SQL Server 2008 を再度インストールすると SQL Server のインストールが失敗する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955404 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft SQL Server 2008 をサーバーにインストールしようとして、インストールが失敗します。同じサーバーに SQL Server 2008 の同じコピーを再インストールしようとすると、このインストールにも失敗します。

原因

この問題は、最初のインストールが失敗した後に、部分的にインストールされた SQL Server 2008 のインスタンスがサーバー上に存在しているために発生します。SQL Server 2008 のセットアップ プログラムでは、インストール失敗の際にインストールがロールバックされません。部分的にインストールされたインスタンスには、Enterprise Edition、Standard Edition、Evaluation Edition などの、インストールしようとしていた SQL Server 2008 のエディションが含まれていません。同じバージョンを同じサーバーにインストールしようとすると、セットアップ プログラムで既存のインスタンスが検出されますが、インストールする SQL Server 2008 のバージョンは判断できません。そのため、インストールが失敗します。

解決方法

この問題を解決するには、同じサーバーに SQL Server 2008 を再度インストールする前に、SQL Server 2008 の以前のインスタンスをアンインストールする必要があります。

SQL Server 2008 をアンインストールする

[プログラムの追加と削除] を使用して SQL Server 2008 をアンインストールするには、次の手順を実行します。

Windows Server 2003

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。appwiz.cpl と入力し、Enter キーを押します。
  2. 現在インストールされているプログラムの一覧で、[Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[削除] をクリックします。
  3. 画面に表示される指示に従って、SQL Server 2008 をアンインストールします。

Windows Server 2008

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに appwiz.cpl と入力して、Enter キーを押します。
  2. 現在インストールされているプログラムの一覧で、[Microsoft SQL Server 2008] をクリックし、[アンインストールと変更] をクリックします。
  3. 画面に表示される指示に従って、SQL Server 2008 をアンインストールします。

SQL Server 2008 を手動でアンインストールする

SQL Server 2008 を手動でアンインストールするには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    CD %ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\100\Setup Bootstrap\Release
  2. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    setup.exe /ACTION=uninstall /FEATURES=Feature_List /INSTANCENAME=Instance_Name
    : このコマンドでの Feature_List には、機能値を指定します。複数指定する場合は、"AS,SQL,RS,Tools" のように、空白文字を入れず、コンマ区切りで指定します。Instance_Name は、インストールされた SQL Server 2008 の名前付きインスタンスを表します。名前付きインスタンスを使用していない場合は、名前付きインスタンスに "MSSQLSERVER" を指定します。
次の表に、/FEATURE パラメータのすべての親値と子値の一覧を示します。
元に戻す全体を表示する
親機能 子機能 説明
SQL SQLEngine コンポーネント、レプリケーション コンポーネント、およびフルテキスト コンポーネントがインストールされます。
SQLEngine SQLEngine コンポーネントだけがインストールされます。
Replication レプリケーション コンポーネントがインストールされます。SQLEngine コンポーネントが必要です。
FullText フルテキスト コンポーネントがインストールされます。SQLEngine コンポーネントが必要です。
AS すべての AS コンポーネントがインストールされます。
RS すべての RS コンポーネントがインストールされます。
IS すべての SSIS コンポーネントがインストールされます。
Tools ToolsClient コンポーネントおよび BOL コンポーネントがインストールされます。
BC 旧バージョンとの互換性 (BC) ツールがインストールされます。
BOL SQL Server オンライン ブックがインストールされます。
BIDS Business Intelligence Development Studio がインストールされます。
Conn 接続コンポーネントがインストールされます。
SSMS SQL Server Management Studio がインストールされます。
ADV_SSMS
SDK Software Development Kit がインストールされます。

たとえば、すべての SQL コンポーネント、AS、SQL Server オンライン ブック、および SQL Management Studio をインストールする場合は、次のコマンドを使用します。
setup.exe /ACTION=uninstall /FEATURES=SQL,AS,BOL,SSMS /INSTANCENAME=MSSQLSERVER

プロパティ

文書番号: 955404 - 最終更新日: 2011年5月12日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
キーワード:?
kbsqlmanagementtools kbsetup kbinstallation kbexpertiseinter kbtshoot kbprb KB955404
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com