Intelligent Application Gateway 2007 Service Pack 1 用の更新プログラム 5 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 956927 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

新しい更新プログラムは、Microsoft Intelligent Application Gateway (IAG) 2007 バージョン 3. 7 Service Pack 1 (SP1) が使用可能です。
元に戻す全体を表示する
製品更新プログラムの名前ビルド
Intelligent Application Gateway (IAG) 2007 Service Pack 1IAG3.7-SP1Update-5 (IAG v3.7 SP1 更新プログラム 5)50

修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる機能強化

修正プログラムのダウンロードの動作の解析

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生する可能性があります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下サポート技術情報をクリックしてください:
322756バックアップし、では、Windows レジストリを復元する方法
IAG 2007 SP1 更新 4 MaxBodyBufferSize という名前が、新しいレジストリ エントリが導入されました。このレジストリ エントリには、IAG 管理者のダウンロード可能なファイルの最大サイズを制御することができます。IAG 2007 SP1 更新 4年を適用すると、IAG を蓄積し、すべてのデータを解析しようとします。したがって、定義済みの最大サイズより大きい任意のファイル、ファイルの種類に関係なくブロックされます。

IAG 2007 SP1 更新 5年を適用すると、IAG されなく蓄積し、既定ではデータを解析します。代わりに、処理と解析動作 IAG の構成] コンソールで、次のように定義されている構文解析オプションの設定に基づきます。
  • これらの要求に対する応答の本体を解析しない] ボックスの一覧:
    この一覧に、あらゆる URL を要求された URL と一致する場合は、応答本体を解析するため蓄積するされましていません。
  • [検索と置換の応答のコンテンツ の一覧:
    この一覧に、あらゆる URL を要求された URL と一致して、要求された URL パラメーターの前のルールと一致しない場合は、応答本体を解析するため蓄積されます。
  • [検索と置換のコンテンツ タイプ の一覧:
    要求された URL は、2 つの前のルールのいずれかのパラメーターと一致しないし、コンテンツ タイプにこのリスト コンテンツ タイプと一致する場合は、応答本体を解析するため蓄積されます。
メモ基本トランク、および Webmail トランクは、IAG 管理者が以前の解析または蓄積されるメソッドに戻すしようとしていることを前提としています。この場合は、IAG の管理者は、BasicTrunkAccumulateResData、という新しいレジストリ エントリを作成する必要があり、管理者が 1 に、エントリの DWORD 値を設定する必要があります。BasicTrunkAccumulateResData レジストリ エントリは、次のレジストリ サブキーの下に作成する必要があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WhaleCom\e-Gap\von\UrlFilter\WhlFiltSNT

新しいクライアントの検出データを選択した Windows 管理インストルメンテーション (WMI) オブジェクトから取得する API

更新 5 に 2 つの新しいクライアント検出高度なエンドポイント検出スクリプトの作成を有効にする API について説明します。この更新プログラムを適用した後、管理者は、クライアント コンピューターに適用されている Windows の更新プログラムに関する情報を取得するカスタム検出スクリプトを作成できます。 必要な更新プログラムの一覧がこのデータを比較できるため、検出ポリシーで使用できます。

管理者は追加のクライアント コンピューターの情報を取得するカスタム検出スクリプトを作成することもできます。 取得できる情報の種類は次のとおりです。
  • Computer Name
  • コンピューターの SID
  • ドメイン名
  • ドメイン メンバーシップの状態
  • ワークグループ名
これらの API は、クライアント コンピューターで WMI を照会することによって実装されます。

ネットワーク コネクタが 10, 000 を超える追加のネットワークをサポートできます。

IAG 2007 SP1 更新する前に、5年ネットワーク コネクタのみ 7 追加のネットワークをサポートします。この更新プログラムを適用した後、管理者は 200 個まで追加のネットワークを定義できます。

マイナー修正プログラムのローカル ドライブのマッピング アプリケーション

更新 5 ユーザーの名にスペース文字が含まれているときに、ローカル ドライブの割り当てのアプリケーションでバグを修正します。

メモこの修正プログラムを Windows XP または Windows Server 2003 を実行しているクライアント コンピューターのみを対象としています。「ローカル ドライブ マッピング」IAG アプリケーションは、Windows Vista ベースのクライアント コンピューターではサポートされていません。また、アプリケーションの使用は、Windows Server 2008 サーバー ファイル共有に接続するのには、IAG「ローカル ドライブをマッピングする」では、任意クライアント OS はサポートされていません。

ユーザー警告は 64 ビット オペレーティング システム

IAG クライアント コンポーネントは、64 ビット オペレーティング システムではサポートされていません。この更新プログラムを適用した後、64 ビット オペレーティング システムでの Windows Internet Explorer を使って、ユーザーは、IAG サイトに接続している場合は、ユーザー ログオン ページで、次の警告メッセージが表示されます。
このコンピューターでは、64 ビット オペレーティング システムが実行されているために、クライアント コンポーネントのしていることによりこのコンピューターにインストールされませんでした。これで、企業のセキュリティに関する考慮事項に応じてこのサイトに影響する可能性があります。

詳細

情報を更新します。

サポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料で説明する問題のみを修正するのには役立ちます。このような特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

更新プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サービスのサポートの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ Microsoft Support 担当者が特定の更新に問題が解決されると判断した場合にかかる料金が通常のサポート免除される特殊な場合をキャンセルすることがあります。特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この更新プログラムを適用するのには、IAG 2007 でのアプライアンスの SP1 をインストール (3.7.1 バージョン) を持っている必要があります。

再起動の要件

この更新プログラムの適用後、アプライアンスを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは累積されます。IAG の 2007 年にリリースされた以下の更新プログラムが置き換えられます。
  • 1 IAG 2007 SP1 を更新します。
  • 2 IAG 2007 SP1 を更新します。
  • 3 IAG 2007 SP1 を更新します。
  • 4 IAG 2007 SP1 を更新します。

この更新プログラムの既知の問題

管理者がネットワーク コネクタに追加の 7 つ以上のネットワークを追加し、IAG 2007 SP1 更新 5年をアンインストールする場合は、次のエラー メッセージが表示されます。
ネットワーク コネクタ パラメーターを処理するために多く追加のネットワークが正しくありません。
この問題は、7 つ以上追加ネットワーク サポート機能もアンインストールされるために発生します。

以前の更新プログラムの既知の問題

  • プラグインの Sametime を使用すると、最初の試行を会議に出席できない場合があります。
  • 検出センターの機能は、WMI の検出を使用して Windows ファイアウォールを検出できません。したがって、Windows ファイアウォールが実行中にクライアント コンピューターで有効になっているかどうかを検出する既存の検出メカニズムが使用されます。
  • IP アドレスを使用して、パブリック ホストの名前を樹幹を定義することはできません。代わりに、ホスト名だけを使用する必要があります。トランク構成] コンソールの樹幹の 公開のホスト名または IP アドレス] ボックスが [パブリックのホスト名] ボックスで置き換えられます。さらに、ホスト名として FQDN をフォーマットする必要があり、少なくとも 2 つのピリオドが含まれている必要があります。たとえば、ホスト名は、次の形式を反映する必要があります。
    iag.contoso.com
  • 場合によっては、管理者は保護定義 e ギャップ アプライアンスのまたは IAG の smuggling が要求に定義されている既定の本文のサイズを変更する必要があります。たとえば、Windows SharePoint サイト上のいくつか Web パーツの要求サイズ E の間隔や IAG の既定のサイズより大きいです。この状況では、Web のモニターで次のメッセージが表示されます。
    HTTP 要求 Smuggling (HRS) の試行が検出されました。
  • この更新プログラムはオフラインのクライアント コンポーネントのインストールをサポートしていません。管理者は、オフラインのインストールを実行する必要がある場合は、まず、IAG 2007 SP1 オフラインのクライアント コンポーネントをインストールする必要があります。次に、クライアント コンポーネントは、ユーザーは、新しい更新プログラムを実行する IAG アプライアンスにアクセスを最初に自動的にアップグレードされます。

関連情報

e の 3. 6 アプライアンスの間隔、および IAG 2007 リリースされた更新プログラムの以前の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の記事を表示するのには、以下資料番号をクリックします。
948280e ギャップ アプライアンス 3. 6、および Microsoft Intelligent Application Gateway 2007 更新プログラム 1 の説明
953442更新 e ギャップ 3.6.1 2 および 2 IAG 2007 用更新プログラムの可用性
953623更新プログラム 3 Intelligent Application Gateway 2007 Service Pack 1 を入手できるか
955123更新 e ギャップ アプライアンス 3. 6 を 3 と 4 Intelligent Application Gateway 2007 用更新プログラムの説明
ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 956927 - 最終更新日: 2010年3月12日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Intelligent Application Gateway 2007
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbmt KB956927 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:956927
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com