Windows 7 または Windows Server 2008 R2 に SQL Server をインストールする際の既知の問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955725 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、Windows 7 または Windows 2008 R2 を搭載しているコンピューターに Microsoft SQL Server をインストールする際の既知の問題について説明します。

注意事項
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 上で動作する、Express Edition を除く SQL Server 2008 のすべてのエディションでは、少なくとも SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) がインストールされている必要があります。

    注: Express Edition には既に Service Pack 1 が含まれています。
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 上で動作する SQL Server 2005 のすべてのエディションでは、少なくとも SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) がインストールされている必要があります。
  • この資料では、Windows 7 は Windows 7 のクライアント版を示します。Windows Server 2008 R2 は Windows 7 のサーバー版を示します。

既知の問題

  • Windows 7 は Kerberos 認証が有効であるかどうかの確認に RequireKerberos プロパティを使用しない

    Windows 7 は、ネットワーク名リソースに対して Kerberos 認証が有効であるかどうかの確認に RequireKerberos プロパティを使用しないため、SQL Server 2008 のフェールオーバー クラスター インストールは失敗します。
  • Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で Federal Information Processing Standard (FIPS) ポリシーが有効である場合、SQL Server 2008 のインストール中にクラスター検証が失敗する

    Windows 7 または Windows Server 2008 R2 で FIPS ポリシーが有効である場合、SQL Server 2008 のインストール中にクラスター検証が失敗します。そのため、セットアップが失敗します。

    これら 2 つの問題を解決するには、クラスター化インストールには、SQL Server 2008 (SP1) または以降の更新プログラムと共に SQL Server 2008 をインストールする必要があります。 Microsoft SQL Server 2008 SP1 の入手方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    968382 SQL Server 2008 の最新の Service Pack を入手する方法
    クラスター化環境または非クラスター化環境のいずれかで SQL Server のセットアップを更新する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    955392 SQL Server 2008 のインストールを更新またはスリップストリームする方法
  • Windows Server 2008 R2 で SQL Server 2008 のインストールが失敗する場合がある

    Microsoft .NET Framework が有効でないと、Windows Server 2008 R2 で SQL Server 2008 のインストールが失敗する場合があります。この問題は、このようなインストールには .NET Framework 3.5 のインストールが必要であることが原因で発生します。

    Windows Server 2008 R2 では、.NET Framework 3.5 は Windows コンポーネントとして含まれていますが、既定では .NET Framework 3.5 は有効ではありません。このインストール エラーを回避するには、SQL Server 2008 のインストールを実行する前に、Windows の機能コンポーネントから .NET Framework 3.5 を有効にする必要があります。
  • SQL Server 2008 のセットアップが失敗する場合がある

    SQL Server 2008 のセットアップが失敗し、次のエラーが表示される場合があります。
    ウィンドウ ハンドルが作成される前、コントロールで Invoke または BeginInvoke を呼び出せません。
    この問題を解決するには、累積的な更新プログラムをインストールする方法があります。詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    975055 [FIX] Windows 7 を搭載しているコンピューターに SQL Server 2008 をインストールすると、エラー メッセージ "ウィンドウ ハンドルが作成される前、コントロールで Invoke または BeginInvoke を呼び出せません" が表示される

詳細

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 の最低限のバージョンの必要条件

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を搭載しているコンピューターに SQL Server をインストールする前に、状況に応じて、以下の最低限の必要条件を満たしていることを確認する必要があります。

SQL Server 2008

クラスター化インストール

SQL Server 2008 Service Pack 1 またはそれ以降の更新プログラムと共に SQL Server 2008 をインストールする必要があります (これはスリップストリーム バージョンとも呼ばれます)。

非クラスター化インストール

SQL Server 2008 をインストールしてから、SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) またはそれ以降の更新プログラムをインストールする必要があります。
注: Windows 7 および Windows 2008 R2 では、SQL Server 2008 Express ランタイムがサポートされています。
SQL Server 2008 のインストールに関するハードウェアおよびソフトウェアの要件の詳細については、MSDN (Microsoft Developer Network) Web サイト SQL Server 2012 のインストールに必要なハードウェアおよびソフトウェアを参照してください。

SQL Server 2005

SQL Server 2005 をインストールしてから、SQL Server Service Pack 3 またはそれ以降の更新プログラムをインストールする必要があります。

SQL Server 2005 のクラスター化インストールの詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
973993 Windows Server 2008 R2 フェールオーバー クラスタリングがベースである SQL Server 2005 クラスターに Service Pack 3 または Service Pack 3 以降の更新プログラムを適用すると、一部のノードが正常に更新されない
SQL Server 2005 Service Pack の入手方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の Service Pack を入手する方法

SQL Server 2005 に関する詳細情報

注: Windows 7 および Windows Server 2008 R2 では、SQL Server 2005 Express Service Pack 2 ランタイムがサポートされています。

.NET Framework

Windows Server 2008 R2 を搭載しているコンピューターに SQL Server 2008 をインストールする前には、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 をインストールする必要があります。SQL Server 2008 には .NET Framework 3.5 SP1 が必要です。SQL Server 2008 のセットアップは、.NET Framework 3.5 SP1 がまだインストールされていない場合、.NET Framework 3.5 SP1 をインストールします。ただし、フェールオーバー クラスタリングでは、SQL Server 2008 フェールオーバー クラスターのインストールの前に、NET Framework 3.5 SP1 がインストールされている必要があります。

Windows Server 2008 R2 では、.NET Framework はシステム コンポーネントです。そのため、再配布ポイントから .NET Framework をインストールすることはできません。サーバー ロールから、または ServerManagerCmd.exe を使用して、.NET Framework をインストールする必要があります。

次のコンピューターでは、.NET Framework をインストールする必要はありません。
  • Windows Server 2008 R2 を搭載していて、.NET Framework 3.5 SP1 がインストールされているコンピューター
  • Windows 7 を搭載しているコンピューター

    注: 既定では、Windows 7 には .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされています。

プロパティ

文書番号: 955725 - 最終更新日: 2013年10月31日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Workgroup Edition?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 R2 Datacenter
    • Windows Server 2008 R2 Enterprise
    • Windows Server 2008 R2 Standard
    • Windows Web Server 2008 R2
    • Windows 7 Enterprise
    • Windows 7 Professional
    • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbsqlsetup kbpreinstall kbinstallation kbprerequisite kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbinfo kbhowto KB955725
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com