SQL Server 2005 レポート サービスで IIS の構成に関する問題のトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 958998
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft SQL Server 2005年レポート サービスでインターネット インフォメーション サービス (IIS) の構成に関する問題のトラブルシューティングを行う方法について説明します。

この資料では主に、Reporting Services のネイティブ モードで IIS 6.0 の構成に関する問題を診断するために書き込まれます。ここには、IIS 5.0 および IIS 7.0 も通常適用されます。ただし、特定の診断手順は、IIS 6.0、Microsoft ASP を確認するための手順などについてのみ記述できます。IIS マネージャーを使用してネット インストールします。一般的な構成の問題を ASP での認証についても説明します。Internet Explorer で NET と。

詳細

1 一般的なアプローチ

IIS 構成上の問題には、通常、エラーとして接続するか、レポート サーバーまたはレポート マネージャーを実行するが表示されます。このような構成の問題を正しく診断するには、アーキテクチャの Reporting Services と Reporting Services IIS と統合されていることを確認してください。この資料では Reporting Services での障害を引き起こす可能性のある一般的な IIS 構成上の問題を特定しようとします。いくつかの非 IIS 問題についても説明します。

1.1 フローを要求します。

HTTP 要求ユーザーから層を通過します。レイヤー、要求に失敗しましたを把握、障害の種類を特定するのに役立ちます。次の図は、簡略化した図の要求フローのです。

元に戻す画像を拡大する
958998


レポート サービス 1 つの仮想ディレクトリ レポート サーバーおよび 1 つの仮想ディレクトリ レポート マネージャーをインストールします。レポート サーバーの既定の仮想ディレクトリ名を"reportserver"です。既定の仮想ディレクトリ名は、レポート マネージャーが「レポート」です。

通常、レポート サーバーのルート ディレクトリで、Internet Explorer に要求を送信してレポート サービスの問題を診断するを起動します。既定の URL です。 http://<server></server>/reportserver.レポート サーバーが動作している場合は、[Internet Explorer への要求を送信を使ってことができます。 http://<server></server>/reports.Secure Sockets Layer (SSL) を使用するのには、レポート サーバーを構成した場合、最初非 SSL モードでサーバを実行できることを確認してくださいする必要があります。スケール アウト配置を構成した場合は、レポート サーバー上の個々 のノードを実行できることを確認して加えなければなりません。この順序で問題を診断する、高速の問題を特定することができます。

1.2 一般的な現象

このセクションは、特定のレイヤーに要求が失敗する場合に発生する一般的な現象を示します。このセクションではエラー メッセージを検索する場所も説明します。
1.2.1 ファイアウォール
レポート サーバーは、リモート クライアント コンピューターからアクセスする場合は、ファイアウォールは、要求をブロックしないを確認します。ブロックされた要求は、ファイアウォール ログに記録されます。

ファイアウォール ログを検索する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
929455Windows Vista の Windows ファイアウォールのログ ファイルに対してカスタムの場所を構成すると、情報がログ ファイルに書き込みできません。
また、次のマイクロソフト Web サイトを参照することができます。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc736373.aspx
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc758040.aspx
1.2.2 HTTP.sys
IIS 5.0 の分離モードで実行されていない IIS 6.0 および IIS 7.0 使用 HTTP カーネル モードのドライバー (HTTP.sys) HTTP ネットワーク入出力を実行します。HTTP サービスが自動的に開始されます。手動構成を実行する必要はないです。Reporting Services を構成して SSL を使用する場合は、HTTP SSL サービスが開始されているを確認する必要があります。

IIS がない含まれている場合でも、HTTP.sys が、クライアントにエラーを返すことができます。URL の形式が正しくない場合、または IIS Web サイトの id が正しく構成されている場合に発生することができます。エラーは、HTTP.sys エラー ログに記録されます。

HTTP.sys エラー ログ ファイルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc786081.aspx
HTTP API にログイン エラーの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
820729HTTP API のログ エラー
1.2.3 IIS およびアプリケーション プール
IIS 構成を確認する前に、IIS Admin サービスおよびアプリケーション プールが実行されていることを確認する必要があります。また、Web サイトの id が正しいかを確認する必要があります。レポート サービスをホストしている Web サイトは、既定の Web サイトではない場合、または、「すべて未使用」Web サイトの id を指定しない場合は、Web サイト id で慎重でなければなりません。レポート サーバーとレポート マネージャーを別の Web サイトを構成する場合は、同じ Web サイトにレポート サーバーとレポート マネージャーを構成するしてください。レポート サービスと同じ Web サイトの他のアプリケーションを共有する場合、新しい Web サイトのレポート サービスの仮想ディレクトリを構成します。サード パーティ製の ISAPI 拡張またはフィルターがある場合は、サード ・ パーティ製の ISAPI 拡張またはフィルターを削除します。

IIS で複数の構成の問題を発生する場合は、IIS を再インストールすることができます。この操作を実行すると、ASP を再構成する必要があります。NET とは、レポート サービスの仮想ディレクトリ。

IIS ログ ファイルの場所の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
324091方法: 表示し、ログ ファイルからレポート
また、次のマイクロソフト Web サイトを参照することができます。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/bea506fd-38bc-4850-a4fb-e3a0379d321f.mspx?mfr=true
1.2.4.NET
エラー メッセージ Internet Explorer では、ASP では、問題が発生することを示すことができます。NET。IIS や ASP を以前にアンインストールした場合。NET コンピューターでは、ASP を検証する必要があります。NET の構成設定。ASP の大部分を解決できます。Aspnet_regiis.exe ファイルを使用して ASP を再登録するのには NET の構成の問題。IIS での NET。ASP の詳細については。検証を NET は、この資料のセクション 4 を参照してください。

IIS と ASP の正確さを確認を実行するのには、単純な .aspx ページを使用できます。NET の構成します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. レポート サービスの仮想ディレクトリをホストする Web サイトに新しい仮想ディレクトリを作成します。
  2. 読み取りアクセス許可を付与および仮想ディレクトリへのアクセス許可を実行します。
  3. 単純な .aspx ページを仮想ディレクトリに配置します。
インターネット エクスプ ローラーで .aspx ページが参照できない場合は、まずこの問題を解決します。ASP で問題が発生可能性があります。NET またはになる ASP を要求する前に、レイヤーのいずれか。NET。
1.2.5 がサーバーの仮想ディレクトリをレポートします。
レポート サービスの仮想ディレクトリ レポート サービス Windows 管理インストルメンテーション (WMI) プロバイダーまたは、Reporting Services 構成ツールを使用して構成されていない場合は、仮想ディレクトリの設定を確認するのには、セクション 4.1 の指示を従ってください。複数の構成の問題が発生する場合は、仮想ディレクトリを再、Reporting Services 構成ツールを使用して、WMI を使用して作成できます。

問題を解決するには、確認し、レポート サーバーの仮想ディレクトリを修正します。次に、レポート サーバーが動作している場合は、確認し、レポート マネージャーの仮想ディレクトリを修正します。レポート マネージャーはレポート サーバーと通信できない場合、エラーは通常、Reporting Services ログ ファイルに記録されます。

レポート サービス トレース ログの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms156500 (SQL.90)
これらのエラーの一般的な例を次に示します。
w3wp! ui! 1! 8/5/2008年-10: 20:56:: e エラー: HTTP ステータス コード 500-->

-------詳細--------

System.Net.WebException: は、要求が失敗しました<some error=""> </some>
Microsoft.SqlServer.ReportingServices2005.RSConnection.GetSecureMethods() で
Microsoft.ReportingServices.UI.Global.RSWebServiceWrapper.GetSecureMethods() で
レポート サーバーの仮想ディレクトリが動作している、レポート マネージャーの仮想ディレクトリが動作していない場合は、レポート マネージャーを使用して、レポート サーバーと通信するのには、URL を確認してください。

詳細については、次の Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms159261 (SQL.90)
詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
922656SQL Server 2005 Reporting Services でレポート マネージャー ツールを開こうとするとエラー メッセージ:「要求が HTTP ステータス 400 で失敗しました: 不正な要求です"や"レポート サーバーへの接続の試行に失敗しました"

2 の Web サイトの構成の問題

2.1 Web サイト id の問題

エラー メッセージは、Internet Explorer がレポート サーバーまたはレポート マネージャーにアクセスできないことを示す場合は、Reporting Services の Web サイトの設定を確認してください。一部のエラー メッセージが表示されることがありますを次に示します。

レポート マネージャーでは、次のエラー メッセージが表示されます。
レポート サーバーへの接続に失敗しました。接続情報と、レポート サーバーと互換性のあるバージョンであること。
Internet Explorer で、次のエラー メッセージが表示されます。
サーバーまたは DNS エラーが見つかりません
Internet Explorer で、次のエラー メッセージが表示されます。
HTTP 400 不良を要求します。
IP アドレスまたはホスト名の URL が使用されますが、コンピューターと、レポート サービスの仮想ディレクトリをホストする Web サイトに解決されるかどうかを確認します。仮想ディレクトリが別の Web サイトでホストされている場合は、レポート サーバーとレポート マネージャーの両方の Web サイトの構成を確認してください。

URL に IP アドレスを指定する場合は、次のことを確認します。
  • IP アドレスがレポート サービスの仮想ディレクトリをホストするコンピューターに解決されることを確認してください。使用できます、 ipconfig.exe コンピューターのネットワーク インターフェイスを一覧表示するコマンドです。
  • Reporting Services をホストする Web サイトを使用することを確認してください、 すべて未使用 設定または指定した IP アドレスは、 Web サイトの識別 ウィンドウです。
URL はホスト名で指定する場合は、次のことを確認します。
  • ホスト名に、Reporting Services のコンピューターに解決されることを確認してください。使用できます、 ping.exe コマンドを使用してホスト名を IP アドレスに解決します。次に、IP アドレスがレポート サービスの仮想ディレクトリをホストするコンピューターに解決されることを確認します。
  • Web サイトを使用することを確認してください、 すべて未使用 設定は、Web サイトの識別や、Web サイトがホスト ヘッダーで要求に対応するホスト ヘッダーを指定すること。要求を使用して、ホスト ヘッダーは通常、URL で指定されたサーバー名です。ネットワーク負荷分散 (NLB) のシナリオでは、ホスト ヘッダーは通常、仮想ノード名です。ホスト ヘッダーは、Hosts ファイルでも定義できます。
IIS 5.0 および IIS 6.0 では、Web サイトの識別情報に定義されている、 Web サイトの識別 ペインの Web サイト タブの Web サイトのプロパティ ページします。IIS 7.0 では、クリックすると、Web サイトの id を定義できます、 バインド リンクするのには サイトを編集します。 ウィンドウです。Web サイトの id を定義する方法の詳細については、次の Web サイトを参照してください。

メモ IIS 5.0 Web サイトの id を定義するのには、IIS 6.0 のようなインターフェイスを使用します。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc771911.aspx

http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc754348.aspx

http://learn.iis.net/page.aspx/150/understanding-sites-apps-and-vdirs-in-iis-7/#Sites
レポート マネージャーはレポート サーバーにアクセスするのには、正しい URL を使用することをことを確認することもする必要があります。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms159261 (SQL.90)

.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms155921 (SQL.90)

2.2 IIS を再インストールした後に発生する問題

IIS を再インストールした場合は、ASP を再構成する必要があります。NET、サーバーの仮想ディレクトリ、レポート マネージャーの仮想ディレクトリをレポートします。
IIS のインストールについて
IIS 6.0 をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/750d3137-462c-491d-b6c7-5f370d7f26cd.mspx?mfr=true
IIS 6.0 をアンインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/910e7485-d74c-4647-87a5-f9d0f9aae51e.mspx?mfr=true
IIS 7.0 をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc732624.aspx
インストールし、IIS 5.0 を使用する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
266115インストールして、IIS 5.0 を使用するためのリソース
レポート サービスの仮想ディレクトリを再構築する方法に関する情報
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms159261 (SQL.90)

.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms155921 (SQL.90)

2.3 ISAPI フィルターの問題

サード ・ パーティ製の ISAPI フィルターでレポート サーバーの仮想ディレクトリの問題があります。サード パーティ製の ISAPI フィルターが存在する場合、レポート サービスの仮想ディレクトリをホストする Web サイトから、フィルターを削除します。または、レポート サービスの仮想ディレクトリを新しい Web サイトに移動します。

3 認証の問題

3.1、Reporting Services にアクセスするには、Internet Explorer で資格情報を入力する必要があります。

Reporting Services を統合 Windows 認証を使用するように構成すると、Internet Explorer は通常、資格情報を要求する設定されていません。Internet Explorer が常に資格情報のプロンプトを表示するように構成されてかどうかを確認するには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を開きます。
  2. で、 ツール メニューをクリックして インターネット オプション.
  3. で、 セキュリティ タブで、レポート サーバーへのアクセスに使用される URL に適用するゾーンを選択します。たとえば、レポート サーバーにアクセスするのには、NetBIOS 名を使用している場合を選択、 ローカル イントラネット ゾーンです。
  4. クリックしてください。 [レベルのカスタマイズ.
  5. で、 ユーザーの認証 部分は、 セキュリティの設定 ダイアログ ボックス、クリックして イントラネット ゾーンでのみ自動的にログオンします。 で、 ログオン 領域です。URL をイントラネット ゾーンには場合は、. します。 現在のユーザー名とパスワードで自動的にログオン.

3.2 Internet Explorer で資格情報を入力した後で、HTTP 401 エラー メッセージが表示されます。

Internet Explorer で繰り返しプロンプトを受信した後、HTTP 401 エラー メッセージが表示される場合は、認証エラーが発生しました。ネイティブ モードでレポート サービスをインストールすると、Internet Explorer で、HTTP 401 エラー メッセージが表示される前になど、資格情報を 3 回必要があります。この問題が発生すると、IIS ログ、IIS 応答として"HTTP 401"を示します。この問題を解決するには、次を確認します。
  • 正しいユーザー名とパスワードを入力することを確認してください。
  • この資料のセクション 3.1 で表示される手順を実行します。選択しないことを確認します。 匿名でログオンします。 ゾーンのセキュリティ設定をします。
Windows 統合認証を使用して Reporting Services を構成している場合最も頻繁に HTTP 401 エラー メッセージを受信します。既定では IIS ネゴシエート認証メソッドおよび NTLM 認証方法ことができます。Internet Explorer は、NTLM 認証方式を使用する前に Internet Explorer が通常、ネゴシエート認証方法を使用します。

使用している FQDN またはカスタム ホスト ヘッダーがコンピューター名と一致しない場合は、ループバック チェック問題発生します。この問題が発生すると、通常の IP アドレスを使用してレポート サービスの Web サイトをアクセスできます。ただし、FQDN またはホスト名を使用して、Web サイトにアクセスできません。

詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
896861統合認証を使用して、IIS 5.1 または IIS 6 でホストされている Web サイトを参照するとエラー 401.1 が表示されます。
3.2.1 Kerberos 認証
ネゴシエートされた認証プロトコルは、Kerberos の場合は、Kerberos 認証の問題のため、HTTP 401 エラー メッセージを受け取ることがあります。これらの問題のいくつかを次に示します。
  • HTTP サービス プリンシパル名 (SPN) が構成されていない場合は、アプリケーション プールでドメイン アカウントに基づいている場合、HTTP 401 エラー メッセージが表示されます。この問題が発生すると、Kerberos の次のエラー コードが表示されます。
    KRB_ERR_APP_MODIFIED
    次の URL を使用してサーバーにアクセスすることができる場合があります。
    http://localhost/<reportserver_vdir></reportserver_vdir>
    ただし、次の URL を使用してサーバーにアクセスできません。
    http://<netbios></netbios>/<reportserver_vdir></reportserver_vdir>
    修正するか、この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
    • Kerberos 認証を有効にするのには、HTTP SPN を設定します。NetBIOS 名と FQDN URL で Reporting Services へのアクセスに使用するは、NetBIOS 名と FQDN を使用して HTTP SPN を登録してください。同じコンピューター上で、別のアカウントを使用して HTTP SPN を構成できません。別のアプリケーション プール、同じ HTTP SPN を使用するのには、同じアカウントで実行する必要があります。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      871179受信は、"HTTP エラー 401.1 - 権限: 資格情報が無効なため、アクセスが拒否されました"IIS 6.0 アプリケーション プールの一部である Web サイトにアクセスしようとするとエラー メッセージ
    • NetworkServices に、またはローカル システムに、アプリケーション プール id を変更します。これらのアカウントはビルトインのホスト SPN HTTP SPN の代わりに使用できます。
    • NTLM 認証のみを受け付けるように IIS を強制的します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/7258232a-5e16-4a83-b76e-11e07c3f2615.mspx?mfr=true
  • イベント ログで Kerberos エラーの次のコードが表示されます。
    KRB_ERR_RESPONSE_TOO_BIG
    解決するか、この問題を回避するには、次の手順を実行します。
    1. Kerberos ログを有効にします。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      262177Kerberos イベントのログ出力を有効にする方法
    2. ログを確認します。KRB_ERR_RESPONSE_TOO_BIG のエラー コードを表示する場合は、この問題の回避策は次の技術資料を参照してください。
      244474 Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 は UDP ではなく TCP を使用する Kerberos を強制する方法
3.2.2 基本認証
Reporting Services を構成して基本認証を使用する場合は、IIS を実行しているサーバー上のセキュリティ イベント ログには、認証の失敗が記録されます。エラー メッセージを表示します。ローカル セキュリティ ポリシーで、認証が許可されていない場合は、そのログオンを許可することもする必要があります、ローカル セキュリティ ポリシー内に入力するか、IIS 構成内のログオンの種類を変更します。

3.3"Access denied"エラー メッセージ Internet Explorer で IUSR または他の IIS の匿名ユーザーを受信します。

このエラー メッセージが表示が予期せず場合、Reporting Services の仮想ディレクトリで匿名セキュリティを有効にするかどうかを確認します。この設定が有効になっている場合は、それを無効にします。

3.4 Kerberos 委任の問題が発生します。

これらの問題は通常、「ダブル ホップ」の問題として知られています。Kerberos 委任の問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • レポートに統合セキュリティは、データ ソースを構成します。
  • レポートは、データ ソース用のリモート サーバーにアクセスします。たとえば、レポートに Analysis Services または Microsoft SQL Server は、データベース ・ サーバにアクセスします。
  • レポートにアクセスすると、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

    エラー メッセージ 1
    (Null) のユーザーのログインに失敗しました
    エラー メッセージ 2
    "NTAUTHORITY\ANONYMOUS"のユーザーのログインに失敗しました
  • データ ソースをホストするサーバー上のセキュリティ イベント ログをチェックすると、匿名ユーザーがログオンしたことを示すイベント参照してください。
NTLM 認証方式は、二重ホップの操作を実行できません。Web サイトや Reporting Services 仮想ディレクトリから、ネゴシエート認証プロバイダーを削除する場合は、ネゴシエート認証プロバイダーを再度追加する必要があります。

詳細については、次のマイクロソフト Web サイトまたは KB 記事を参照してください。詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
215383ネットワーク認証に Kerberos プロトコルと NTLM プロトコルの両方をサポートするように IIS を構成する方法
326985 IIS における Kerberos のをトラブルシューティング
917409 SQL Server 2005 Analysis Services の Kerberos 認証を使用するを構成する方法
319723 SQL Server で Kerberos 認証を使用する方法
909801 SQL Server 2005 のインスタンスへのリモート接続を作成すると、Kerberos 認証を使用しているかどうかを確認する方法
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
ドキュメントですか。FamilyID = の 99B0F94F-E28A-4726-BFFE-2F64AE2F59A2 & displaylang = en

.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc281382 (SQL.100)
Kerberos 認証を使用できるようにする場合は、次の方法のいずれかを使用できます。
  • データ ソースの資格情報を構成します。
  • 基本認証を使用して Reporting Services を構成します。既定のログオン方法には、 NetworkClearText メソッドです。このメソッドを 1 つ追加ホップをレポート サーバーから行うことができます。

4.NET の構成上の問題

4.1 一般的なエラー

ASP。NET の構成上の問題は、さまざまな現象があります。たとえば、次のいずれかの発生します。
  • HTTP 404 エラー メッセージが表示されることがあります。
  • 次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。
    Microsoft.ReportingServices.UI.GlobalApp のリソースを読み込めませんでした。
  • ASP から、他の例外のエラー メッセージが表示されます。NET。
ASP。版を再インストールまたはアンインストールする NET の構成上の問題を発生可能性があります。NET フレームワークです。これらの問題を解決するには、次の操作を行います。
  • IIS マネージャーを右クリックし、 Web サイト ノードをクリックし プロパティ.Web サイトのプロパティ] ウィンドウをクリックして、 ASP。NET タブをクリックしことを確認します、ASP。バージョン 2.0.50727 です。
  • IIS マネージャーを右クリックし、 Web サイト ノードをクリックし プロパティ.Web サイトのプロパティ] ウィンドウをクリックして、 ISAPIFilters 場所] タブをクリックし、 ASP。NET_2.0.50727.0 フィルターです。いることを確認、 実行可能ファイル ボックスには、ASP には有効なパスが含まれます。ネット フィルターの .dll ファイルです。

    メモ IIS 5.1 では、フィルターはありません。

    メモ IIS 7.0 では、フィルターをクリックするとご覧に ISAPI フィルター Web サイトのプロパティ ページのアイコン。
  • IIS マネージャーで、レポート サーバーの仮想ディレクトリを右クリックしをクリックしてください プロパティ.ダイアログ ボックスをクリックして、 仮想ディレクトリ タブをクリックし 構成.いることを確認、 アプリケーションの拡張機能 ウィンドウは空です。いることを確認、 ワイルドカード アプリケーション マップ ウィンドウには、1 つのワイルドカード マッピングがあります。ワイルドカード マッピングを選択しをクリックしてください 編集.いることを確認、 実行 ボックスには、microsoft の正しいパスが含まれます。いることを確認、 そのファイルが存在するを確認します。 チェック ボックスが選択されていません。
  • IIS マネージャーで、レポート マネージャーの仮想ディレクトリを右クリックしをクリックしてください プロパティ.ダイアログ ボックスをクリックして、 仮想ディレクトリ タブをクリックし 構成.いることを確認、 アプリケーションの拡張機能 ウィンドウには、既定のマッピングが含まれます。これは、一般的な ASP のマッピングの一覧です。.Aspx および .asax などの NET ファイル タイプ。既定のマッピングを再生成するには、適切なスクリプト マップを作成するのには、次のコマンドを使用します。
    aspnet_regiis.exe ? s <report manager="" path=""></report>
    メモ IIS 7.0 では、マッピングの下には、 ハンドラー マッピング アイコン。
  • IIS Web サーバー拡張機能では、ASP を確認します。NET 2.0.50727 を有効にします。
検証が失敗した場合は、ASP を登録できます。この問題を解決するのには、NET を指定します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
  • オペレーティング システムに 32 ビットまたは 64 ビット オペレーティング システムで 32 ビット バージョンの Reporting Services を実行している場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    %SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\aspnet_regiis.exe -i ?
  • 64 ビットのオペレーティング システムで 64 ビット バージョンの Reporting Services を実行している場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    %SystemRoot%\Microsoft.NET\Framework64\v2.0.50727\aspnet_regiis.exe -i ?
ASP を実行することはできません。NET 1。x では実装されていなかったために発生します ASP とします。NET 2.0 の IIS ワーカー プロセス。IIS 6.0 または IIS 7.0 を使用している場合は、ASP は、レポート サーバー アプリケーションをホストするアプリケーション プールをホストしていないことを確認します。NET 1。x では実装されていなかったために発生します アプリケーションです。IIS 5.0 では、使用している場合は、IIS 5.0 の分離モードで IIS 6.0 を使用していることを確認するか、ASP を必要とするアプリケーションが実行されていません。NET 1。x では実装されていなかったために発生します.

4.2 と表示される、"(NT authority \network SERVICE) は、現在のユーザーに対する書き込みアクセス権がありません '<path>\v2.0.50727\Temporary ASP。NET Files"のエラー メッセージ</path>

無効な ASP でが原因です。NET の構成します。この問題を解決するには、書き込みを許可し、一時 ASP へのアクセス許可を実行します。NET Files フォルダー エラー メッセージを示します。

5 SSL の問題

5.1 クライアント証明書をの問題を発生します。

仮想ディレクトリのクライアント証明書を構成する場合は、レポート マネージャーはレポート サーバーを認証しない可能性が。この問題は、レポート マネージャー HTTP 要求を通じてレポート サーバーとレポート マネージャーを通信するときにクライアント証明書を渡すことはできないために発生します。したがって、有効にするように IIS を構成する場合は、 クライアント証明書を必要とします。 オプションは、レポート マネージャーを使用することはできません。この問題を回避するには、消去が可能に クライアント証明書を必要とします。 チェック ボックスは、レポート サーバーの仮想ディレクトリです。

5.2 に「接続は強制的に切断」エラー メッセージまたは、SSL 接続エラーを示すエラーが表示されます。

Internet Explorer では、次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

エラー メッセージ 1
接続を強制的に終了
エラー メッセージ 2
基になる接続が閉じられました
エラー メッセージ 3
SSL および TLS のセキュリティで保護されたチャネルの信頼関係を確立できませんでした。
エラー メッセージ 4
HTTP ステータス コード 500-->
これらのエラー メッセージが表示されたらは SSL 接続に失敗しましたをされた可能性があります。SSL 接続エラーは通常、IIS がインストールされている証明書が原因です。この問題を解決するには、次の操作を行います。
  • ホスト名またはホスト ヘッダーでは、レポート マネージャーまたはレポート サーバーへのアクセスに使用する URL を証明書が発行されることを確認してください。
  • 証明書のホスト名またはホスト ヘッダーでレポート マネージャーを使用してレポート サーバーにアクセスするのには、URL に発行するかどうかを確認します。

    メモ この URL を定義することができます、 ReportServerUrl RsWebApplication.config ファイル内の要素。この URL が定義されていない場合は、次の URL のホスト名クライアントを使用してレポート マネージャーにアクセスするのには、ホスト名です。さまざまな Url を使用してレポート マネージャーにアクセスする場合は、ホスト名異なる場合がありますので、明示的に定義することをお勧めは、 ReportServerUrl 正しいホスト名を使用して要素を指定します。詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms155878 (SQL.90)
  • 証明書信頼チェーンが有効であるかどうかを確認します。つまり、証明書または証明書の発行者が信頼されていることを確認します。

5.3 レポート サーバーとレポート マネージャーの間の HTTP 通信での問題を発生します。

レポート マネージャーとレポート サーバー間の HTTP 通信では、問題に発生します。レポート マネージャーの SSL 構成が無効な場合は、Internet Explorer に正常に応答できます。ただし、レポート マネージャーはレポート サーバーと通信できません。この問題が発生した場合は、レポート マネージャーには、レポート マネージャーのホーム ページにイメージが正しくが表示されます。ただし、レポート マネージャーでエラー フォルダーとレポート アイテムの表示が期待どおりの場所に表示されます。

これらの問題を診断するを使用して、します。NET Framework のトレース。有効にするのには。Net Framework のトレースの詳細については、次のコードを追加するのには、レポート マネージャーのフォルダーにある Web.config ファイル。
<system.diagnostics>
         <trace autoflush="true" />
             <sources>
                 <source name="System.Net" maxdatasize="1024">
                      <listeners>
                          <add name="MyTraceFile"/>
                      </listeners>
                 </source>
                <source name="System.Net.Sockets" maxdatasize="1024">
                     <listeners>
                         <add name="MyTraceFile"/>
                     </listeners>
                 </source>  
            </sources>
             <sharedListeners>
                 <add
                   name="MyTraceFile"
                   type="System.Diagnostics.TextWriterTraceListener"
                   initializeData="d:\tmp\System.Net.trace.log"
                 />
             </sharedListeners>
  <switches>
                 <add name="System.Net" value="Verbose" />
                <add name="System.Net.Sockets" value="Verbose" /> 
  </switches>
 </system.diagnostics>
たとえば、サーバーのホスト ヘッダー"example1"であると仮定します。ただし、「[example2」に証明書が発行されます。使用して、レポート マネージャーのホーム ページにアクセスすると、 http://example1/reports URL には、証明書が無効であることを示す警告メッセージが表示されます。このため、証明書の構成が無効です。

メモ 使用している Internet Explorer のバージョンによっては、警告のポップアップ メッセージまたは Internet Explorer で表示されるメッセージです。また、前に警告を無視することを選択した場合は、警告を Internet Explorer で受け取ることがありますされません。

レポート マネージャーでは、次のエラー メッセージが表示されます。
基になる接続が閉じられました: SSL/TLS のセキュリティで保護されたチャネルの信頼関係を確立できませんでした。
その後、レポート マネージャー ディレクトリで Web.config ファイルに次の XML コードを追加します。

メモ Web.config ファイルが既に含まれている場合は、結合を実行する必要があります、 <system.diagnostics></system.diagnostics> 要素、 <switches></switches> 要素。

同じエラー メッセージが表示されたら、XML コードで指定したログ ファイルを表示します。この例では、ログ ファイル内の次の場所です。
D:\tmp\System.Net.trace.log
ログの下部に、次を参照します。
System.Net Information: 0 : [3316] SecureChannel#63605042 - Remote certificate has errors:
System.Net Information: 0 : [3316] SecureChannel#63605042 - 	Certificate name mismatch.
System.Net Information: 0 : [3316] SecureChannel#63605042 - 	A certificate chain processed, but terminated in a root certificate which is not trusted by the trust provider.

System.Net Information: 0 : [3316] SecureChannel#63605042 - Remote certificate was verified as invalid by the user.
System.Net.Sockets Verbose: 0 : [3316] Socket#23836999::Dispose()
System.Net Error: 0 : [3316] Exception in the HttpWebRequest#44235609:: - The underlying connection was closed: Could not establish trust relationship for the SSL/TLS secure channel.
System.Net Error: 0 : [3316] Exception in the HttpWebRequest#44235609::EndGetResponse - The underlying connection was closed: Could not establish trust relationship for the SSL/TLS secure channel.
発生した証明書の問題の種類を示すエラー メッセージが表示されます。

6 スケール ・ アウトと負荷分散に関する問題

6.1 HTTP 401 エラーが断続的に発生します。

月のロード ・ バランシングは、ダブル ホップ問題を紹介する断続的な HTTP 401 エラーが発生します。負荷分散では、同一のコンピューターに送信される HTTP 要求を仮想サーバーと、別のノードにルーティング可能性があります。この問題は断続的に発生します。要求が同じノードにルーティングされる場合、要求は成功します。

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。
  • 仮想ノードへの移動の要求がローカル ホストにせずに進むようにするには、各ノードの Hosts ファイルを変更します。たとえば、127.0.0.1 の IP アドレスを仮想ノード宛ての要求をリダイレクトできます。この操作は要求レポート マネージャーからレポート サーバーに同じコンピューターを制限して double hop を防ぎます。
  • ネイティブの Reporting Services のインストールがある場合、<reportserverurl>"localhost"ではなくの仮想サーバーを使用するタグ</reportserverurl>を構成します。

7 Windows Vista と Windows Server 2008 の問題

Windows vista または Windows Server 2008 のレポート サービスをインストールする場合は、次の Knowledge Base の文書および MSDN の Web サイトが必ずください。
934164 Windows Vista ベースのコンピューター上で SQL Server 2005 Reporting Services をインストールする方法
938245 インストール方法と Windows Server 2008 を実行しているコンピューターに SQL Server 2005 Reporting Services を構成する方法
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/bb677367.aspx

セットアップ中に「IIS がインストールされていないまたはサーバー コンポーネントのインストールに対して構成されていません」エラー メッセージが表示されます。

Windows Vista または Windows Server 2008 のレポート サービスをインストールしようとすると、IIS が既にインストールされている場合でも、次のエラー メッセージが表示されます。
IIS がインストールされていないまたはサーバー コンポーネントのインストールに対して構成されていません
この問題は、IIS 6.0 管理互換機能がインストールされていないために発生します。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
949455IIS 6.0 管理互換がインストールされていない場合は、システム センター操作マネージャー 2007年レポートのインストールは、Windows Server 2008 コンピューターに障害が発生しました。

8 のホーム ページのリダイレクト

IIS を使用すると、Web サーバーの既定のホーム ページとしてレポート マネージャーを使用できます。要求をリダイレクトするなどの可能性があります、 http://<server><b00></b00></server>URL には、 http://<server></server>/reports URL です。レポート マネージャーのホーム ページへのリダイレクトを構成する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトの"リダイレクトするには、レポート マネージャーの仮想ディレクトリ"を参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms159261 (SQL.90)
メモ 直接 Web サイトのルート レベルには、レポート マネージャーを構成できません。代わりに、Web サーバーの既定のホーム ページとしてレポート マネージャーを設定するのには、リダイレクトを構成する必要があります。

9 のエクスポートを問題します。

9.1、エクスポート タイムアウトが発生します。

Internet Explorer からレポートをエクスポートすると、タイムアウトが報告されるまで、ダウンロード ダイアログ ボックスは開いたままです。この問題は、いくつかのアカウントがないその他のアカウントを使用する場合に発生します。使用するとこの問題が発生する可能性があります、 ユーザーとして実行します。 ログオン アカウント以外のアカウントから Internet Explorer を実行できるように Internet Explorer を起動するには、[オプション] をクリックします。

タイムアウトのために多くのデータ転送が行われないように特にレポートが小さい場合 Internet Explorer 構成が正しくないことによってこの問題が発生可能性があります。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer をクリックします。 インターネット オプション で、 ツール メニューです。
  2. で、 インターネット オプション ダイアログ ボックスをクリックして、 高度な タブをクリックし、検索 HTTP 1.1 設定.
  3. オフにし、 HTTP 1.1 を使用します。 チェック ボックスと、 プロキシ接続で HTTP 1.1 を使用します。 チェック ボックスします。
  4. オンにし、 HTTP 1.1 を使用します。 チェック ボックスと、 プロキシ接続で HTTP 1.1 を使用します。 チェック ボックスします。
  5. Internet Explorer を再起動します。

10 の 64 ビットの問題

10.1、「、32 ビット プラットフォームでは 64 ビット アセンブリをロードしようとしています」エラー メッセージが表示されます。

32 ビット ワーカー プロセスと IIS 6.0 で並べての 64 ビット ワーカー プロセスを実行しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
32 ビット プラットフォームでは 64 ビット アセンブリを読み込もうとしました。
詳細については、次の Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/WindowsServer2003/Library/IIS/13f991a5-45eb-496c-8618-2179c3753bb0.mspx?mfr=true

10.2 の問題が発生して IIS および Reporting Services は 64 ビット モードでは、IIS を実行してが 32 ビット モード

詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号をクリックしてください。
894435ASP の 32 ビット版の間を切り替える方法します。NET 1.1 と 64 ビットのバージョンの ASP。NET 2.0 は、64 ビット バージョンの Windows で
934162 64 ビット バージョンの Windows を実行しているコンピューターで、32 ビット版の SQL Server 2005 Reporting Services をインストールする方法

11 IIS と仮想ディレクトリの構成に関する問題

11.1 構成は、レポート サーバーの仮想ディレクトリのまたはレポート マネージャーの仮想ディレクトリは無効です。

次のエラー メッセージのいずれかが表示されます。

エラー メッセージ 1
HTTP 503 サービス利用
エラー メッセージ 2
HTTP 403.14 - アクセスは許可されて (ディレクトリの一覧が拒否されました)
エラー メッセージ 2
ディレクトリの一覧表示が拒否されました
エラー メッセージ 2
サービスは利用できません。
これらのエラー メッセージは、レポート サーバーの仮想ディレクトリのまたはレポート マネージャーの仮想ディレクトリの構成が無効であることを示します。この問題を解決するには、レポート サーバーの仮想ディレクトリおよびレポート マネージャーの仮想ディレクトリを再構築します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. IIS の既存の仮想ディレクトリを削除するのには、IIS マネージャーを使用します。
  2. レポート サービスの構成ツールやレポート作成サービスの WMI プロバイダーを使用して、新しい仮想ディレクトリを作成します。
詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/ms188133 (SQL.90)

.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/ms181174 (SQL.90)

.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms159261 (SQL.90)

.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms155921 (SQL.90)

12 Reporting Services、および Windows SharePoint Services の横にの展開

レポート サービスと Windows SharePoint Services の横に配置する方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms159697.aspx

13 レポート ビルダーを実行します。

13.1 レポート ビルダーを起動すると、HTTP 401 エラーが表示されます。

レポート サーバーが基本認証を使用する場合、レポート ビルダーでの匿名認証を構成する必要があります。レポート ビルダーは、ClickOnce のアプリケーションです。ClickOnce アプリケーションは、基本認証を処理できません。詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms365173 (SQL.90)

14 の Web.config ファイルの解析の問題

14.1 に、Microsoft.ReportingServices.Diagnostics.WebConfigUtil.GetWebConfigAuthenticationAttr メソッドから System.NullReferenceException エラー メッセージが表示されます。

Reporting Services は、Web.config ファイルを解析できない場合この問題が発生する可能性があります。この問題を解決するには、次の操作を行います。
  • 次のフォルダーにある Web.config ファイルは、名前空間がないことを確認します。
    %ProgramFiles%\Microsoft SQL Server\<instance name="">\Reporting Services\ReportServer</instance>
    Web.config ファイルは、名前空間がある場合、名前空間を削除します。

    メモ ファイルを変更するために使用するエディターは、名前空間を追加できます。これが行われたかどうかを判断するには、ファイルの 1 行目に、xmlns 属性を探します。
  • いることを確認、<authentication>ノードが含まれています、<b00></b00></authentication>モード 属性です。この属性が存在しない場合は、追加の モード [<authentication>] ノードに属性です。指定する適切な属性の値</authentication>。

    統合 Windows 認証を使用すると、たとえば、認証モード可能性が高い"Windows"に設定されてASP の詳細については。Net の認証モードの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa291347.aspx

    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/532aee0e.aspx

プロパティ

文書番号: 958998 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbinfo kbexpertiseadvanced kbsql2005rs kbmt kbsurveynew kbsqlsetup KB958998 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:958998
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com