更新プログラムの Windows の検索 4.0 は、2008 年 12 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 958705
Windows Vista Service Pack 1 (SP1)、2011 年 7 月 12日、終了をサポートしてください。Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信を続行するには、Service Pack 2 (SP2) で Windows Vista を実行しているかどうかを確認します。詳細についてには、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 Windows の一部のバージョンのサポート終了します。.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

更新は、Windows の検索 4.0 で利用可能です。この更新プログラムには、次の 2 つの修正プログラムが含まれます。最初の修正プログラムをデジタル署名された電子メールの内容を検索することができます。もう 1 つはオフライン ファイルの同期を使用する環境での大量のネットワーク トラフィックが発生する問題のアドレスを修正します。両方の修正プログラムについては、「関連情報」セクションで説明します。

詳細

情報を更新します。

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Windows Vista Service Pack 1 (SP1) または Windows サーバー 2008年は、コンピューターを実行しなければなりません。また、コンピューター Windows Search 4.0 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に記載されています。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます。(UTC) です。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。するにはUTC とローカル時刻との時差を確認、使用、 時間ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール内の項目パネルです。

サポートされているすべての Windows Vista の x86 ベースのバージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名日付時間サイズ (kb)バージョン
mimefilt.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM41,4722006.0.6001.22319
gsrvctr.h2008 年 10 月 27 日6時 01分 PM2,590該当なし
gsrvctr.ini2008 年 10 月 27 日6時 01分 PM30,628該当なし
gthrctr.h2008 年 10 月 27 日6時 01分 PM3,100該当なし
gthrctr.ini2008 年 10 月 27 日6時 01分 PM31,698該当なし
idxcntrs.h2008 年 10 月 27 日6時 06分 PM4,640該当なし
idxcntrs.ini2008 年 10 月 27 日6時 06分 PM20,698該当なし
msscb.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM34,8167.0.6001.22319
msscntrs.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM60,4167.0.6001.22319
msshooks.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM11,7767.0.6001.22319
mssitlb.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM87,0407.0.6001.22319
mssph.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM352,7687.0.6001.22319
mssphtb.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM203,7767.0.6001.22319
mssprxy.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM33,2807.0.6001.22319
mssrch.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM1,413,6327.0.6001.22319
msstrc.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM43,0087.0.6001.22319
mssvp.dll2008 年 11 月 29 日12時 06分 AM670,7207.0.6001.22319
propdefs.dll2008 年 11 月 29 日12時 07分 AM71,6807.0.6001.22319
searchfilterhost.exe2008 年 11 月 29 日12時 05分 AM87,5527.0.6001.22319
searchindexer.exe2008 年 11 月 29 日12時 05分 AM439,8087.0.6001.22319
searchprotocolhost.exe2008 年 11 月 29 日12時 05分 AM184,8327.0.6001.22319
tquery.dll2008 年 11 月 29 日12時 07分 AM1,581,0567.0.6001.22319
サポートされているすべての Windows Vista の x64 ベース バージョン x
元に戻す全体を表示する
ファイル名日付時間サイズ (kb)バージョン
mimefilt.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分37,8882006.0.6001.22319
gsrvctr.h2008 年 10 月 27 日午後 5時 39分2,590該当なし
gsrvctr.ini2008 年 10 月 27 日午後 5時 39分30,628該当なし
gthrctr.h2008 年 10 月 27 日午後 5時 39分3,100該当なし
gthrctr.ini2008 年 10 月 27 日午後 5時 39分31,698該当なし
idxcntrs.h2008 年 10 月 27 日5時 44分 PM4,640該当なし
idxcntrs.ini2008 年 10 月 27 日5時 44分 PM20,698該当なし
msscb.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分44,5447.0.6001.22319
msscntrs.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分73,7287.0.6001.22319
msshooks.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分11,7767.0.6001.22319
mssitlb.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分87,5527.0.6001.22319
mssph.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分501,2487.0.6001.22319
mssphtb.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分312,8327.0.6001.22319
mssprxy.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分40,4487.0.6001.22319
mssrch.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分2,172,4167.0.6001.22319
msstrc.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分78,3367.0.6001.22319
mssvp.dll2008 年 11 月 29 日午前 1時 55分796,6727.0.6001.22319
propdefs.dll2008 年 11 月 29 日1時 56分 AM80,8967.0.6001.22319
searchfilterhost.exe2008 年 11 月 29 日1時 53分 AM111,6167.0.6001.22319
searchindexer.exe2008 年 11 月 29 日1時 53分 AM597,5047.0.6001.22319
searchprotocolhost.exe2008 年 11 月 29 日1時 53分 AM258,5607.0.6001.22319
tquery.dll2008 年 11 月 29 日1時 56分 AM2,208,7687.0.6001.22319

1 Fix 電子メールの署名デジタルのインデックス作成

この更新の前に、Windows Vista SP1 と Windows の検索 4.0 で実行しているコンピューターは次のように動作します。
  • ユーザーが送信したすべてのデジタル署名された電子メール メッセージを検索でした。この検索にすべてのメッセージの内容が含まれています。
  • ユーザーは受信したすべてのデジタル署名された電子メール メッセージを検索でした。ただし、これらの検索は、件名、送信者、または受信者などの特定のプロパティでは、制限されていました。ユーザーは、メッセージの本文または添付ファイルの内容を検索できませんでした。
この Windows 検索 4.0 用の更新プログラムは、これらの制限事項を説明します。この更新プログラムを適用すると、デジタル署名された電子メール メッセージ内のすべてのコンテンツを検索できます。これには、メッセージ本文と添付ファイルが含まれます。

メモ この更新プログラムでは、暗号化された電子メール メッセージのコンテンツのインデックス作成はサポートされていません。また、この更新プログラムは S/MIME のコンテンツのインデックス処理はできません S/MIME で受信確認メッセージ送信するメッセージに署名します。

いくつかの特定のシナリオおよび既知の問題:

シナリオ 1
別の電子メール アイテムまたは添付ファイルを含むデジタル署名された電子メール メッセージが表示されます。

このシナリオでは、件名、添付された電子メール メッセージや、ファイル名、親メッセージの一部として索引付けられない。

シナリオ 2
予定、連絡先、またはタスクなどの e-メール Microsoft Office Outlook のアイテムを含むデジタル署名された電子メール メッセージが表示されます。

このシナリオは、e-メール アイテムの本文はインデックスありません。

シナリオ 3
添付ファイルを含むデジタル署名された電子メール メッセージを受信し、メッセージも埋め込みイメージや投票ボタンがあります。

このシナリオでは、電子メール メッセージの添付ファイルをインデックスではありません。

シナリオ 4
Office Outlook クラシック オンライン モード (非キャッシュ モード) で実行し、Office Word 文書などのファイル添付ファイルを含むデジタル署名された電子メール メッセージを受信します。

このシナリオでは、親メッセージの一部として、添付ファイルの内容インデックスが付けられます。

メモ Outlook クラシック オンライン モードで実行されている場合は、通常のメッセージの添付ファイルの内容は親メッセージの一部としてインデックスではありません。この現象は Microsoft Exchange サーバーの負荷が減少します。

シナリオ 5
キャッシュ モードで Outlook を実行し、Office Word 文書などのファイル添付ファイルを含むデジタル署名された電子メール メッセージを受信します。

親メッセージの代わりに別のドキュメントの本文であたかもこのシナリオでは、添付ファイルの内容インデックスが付けられます。

メモ 通常のメッセージでは、別々 のドキュメントとして添付ファイルの内容インデックスが付けられます。

使用するとこの同じシナリオでは、 添付ファイル:添付ファイルの本文の文字列 デジタル署名された電子メール メッセージの添付ファイルの内容を検索するクエリ構文のクエリを拡張する、クエリは結果が返されません。この問題を回避するには、使用する必要が、 内容:添付ファイルの本文の文字列 クエリです。

シナリオ 6
デジタル署名された電子メール メッセージを受信し、 ようにする電子メールの添付ファイルのインデックス作成 グループ ポリシー設定は、組織内で有効になります。

このシナリオでは、デジタル署名された電子メール メッセージをインデックスではありません。グループ ポリシーの設定でこの更新プログラムとは動作しません。

シナリオ 7
添付ファイルを持つデジタル署名された電子メール メッセージを受信し、使用、 hasattachments:true 高度なクエリの構文のクエリします。

このシナリオでは、クエリの結果は返されません。回避策はありません、 hasattachments:true クエリです。代わりに、添付ファイルの内容に基づくデジタル署名された電子メールの添付ファイルを検索する必要があります。

インストールに関する注意事項

この更新プログラムをインストールした後、電子メール メッセージがデジタル署名されている、インデックスを作成するが、この更新プログラムのインストール後に受信されました。ただし、デジタル署名され、この更新プログラムのインストール前に受信した電子メール メッセージは自動的にインデックスではありません。すべて以前デジタル受け取った電子メール メッセージの署名を含める場合は、インデックスを再構築する必要があります。これを行うには、[管理] を開くパネルをクリックして、 インデックス作成のオプション 項目をクリックしてください。 高度な、し 再構築します。.

この更新プログラムを展開して、すべて以前に受信したデジタル署名された電子メール メッセージが検索可能であるかどうかを確認する企業のお客様には、次の 3 つのオプションがあります。

オプション 1

エンタープライズ規模のお客様はこの更新プログラムを展開した後、コントロール パネルを開くをクリックしてユーザーを要求できます、 インデックス作成のオプション 項目をクリックしてください。 高度な、し 再構築します。.

オプション 2

企業ユーザーができるし、書き込みを呼び出すアプリケーションを展開、 ISearchCatalogMaNot applicableger::Reindex API を公開します。これはインデックスを再構築する必要があります。

メモ 環境で展開済みのすべてのユーザーを同時に再構築を強制する場合は、その大幅にネットワークと Exchange サーバーの最初のインデックスの再構築中影響を受けます。したがって、インデックスの再構築を小規模なユーザー グループに段階的に強制的にことをお勧めします。

オプション 3

企業のお客様は既定の設定には、レジストリ キーをリセットすることで、インデックスの再構築を強制できます。

このレジストリ キーを設定するを参照してください、"私の問題を修正します。」に記載します。このレジストリ キーを手動で設定する場合は、"自身で修正することができます。」に記載します。

私の問題を修正します。



このレジストリを自動的に変更するをクリックして、 この問題を解決します。リンクします。クリックしてください。 実行で、 [ファイルのダウンロードダイアログ ボックス、し、修正プログラムの手順、ウィザード。


この問題を解決します。
Microsoft Fix it 50201


メモこのウィザード英語でのみ有効です。ただし、自動修正も他の言語バージョンの Windows 用に動作します。

メモ問題のあるコンピューターにない場合は、問題のあるコンピューターで実行できるように、自動修正をフラッシュ ドライブまたは CD に保存できます。

感謝する MVP Anand Khanseこの問題を解決するには、貢献してします。

次に、移動を"この問題は解決しましたか。」に記載します。

自身で修正することができます。

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
インデックスの再構築を強制するには、レジストリ キーをデフォルトの設定にリセットします。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Search\SetupCompletedSuccessfully
  3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
  4. 種類 0、し、ENTER キーを押します。
  5. レジストリ エディターを終了し、コンピューターを再起動します。
メモ このオプションを選択すると、インデックスの範囲の既定の設定を展開済みのすべてのユーザーをリセットします。したがって、インデックスのスコープに加えた変更が削除され、既定の設定にリセットされます。これらの既定の設定には「のドキュメントと設定」フォルダーと Outlook の電子メール メッセージにユーザーのデータにはが含まれます。

この問題は解決しましたか。

インデックスが再構築されたかどうかを確認してください。インデックスが再構築された場合は、このセクションで完了です。問題が解決しない場合は、 サポートにお問い合わせください。.


署名した電子メールをデジタルのインデックス作成を禁止する方法

この Windows 検索 4.0 用の更新プログラムを適用し、具体的には、デジタル署名された電子メールのインデックス作成を禁止することができます。この例では、インデックス ファイル インクルード一覧から、.p7m ファイルの種類を削除する必要があります。これを行うには、コントロール パネルを開くをクリックして、 インデックス作成のオプション 項目をクリックしてください。 高度なをクリックして、 ファイルの種類 タブをクリックし、オフにします、 .p7m 入力します。

メモ 包含または除外、インデックスにはファイルの種類の一覧への変更は、インデックスの完全再構築を必要があります。変更を行うと再構築が適用されます。

グループ ポリシー設定を使用して、展開を管理する企業のお客様 the.p7m ファイルの種類を除外することもできます。企業のお客様を有効にする必要がありますこれを行うには、 特定の種類のファイルのインデックスを作成しません。 グループ ポリシーの設定をし、.p7m ファイルの種類を除外一覧に追加します。

オフライン ファイル同期環境での修正 2: 高のネットワーク トラフィック

一部の環境では、オフライン ファイルを同期またはクライアント側キャッシュ (CSC) ローカル キャッシュの内容をネットワーク共有からを使用できます。この例では、Windows の検索、キャッシュされたコンテンツをインデックス付けします。適用、CSC が、Windows Vista SP1 ベースのクライアント コンピューターにログオンしたときこの更新の前に、複数の試行がネットワーク経由で各共有フォルダーの Desktop.ini ファイルを開くになりました。また、ログオン操作の各フォルダーとファイルのセキュリティ記述子を取得する冗長なネットワーク トラフィックの原因となった。

この Windows 検索 4.0 用の更新プログラムは、これらの呼び出しを削除し、この現象によって発生するネットワーク トラフィックが大幅に減少します。

Windows Vista での Windows の検索関連の問題については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

プロパティ

文書番号: 958705 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbfixme kbsurveynew kbmsifixme KB958705 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:958705
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com