Visual Studio 2008 SP1 をデバッグし、ブレークポイントを更新

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 957912
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトは、Microsoft Visual Studio 2008 SP1 のデバッガーのコンポーネント用の更新プログラムをリリースしました。これらの更新プログラムほとんどステップ実行やブレークポイントにヒットしたために発生する問題に対応します。

詳細

インストール

この更新プログラムはバージョン Visual Studio の 2008 SP1 x 86 と x64 の両方のコンピューター上のすべてのです。ただし、Visual Studio 2008 Standard Edition は、64 ビット オペレーティング システムで使用する場合は、この更新プログラムを適用する前に、64 ビット Visual Studio 2008 SP1 リモート デバッガーをインストールする必要があります。64 ビット Visual Studio 2008 SP1 リモート デバッガーを入手する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の 440ec902-3260-4cdc-b11a-6a9070a2aaab & DisplayLang = en

マルチ プロセス、マルチ スレッド化されたデバッガーの修正

メモ 以下の説明は架空の一連のデバッグ中のプロセスによって Visual Studio の単一のインスタンスを参照してください。関数が呼ばれるとき、関数は、再帰的である、または機能にはループが含まれていると見なされます。このような場合は、問題を再現するのには対象になりません。代わりに、問題を説明するために提供されます。

Parallelized ループでブレークポイントが最終的に複数のヒット後は無視されます。

ブレークポイントは、関数内のすべてのプロセスが各反復計算でヒットしない再帰やループを配置します。多くの場合、いくつかのプロセスは多くはプロセスを停止する前に、ブレークポイントを無視して、ループの反復を渡すことができます。次のシナリオを検討してください。
  1. 複数プロセスのデバッグを開始します。デバッグ中のプロセスのいずれかのループの中でか、再帰的な関数です。
  2. (ブレークポイントにヒットするのには、最後のプロセス)、現在のプロセスのメイン スレッドを停止し、デバッグを続行します。プロセスごとにこの操作を繰り返します。
  3. 各プロセスのスレッドを再起動します。
いくつかのイテレーション後ブレークポイントはヒットするには注意してください。この現象は予期されていません。

停止および開始するスレッドが失われる場合に、[ブレークポイントを発生します。

ブレークポイントに達するが、Visual Studio のデバッガーでの複数のプロセスをデバッグするときは表示されません。2 つのプロセス、プロセス、およびプロセス B. をデバッグしている、次のシナリオを検討してください。
  1. 両方のプロセスにブレークポイントを設定し、デバッグを開始します。両方のブレークポイントにヒットします。
  2. プロセス A のメイン スレッドを停止、プロセス B の選択、コマンドを 1 回のステップには、F11 キーを押します。
  3. プロセスは、メイン スレッドを再起動し、プロセス B のメイン スレッドを停止次に、コマンドにステップ インするのには、F11 キーを押します。

    両方のプロセスと同じ行にあることを確認します。
  4. A. のプロセスのメイン スレッドを停止します。スレッドここで停止する必要がありますされません。
  5. F5 キーを押して続行します。
このプロセスを完了する必要がありますと Visual Studio がデザイン モードに戻る必要があります。ただし、この発生しません。プロセスは後でもう一度コードを分割します。

メモ 続行するのには、f5 キーを押すと、ブレークポイントを削除すると、この設定が完了するまで、デバッガーを実行します。

同時に複数のプロセスをデバッグするとき Visual Studio がクラッシュする可能性があります。

スレッドを停止して場合は複数のプロセスがデバッグ中は、次のブレークポイントまでを実行を開始すると Visual Studio のデバッガー、デッドロックがあります。次のシナリオを検討してください。
  1. 任意の 3 つの変数宣言にブレークポイントを設定します。
  2. 16 のプロセスをデバッグを開始します。
  3. プロセスのいずれかに侵入し、メイン スレッドを停止します。
  4. F5 キーを押します。
  5. すべてのプロセスがブレークポイントにヒットしたとされるまで手順 3 と 4 を繰り返します。
  6. すべてのプロセスのメイン スレッドを開始しました。
  7. プロセスごとに、最初のブレークポイントを削除し、F5 キーを押します。
  8. プロセスごとに、手順 3 と 4 を繰り返します。2 番目のブレークポイントですべてのプロセスがあります。
  9. F5 キーを押します。
  10. プロセスごとに、手順 3 と 4 を繰り返します。
すべてのプロセス、3 番目のブレークポイントに到達する必要がありますが、少なくとも 1 つのプロセスが実行中の状態に陥った。

ネイティブ アプリケーションをデバッグするときに無効なブレークポイントをステップ実行、"go"を切り替えます

無効なブレークポイントを含む Visual Studio でネイティブ アプリケーションをデバッグします。過去の無効なブレークポイントは、デバッガーのステップを実行すると、手順が失われ、アプリケーションは引き続き実行されます。

ステップをマネージ マルチ スレッド アプリケーションをデバッグするとき、"go"をランダムにことができます。

ステップ要求は、マルチ スレッド マネージ アプリケーションをデバッグし、ブレークポイントにヒットするなど、別のスレッドでイベントを処理中に 1 つのスレッドをステップ実行すると失われます。また、アプリケーションは引き続き実行されます。

メッセージ渡しインターフェイス (MPI) デバッガーに対する修正 MPI プラグインのサポートを提供する Visual Studio のエディション

MPI プログラムを起動するのには、[ステップ イン] コマンドを使用すると、Visual Studio がクラッシュします。

使用すると、 ステップ イン コマンドまたは F11 を押して Visual Studio クラッシュ、MPI プロセスの複数のインスタンスをデバッグするのには。または、次のエラー メッセージが表示されます。
マイクロソフトの Visual Studio が発生したため、内部エラー

複数のプロセスをデバッグしているときに、「ステップ オーバー」コマンドを実行しているデッドロックが発生します。

実行するかどうかは、 ステップ オーバー コマンドのデバッグ中、複数のプロセス、Visual Studio がクラッシュします。次のシナリオを検討してください。
  1. マルチ スレッド アプリケーションを開きます。
  2. 再帰的な関数呼び出しにブレークポイントを設定します。
  3. 2 つのプロセスをデバッグします。
  4. デバッグを開始します。最初のプロセスでブレークポイントにヒットします。
  5. F5 キーを押します。2 番目のプロセスにブレークポイントにヒットします。
  6. 最初のプロセスのメイン スレッドを停止します。
  7. 実行、 ステップ オーバー コマンドは、2 番目のプロセスをクリックします。 一時停止.

    最初のプロセスを待機しているため、操作を完了できません。クリックします。 一時停止 中断モードを再入力します。デバッガーは、関数から制御が戻るときに実行される、次のステートメントのプロセスを示すために、緑色の矢印を使用します。
  8. 2 番目のプロセスにブレークポイントを追加します。
  9. 最初のプロセスを停止し、F5 キーを押します。
この時点では、各プロセス内のブレークポイントに到達すると、デバッガーが期待どおり。ただし、いずれのプロセスでも、関数の内部がデッドロックされるされ、最後に追加したブレークポイントはヒットします。さらに、デバッガーがアプリケーションの最後に実行できません。

ブレークポイントの UI の修正

Visual Studio、2008 Service Pack 1 をインストールした後、無効なブレークポイントは表示されません。

ブレークポイントを無効にする場合は、不要にブレークポイントにヒットします。また、ブレークポイントは、エディターの左端のチャネルから隠されています。無効なブレークポイントが存在します。ブレークポイントのツール ウィンドウに表示されます。

解決方法

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムを MSDN コード ギャラリーからダウンロードするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://code.msdn.microsoft.com/KB957912

メモ MSDN コード ギャラリーの修正プログラムを入手できる言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合コード ギャラリー リソース ページがその言語の利用できないためにです。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

前提条件

Microsoft Visual Studio 2008年この修正プログラムを適用するのには、SP1 をインストールする必要があります。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムに置き換えられない。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
AvVsPkDH.dll9.0.30729.177325848 年 11 月 8 日2: 19x 86
AvVsPkDH.dll9.0.30729.177382168 年 11 月 8 日2: 19x64
AvVsPkDH.dll9.0.30729.177750808 年 11 月 8 日2: 19IA-64
AvVsPkDH.dll9.0.30729.177750808 年 11 月 8 日2: 19x 86
AvVsPkDH.dll9.0.30729.177382168 年 11 月 8 日2: 19x 86
AvVsPkDH.dll9.0.30729.177325848 年 11 月 8 日2: 19x 86
cpde.dll9.0.30729.1776526088 年 11 月 8 日2: 19x 86
mcee.dll9.0.30729.17711809928 年 11 月 8 日2: 19x 86
mcee.dll9.0.30729.1776567048 年 11 月 8 日2: 19x 86
mcee.dll9.0.30729.1773648648 年 11 月 8 日2: 19x 86
mcee.dll9.0.30729.1773648648 年 11 月 8 日2: 19x 86
mcee.dll9.0.30729.1776567048 年 11 月 8 日2: 19x64
mcee.dll9.0.30729.17711809928 年 11 月 8 日2: 19IA-64
mpishim.exe9.0.30729.177238808 年 11 月 8 日2: 19x 86
mpishim.exe9.0.30729.177238808 年 11 月 8 日2: 19x 86
mpishim.exe9.0.30729.177238808 年 11 月 8 日2: 19x 86
mpishim.exe9.0.30729.177238808 年 11 月 8 日2: 19x 86
mpishim.exe9.0.30729.177290008 年 11 月 8 日2: 19x64
mpishim.exe9.0.30729.177546008 年 11 月 8 日2: 19IA-64
msvb7.dll9.0.30729.17740871048 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvb7.dll9.0.30729.17757331848 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvb7.dll9.0.30729.17727425928 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvb7.dll9.0.30729.17740871048 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvb7.dll9.0.30729.17740871048 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvb7.dll9.0.30729.17727425928 年 11 月 8 日2: 19x64
msvb7.dll9.0.30729.17757331848 年 11 月 8 日2: 19IA-64
msvsmon.exe9.0.30729.17799925208 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvsmon.exe9.0.30729.17747614168 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvsmon.exe9.0.30729.17732167128 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvsmon.exe9.0.30729.17732167128 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvsmon.exe9.0.30729.17747614168 年 11 月 8 日2: 19x64
msvsmon.exe9.0.30729.17799925208 年 11 月 8 日2: 19IA-64
NatDbgDE.dll9.0.30729.17713479128 年 11 月 8 日2: 19x 86
NatDbgDE.dll9.0.30729.1773141848 年 11 月 8 日2: 19x 86
vsdebug.dll9.0.30729.17715849688 年 11 月 8 日2: 19x 86
msvb7.dll9.0.30729.17740871048 年 11 月 8 日2: 19x 86

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 957912 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB957912 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:957912
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com