Microsoft Dynamics CRM 4. 0 と Microsoft SQL Server 2008 を実行するためのサポート

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 957053 - 対象製品
制限 Microsoft Dynamics コンテンツは、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) のパブリック Web サイトに提供します。 Microsoft Dynamics の完全なコンテンツおよび追加リソースを参照してください:

Dynamics 顧客
Microsoft Dynamics CustomerSource *
Dynamics パートナー
Microsoft Dynamics PartnerSource

* 顧客などの拡張計画の準備完了にビジネス、ソフトウェア アシュアランス Microsoft Dynamics サービス プランがある必要がある
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここでは Microsoft Dynamics CRM 4. 0 と Microsoft SQL Server 2008 を実行するためのサポートについて説明します。

詳細

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 は、Microsoft SQL Server 2008 と互換性があります。 Microsoft Dynamics CRM のクライアントでオフライン アクセスを Microsoft Office Outlook です SQL Server 2008 Express Edition と互換性。 Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーは、SQL Server 2008 と互換性が。

メモ Microsoft Dynamics CRM 3. 0 と、Microsoft Dynamics CRM 3. 0 の Microsoft Office Outlook クライアントは SQL Server 2008 と互換性。

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 は、SQL Server 2008 の次のバージョンをサポートします。
  • SQL Server 2008 のエンタープライズ版 (32 ビットおよび 64 x)
  • SQL Server 2008 Standard Edition (32 ビットおよび 64 x)
メモ Outlook のオフライン アクセスおよび Microsoft Dynamics CRM データ移行マネージャーで、Microsoft Dynamics CRM クライアントを使用する場合 SQL Server 2008 Express Edition もサポートされます。

Microsoft SQL Server 2008 と共に実行するためを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするには次修正プログラムをインストールする必要があります。
  • 修正プログラムの 952601
    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    952601Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のセットアップ プログラムで、環境診断ウィザード (EDW)、チェックを実行するとエラー メッセージ:"エラー | チェック FullTextRunningValidator: エラーが発生しました: サービスの msftesql がコンピューター '[Computer_Name]' で見つかりませんでした"
  • 修正プログラムの 952602
    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    952602Microsoft Dynamics CRM 4. 0 用の Microsoft Dynamics CRM データ コネクタをインストールしようとすると、エラー メッセージ: SQL Server レポート サービス レポート Server のインストールを検証できません"
  • 修正プログラムの 947278
    関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
    947278SSRS 用の Microsoft Dynamics CRM コネクタをインストールしようとすると、エラー メッセージ:「Microsoft Dynamics CRM コネクタ SSRS セットアップを完了できませんでした」
これらの修正プログラムをインストールするには、クリックできます インストール ファイルを更新する SQL Server レポート サービスの Microsoft Dynamics CRM 4. 0 と、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のコネクタのインストール中に。 「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料 948917 に記載されている手順を実行することができますもします。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
948917Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のセットアップの更新プログラムの入手方法

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールした後に発生する可能性のある問題

Microsoft SQL Server 2008 と共に実行するように Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールする前に SQL フルテキスト フィルター デーモン ラウンチャー サービスが開始されているを確認してください。 サービスが開始されていない場合は、「サポート技術情報」(Knowledge Base) の検索機能は Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールした後動作しません。

SQL Server レポート サービスを Microsoft Dynamics CRM コネクタを使用する SQL Server 2005 を SQL Server 2008 にアップグレードした後レポートは機能しません。 アンインストールしてから、Microsoft Dynamics CRM コネクタを再インストールの SQL Server レポート サービスください。

新しい組織を作成するか、または SQL Server 2005 を SQL Server 2008 にアップグレードした後、組織をインポートしようとした場合、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー | チェック FullTextRunningValidator: エラーが発生しました: サービス コンピューター上に msftesql が存在しない 'Computer_Name'。
このエラー メッセージが表示される場合、は、956869 の修正プログラムをインストールする必要があります。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
956869新しい組織を作成または Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で組織をインポートすると、エラー メッセージ:「コンピューター '[Computer_name]' 上にサービス msftesql が存在しない」

Microsoft SQL Server 2008 で組み合わせて Microsoft Dynamics CRM 4. 0 が実行されるときに発生する可能性のある問題

実行時に Microsoft Dynamics CRM 4. 0 Microsoft SQL Server 2008 と共に、1 つ以上の次の問題 m の ay されます。

問題 1 : Microsoft Age of Mythology のゲーム中に、マウス ポインタのグラフィックに異常が発生することがあります

セットアップ プログラムを Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で、環境診断ウィザード (EDW) 確認を実行、次のエラー メッセージでは、表示されます。
エラー | チェック FullTextRunningValidator: エラーが発生しました: コンピューター上にサービスの msftesql が存在しない 'Computer_Name'。
この問題を解決をするには 952601 の修正プログラムをインストールします。

問題 2

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の Microsoft SQL Server 2008 レポート サービスを実行しているサーバーに Microsoft Dynamics CRM データ コネクタをインストールすると、EDW で、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
SQL Server レポート サービスを検証できませんレポート サーバー インストールします。 ローカル コンピューターに正しく装着されていること確認してください。
この問題を解決をするには 952602 の修正プログラムをインストールします。

問題 3

SSRS サーバーに、Microsoft Dynamics CRM コネクタの Microsoft SQL Server レポート サービス (SSRS) をインストールするしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Dynamics CRM SSRS セットアップの
セットアップは正常に完了しませんでした。
この問題を回避するするには、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料 947278 に記載されて手順を実行します。

問題 4

サポート技術情報の記事を検索すると、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
エラーが発生しました。
また、レコードは返されません。

この問題を回避するには、以下の手順を実行します:
  1. SQL フルテキスト フィルター デーモン ラウンチャー サービスを開始します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server 2008 を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 services.msc と入力して [OK] をクリックします。
    2. マウスの右ボタンでクリックして SQL フルテキスト フィルター デーモン起動プログラム 、して [ 開始 ] をクリックします。
  2. サービス アカウントを SQLServerFDHostUser $ SQLSERVER $ インスタンスのローカル グループに追加します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server 2008 を実行しているコンピューターで 開始 ] をクリックして 実行 ] をクリックして、 compmgmt.msc と入力して [OK] をクリックします。
    2. ローカル ユーザーとグループ を展開し、 グループ を実行します。
    3. マウスの右ボタンでクリックして SQLServerFDHostUser $ SQLSERVER $ インスタンス 、して、[ グループに追加 ] をクリックします。
    4. [ 追加 ] をクリックします。
    5. [ 選択するオブジェクト名を入力してください ] ボックスで、SQL では、フルテキスト フィルター デーモン (起動ツール) サービスを開始するユーザー アカウントを入力を [OK] をクリックします。
  3. フルテキスト カタログを再構築します。 これを行うには、次の手順を実行します。
    1. SQL Server 2008 を実行しているコンピューターで 開始 すべてのプログラム Microsoft SQL Server 2008 をクリックして [ SQL Server の管理 Studio ] をクリックします。
    2. データベース を展開 Organization_Name _MSCRM 記憶域 の展開、 フル テキスト カタログ を展開、 ftcat_documentindex_"GUID" を右クリックを展開し 再構築 ] をクリックします。
    3. [OK] フルテキスト カタログを削除し、フルテキスト カタログを再構築をクリックします。
    4. 閉じる をクリックします。

5 の問題

新しい組織を作成するときまたは組織をインポートするときに、EDW で、次のエラー メッセージが表示されます。
サービス msftesql がコンピューター 'Computer_Name' に見つかりませんでした。
この問題を解決するには、修正プログラム 956869 を適用します。

問題 6

を同じサーバーにすべて Microsoft Dynamics CRM 4. 0 Microsoft SQL Server 2008 と SQL Server 2008 のレポート サービスをインストールすると、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
"指定されたパス"はありません、メタベースのパスです。 プラットフォーム エラー: System.Exception: 操作の Microsoft.Crm.Setup.Server.RSConfigAction に失敗しました。 System.ArgumentException--->: 指定された、パスはメタベース パスではありません。
この問題は、サーバー上にレポート サービスのパスは存在しない場合に発生します。

この問題を回避するには、同じポートとレポート サービス サーバーが使用している同じ URL で実行される Web サイトを作成します。 SQL Server 2008 Reporting Services で、IIS はレポートにアクセスするのには使用されません。 ただし、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 が同じサーバーにインストールされている場合 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 Web サイトが、同じ URL、エラーを回避するに検出する必要があります。 確認する、URL のレポート サービスには、次の手順に従います。
  1. 開始 すべてのプログラム Microsoft SQL Server 2008 のクリックして、 構成ツール」を参照して をクリック [し、[ サービスの構成マネージャーのレポート ] をクリックします。
  2. 接続 をレポート サーバー インスタンスに接続します。
  3. Web サービスの URL をクリックし、どのようなレポート サーバー Web サービスの URL をしてください。 たとえば、URL が"http://"SQLServername になります: 8181/レポート サーバー。
Windows Server 2008 で次の手順を実行します。
  1. [スタート ] をクリックして、 実行 ををクリックして inetmgr 入力します。
  2. サーバー名を展開し、 サイト を右クリックし [ 追加の Web サイト ] をクリックします。
  3. サイトの名前を入力し、物理パスを [します。
  4. レポート サーバー Web サービスのポート番号を入力します。 たとえば、 8181 をと入力します。
  5. [ OK] をクリックします。
Windows Server 2003 で以下の手順を実行します。
  1. [スタート ] をクリックして、 実行 ををクリックして inetmgr 入力します。
  2. サーバー名を展開、 Web サイト を右クリックし、[ 新規作成 ] をクリックしてクリックして、[ Web サイト ] をクリックします。
  3. や説明を入力、サイトのし、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  4. レポート サーバー Web サービスのポート番号を入力します。 たとえば、 8181 、入力し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  5. パス、Web サイトを入力し、[ 次へ] </a0> をクリックします。
  6. アクセス許可 ] ページで、[ 次へ ] をクリックします。
  7. [完了] をクリックします。

プロパティ

文書番号: 957053 - 最終更新日: 2009年9月8日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbinfo kbmbsmigrate kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbmbsinstallation kbmt KB957053 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:957053
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com