.NET Framework 2.0 Service Pack 2、.NET Framework 3.0 Service Pack 2、および .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のデュアル ブランチ サービス

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 960043 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

.NET Framework 2.0 Service Pack 2、.NET Framework 3.0 Service Pack 2、および .NET Framework 3.5 Service Pack 1 用のすべての GDR (一般配布リリース) クラスの更新プログラムでは、デュアル ブランチ サービス モデルをサポートしています。

.NET Framework 2.0 Service Pack 2、.NET Framework 3.0 Service Pack 2、または .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のデュアル ブランチ サービスをサポートする修正プログラムをインストールした場合を例にとって説明します。また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] の [現在インストールされているプログラム] ボックスの一覧に表示される更新プログラムに加えて、追加の更新プログラム (960043) も表示されます。この追加の更新プログラムはベースライナーと呼ばれ、デュアル ブランチ サービスをサポートするすべての修正プログラムの標準です。

この資料では、.NET Framework 2.0 Service Pack 2、.NET Framework 3.0 Service Pack 2、および .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のデュアル ブランチ サービスについて説明します。

詳細

デュアル ブランチ サービスとは

.NET Framework 用および Microsoft Visual Studio 用の更新プログラムは従来、累積的でした。たとえば、バイナリは常に、その同じバイナリ内に以前のすべてのサービス変更が含まれています。この方法には問題があります。なぜなら限定的な配布を意図し、特定のお客様の要求に対応するために開発された修正プログラムを、意図せずセキュリティ更新プログラムや累積的な更新プログラムと共に広範に配布することになるからです。

修正プログラムと、セキュリティ更新プログラムなどの GDR クラスのリリースに個別のブランチを持たせることによって、GDR クラスのリリースに修正プログラムの機能上の修正プログラムが含まれる可能性がなくなります。LDR (修正プログラムなどの限定配布リリース) と GDR (更新プログラム、累積的な更新プログラム、セキュリティ更新プログラムなどの一般配布リリース) の個別のブランチを維持することを、デュアル ブランチ サービスと呼びます。

デュアル ブランチ サービスの意味

デュアル ブランチ サービスを使用すると、GDR クラスの更新プログラムのリリース (更新プログラム、累積的な更新プログラム、およびセキュリティ更新プログラム) には 2 つのバージョンのペイロードが含まれます。つまり、セキュリティ修正プログラムのみが含まれて累積的な修正プログラムは含まれない "クリーン" ペイロードと、セキュリティ修正プログラムと共に累積的な修正プログラムが含まれる第 2 のペイロードです。

第 1 の "クリーン" ペイロードは、適用するべき修正プログラムのない (ほとんどの) お客様向けにインストールされ、第 2 の累積的なペイロードは、1 つまたは複数の修正プログラムを適用するべきお客様向けにインストールされます。

デュアル ブランチ サービスの動作

お客様が修正プログラムをインストールすると、ベースライナー更新プログラム 960043 と共に更新プログラムがインストールされます。このベースライナーは、コンピューターのフラグのようなもので、修正プログラムが存在することをその製品の以降の更新プログラムに知らせる役割を果たします。

将来、お客様が GDR クラスのリリース (セキュリティ更新プログラムを含む) をインストールすると、その更新プログラムはベースライナーを検索します。これまでにインストールされた修正プログラムがないためベースライナーが存在しない場合は、修正プログラムが含まれないように GDR ブランチのペイロードがインストールされます。

ベースライナーが見つかると、修正プログラムが含まれる累積的なバイナリなどの LDR ブランチのペイロードがインストールされます。このモデルでは、修正プログラムをインストール済みのお客様に対しては GDR はインストールされません。

このモデルの利点は、最初に GDR をインストールすれば、GDR ペイロードが適用されることです。次に修正プログラムをインストールしたときにベースライナーが存在すると、GDR は自動的に GDR ブランチ ペイロードから LDR ブランチ ペイロードに切り替わります。これによって、修正プログラムによる不具合の再発が防止されます。

よく寄せられる質問

Q1: デュアル ブランチ サービスは Visual Studio 2008 SP1 でも利用できますか。

A1:
デュアル ブランチ サービス モデルのサポートは現在、.NET Framework 2.0 SP2、.NET Framework 3.0 SP2、および .NET Framework 3.5 SP1 に限られています。この機能を Visual Studio 2008 SP1 に拡張する予定はありません。

Q2: 以前のバージョンの .NET Framework (1.0、1.1、2.0 RTM または SP1) および Visual Studio (2002、2003、および 2005) でも利用できますか。

A2:
デュアル ブランチ サービス モデルをご利用いただけるのは、.NET Framework 2.0 SP2、.NET Framework 3.0 SP2、および .NET Framework 3.5 SP1 以降です。また、将来のすべてのバージョンの .NET Framework でご利用いただけます。以前のバージョンの製品については、このサービス モデルをサポートする予定はありません。

Q3: デュアル ブランチ サービスは .NET Framework 4.0 でもサポートされますか。

A3:
はい。.NET Framework 4.0 はデュアル ブランチ サービス モデルをサポートします。

Q4: 更新プログラムに 2 つのペイロードが含まれると、更新プログラムは大きくなりますか。

A4:
デュアル ブランチ サービスをサポートする GDR クラスの更新プログラムには、LDR ブランチのペイロードと GDR ブランチのペイロードの 2 つのペイロードが含まれるため、この更新プログラムと同等でデュアル ブランチ サービスをサポートしない更新プログラムよりも若干大きくなります。ほとんどの場合、ファイル サイズはわずかに増えますが、それも数 MB に限られています。

Q5: LDR ペイロードと GDR ペイロードのどちらを適用するか指定するために、ユーザーが行う必要のある操作はありますか。

A5:
通常の状況では、ユーザー操作は必要ありません。コンピューターがベースライナーを使用して、自動的に修正プログラムの存在についてフラグを設定します。将来の GDR では、ベースライナーの存在に基づいて、LDR と GDR のどちらのペイロードを適用する必要があるかが自動的に確認されます。

Q6: GDR クラスの更新プログラム (更新プログラム、累積的な更新プログラム、またはセキュリティ更新プログラム) をアンインストールするときに、ユーザーが行う必要のある操作はありますか。

A6:
いいえ。GDR クラスの更新プログラムをアンインストールするときに、ユーザー操作は必要ありません。

Q7: 修正プログラムをアンインストールするときに、ユーザーが行う必要のある操作はありますか。

A7:
いいえ。修正プログラムをアンインストールするときに、特別なユーザー操作は必要ありません。

Q8: ベースライナーを削除するとどうなりますか。

A8:
?コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用してベースライナー更新プログラム 960043 を手動でアンインストールしないでください。これはサポート対象外のシナリオであり、ベースライナー更新プログラムをアンインストールすると将来の更新プログラムが正しく適用されないことがあります。

Q9: GDR 更新プログラムをインストールした後に GDR ペイロードのみが適用された状態にシステムを戻すにはどうすればよですか。

A9:?GDR ペイロードの適用が開始される状態にシステムを戻すには、製品をアンインストールしてから再インストールする必要があります。その後で、適用可能なすべてのセキュリティ更新プログラムを適用してください。

プロパティ

文書番号: 960043 - 最終更新日: 2012年9月27日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
  • Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2
  • Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
キーワード:?
kbhowto kbtshoot kbexpertiseinter kbsurveynew kbinfo KB960043
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com