SQL Server 2008 フェールオーバー クラスタにローリング更新プログラムおよび Service Pack を適用する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 958734 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft SQL Server 2008 の更新プログラムをフェールオーバー クラスタ インスタンスに適用する方法について説明します。

重要
  • アクティブ ノードで SQL Server フェールオーバー クラスタ インスタンスを更新する場合、SQL Server サービスは停止します。 これによって SQL Server のダウンタイムが発生します。 ダウンタイムを回避するには、この資料の説明に従って、パッシブ ノードにローリング更新プログラムをインストールします。
  • フェールオーバー クラスタ インスタンスで実行可能な所有者ノードのバージョンが混在することを回避するには、クラスタ アドミニストレータ ツール (Cluadmin.exe) を使用して、フェールオーバー クラスタ インスタンスの実行可能な所有者ノードの一覧からノードを削除します。 実行可能な所有者ノードのバージョンが混在することを回避して、データ破損の可能性を防ぐ必要があります。
  • SQL Server 2008 では、クラスタ サービスは SQL ネットワーク名リソースの実行可能な所有者の一覧をチェックします。 SQL ネットワーク名リソースもチェックポイントの対象となります。 この動作は SQL Server 2005 の場合とは異なります。SQL Server 2005 では、SQL Server リソース自体がチェックポイントの対象となります。

詳細

フェールオーバー クラスタへの SQL Server 2008 ローリング更新プログラムのインストール

  1. 更新プログラムを起動する前に、特定の SQL Server のクラスタ化されたインスタンスについて、実行可能な所有者の一覧を収集していることを確認します。 特定の SQL Server ネットワーク リソース名を調べるには、次のコマンドを実行します。
    cluster.exe resource
    次のような出力が表示されます。
    リソース                                グループ                                ノード               状態
    --------------------              --------------------              ----------        ------
    Cluster Disk 1                    Cluster Group                     NODE1             Online
    Cluster Disk 2                    SQL Server (INST1)                NODE1             Online
    Cluster Disk 3                    SQL Server (INST2)                NODE1             Online
    Cluster Disk 4                    Available Storage                 NODE1             Online
    Cluster IP Address                Cluster Group                     NODE1             Online
    Cluster Name                      Cluster Group                     NODE1             Online
    SQL IP Address 1 (SQLVS1)         SQL Server (INST1)                NODE1             Online
    SQL Network Name (SQLVS1)         SQL Server (INST1)                NODE1             Online
    SQL Server                        SQL Server (INST1)                NODE1             Online
    SQL Server Agent                  SQL Server (INST1)                NODE1             Online
    SQL IP Address 2 (SQLVS2)         SQL Server (INST2)                NODE1             Online
    SQL Network Name (SQLVS2)         SQL Server (INST2)                NODE1             Online
    SQL Server                        SQL Server (INST2)                NODE1             Online
    SQL Server Agent                  SQL Server (INST2)                NODE1             Online
    
    この例では、次のコマンドを使用して、SQL ネットワーク名リソースごとに実行可能な所有者の一覧を作成できます。
    • cluster.exe resource "SQL Network Name (SQLVS1)" /listofowners > c:\SQLVS1_list_of_owners.txt
    • cluster.exe resource "SQL Network Name (SQLVS2)" /listofowners > c:\SQLVS2_list_of_owners.txt
  2. クラスタ アドミニストレータ ツールで、対応する SQL ネットワーク名リソースを使用して、更新プログラムを適用するフェールオーバー クラスタ インスタンスの実行可能な所有者の一覧からノードの半分を削除します。 最初にパッシブ ノードを実行可能な所有者から削除します。 この更新プロセスの後の手順で参照するために、実行可能な所有者から削除したノードの一覧を記録しておきます。

    : 高可用性を維持するために、実行可能な所有者のノードの半分を削除することをお勧めします。
  3. フェールオーバー クラスタ インスタンスの実行可能な所有者の一覧からノードを削除した後、手順 2. で削除したノードに SQL Server 更新プログラムを適用します。実行可能な所有者から削除された各ノードに更新プログラムを適用するには、適用する更新プログラム パッケージに付属しているマニュアルを参照してください。

    : ノードのインスタンスに対して初めて更新プログラムを適用する場合は、アクティブなリソース グループを別のノードに移動してから更新プログラムを適用してください。 これにより、使用中の共有コンポーネントが更新される際に発生する可能性があるダウンタイムまたは再起動操作を回避できます。
  4. 実行可能な所有者から削除されたノードに更新プログラムを適用した後、クラスタ アドミニストレータ ツールで SQL ネットワーク名リソースを使用して、更新されたノードをフェールオーバー クラスタ インスタンスの実行可能な所有者の一覧に再度追加します。

    ノードを正しい SQL Server インスタンスに確実に戻すために、更新プログラムを実行する前に収集した実行可能な所有者の一覧を使用します。 一覧で更新済みのノードをマークしてください。
  5. SQL ネットワーク名リソースに基づいて、Windows Server 2008 の正しいリソース グループ、アプリケーション、またはサービスを確認してから、該当するグループ、アプリケーション、またはサービスを更新されたノードの 1 つに移動します。
  6. すべての SQL Server リソースが現在のアクティブ ノード上でオンラインになっていることを確認します。
  7. クラスタ アドミニストレータ ツールで、SQL ネットワーク名リソースを使用して、更新されなかったノードをフェールオーバー クラスタ インスタンスの実行可能な所有者から削除します。
  8. 手順 7. で削除したノードに、SQL Server 更新プログラムを適用します。
  9. 手順 4. を繰り返して、更新されたすべてのノードを、更新したフェールオーバー クラスタ インスタンスの実行可能な所有者に追加します。
  10. クラスタが問題なく動作していることを確認します。 クラスタのノード間で SQL Server のインスタンスを移動します。

プロパティ

文書番号: 958734 - 最終更新日: 2009年6月24日 - リビジョン: 4.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise Evaluation
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbinfo KB958734
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com