System Center データ Protection Manager 2007 Service Pack 1 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 959605 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料ではシステム センター Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 (SP-1) で修正される Microsoft System Center Data Protection Manager 2007 問題について説明します。

詳細

修正される問題の一覧

システム センター Data Protection Manager 2007 SP1 には、すべての以前にリリースされた Data Protection Manager アップデートおよびロールアップが含まれます。
946647Data Protection Manager 2007 修正プログラム パッケージ: 2008 年 1 月 9 日
948373システム センター Data Protection Manager 2007 を使用して、Virtual Server 2005 で実行されているバーチャル マシンのオンライン バックアップを実行する場合、バックアップ イメージを破損する可能性があります。
950082Data Protection Manager 2007 修正プログラム パッケージ ロールアップ 2 の説明
948936Data Protection Manager 2007 で同期を実行すると、DPM サービスがクラッシュが予期せず
951557Data Protection Manager 2007 用の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明の年 (2008 年 4 月 24 日) について
949779システム センター データ Protection Manager 2007 Feature Pack の説明
954641システム センター Data Protection Manager 2007 用の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2008 年 7 月 31 日
データ Protection Manager 2007 SP1 では、以下の Microsoft アプリケーションと Data Protection Manager 2007 を使用してデータ ソースを保護する場合に発生する可能性がある問題を解決するための次の解像度を保護する強化された機能説明します。
  • データ Protection Manager 2007 SP1 が更新されたバージョンは、Windows ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して作成されます。 これは、更新された SDK のすべてのセキュリティ修正プログラムにするライブラリを使用して Data Protection Manager バイナリは作成することを意味します。
  • ここでシームレスにインストールできます保護エージェント ドメイン コントローラー上で。
  • Exchange Server と SQL Server のデータの復旧時間には、大幅に改善があります。 たとえば、データは最長 100 の増分復元ポイントを含む回復ポイントから復旧した、ときに、復旧時間が 300 % 向上します。
  • データ ソースを保護するための必要条件に関連したエラー メッセージはより使いやすいです。
  • Windows SharePoint サーバー ファームの整合性チェックは高速です。

    メモ データ Protection Manager 2007 SP1 は、データのバックアップの一貫性のない Windows SharePoint Services レプリカの部分だけを re-validates します。
  • データ Protection Manager 2007 SP1 には大幅に改善、Data Protection Manager 障害回復構成の設定が含まれます。

システム センター Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 で追加する機能

  • Windows SharePoint Services (WSS) 3. 0 を Office SharePoint Server 2007 (MOSS) サポートの強化。
  • Hyper-V サーバーの保護のサポート。

    メモ Hyper-V サーバーを保護する必要な更新プログラムの一覧の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=133781
  • Exchange Server のスタンバイ連続レプリケーションのサポート。
  • ミラーの SQL Server データベースのサポート。
  • ミラーの SQL Server データベースを SharePoint のサポート。
  • 双方向の信頼されたフォレストにまたがるデータ保護のサポート。
  • (ファイルと Hyper-V のみ)、Data Protection Manager サーバー上のローカル データのバックアップ
Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 で導入された新機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=132612
システム センター Data Protection Manager 2007 SP1 のリリース ノートの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=135756

システム センター Data Protection Manager 2007 SP1 の入手方法

以下のファイルが、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。


システム センター Data Protection Manager 2007 SP1、x 86 バージョン

元に戻す画像を拡大する
Download
Download the package now.

システム センター Data Protection Manager 2007 SP1、x 64 バージョン

元に戻す画像を拡大する
Download
Download the package now.

リリース日: 2008 年 12 月

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルは、ファイルに不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

インストール手順

メモ データ保護マネージャー SP1 をアンインストールできません。 完全バックアップ、Data Protection Manager サーバーのサービス パックを適用する前にします。

データ保護マネージャー SP1 3 つの個別の更新から成ります。 各更新プログラムをインストールするには、次の手順に従います。
  1. Data Protection Manager 2007 を実行しているサーバーに SP1 パッケージをインストールします。 これを行うには、サーバー上で DataProtectionManager2007-KB959605.exe ファイルを実行します。

    メモ まず Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージのインストール ウィザードが表示されます。 インストール ウィザードを完了します。 このウィザードは正常に完了すると、Data Protection Manager 2007 SP1 のインストール ウィザード表示されます。 画面上の指示に従ってインストールを完了します。

    メモ SP1 をインストールした後は、Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。
  2. DPMDB データベースをホストしているリモート SQL Server インストールを更新します。 SQL Server を実行しているコンピューターで次を実行します。
    1. 次のマイクロソフト Web サイトから、Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ、インストールします。

      x86 システム
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=117778
      の x64 システム
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=120135
    2. SqlPrep-KB959605.msp ファイルを実行します。
      メモ Data Protection Manager 2007 サーバー上で SQL DPMDB のインスタンスをしている場合、手順は必要ありません。
  3. Data Protection Manager Administrator Console で、保護エージェントを更新します。 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新する方法を 2 つがあります。
    • 方法 1: Data Protection Manager Administrator Console からの保護エージェントを更新します。 これを行うには、次の手順を実行します。
      1. Data Protection Manager Administrator Console を開きます。
      2. [ 管理 ] タブをクリックし、[ エージェント ] タブを実行します。
      3. 保護されたコンピューター ] からコンピューターを選択し、 更新 操作 ウィンドウの [。
      4. はい ] ダイアログ ボックスでクリックし、 更新エージェント を実行します。
      5. 資格情報の入力と再起動のオプション ダイアログ ボックスが表示されたら] ボックスに、資格情報を入力、保護されたサーバーを再起動し、[ OK] をクリックするかどうかを選択します。

        メモ 保護されたサーバーをすぐに再起動する必要はありません。 DPM は、既存のデータ ソースを保護し続けます。 ただし、システム センター Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 で導入された新機能は有効しないになります、保護されたサーバーを再起動するまで。
    • 方法 2: 保護されたコンピューター上で、保護エージェントを更新します。

      これはファイアウォールの内側である保護されたコンピューターに対して推奨の方法です。
      1. Data Protection Manager 2007 サーバー上の"Data Protection Manager インストールの場所の \DPM\Agents\RA\2.0.8793.0 ディレクトリから更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。
        • x86 の更新
          言語 ID \DPMAgentInstaller_KB959605.exe の i386\
        • x 64 を更新します。
          言語 ID \DPMAgentInstaller_KB959605_AMD64.exe の amd64\
      2. 保護されている各コンピューターでの適切な DPMProtectionAgent2007_KB959605.exe パッケージを実行します。 まず、Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージのインストール ウィザードが表示されます。 インストール ウィザードを完了します。 これが正常に完了したらと、は、Data Protection Manager 2007 SP1 のインストール ウィザードが表示されます。 エージェントの更新を完了する指示に従います。
      3. Data Protection Manager 2007 サーバー上で、Data Protection Manager Administrator Console を開きます。
      4. [ 管理 ] タブをクリックし、[ エージェント ] タブを実行します。
      5. 保護されたコンピューターを選択し、エージェントのバージョンが 2.0.8793.0 として表示されていることを確認します。
  4. Data Protection Manager 管理シェルを更新します。 Data Protection Manager 管理シェルを実行しているコンピューターで次を実行します。
    1. 次のマイクロソフト Web サイトから、Microsoft Visual C++ 2008 再頒布可能パッケージ、インストールします。

      x86 システム
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=117778
      の x64 システム
      http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=120135
    2. DPMManagementShell2007-KB959605.msp ファイルを実行します。

      メモ Data Protection Manager 2007 サーバー上で、Data Protection Manager 管理シェルしている場合、以下の手順は必要ありません。

プロパティ

文書番号: 959605 - 最終更新日: 2009年2月3日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Data Protection Manager 2007
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc atdownload kbmt kbsurveynew KB959605 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:959605
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com