.NET Framework 3.5 sp1 では、アプリケーションの互換性に関する更新プログラムで修正される問題の一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 958484 - 対象製品
はじめに
この資料では、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 (SP1) にアップグレードすると発生するようになる .NET Framework 3.0 Service Pack 1 (SP1) との非互換問題に関する情報を記載しています。これらの問題は .NET Framework 3.5 SP1 用の更新プログラムで修正されます。

詳細については。NET Framework 3.5 SP1 の更新プログラム、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
959209 .NET Framework 3.5 Service Pack 1 の更新プログラムが利用可能です。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

詳細

  • 新しい動的データ機能は、.NET Framework 3.5 SP1 に含まれている一対一のリレーションシップを移動できません。一対一のリレーションシップをナビゲートすることができない、ため、エンティティ フレームワーク データ モデルで実行されているダイナミック データ Web サイトを作成しようが失敗します。
  • FrontPage 拡張機能をインストールすると、ASP.NET ブラウザーのキャップの機能が失われます。この問題は、FrontPage 拡張メタデータを含む .browser ファイルを持つ App_Browser フォルダーの下の非表示のフォルダーを追加するために発生します。ASP.NET は ASP.NET がこれらのファイルを通過すると、エラーを生成します。この問題は、frontpage 2003 の拡張機能をインストールしているクライアントに影響します。
  • .NET Framework 3.5 SP1 をインストールした後、Web サイトを使用、派生バージョンの UpdateProgress コントロールには、次の例外が発生します。
    UpdateProgress コントロールを ID 'id' を持つ、ProgressTemplate を指定してください。
    この問題は、.NET Framework 3.5 と.NET Framework 3.5 SP1 との間の動作の違いが生じます。.NET Framework 3.5、 UpdateProgress コントロールの要件を強制します。 ProgressTemplate プロパティを PreRender ルーチンです。派生 UpdateProgress オーバーライドしてコントロールがその要件を覆すことができます、 OnPreRender 派生コントロールのイベントを指定します。したがって、 UpdateProgress 制御は呼び出しを避けることができます、 基本します。OnPreRender イベントです。.NET Framework 3.5 SP1 では、 UpdateProgress 使用方法を制御します コントロール メソッドのインスタンスを作成するには、 ProgressTemplate マウスと USB タッチ スクリーンのデバイスからの応答時間が予想よりも遅い。したがって、ページのライフ サイクルで、別の時点の要件が適用されます。したがって、 OnPreRender 技術チェックを破壊できません。
  • SGEN.exe ツールは、エラーが発生し、SGEN.exe ツールを使用しているいくつかのタイプを含むアセンブリを生成するときに、シリアル化アセンブリを生成しません、 [古い (IsError = true)] マウスと USB タッチ スクリーンのデバイスからの応答時間が予想よりも遅い。ただし、SGEN.exe ツールする必要がありますできなく、.NET Framework アセンブリの旧形式でない型をシリアル化します。
  • Exchange Web サービスは Windows Communication Foundation (WCF) の問題のための例外を生成します。各例外の失敗した要求の結果します。したがって、Exchange サービスは一時的に停止または動作していません。
  • ジャスト イン タイム (JIT) 最適化に加えられた変更が、.NET Framework 3.5 SP1 では、不正なプロモーションを登録するには、フィールドが発生します。したがって、JIT は誤ったコードを生成します。この問題は、使用する場合にのみ発生します cpblk 指示、または initblk 指示します。これらの手順は、マネージ C++ コンパイラによってのみ出力されます。この問題は、および NGEN JIT によって生成されるコードに適用されます。
  • 1.1 アセンブリの難読化されたアセンブリでは、.NET Framework の特定のメソッドをオーバーライドする場合があります。たとえば、1.1 の.NET Framework 型は、仮想メソッドですが同じ型は.NET Framework 2.0 では、仮想メソッドをオーバーライドしない場合はこの問題が発生する可能性があります。しないで変更点、前述の継承階層でメソッドの実装がまだ存在するためです。ただし、仮想メソッドがオーバーライド、1.1 に対して、仮想メソッドが構築および仮想メソッドを難読化し、難読化されたコードはできない、.NET Framework 2.0 sp2 または.NET Framework 3.5 SP1 でコードが実行されると。
  • .NET Framework 3.5 SP1 では、アドレス空間レイアウトのランダム化 (ASLR) をサポートする NULL 値のチェックで行われた変更によって失敗とランタイムで、アクセス違反が発生します。このアクセス違反は、されています例外としてマニフェストします。さらに、プロセスは終了します。
  • 逆シリアル化の製品としてリフレクションを使用して、実行時に特定の種類を作成するときに、ランタイム 32 ビット プロセスで無限ループに入ります。64 ビット プロセスでは、メモリ不足の例外が発生します。ジェネリック型は、参照型を使用してインスタンス化される型があります。さらに、型を実装する必要があります、 ISerializable インターフェイスし、静的フィールドが含まれてください。
  • .NET Framework 3.5 SP1 をインストールした後、Web サイトが IIS でホストされている場合は、次の例外エラー メッセージが表示されます。
    System.Runtime.InteropServices.COMException
    この問題の発生時に次の条件に該当します。
    • IIS でホストされている Web サイトは、ASP.NET を実行しています。
    • ASP.NET は Windows Presentation Foundation (WPF) を使用してイメージが動的に生成します。
  • XPS ドキュメント内の相対ハイパーリンクを解除と、アプリケーションがクラッシュします。XPS ドキュメントで、同じドキュメント内の別の場所へのリンクを参照するときに起こりません。または、XPS ドキュメントをホストしているアプリケーションがクラッシュします。
  • .NET Framework 3.5 SP1 では、 Geometry.Combine 多くのポイントを作成する方法またはメソッドよりもセグメントが以前のバージョンで作成します。WPF によって生成されるポイントまたはパス情報は以前のバージョンとジオメトリ パスを定義するには 10 倍ポイントの数を使用します。以前のバージョンでは、比較的単純な幾何学的図形またはパスを定義する 3 つの行が必要です。ただし、.NET Framework 3.5 SP1 では 30 行分が必要です。
  • .NET Framework 3.5 SP1 をインストールした後動的データが一対一リレーションシップで外部キー Id を表示できません。動的データ プロパティ記述子が存在することを想定していますので、web サイトまたは ASP.NET の動的データを使用して作成されたアプリケーションが破損します。動的データ プロパティ記述子を使用してラベルのリンクを取得します。

    生成される例外を以下に示します。
    HttpException (0x80004005)。 データ バインディング: 'System.Web.UI.WebControls.EntityDataSourceWrapper' は、'管理者' の名前のプロパティが含まれていません。
  • ナビゲーション プロパティの型と同じではないという名前のリンクは削除できません。この問題は、型名は別の種類で、この種類のリレーションシップを表すナビゲーション プロパティとは異なる場合に発生します。
  • ADO.NET データ サービス クライアントは、サービスに新しいエンティティを挿入して、関連する他のエンティティとそのエンティティを関連付けるには、クライアントの開発者が使用できます。クライアント リレーショナル データベースでバックアップされているデータ サービスと通信、サービスへの挿入、データベースのスキーマの規則が強制されます。データベースでは、テーブルの外部キーに NOT NULL 制約を配置する一般的です。このような場合は、そのテーブルに挿入関連エンティティに外部キーを含める必要があります。ただし、ため、ADO.NET クライアント ライブラリで、コードの欠陥、新しいエンティティと参照の関連付け設定できません一度に。したがって、共通の外部キー テーブル制約と共に ADO.NET データ サービス クライアントを使用できません。
  • 場合は、クライアント ライブラリが 1 つ以上の追加オブジェクトに関連付けられているオブジェクトを追跡して、注文オブジェクトを削除できません。また、ライブラリは、オブジェクト間の参照を削除しようために発生します。
  • Oracle トランザクションの自動コミット動作では、大文字と小文字は、.NET Framework 2.0 SP2 での動作は、.NET Framework 2.0 SP1 で異なります。.NET Framework 2.0 SP2 では場合は、アプリケーションはトランザクションを開始、トランザクションが完了して、同じ接続上では新しいトランザクションを開始し、2 番目のトランザクションで実行されるすべてのコマンドを自動コミット モードで実行します。これらのコマンドによって行われた変更は、トランザクションがロールバックされた場合でも、データベースにコミットです。

ファイル情報

x 86 バージョン

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時間サイズ
System.ServiceModel.dll3.0.4506.22542008 年 12 月 6 日04:125,931,008
Wpfgfx_v0300.dll3.0.6920.15002008 年 12 月 6 日 03:351,736,528
PresentationFramework.dll3.0.6920.15002008 年 12 月 6 日03:305,283,840
system.data.services.client.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日 17:53294,912
system.data.services.dll 3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日 17:53 442,368
system.web.dynamicdata.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日 17:53 229,376
system.web.entity.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:53139,264
system.web.extensions.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:531,277,952

x 64 バージョン

元に戻す全体を表示する
ファイル名バージョン日付時間サイズ
System.ServiceModel.dll3.0.4506.22542008 年 12 月 6 日03:175,267,456
System.ServiceModel.dll3.0.4506.22542008 年 12 月 6 日04:125,931,008
Wpfgfx_v0300.dll3.0.6920.15002008 年 12 月 6 日03: 082,254,672
Wpfgfx_v0300.dll3.0.6920.15002008 年 12 月 6 日03:351,736,528
PresentationFramework.dll3.0.6920.15002008 年 12 月 6 日03:054,636,672
PresentationFramework.dll3.0.6920.15002008 年 12 月 6 日03:305,283,840
system.data.services.client.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:53294,912
system.data.services.client.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:59294,912
system.data.services.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:53442,368
system.data.services.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:59442,368
system.web.dynamicdata.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:53229,376
system.web.dynamicdata.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:59229,376
system.web.entity.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:53139,264
system.web.entity.dll3.5.30729.196 2008 年 12 月 13 日17:53139,264
system.web.extensions.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:531,277,952
system.web.extensions.dll3.5.30729.1962008 年 12 月 13 日17:59 1,277,952

プロパティ

文書番号: 958484 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
キーワード:?
kbsurveynew kbhotfixserver kbqfe kbmt KB958484 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:958484
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com