明します。この資料では、具体的について方法、および各ログ ファイルの種類を使用する場合について説明します。

2251397X 64 32 を超える論理プロセッサを持つシステム上の SQL Server 2008年のセットアップがハングします。

975055 FIX Windows 7 を実行しているコンピューター上で SQL Server 2008年をインストールするとエラー メッセージ:「Invoke または BeginInvoke 呼び出すことができません上のコントロールのウィンドウ ハンドルが作成されるまでします」。

SQL Server ソリューション センター

ポータルの SQL Server のインストール

プロパティ

文書番号: 955396 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 11.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
キーワード:?
kbsqlsetup sql2008relnoteinstallation sql2008relnote kbexpertiseadvanced kbinfo kbmt KB955396 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:955396
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com