サービス パック 3 を Windows Embedded ポイントのサービスは、Windows の基礎レガシー Pc の利用します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 958255 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

このダウンロード ファイルは、Service Pack 3 (SP3) と更新を Windows Embedded のポイントのサービス (WEPOS) Windows の基礎レガシー Pc (改訂) のです。この SP3 の更新プログラムには、Windows XP のすべてのセキュリティ更新プログラム、修正プログラム、および WEPOS と改訂のオペレーティング システムを実行しているシステムに適用選択の外のリリースを 2008 年 5 月) が含まれます。

すべてのセキュリティでは、システムを更新する必要がありますメソッドにサービスを提供、標準を使用して、次の 2008 年 5 月更新します。

これらのオペレーティング システムのフット プリントを最小化するときに発生する問題がセキュリティ用 GDI+ で説明されている KB938464 で使用可能になった更新プログラムはインストールされません。

この問題を解決するのには、「既知の問題」セクション手順を実行します。

メモ WEPOS のシステムの更新、OEM または、WEPOS のイメージをサポートしている、IT 部門のガイダンスの下で行います。

WEPOS と改訂を SP3 更新プログラムをインストールする前に

インストールの前にこの全体のドキュメントを参照してください。

バックアップ

WEPOS または改訂既設は、次の手順を実行する前にバックアップします。また、大容量このパッケージの展開を実行する前に、1 台のコンピューター上の SP3 パッケージをテストすることを確認してください。

SP3 パッケージをインストールし、バックアップを作成しないことを決定した場合は、システム ドライブにファイルのアーカイブは作成されません。したがって、SP3 のインストールを削除できません。

「プレインストールの要件

いくつかのソフトウェア更新プログラム インストールは前に、のサービス パック レベルを確認し、SP3 の更新プログラムをインストールした後はインストールされません。WEPOS と改訂の SP3 をインストールする前にこれらの更新プログラムをインストールする必要があります。WEPOS OEM または IT 部門の他の更新プログラムがシステムに必要かどうかを判断するに問い合わせてください。これらの更新プログラムは、通常のサービスのチャネルを取得します。

Windows Update または自動更新を使用して、Microsoft ダウンロード センターを参照してくださいする場合は、XP のプロ SP3 のみ利用可能な更新プログラムであることを参照してください。複数の更新プログラムを入手するのには、次の操作のいずれかの手順に従います。
  • クリックしてください。 ユーザー設定プロパティ その他の更新プログラムを確認します。 他の更新プログラムのダウンロードを参照してくださいするのには。
  • WEPOS、改訂、.NET Framework またはその他の製品では、Microsoft ダウンロード センターは、必要な更新を検索するを検索します。
  • この SP3 の更新プログラムをインストールする前に.NET Framework のデバイスの要件をシステムでは場合は、次の必要な.NET Framework のバージョンをインストールします。
    • .NET Framework 2.0
    • .NET Framework 3.0
    また、必要な.NET Framework のバージョンに適用できる更新をインストールしてください。SP3 に更新した後、これらの更新プログラムをインストールできません。

    WEPOS と改訂、.NET Framework 3.5 または.NET Framework 3.5 SP1 がこの文書の執筆時点が検証されていません。

    WEPOS Oem や販売業者これらの更新プログラム、OEM の Web サイトからダウンロードする必要があります。
    • マイクロソフト OEM オンライン
    • MyOEM
    改訂ユーザーと WEPOS エンドユーザーだけに記載されている SP3 の更新プログラムはこの文書に Web サイトからダウンロードできます。

WEPOS の更新

Windows の基礎レガシー Pc (改訂) の更新プログラム

インストール

WEPOS の次のファイルを「Microsoft ダウンロード センターからダウンロードです。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsXP-KB958255-ENU.exe パッケージします。

次の改訂ファイルを「Microsoft ダウンロード センターからダウンロードです。
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
WindowsXP-KB958255-ENU.exe パッケージします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、次の資料番号をクリックして、Microsoft Knowledge Base 内にある資料を参照してください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、この配布ファイルのウイルス チェックを行いました。マイクロソフトは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しました。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

既知の問題

  • KB938464 を GDI+ のセキュリティ更新プログラムが正しく改訂 WEPOS をインストールされていません



    WEPOS と改訂の最小のフット プリントとの問題のための GDI+ KB938464 で記載されているセキュリティ更新プログラムが正しく取り付けられていません。次の手順は、このセキュリティ更新プログラムを手動でインストールすることができます。

    このセキュリティ更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
    938464セキュリティ更新プログラム GDI+ は、Windows XP の Windows vista、Windows Server 2003、および Windows Server 2008 のすべてのエディションおよび Internet Explorer 6 Service Pack 1 の Windows Server 2000 の MS08-052: 説明
    このセキュリティ更新プログラムをインストールするのには、次の手動インストールの手順を実行します。

    WEPOS と改訂を SP3 更新プログラムを既にインストールしている場合は、次の手順で、SP3QFE ディレクトリを使用します。それ以外の場合は、手順 3 で説明したように、SP2QFE ディレクトリを使用します。
    1. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd 続いて と入力して ボックスをオンにし、ENTER キーを押します。
    2. コマンド プロンプトで、次を入力して、WindowsXP KB938464 x 86 ENU.exe ファイルからファイルを抽出します。 WindowsXP KB938464 x86 ENU.exe/x:ディレクトリ名

      注意
      • ディレクトリ名 [展開されたファイルを保存先のディレクトリのプレース ホルダーです。
      • この手順の残りの部分は、Windows エクスプ ローラーまたはコマンド プロンプトで実行できます。たとえば後次の手順が用意されています。
    3. [SP2QFE\ASMS] フォルダーかによって、次のコマンドのいずれかを使用して、インストール先ディレクトリのルートに、SP3 更新プログラムをインストールかどうかは、SP3QFE\ASMS フォルダーを移動します。
      • 移動 ディレクトリ名\SP2QFE\ASMS
      • 移動 ディレクトリ名\SP3QFE\ASMS
    4. 次のコマンドを使用して、更新を実行します。
      ディレクトリ名\update\update.exe
    5. パッケージをインストールするインストール ウィザードの手順を実行します。
      インストールが完了したら、システムを再起動します。
    6. 次のコマンドを使用して、一時フォルダーを削除します。
      Rmdir/s ディレクトリ名
    手順 3 手順 6 には、Windows エクスプ ローラーでも実行できます。
  • MUI 言語の問題

    942766 Windows XP Service Pack 3 の Multilingual User Interface Pack 用の更新プログラムが利用可能です。
    WEPOS と WinFLP の SP3 更新プログラムをインストールした後に、MUI のローカライズ状況に問題が出る場合は、SP3 MUI Pack の更新プログラムをインストールする必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 英語に地域と言語の設定を復元します。
    2. すべての MUI パッケージをシステムから削除し、コンピューターを再起動します。
    3. ターゲット言語 MUI パッケージを再度インストールします。
    4. 地域と言語の設定を、対象言語に設定します。
    5. ログオフし、ログオンの設定を有効にします。
    6. KB942766 をインストールします。
    7. 必要な場合に再起動します。
  • WEPOS と改訂を SP3 の更新プログラムをインストールするディスク領域の不足

    956894 Windows XP Service Pack 3 パッケージをインストールするのには、システム ドライブに十分な空きディスク領域がある場合、エラー メッセージが表示されます。
    システム ドライブに十分な空き領域がある場合は、マイクロソフト サポート技術情報の記事 956894、説明したとおり、WEPOS と改訂パッケージの SP3 の更新プログラムをインストールするのには、リムーバブル メディア デバイスを使用できます。従ってください以下の手順を実行します。
    1. Windows Embedded ポイントのサービスは、Windows の基礎レガシー Pc 更新プログラム パッケージには、Service Pack 3 をダウンロードしてください。次に、USB フラッシュ ドライブ (UFD) など、リムーバブル メディア デバイスをコピーします。

      リムーバブル メディア デバイスには、少なくとも 2 GB のデータを保持できることを確認してください。
    2. クリックしてください。 スタート[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] cmd 続いて と入力して ボックスをオンにし、Enter キーを押します。
    3. USB フラッシュ ディレクトリには、次のコマンドを使用して、ENTER キーを押してして変更します。
      ドライブ文字:

      ドライブ文字 USB のフラッシュ ドライブのドライブ文字を表すプレース ホルダーです。
    4. 次のコマンドを使用して、ENTER キーを押して SP3Files という名前の新しいフォルダーを作成します。
      md SP3Files
    5. 次のコマンドを使用して、ENTER キーを押して、SP3 のインストール パッケージに SP3Files フォルダーを抽出します。
      WindowsXP-KB958255-ENU.exe/extract:ドライブ文字: \SP3Files
    6. 変更します。 ドライブ文字: \SP3Files\i386\Update のフォルダーで次のコマンドを使用して、ENTER キーを押します。
      cd ドライブ文字: \SP3Files\i386\Update。
    7. 次のコマンドを使用して、ENTER キーを押して、SP3 のインストール パッケージを実行します。
      Update.exe/nobackup

      /nobackup スイッチ、システム ドライブに作成バックアップ ファイル] オプションを無効にします。

    WEPOS または改訂既設は、次の手順を実行する前にバックアップすることを確認してください。WEPOS の改訂、SP3 更新プログラムのインストールし、バックアップを作成しないことを決定した場合は、システム ドライブにファイルのアーカイブは作成されません。

    SP3 パッケージをインストールした後、SP3 のインストール ファイルが含まれている、USB フラッシュ デバイスを保持または別の場所に SP3Files フォルダーをコピーします。SP3 パッケージをインストールした後 Windows ファイル保護機能は、破損した SP3 システム上のファイルを復元できるように、これらのインストール ファイルが必要があります。

    別の場所に SP3Files フォルダーをコピーする場合は、適切な場所が含まれるように、レジストリを編集することを確認します。
  • 既知のエラー

    949388 Windows XP Service Pack 3 のインストールに失敗した、エラー メッセージが、サービス パックのインストール ログに次のエラーが記録されます"8007F0F4 ・ STATUS_PREREQUISITE_FAILED」。
    問題 1
    エラー メッセージ

    この Service Pack には、コンピューターを AC 電源でセットアップを開始する前に必要があります。
    原因

    このエラーは、コンピューターがバッテリ電源を使用しているときに service pack をインストールする場合に発生します。このチェックにより、インストール処理中にバッテリがなくなって更新の失敗の可能性を排除するために実行されます。

    解決方法

    コンピューターは、電源コンセントなどの AC 電源に接続します。コンピューターの電源要件の詳細については、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

    2 の問題
    エラー メッセージ

    Service Pack 3 セットアップ プログラムは、このバージョンの Windows と互換性のない Windows XP 用 Microsoft Shared Computer Toolkit のためキャンセルされました。続行するには、する必要があります: 1) をアンインストール Microsoft Shared Computer Toolkit 2) (省略可能) インストール Windows SteadyState は、新しいバージョンの Microsoft Shared Computer Toolkit の。詳細については、共有へのアクセスのページに、Microsoft の Web サイトに移動します。
    原因

    このエラーは"Windows XP 用 Microsoft Shared Computer Toolkit] が既にインストールされているコンピューターに service pack をインストールするときに発生します。このツールキットのバージョンは Windows XP SP3 の互換性です。

    解決方法

    アンインストールは Microsoft Shared Computer Toolkit。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート [ コントロール パネルプロパティ 追加またはプログラムを削除します。.
    2. クリックしてください。 Microsoft を Shared Computer Toolkit プロパティ 削除.
    3. プログラムを削除した後、Windows XP SP3 をインストールします。
    Microsoft Shared Computer Toolkit の機能が必要な場合は、Windows SteadyState をインストールすることができます。これは、このツールキットの最新バージョンです。

    問題 3
    エラー メッセージ

    RDP 6.0 MUI PACK (更新プログラムの Windows XP (更新プログラム KB925877)) 上で Windows XP SP3 をインストールすることはできませんので、Service Pack 3 セットアップはキャンセルされました。続行する前に、アンインストール更新プログラム KB925877 必要があります。
    原因

    「Windows XP (更新プログラム KB925877) がコンピューターにインストールされている更新」がある場合はこのエラーに発生します。この更新プログラムにはリモート デスクトップ接続 6.0 (ターミナル サービス クライアント 6.0) の多言語ユーザー インターフェイス パック (MUI) が含まれます。この MUI パックは、Windows XP SP3 の互換性です。 解決方法

    使用して、 追加またはプログラムを削除します。 項目を"に対して Windows XP (更新プログラム KB925877)"アンインストールします。この更新プログラムにはリモート デスクトップ接続 6.0 (ターミナル サービス クライアント 6.0) の多言語ユーザー インターフェイス パック (MUI) が含まれます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. クリックしてください。 スタート [ コントロール パネル プロパティ 追加またはプログラムを削除します。.
    2. オンにし、 更新プログラムを表示します。 ページの最上部のチェック ボックスします。
    3. クリックしてください。 更新プログラムの Windows XP (更新プログラム KB925877)プロパティ 削除.
    4. 更新プログラム KB925877 更新プログラムを削除した後、Windows XP SP3 をインストールします。
    SP3 をインストールした後は、WEPOS または改訂特定の Qfe をインストールするときに、ここにリンクされて
    問題 4
    エラー メッセージ

    セットアップはこのシステムのサービス パックのバージョン、適用する更新プログラムよりも新しいことを検出しました。この更新プログラムをインストールする必要はありません。
    インストールしようとするとこの問題は WEPOS と改訂を SP3 更新プログラムをインストールした後、「プレインストールの要件」で説明した特定 Qfe を改訂 WEPOS のいずれかのセクションに発生します。

    すべての必要な WEPOS をインストールする必要があります。 または、SP3 をインストールする前に改訂の更新プログラムを更新します。
    問題 5
    エラー メッセージ

    システム指定されたファイルが見つかりません。
    改訂で SP3 のインストール後に初めてログオンするとき、このエラー メッセージが表示されます、コマンド プロンプト ウィンドウで、エラー メッセージが表示されます。

    これは、システムまたはインストールには影響しません、既知の問題です。
  • WEPOS の SP3 を使用すると、Sysprep 要件

    WEPOS の sp3 WEPOS システムで Sysprep を使用するのには、次の手順を実行します。

    このシステムでは Sysprep を使用する場合は、この処理が必要です。使用されることはない場合、KB903936 更新は必要ありません。
    1. ミニ セットアップまたは、Microsoft のボックス エクスペリエンス (OOBE) エラーなしを実行するのには、WEPOS を初めてインストールすると次のオプション コンポーネントをインストールする必要があります。
      • 別のドライバー サポート
      • ローカルの管理ツール
      • 管理クライアントのサポート
      • フォントを追加
      • コード ページ サポートを追加
      • その他の入力デバイス
    2. KB903936 の更新プログラムをインストールします。 詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
      903936FIX Sysprep.exe を使用して、Microsoft Windows Embedded ポイントのサービスを実行しているコンピューターのイメージを作成することはできません。
      この更新プログラムは、SP3 の前にインストールする必要があります。
    3. Service Pack 3 用の更新 WEPOS インストールします。
    4. SP3 の最新のセキュリティ更新プログラムをインストールします。
    5. すべての必要なドライバーをインストールします。
    6. メモ帳を使用して 8514oemr.fon という名前の空ファイルを作成し、%SystemRoot%\Font ディレクトリに配置します。
    7. Kbdbhc.dll が存在しない場合は、kbdbhc.dll という名前のファイルを作成し、%SystemRoot%\System32 ディレクトリに配置します。

      メモ帳で作成される空のテキスト ファイルが動作します。
    8. KB903936 更新プログラムを適用するだけでなく、作成する各 Sysprep.inf ファイルの [無人] セクションに以下の情報を追加する必要があります。
      バージョン 4.2 をインストール =
      C:\windows\system32 =
      これを行わない場合は、2「ファイルが見つかりません」が表示されます (または類似の) ミニ セットアップまたはボックス エクスペリエンスの Microsoft を実行すると、エラー メッセージします。

その他の情報

次の情報は、Service Pack 3 には Windows XP Professional の提供されます。WEPOS と改訂に同一の Windows XP Professional のバイナリのサブセットが含まれているため、バイナリ、WEPOS または改訂システムに存在する場合はこの情報を適用します。カスタマイズが WEPOS と改訂の両方のインストールで有効になっているため、明確な一連の相違点の記載されていません。

メモ 情報の相違がある場合は、このドキュメントにはその他の情報より優先されます。
  • 947309 Windows XP Service Pack 3 をインストールした後いくつかのサードパーティ製のプログラム変更機能で発生します。
  • 953356 プロセッサ以外の Windows XP Service Pack 2 または Windows XP Service Pack 3 には、Intel プロセッサを使用しているコンピューターをアップグレードした後、エラー メッセージ:"停止: 0x0000007E"
  • 936929 Windows XP Service Pack 3 について
  • 950717 Windows XP Service Pack 3 をインストールする前に実行する手順
  • 952287 ADO のインターフェイスを使用して、アプリケーションが正しく動作しません可能性があります。、または、アプリケーション Windows Vista、Windows XP、または Windows Server 2008 の SQL Server に接続するときにデータが消失する可能性があります。

上級ユーザー向けの詳細

Windows XP SP3 のリリース ノートを表示するのには、この参照をしてください。 Microsoft の Web サイト
この情報には、以下が含まれます。
  • WEPOS と改訂を SP3 の更新プログラムをインストールする前に
  • Windows XP SP3 の概要
  • Windows XP SP3 で大幅に変更
メモ これは次の例外を除き、WEPOS および WinFLP 用 SP3 更新プログラムに適用されます。
  • WEPOS または改訂ではバイナリまたはテクノロジは存在しません。
  • バイナリまたはテクノロジ、WEPOS または改訂のイメージの一部としてはインストールされません。
これらのいずれかに当てはまる場合は、バイナリまたはテクノロジされませんインストールまたは SP3 アップデートで更新します。

プロパティ

文書番号: 958255 - 最終更新日: 2013年5月8日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Fundamentals for Legacy PCs
キーワード:?
kbsurveynew kbinfo kbmt KB958255 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:958255
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com