Office 2008 for Mac のエラー: Microsoft Office 2008 できない開始のため it がされての使用」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 959253 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

どの Microsoft Office 2008 for Mac のプログラムを起動しようとすると、次のようなエラー メッセージが表示されます。
既に使用されているために、Microsoft Office 2008 を開始できません。(名) プログラムが使用している、Office のインストールには使用許諾契約書で許可されているインストール数を超えています。詳細については Microsoft Office のライセンスの詳細] をクリックします。

原因

この問題は、次の条件に当てはまる場合に発生します。
  • 複数のコンピューターに Microsoft Office 2008 for Mac をインストールします。
  • 製品をインストールするには、以前の Microsoft Office 2008 for Mac から同一のプロダクト キーを使用して、インストールします。
これが発生すると、これらは例のシナリオです。
  • 複数のコンピューターに Office 2008 for Mac のホームと学生版をインストールするには、同じプロダクト キーを使用しています。

    メモ このバージョン Office for Mac にはにはこのシナリオでは 3 つの個別のプロダクト キーが含まれて、インストールごとに異なるプロダクト キーをしてください。
  • 学校のネットワークなどの大規模なネットワークに接続しています。そのネットワーク上のユーザーは、同じプロダクト キーを使用しています。

    メモ このシナリオでは、他のユーザーが使用しているプロダクト キーが提供されている可能性があるために新しいプロダクト キーを入手するには、学校の管理者または IT 部門に問い合わせてください。
Office 2008 for Mac プログラムを起動すると、プログラム、ネットワーク経由で要求を送信します。その他の Office 2008 for Mac のプログラムをネットワークに接続されている他のコンピューターで実行されている要求を探します。その他の Office 2008 for Mac のプログラムを実行している場合、プログラムを要求しているプログラムのプロダクト ID 番号を比較します。これらの製品 ID 番号のいずれかが一致する場合、要求元のプログラムが起動しません。さらに、「現象」に記載されている警告メッセージが表示されます。

メモ Office for Mac 2011 では、この問題は発生しません。Office for Mac 2011 試用版をダウンロードして無料で 30 日間試してまたは Office for Mac 2011 を購入することができます。

試用版をダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Office for Mac 2011 試用版
Office for Mac 2011 を購入するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Office for Mac 2011

解決方法

一部のライセンスをインストールし、2008年 Office for Mac の 1 台のコンピューター上の 1 つだけのコピーをアクティブにすることができます。一部のライセンスのインストールの詳細を許可します。インストールできるライセンスの数を確認するには、次の表を参照してください。
元に戻す全体を表示する
エディションの Office for Macライセンス
マイクロソフトの Office 2008 for Mac2 台のパーソナル コンピューター (1台のノート パソコンと 1 台のデスクトップコンピュータ)
Mac Homeと学生版のMicrosoft Office 20083 つのパーソナル コンピューター、同じ世帯に
Microsoft Office 2008 for Mac Business Edition の2 台のパーソナル コンピューター (1台のノート パソコンと 1 台のデスクトップコンピュータ)
メディアの特別なエディションの Microsoft Office 2008 for Mac2 台のパーソナル コンピューター (1台のノート パソコンと 1 台のデスクトップコンピュータ)

場合は、ライセンスでは、インストールおよび 2008年 Office for Mac の 1 台のコンピューター上の 1 つだけのコピーをアクティブにすることができます、1 つ以上のコンピューターにインストールする場合は、製品の別のコピーを購入しなければなりません。また、他のコンピューターに Office for Mac 2011 を購入するオプションがあります。

Office for Mac 2011 を購入するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
Office for Mac 2011
場合は、ライセンスをインストールし、複数のコンピューターに Office for Mac をアクティブにできます、1 つ以上のコンピューターに同じ製品 ID が使用されていないことを確認する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。

手順 1: インターネットやネットワークからの切断します。

使用しているネットワーク接続方法の適切な手順に従います。

空港の接続
  1. アップルメニューのシステム環境設定をクリックします。
  2. [システム環境設定の「インターネット & ワイヤレスセクションで [ネットワーク] をクリックします。
  3. 左側のバーでは、空港を選択します。状態オンの場合、空港の名前を無効にする] ボタンをクリックします。
  4. [ネットワーク] ウィンドウを閉じます。「ステップ 2: プロダクト ID 番号を比較する"セクション。
イーサネット接続
  1. アップルメニューのシステム環境設定をクリックします。
  2. [システム環境設定の「インターネット & ワイヤレスセクションで [ネットワーク] をクリックします。
  3. ネットワーク接続用のイーサネット接続の設定に注意してください。この情報は、IP アドレス、サブネット マスク、ルーター、およびようにします。
  4. [ネットワーク] ウィンドウを閉じます。
  5. [アップル] メニューの [シャット ダウン] をクリックします。
  6. コンピューターの背面のイーサネット ポートからイーサネット ケーブルを取り外します。次に、コンピューターを再起動します。
  7. 「ステップ 2: プロダクト ID 番号を比較する"セクション。

手順 2: プロダクト ID 番号を比較します。

  1. Microsoft Word や Microsoft Excel などの Office アプリケーションのいずれかを起動します。次の手順では、Word を起動することを前提としています。
  2. Wordをクリックし、[ Word について] をクリックします。
  3. プロダクト ID は、ウィンドウの下部に表示されます。それが次の形式で表示されます。
    XXXXX XXX-XXXXXXX XXXXX です。
    製品 id の最初の 15 の番号に注意してください。
  4. Office for Mac 2008年を実行している別のコンピューターで、手順 1 〜 3 を繰り返します。
  5. プロダクト Id の 2 つのセットと比較します。
製品 Id が異なる

プロダクト Id は、2 台以上のコンピューターでも、「現象」に記載されているエラー メッセージが表示される場合次手順を実行します。
  1. インターネットから切断します。
  2. Mac. 用の Office 2008 をアンインストールします。
  3. Mac. の Office 2008 を再インストールします。
アンインストールして Office for Mac を再インストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2025907 エラー」Microsoft Office が正しくインストールされませんでした"Office 2008 をインストールした後
プロダクト Id は、同じ

製品 Id は同じですが、ライセンスをインストールし、複数のコンピューター上の Office for Mac をアクティブにすることができる場合は、コンピューターのいずれかからライセンス情報を削除してください。その後、Microsoft Office 2008 for Mac のパッケージに付属している他のプロダクト キーのいずれかを入力します。ライセンス情報を削除するには以下の手順を実行します。
  1. オン移動 ] メニューの [アプリケーション] をクリックします。
  2. Microsoft Office 2008フォルダーを開くし、 Officeフォルダーを開きます。
  3. OfficePID.plistをは、ゴミ箱にドラッグします。
  4. すべてのウィンドウを閉じます。
  5. オン移動 ] メニューの [ホーム] をクリックします。
  6. ライブラリを開きます。
    メモ MAC OS X のライオンではライブラリのフォルダーは表示されません。このフォルダーを表示するには、オプション キーを押しながら [移動] メニューをクリックします。
  7. ペンの基本設定] フォルダーで、および、 Microsoftフォルダーを開きます。
  8. Office 2008フォルダーをゴミ箱にドラッグします。
  9. Office 2008 を再起動するように求められたら、新しいまたは未使用 CD キーを入力し、
1 台のコンピューターのライセンス情報を変更する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
2394111 ソフトウェア ライセンスの登録情報 (会社、名) Office for Mac の変更します。

詳細

Microsoft Office for Mac の標準、Microsoft Office for Mac の、ビジネス、メディアのエディションの Microsoft Office for Mac は (1 つのノート パソコンとデスクトップ コンピューターの 1 つ) の 2 つまでのパーソナル コンピューターで使用するためのライセンスが 1 人のユーザーによって。Microsoft Office for Mac のホームと学生版は、同じ世帯で最大 3 台のパーソナル コンピューターで使用するライセンスです。

プロパティ

文書番号: 959253 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 14.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office for Mac 2008 Standard Edition
  • Microsoft Office 2008 for Mac (Home and Student Edition)
  • Microsoft Office 2008 for Mac Business Edition
  • Microsoft Office 2008 for Mac Special Media Edition
  • Microsoft Entourage 2008 for Mac
  • Microsoft Office Excel 2008 for Mac
  • Microsoft Office PowerPoint 2008 for Mac
  • Microsoft Office Word 2008 for Mac
キーワード:?
dftsdahomeportal kbregistration kbexpertisebeginner kbtshoot kbprb kbmt KB959253 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:959253
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com