Windows SBS 2008 にインストール イベントのエラー ポストと呼ばれる

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 957713
すべて展開する | すべて折りたたむ
ソース: マイクロソフトのサポート

迅速な公開

迅速な発行記事から直接 MICROSOFT サポート組織内の情報を提供します。ここに含まれる情報が新興または一意応答で作成されますトピック、または意図補足情報その他の技術情報です。

現象

ポスト インストール イベント エラーから SBS 2008 と呼ばれるを掲載しています。

高度な手順



1既知のポスト インストール イベント

1.1DCOM イベント ID 10016

問題:、Microsoft Windows SharePoint Services 3.0 をインストールします。Windows SharePoint Services 3.0 が正常にインストールした後、システム ログを表示すると、イベント ID 10016 エラー メッセージが 1 回以上記録を参照してください。

イベント ID:

ログ名: システム
ソース: マイクロソフトの Windows-DistributedCOM
イベント ID: 10016
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
ネットワーク サービスのユーザー:
説明:
アプリケーション固有のアクセス許可の設定の CLSID を持つ COM サーバー アプリケーションのローカル アクティブ化のアクセス許可を付与しません。
{61738644-F196-11D0-9953-00C04FD919C1}
ユーザーを NT authority \network サービス SID (S-1-5-20) からアドレスの LocalHost (LRPC を使用して)。このセキュリティのアクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使用して変更できます。

解決方法:

次の手順に従ってください。

1. スタートをクリックして実行] をクリックして、名前] ボックスに dcomcnfg を入力、[OK] をクリックします。

2. コンポーネント サービスを展開コンピューターを展開し、[マイ コンピューター] を展開し、、[DCOM の構成] をクリックします。

3. WAMREG の IIS 管理サービスを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

4. [セキュリティ] タブをクリックします。

5 起動とアクティブ化のアクセス許可]] をクリックします。 [編集] をクリックします。

6 [起動許可] ダイアログ ボックスで第、[追加] をクリックします。、[WSS_WPG]、セキュリティ グループを入力します。 [名前の確認] をクリックし、[OK] をクリックします。

7. ユーザー名] ボックスの一覧のアクセス許可、ローカル アクティブ化の横には、は、[許可] チェック ボックスをオンにし、[ok] を 2 回クリックします。




1.2 検索の MSExchange イベント ID 4625

問題: セキュリティ ログにセキュリティ監査の障害が発生しました。数分おきにイベント ID 4625 のレポート先 Microsoft.Exchange.Search.ExSearch.exe に問題があります。



解決方法します。 Exchange プログラムのロールアップ更新プログラムにこれを 4 のリリースは 2008 年 9 月にリリースされるターゲット先で修正する必要があります。それ以外の場合は無視できます。



1.3MSExchange イベント ID 4001: MSExchange システム Attendent メールボックス

問題: このイベントを再起動が行われ、クリアします。残りのイベント ログにエラー イベント以外の既知の副作用はありません。



詳細情報:

http://www.microsoft.com/technet/support/ee/transform.aspx か。ProdName=Exchange&ProdVer=8.0&EvtID=4001&EvtSrc=MSExchange%20System%20Attendant%20Mailbox&LCID=1033



1.4MSExchange イベント ID 8213: MSExchangeFBPublish

問題: Microsoft Exchange Server が (SBS2008 のセットアップ中にインストールされている) をインストールした後、次のイベントがアプリケーション ログが表示されます。

イベントの種類: エラー
イベント ソース: MSExchangeFBPublish
イベント カテゴリ: 全般
イベント ID: 8213
説明: システム アテンダント サービスを失敗したセッションの仮想マシンを作成するのには コンピューター名.エラー番号は 0x80044501 です。



解決方法: この問題を解決するための手順は、この資料を参照してください。Windows Small Business Server のソリューションでは、この資料が有効です。http://support.microsoft.com/kb/296151



1.5その他のエラー メッセージは OS のインストール後、イベント ビューアーを記録しました。

問題: インストールの成功後プログラムまたはが存在しない場合インターネット接続がインターネットへの接続に必要なサービスが、イベント ビューアーにログに記録するエラー イベントがあります。たとえば、Forefront Security の Exchange Server (FSE) は、エンジンのインストール後に更新しようと、1 時間ごとに。インターネットに接続しなくても、FSE のようなエラー イベント次生成します。



ログ名: アプリケーション

ソース: GetEngineFiles

イベント ID: 6014

タスクのカテゴリ: (6)

レベル: エラー

キーワード: クラシック

ユーザー: 該当なし

コンピューター: SERVER.domain.local

説明:

Microsoft Forefront Server Security でスキャン エンジンの更新中にエラーが発生しました。

エンジンをスキャン: 良美

パスを更新します http://forefrontdl.microsoft.com/server/scanengineupdate/x86/Norman。

プロキシの設定: 無効

エラー コード: 0x80004005

説明: で、アップデートがか確認中にエラーが発生しました。



解決方法:

1. セットアップの完了後は、開いて、 Windows SBS コンソール.

2. から、[ホーム] ページで、[作業の開始タスクでクリックします。 インターネットへの接続します。.このウィザードには、サーバーとインターネットに接続するネットワークを構成します。



2その他-正常イベント

2.1DCOM イベント ID 10009 が:

問題します。 クライアント ワークステーションがファイアウォールの構成が正しくないか、ドメイン内のネットワーク通信に影響を与えるその他の問題があると DCOM イベント ID 10009 が発生します。たとえば、次のように、ワークステーションは、SBS の GPO によって管理されていない場合。このシナリオでは、DCOM イベント ID 10009 繰り返し可能性が 1 日あたりの何百も行われます。



解決方法: の構成を解決するのには、ファイアウォールの問題、次の操作を。

  • リモート管理の例外を許可するようにしてください。ファイアウォール ソリューションによってはこれを実装することができます。 またはいくつかのポートを開く必要があります。残念ながら、この TCP/135、TCP 139/も簡単に定義することはできませんで 1025年を開始する動的ポートの範囲のような一般的なポートを開くことを意味します。動的 RPC トラフィックを許可するの適切な方法は、ファイアウォールの製造元にお問い合わせを確認してください。


  • 必要な接続、ワークステーション SBS サーバーが異なるサブネット上にあると、Windows XP SP2 が実行されているかは高く、SBS グループ ポリシーによって提供されるファイアウォールの例外を正しくすることができます。クライアントの XP GPO を編集してサブネットを使用できるように、規則の範囲と、サーバーの内部 IP の変更してください。SBS ドメインでを実行して SBS サーバーを異なるサブネット上の XP SP2 を正しく監視するのには、次の (または上位) の追加の手順のマシンを実行し、DCOM イベント ID 10009 を防ぐこのような場合はエラーします。




1. 開始をクリックして 実行、GPMC を入力します。MSC をし [OK].

2. 続行 UAC のプロンプトにします。

3. フォレスト: Domain.local ドメイン、Domain.local、グループ ポリシー オブジェクトを選択します。(Domain.local ドメインを交換してください)

4. 右クリックして、 Windows SBS クライアント ? Windows XP ポリシー クリックして 編集.

5. コンピューターの構成、ポリシー、管理用テンプレート、ネットワーク、ネットワーク接続、Windows ファイアウォール、ドメイン プロファイルを展開します。

6. サーバーの IP アドレスを検索します。 [スタート] メニューから、コマンド プロンプト (cmd.exe) を開きます。コマンド プロンプトで IPConfig を入力し、return キーを押します。表示されている IPv4 アドレスをメモします。

7 グループ ポリシー管理エディターで、ダブルクリックします。 [Windows ファイアウォール: 着信ファイルとプリンターの共有の例外を許可します。

a. テキスト ボックスに これらの IP アドレスからの要請されない着信メッセージを許可します。、サーバーの IP (IPv4) を追加します。サーバーの IP が 192.168.1.2 の場合は、テキスト ボックスを参照してくださいたとえば、: localsubnet、192.168.1.2 は使用します。

b. をクリックします。 [OK].

8. 手順の 7.a と 7.b、次の規則を繰り返します。

[Windows ファイアウォール: 着信リモート管理の例外を許可します。

[Windows ファイアウォール: 着信リモート デスクトップの例外を許可します。



2.2 MSExchangeFBPublish イベント 8206 は Windows Sharepoint サービス 3 のイベント Id 5586、10036、6398



問題: 重要なアラートが Exchange や SharePoint アプリケーション イベント ビューアーで、データ フォルダーの移動ウィザード、または commandlets の 2 つのアプリケーションを使用すると発生します。



説明: 移動中はデータの交換と Windows SharePoint Services のいくつかのサービスが停止していると重要なアラートに依存するアプリケーションを発生可能性がありますので。移動処理アプリケーションが一貫した状態に移動し、レポート後は成功になります。これらのアラートが期待され、ユーザーが移動処理中に発生したすべてのようなイベントを無視する必要があります。

解決方法: 移動操作を正常に完了した場合ユーザーは移動中にすべての重要な警告を無視してください。移動中にエラーがある場合警告は、関連性が高いは、移動中に発生した可能性があります特定の問題の診断に役立つ場合があります。

詳細情報:
Exchange が移動処理中に発生する重要なアラートの詳細については、次の Knowledge base の記事を参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/support/ee/transform.aspx か。ProdName Exchange & ProdVer = 8.0 & EvtID = 8206 = & EvtSrc MSExchangeFBPublish =

移動アプリケーションを sharepoint サイトの読み取り/書き込みアクセスをロック、移動の Sharepoint データベースに、データベースを新しい場所に移動移動中にエラーをチェックし、sharepoint サイトへのアクセスを再度有効になります。プロセスも、sharepoint サイトへの HTTP 要求を開始し、サイトが実行中であることを確認します。検索と同様に、サイトの可用性に依存しているいくつかの他のサービスのロックダウンは、中にインデックス作成のスケジュールされたジョブを Sharepoint などの重要な警告イベント ビューアーでを引き起こす可能性があります。

免責事項

マイクロソフトおよびその供給者または適合性、信頼性、情報の正確性について保証されるドキュメントおよび関連グラフィックスこの WEB サイト (「材料」) でのいかなる目的に対して公開するに含まれています。材料技術的な誤りや誤植がありますおよび予告なく随時改訂する場合があります。

によって適用可能な法律、マイクロソフトおよびその供給者が許可する最大限の範囲に暗示されていると第三者の権利侵害、適切な状態または品質、商品性の保証および材料を基準に、特定の目的への適合性明示、黙示または法律上などを表明、保証、またはタイトル、以外の条件を制限されているかどうか、すべての表現、保証、および条件を除外します。

プロパティ

文書番号: 957713 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbnomt kbrapidpub kbmt KB957713 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:957713
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com