SQL Server 2005 Service Pack 2 をインストールするか、セキュリティ更新プログラムをアンインストールすると正常には更新されません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 957008
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムをインストールしようとすると、Microsoft SQL Server 2005年が正常に更新されません。この問題は、セキュリティ更新プログラムのロールバック プロセスが正しく、それぞれ SQL Server サービスからローカル グループを SQL Server 2005 のサービス アカウントが削除されるために発生します。

原因

セキュリティ更新プログラムのロールバック プロセスが正しく、それぞれのローカル SQL Server サービスから SQL Server 2005 のサービス アカウントが削除されるためこの問題が発生します。グループ。ローカル サービス グループにアクセス許可が与えられますサービス アカウントにします。必要なサービスにアクセスできないため、リソース、および、サービスを開始できません。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 上にある SQL Server 2005 のサービス ・ グループを識別する、コンピューターです。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ compmgmt.msc、し、キーを押します。入力します。
    2. 展開 ローカル ユーザーとグループ、、をクリックして、 グループ.
  2. SQL Server 2005 サービス グループ"SQLServer2005"でを開始します。各グループを識別し、グループのメンバーシップを確認する] をダブルクリックします。グループのメンバーシップが空の場合に進みます。グループのメンバーシップが空でない場合は、次のグループを確認してください。
  3. サービス Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、サービス アカウントに、SQL Server 2005 を決定します。サービスです。

    クリックして、[サービス] スナップインを開くには、開始をクリックして 実行、タイプservices.msc、し、ENTER キーを押します。
  4. SQL Server サービスの名前を"SQL Server を使用します"開始します。たとえば、"SQL Server (MSSQLSERVER)"SQL エンジン サービスの既定のインスタンスの SQL Server です。このサービスが SQL Server 2005 からかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
    1. サービスを右クリックしをクリックしてください プロパティ.
    2. このサービスのプログラム ファイルを検索します。このファイルを示しています、 実行可能ファイルへのパス 領域です。
    3. ファイルの名前、プロパティ、およびバージョンを右クリックします。「9.0」または「2005.90」で、ファイルのバージョンを開始します。
  5. コンピューターの管理 MMC スナップインで、手順 2 で見つけたするサービス グループ名をダブルクリックします。サービス アカウント エントリをサービス ・ グループに不足しているかどうかを確認します。Ifサービス アカウント エントリがありません、クリックして 追加、入力、サービス アカウントの名前で、 選択するオブジェクト名を入力します。ダイアログ ボックスとクリック [OK].

    メモ クリックして、コンピューターの管理 MMC スナップインを開くには開始をクリックして 実行、タイプcompmgmt.msc、し、ENTER キーを押します。
  6. サービス MMC スナップインでは、SQL Server サービスを開始します。

    メモ するにはサービス スナップインをクリックを開く 開始をクリックして実行、タイプ services.msc、し、キーを押します。入力します。

詳細

ローカルの Microsoft SQL Server 2005年のセットアップ プログラムの作成します。Windows グループを各サービスごとに、インストールします。作成した Windows グループします。「サービス グループです」と呼ばれる

SQL Server 2005 のセットアップ プログラムが、サービスを追加します。サービスごとに、各グループ アカウントです。SQL Server の特定のサービスで必要なすべての Windows NT のアクセス許可を与えられています。各 Windows グループです。

これらのグループ SQL Server サービスおよびその他の実行可能ファイルを実行するために必要なアクセス許可の付与のプロセスを簡略化します。これらのグループは安全な SQL も支援します。サーバーのファイルです。SQL Server サービス SQL Server リソース、Windows リソースへをアクセスします。サービス グループ メンバーシップを通じて。

次のサービスとサービス ・ グループは、SQL Server 2005 のセットアップ中に作成されます。
元に戻す全体を表示する
SQL Server サービス サービス グループ
SQL Server既定のインスタンス:SQLServer2005MSSQLUser ドルコンピューター名$ MSSQLSERVER
名前付きインスタンス:SQLServer2005MSSQLUser ドルコンピューター名$InstanceName
SQL Server エージェント既定のインスタンス:SQLServer2005SQLAgentUser ドルコンピューター名$ MSSQLSERVER
名前付きインスタンス:SQLServer2005SQLAgentUser ドルコンピューター名$InstanceName
Analysis Services既定のインスタンス:SQLServer2005MSOLAPUser ドルコンピューター名$ MSSQLSERVER
名前付きインスタンス:SQLServer2005MSOLAPUser ドルコンピューター名$InstanceName
レポート サービス既定のインスタンス:
SQLServer2005ReportServerUser ドルコンピューター名$ MSSQLSERVERとSQLServer2005ReportingServicesWebServiceUser ドルコンピューター名$ MSSQLSERVER

名前付きインスタンス:
SQLServer2005ReportServerUser ドルコンピューター名$InstanceNameとSQLServer2005ReportingServicesWebServiceUser ドルコンピューター名$InstanceName
Notification Services既定または名前付きインスタンス:SQLServer2005NotificationServicesUser ドルコンピューター名
統合サービス 既定または名前付きインスタンス:SQLServer2005DTSUser ドルコンピューター名
フルテキスト検索既定のインスタンス:SQLServer2005MSFTEUser ドルコンピューター名$ MSSQLSERVER
名前付きインスタンス:SQLServer2005MSFTEUser ドルコンピューター名$InstanceName
SQL Server ブラウザー既定または名前付きインスタンス:SQLServer2005SQLBrowserUser $コンピューター名
SQL Server Active Directory ヘルパー既定または名前付きインスタンス:SQLServer2005MSSQLServerADHelperUser ドルコンピューター名
Windows サービスのアカウントを設定する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms143504 (SQL.90)

プロパティ

文書番号: 957008 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbsecvulnerability kbqfe kbsecurity kbpubtypekc kbexpertiseinter kbmt KB957008 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:957008
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com