3.2 では、Windows Vista のネットワーク モニターに関する情報

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 955998
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料でには Microsoft のネットワークに関する情報が含まれています。3.2 を監視します。3.2 のネットワーク モニター キャプチャできるプロトコル ・ アナライザーは、表示、およびネットワーク データを分析します。問題を解決するために使用できます。ネットワーク上のアプリケーションにします。

この資料にはダウンロードが含まれていて、インストール ノートを一般的な使用方法に関する情報とサポートします。ネットワーク モニター 3.2。

詳細

最新のネットワークのネットワーク モニター 3.2 のです。監視します。次に、には新機能に関する情報が含まれています。ネットワーク モニター 3.2。
  • プロセスの追跡します。プロセス名と PID を表示することができます。コンピューター上のネットワーク トラフィックを生成するすべてのプロセス。さらに、関連付けられているフレームを表示するのには、会話ツリーを使用することができます。各プロセスです。
  • 会話を検索します。フレームを迅速に特定する、同じネットワーク会話。これは、TCP ストリーム、HTTP のフロー、およびその他が含まれますネットワーク トラフィックの種類。
  • PCAP は、ファイルのサポートを取得します。

    メモ

    ネットワークモニター 3.2次のエンティティによって開発されたソフトウェアは、次のとおりです。
    • カリフォルニア大学、バークレー校、およびその投稿者
    • Kungliga ・ Tekniska ・ Hogskolan とは投稿者
    • 円円 Lim とノースダコタ州の状態大学
  • キャプチャを向上させるために、キャプチャ エンジンが再設計されて高速ネットワークの速度です。ネットワーク モニターを 3.2 の落下を大幅に削減フレームがネットワーク モニター 3.1 よりも。
    • 広範なパーサーのセットです。ネットワーク モニターの 3.2 になりました300 を超えるプロトコル用のパーサー。これでカバーされているプロトコルが含まれていますWindows オープン プロトコルの仕様。詳細についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
      http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc216517.aspx
    • ネットワーク モニターの API です。独自に作成することができます。キャプチャ、解析、およびネットワーク トラフィックを分析するアプリケーションを指定します。
    • パーサーの管理が向上します。既定では、一部のみパーサーが読み込まれるです。セット、パーサーを変更して、完全なパーサーを読み込むことができます。注文を検索します。これでは、 パーサー 項目で、 オプション メニューです。
    • フレームの切り捨てをサポートします。数を制限することができます。パフォーマンスを向上させるためには、フレームごとにキャプチャされたバイト数。これでは、 オプション 項目で、 ツール メニューです。
    • NPL のより多くの参照してください。これマニュアルには、新しい NMAPI に関するドキュメントが含まれます。これをアクセスすることができます。ドキュメントから、 NPL と API のドキュメント 項目上は、 ヘルプ メニューです。
    • ループ中に NPL 内のアイテムにフィルタを拡張するか配列。配列内のインデックスを指定したり、中では、ループフィルターを適用するとします。
    • Ia-64 バージョンの可用性。
    • プラグインは、ContainsBin をクリックします。フレームを検索します。任意のバイト シーケンスまたは文字列。たとえば、"msn"で検索します。使用して、次のクエリ:
      ContainsBin (FrameData、ASCII、"msn")
    • 複数の UI のインジケーター。新しいインジケーターが含まれます会話のステータス、ドロップしたフレーム、およびフレームの数キャプチャ バッファーにします。

ダウンロードおよびサポート情報

ネットワーク モニターの 3.2 をダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
https://connect.microsoft.com/site/sitehome.aspx か。SiteID = 216 =
メモ このサイト ネットワーク モニター 3.2 のダウンロード Windows Vista については x86 ベースのバージョン x、x x64 ベース バージョンでは、Windows Vista および Windows Vista IA x64 ベース バージョン. します。

ネットワーク モニターの 3.2 についてのサポート情報について次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://connect.microsoft.com
この Web サイトには、Windows Live ID を使ってサインインする必要があります。サインインすると、プログラムに参加する適用できます。これを行うには、クリックしてください。 適用 次へ ネットワーク モニターの 3 で、 オプション テーブルの列。プログラムを登録すると、ニュースグループへのアクセスがあるし、バグ レポートを送信することができます。

インストールに関する注意事項

ネットワーク モニターとネットワーク モニター 3.2 が共存できます。2。x では実装されていなかったために発生します 以前のバージョンとします。既定では、ネットワークモニター 3.2 プログラム Files%\Microsoft のネットワーク モニターの 3% にインストールされています。フォルダーです。以前のバージョンでインストールされている場合は、そのため、競合発生しませんコンピューター上の別のフォルダー。ネットワーク モニターの 3.2 をインストールすると、以前のバージョンのネットワーク モニターの 3 をアンインストールしています。

ネットワークモニター 3.2 には、Windows Vista ベースのコンピューター用のドライバーが含まれます。このドライバーネットワーク ドライバー インターフェイス仕様 (NDIS) 6.0 の新機能をサポートしています。ドライバーです。ネットワーク モニターに依存しているツールを使用している場合2。x では実装されていなかったために発生します NPPTools、これらのツールは機能しなくなります。するにはネットワーク データをキャプチャします。 Windows Vista では、ネットワーク モニターの 3.2 を使用する必要があります。ネットワーク モニター 2。x では実装されていなかったために発生します ネットワーク データをキャプチャしませんWindows Vista で正しくします。

推奨されるハードウェアを次に示しますネットワーク モニターの 3.2 の要件:
  • 1 ギガヘルツ (GHz) プロセッサ以上
  • 1 ギガバイト (GB) 以上のメモリ
  • 25 メガバイト (MB) のハード ディスクの空き領域とハード ディスクの領域をキャプチャ ファイルに保存するのには
次の運用にネットワーク モニター 3.2 はサポートされてシステム:
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008
  • Windows XP
  • Windows Server 2003
警告と注意事項

現時点では、ネットワーク モニターの 3 を実行するようにしないお実稼働環境で。負荷が重要されているシナリオでは、以下を使用します。コマンド ライン バージョンのネットワーク モニターのキャプチャする 3ネットワーク データ。
nmcap.exe
詳細についてはNmcap.exe、については「Nmcap.exe コマンド ライン ツール」セクションを参照してください。

ネットワーク モニター 3.2 多くのシステム リソースを消費する可能性があります。は、いくつかの重要な考慮事項を次に示します。
  • ディスクの空き容量

    3 のネットワーク モニター キャプチャ セッションを起動すると、シーケンス内で Temp が配置されているキャプチャ ファイルのフレームを保存します。フォルダーです。既定では各キャプチャ ファイルのサイズは 20 MB です。場合は、停止しないでください。キャプチャ ファイルに保存するのには、キャプチャ セッションをネットワーク モニターの 3 を引き続き、Temp フォルダーをコンピューター上のハード_ディスクの空き領域 2 になるまでパーセント。その後、3 のネットワーク モニター キャプチャ セッションを停止します。

    行うことができます。キャプチャ ファイルのサイズ、キャプチャ ファイルのある場所を構成します。保存されている場合は、ハード ディスクの空き領域の制限、およびその他のオプションをキャプチャします。これを行うには、ポイントします。 オプション で、 ツール メニューのし、クリックして、 キャプチャ タブします。
  • メモリの使用量

    データをキャプチャするだけでなく、ネットワーク モニターの 3 を割り当てますフレームのプロパティと、これらのプロパティを使用して、フレームにグループ化するには会話。会話と、関連付けられているネットワーク モニターの 3 を表示します。ネットワークの会話ウィンドウでツリー構造内のフレーム。

    は、モニター 3 のネットワークでの会話機能はメモリの使用量が大幅に向上します。コンピューターが応答を停止可能性があります。既定では、会話機能は無効になります。いくつか高レベルのプロトコル フィルターを必要とします。会話のプロパティです。対話機能を有効にするをクリックして、スタート ページ タブをクリックしをクリックします、 有効にします。会話 チェック ボックスします。
  • プロセッサ使用率

    ネットワーク モニターの 3 の会話機能可能性があります。多数のフレームが処理されるときのプロセッサ使用率を大幅に向上します。既定では、会話機能が無効になります。

一般的な使用方法

ネットワーク モニターの 3 の一般的な使用方法情報が含まれています、次にします。
  • ネットワーク データをキャプチャします。

    場合は、システム リソースに対する影響を最小限にします。データをキャプチャするネットワーク モニターの 3 を使用するは、Nmcap.exe を使用します。データをキャプチャするコマンド ライン ツール。

    ネットワーク モニターの 3 を収集することができます。データをネットワークし、キャプチャされるようにこのデータをリアルタイムに表示します。開始するのにはセッション 3 のネットワーク モニターのキャプチャ、クリックしてください スタート ページをクリックして新しいキャプチャを作成します。、し、いずれかをクリックしてキャプチャを開始します。または、F5 キーを押します。
  • フィルター

    ネットワーク モニター 3 では、単純な構文を使用してください。式に基づいてフィルターのフレームにします。選択された式に一致するすべてのフレームします。ユーザーに表示します。フィルターの詳細については、のいずれかの操作を行います、次の。
    • トピックの「を使用したフィルター」セクションでを表示、ネットワーク モニターの 3 のユーザーズ ガイドこれを行うをクリックしてください。 内容 上は、 ヘルプ メニューのし、ダブルクリック 使用します。フィルター.
    • で、 ヘルプ メニューのポイント どのようにカテゴリから検索します。 、し フィルターを使用します。.
    • 標準のフィルターを表示するをクリックして、 キャプチャフィルター タブや、 ディスプレイ フィルター タブします。
  • 会話

    既定では、会話機能が有効になります。これ設定をキャプチャする場合に特に、メモリの大量を消費します。大量のデータや、上のデータを取り込む長期にわたって。"NMCap"については、方法の詳細についてを参照してください。データをキャプチャします。長期間にわたって。

    会話を有効にする、[グループ化] と [ネットワーク会話ウィンドウは、ツリー内のフレームの表示構造体には属している会話です。たとえば、TCP同じ発信元ポートと同じ宛先ポートを使用して、データの編成します。グループにします。ネットワークの会話ウィンドウでノードをクリックすると、対応する会話フィルター内のフレームに自動的に適用、要約ウィンドウのフレームです。その特定の会話に属するフレームのみ表示されます。
  • Nmcap.exe コマンド ライン ツール

    Nmcap.exe コマンド ライン ツール構成することができます、開始し、時間は、キャプチャ セッションを停止します。連鎖のキャプチャを作成するこのコマンドラインのツールを使用することもできます。チェーンキャプチャとそれぞれのサイズのまま中に複数のキャプチャ ファイルを作成することができます。キャプチャ ファイルが小さいです。
  • ネットワークの言語 (NPL) を解析します。

    ネットワーク モニターの 3 のパーサーは、言語で書き込まれます、特にパーサーの開発がより簡単で確認しています。これまた、潜在的な悪用から保護のレベルを提供します。パーサー DLL ファイルとして作成する場合に発生する可能性があります悪意のあるコードです。行うことができます。表示またはモニター 3 のネットワークでは、パーサーを変更します。NPL 言語のドキュメントをアクセスには、 ヘルプメニューです。
  • NMAPI

    NMAPIネットワークの解析を行って、キャプチャ エンジンにプログラムでアクセスすることができます。3.2 を監視します。参照してください、 ヘルプ API のドキュメントへのリンクのメニューです。

一般的な問題

一般的なネットワーク3.2 の問題を監視します。次のものがあります。
  • プロトコルは正しく解析の操作を行います。この問題は場合に発生する可能性があります。次の条件のいずれかが原因です。
    • 会話機能は無効になります。

      特定プロトコルがあります状態値を格納する会話プロパティによって異なります以降のフレームで必要があります。たとえば、TCP を格納する会話する必要があります。再転送されたフレームについて説明します。フィルターには、TCP の再転送が行われません会話機能が有効になっていないを使用します。

      同様に、サーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルはできませんへの応答に変換します。 Transact 元の応答がないため、コマンドします。コマンドです。元のコマンドテーマのプロパティが保存されます。
    • 読み込まれた設定、完全なパーサーがありません。既定値ネットワーク モニター 3.2 パーサー設定の完全なセットのサブセットです。これ動作ネットワーク モニター 3.2 を実行することができます。すぐにします。場合は、完全にロードします。"どのようにして見るを参照してください。完全なパーサーを読み込むか?」トピックでは、 ヘルプ メニューです。
  • 次のいずれかが表示される場合、エラー メッセージ、Windows Vista ベースのコンピューターでネットワーク モニターの 3 を実行します。
    なしのネットワーク アダプター、ネットワーク モニターにバインドされています。ドライバー
    このネットワーク アダプターに構成されていませんネットワーク モニターでキャプチャします。
    場合この問題が発生するは、次の条件が当てはまります。
    • ネットワーク モニターの 3 として実行されていません。管理者。
    • ネットワーク モニターのユーザーのメンバーではないです。グループです。
    詳細については、ネットワーク モニターの 3 のリリースを参照してください。メモ、またはモニター 3 のネットワークで、"Windows Vista の動作"トピックを参照してください。 ヘルプメニューです。

関連情報

ネットワーク モニターの 3 についてのサポート情報についてを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
http://connect.microsoft.com
http://blogs.technet.com/netmon

プロパティ

文書番号: 955998 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt KB955998 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:955998
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com