SQL Server 2008 のインスタンスをアンインストールする方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955499 - 対象製品
Microsoft SQL Server 2005 については、次の資料を参照してください。909967
Microsoft SQL Server 2000 については、次の資料を参照してください。290991
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft SQL Server 2008 のスタンドアロン インスタンスをアンインストールする方法について説明します。この資料に記載されている手順を実行することにより、システムを SQL Server 2008 の再インストールが可能な状態にすることもできます。

: SQL Server 2008 のインスタンスの管理または更新を行うには、サービスとしてログオンするアクセス許可を持つローカル管理者である必要があります。

詳細

SQL Server 2008 のスタンドアロン インスタンスをアンインストールする前の考慮事項

  • SQL Server をアンインストールするには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用することをお勧めします。
  • 1 台のコンピュータで、SQL Server 2008 と共に以前のバージョンの SQL Server を実行している場合、SQL Server Enterprise Manager およびその他の SQL-DMO に依存するプログラムを使用できなくなる可能性があります。この問題は、以下の状況で発生することがあります。
    • SQL Server 2008、SQL Server 2000、および Microsoft SQL Server 7.0 の任意の組み合わせがサイドバイサイド インストールされており、これらのインスタンスの 1 つまたは複数がアンインストールされた場合
    • SQL Server 2000 および SQL Server 2008 がサイドバイサイド インストールされており、SQL Server 2000 が SQL Server 2008 の後にインストールされた場合
    この問題は、SQL Server SQL-DMO COM ライブラリの登録が削除された場合に発生します。

    SQL Server Enterprise Manager およびその他の SQL-DMO に依存するプログラムを再度有効にするには、SQL-DMO を登録します。登録するには、コマンド プロンプトを開いて次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    regsvr32.exe sqldmo.dll
  • 必要最小限の物理メモリを搭載したコンピュータから SQL Server コンポーネントを削除する場合、事前にページ ファイルのサイズが十分であることを確認します。ページ ファイルのサイズは、物理メモリの 2 倍であることが必要です。仮想メモリが不十分な場合、SQL Server が完全に削除されない場合があります。
  • SQL Server 2005 では、SQL Server Browser は、データベース エンジンまたは Analysis Services と統合されてインストールされていました。

    SQL Server 2008 では、SQL Server Browser は個別にインストールされます。インストールは、データベース エンジンまたは Analysis Services と共に自動的に実行されます。SQL Server 2008 のインスタンスが複数存在する場合、SQL Server Browser は、SQL Server 2008 の最後のインスタンスがアンインストールされるときに自動的にアンインストールされます。

    ただし、SQL Server 2008 のインスタンスが 1 つ以上存在するシステムに、SQL Server 2005 がインストールされている場合は、SQL Server 2008 の最後のインスタンスがアンインストールされても、SQL Server 2008 Browser が自動的に削除されることはありません。SQL Server 2008 と共にインストールされた SQL Server 2008 Browser は、SQL Server 2005 のインスタンスとの接続を容易にするためにシステムに残されます。

    SQL Server 2008 Browser は、SQL Server 2005 と共にインストールされたままにしておくことができます。SQL Server 2008 Browser は引き続き正常に機能します。

    SQL Server 2008 のすべてのコンポーネントをアンインストールするには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、SQL Server 2008 Browser コンポーネントをアンインストールする必要があります。SQL Server 2005 の名前付きインスタンスが存在する場合に SQL Server 2008 Browser を削除すると、SQL Server 2005 への接続で問題が発生する可能性があります。この場合、次のいずれかの方法を使用して SQL Server 2008 Browser を再インストールできます。
    • コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用して、SQL Server 2005 のインスタンスを修復します。
    • SQL Server 2005 データベース エンジンまたは Analysis Services のインスタンスをインストールします。

SQL Server 2008 のインスタンスをアンインストールする前の作業

  • データのバックアップ

    現在のデータベースの状態を保存する必要がある場合、およびシステム データベースに加えた変更を保存する必要がある場合は、SQL Server をアンインストールする前に、必ずデータをバックアップしてください。また、すべてのデータおよびログ ファイルのコピーを MSSQL フォルダ以外のフォルダに保存しておきます (MSSQL フォルダはアンインストール処理中に削除されます)。

    保存しておく必要があるデータベース ファイルを以下に示します。

    : これらのファイルは、SQL Server の一部としてインストールされます。
    • Distmdl.*
    • Master.*
    • Mastlog.*
    • Model.*
    • Modellog.*
    • Msdbdata.*
    • Msdblog.*
    • Mssqlsystemresource.*
    • Northwind.* (このデータベースは選択した場合にのみインストールされます。)
    • Pubs.*
    • Pubs_log.*
    • Tempdb.*
    • Templog.*
    • ReportServer[$InstanceName] (このファイルは Reporting Services のデフォルトのデータベースです。)
    • ReportServer[$InstanceName]TempDB (このファイルは Reporting Services のデフォルトの一時データベースです。)
  • ローカル セキュリティ グループの削除

    SQL Server をアンインストールする前に、SQL Server コンポーネントのローカル セキュリティ グループを削除します。
  • Reporting Services のフォルダの保存または名前変更

    SQL Server と共に Reporting Services をインストールして使用している場合は、以下のフォルダおよびサブフォルダを保存しておくか、フォルダの名前を変更します。
    • drive:\Microsoft SQL Server\Reporting Services
    • drive:\Microsoft SQL Server\MSSQL\Reporting Services
    • drive:\Microsoft SQL Server\SQL Server instance name\Reporting Services
    • drive:\Microsoft SQL Server\100\Tools\Report Designer
    • これらのファイルで、drive は、SQL Server 2008 がインストールされているドライブです。
    • SSRS 構成ツールを使用してインストールを構成した場合、この一覧の名前とは異なる場合があります。また、SQL Server 2008 を実行しているリモート コンピュータ上にデータベースが存在する場合があります。
  • Reporting Services の仮想ディレクトリの削除

    インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャを使用して、以下の仮想ディレクトリを削除します。
    • ReportServer[$InstanceName]
    • Reports[$InstanceName]
  • ReportServer アプリケーション プールの削除

    IIS マネージャを使用して、ReportServer アプリケーション プールを削除します。
  • すべての SQL Server サービスの停止

    SQL Server コンポーネントをアンインストールする前に、すべての SQL Server サービスを停止することを推奨します。アクティブな接続が存在すると、アンインストールを正常に実行できない場合があります。
  • 適切なアクセス許可を持つアカウントの使用

    SQL Server サービス アカウントまたは同等のアクセス許可を持つアカウントを使用して、サーバーにログオンします。たとえば、ローカルの Administrators グループに属しているアカウントを使用してサーバーにログオンできます。

SQL Server 2008 のインスタンスをアンインストールする方法

  1. 実行している Windows Server のバージョンに応じて、以下の手順を実行します。

    Windows Server 2008
    1. コントロール パネルの [プログラムと機能] を開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに appwiz.cpl と入力して、[プログラム] の一覧の [appwiz.cpl] をクリックします。
    2. [プログラムのアンインストールまたは変更] の一覧で [Microsoft SQL Server 2008 セットアップ サポート ファイル (英語)] をクリックします。
    3. [アンインストール] をクリックします。SQL Server インストール ウィザードが起動します。
    Windows Server 2003
    1. コントロール パネルの [プログラムの変更と削除] を開きます。これを行うには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに appwiz.cpl と入力し、[OK] をクリックします。
    2. [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧で [Microsoft SQL Server 2008 セットアップ サポート ファイル (英語)] をクリックします。
    3. [削除] をクリックします。SQL Server インストール ウィザードが起動します。
  2. [Component Selection - Uninstall] ページで、削除するサーバーまたは共有コンポーネントを選択します。

    インストールされている SQL Server のコンポーネントと機能の一覧を表示するには、[Report] ボタンをクリックします。レポートには、バージョン情報、エディション情報、更新レベル情報、およびインストールされているそれぞれのコンポーネントと機能の言語情報が含まれます。
  3. [Next] をクリックします。
  4. [Confirmation - Uninstall] ページで、削除されるコンポーネントと機能の一覧を確認し、[Next] をクリックします。[Setup Progress] ページに、セットアップ プログラムの状態が表示されます。
  5. [Completing Setup] ページで [Finish] をクリックして、インストール ウィザードを終了します。
  6. すべての SQL Server 2008 コンポーネントが削除されるまで、手順 2. 〜 5. を繰り返します。

プロパティ

文書番号: 955499 - 最終更新日: 2011年5月15日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Express with Advanced Services
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard Edition for Small Business
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Web
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter
キーワード:?
kbsqlmanagementtools kbsetup kbuninstall kbexpertiseinter kbhowto KB955499
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com