分析会計 Microsoft Dynamics GP のプロシージャを終了、期末

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 960356 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

分析会計の '独立' 年度末の決算手続きができません。残高に転送 (BBF) エントリ作成されます AA ディメンションに対して自動的に GL の年度末決算プロセスの一部として作成、BBF エントリが AA の分析コードの設定がある場合。この資料の手順では、GL の年度末の前にデータをチェックする可能性のある AA データ エラー、GL の年度末の中にプロセスを終了するプロセスを終了するを確認するのに役立ちます。この資料ではまた説明方法が必要な場合は、各次元では、新しい年の作成のバランスに前方エントリを保持する AA のサイズを設定します。

次のエラー メッセージが、GL の年度末決算プロセス中に発生する可能性があります解決の履歴、履歴データを移動する方法については手順が与えられますも: を参照してください手順 3 をこのメッセージを解決するのにします。

統合トランザクションを実行し、詳細履歴ユーティリティ、分析会計の残高に転送を作成し直すの閉じた年に転送する必要があります。

詳細

年度末の決算時に Microsoft Dynamics GP で、総勘定元帳のプロセスが実行されて、自動的に移動します分析会計トランザクション、AAG30000 の履歴テーブルから AAG40000 シリーズのテーブルに。(分析会計で実行する必要があります終了プロシージャはありません) です。年度末処理中に統合する分析コードを選択することがあります。、分析会計の残高に転送エントリが AAG30000、期末処理に含まれるとマークされたこれらのディメンション テーブルで作成された、の詳細 AAG40000 シリーズのテーブルに移動し、

メモ FRx のレポートを使用している場合は、FRx 6.7 SP12 にする必要があります (バージョン 6.7.12008) またはそれ以降です。FRx バージョンが 6.7.12008 よりも低く場合、まず AAG40000 シリーズのテーブル内の履歴データの分析会計を参照できるようにする Microsoft FRx を 962862 の修正プログラムを適用する必要があります。



解決方法


手順 1: を財務報告書を AA テーブルを使用するかどうかを確認します。


GL の閉じるまたは、この資料の手順を実行する前に通常実行するバランスをとる、GL の試算表に財務レポートを実行します。見つかった場合に基づき、適切な方法に従います。

-方法 1 の場合は正しい: 財務レポートが正しく、この記事では、2 〜 8 の手順に進みますと、まだ完了する必要があることがあり、GL と一致する場合これはないエラーが発生した AA GL 年終了の終了処理中にします。

注: かどうかのみ (GL 会社またはその他のレポート作成ツールから読み取るときに、管理 Reporter でレガシー プロバイダー) などの GL テーブルから直接読むことができるレポート システムを使用する]、財務レポートの場合、し可能性があります続行するステップ 2 に AA のデータは、財務報告のため。


-- れない場合の正しい方法 2: の AA テーブルを使用している可能性はほとんどであると、AA のデータは、GL のデータと一致しない、財務報告が間違っている場合、ただし、します。AA のデータを確認するには、最初 KB 2910626 に記載されてこの資料の手順の残りの部分の他の SQL スクリプトを実行する必要があります。

管理 Reporter での注意: データ マートから読み込み AA (GL) のテーブル、または、管理 Reporter を使用するレガシ プロバイダーは、AA 会社から読み取ることがします。

方法 2 の手順:

a.) 1 つは、AA のデータと GL のデータを確認する KB 2910626 ですべての thescripts を実行します。

管理 Reporter を財務報告、全般的な元帳の試算表レポート Microsoft Dynamics GP で一致しません。
http://support.microsoft.com/kb/2910626

b.) KB 2910626 の手順を完了したら、ときに、次の手順の残りの部分にこの KB andcontinue に返されます。なお手順 2 と手順 4 も KB の 2910626 がお勧めそれらは結果が返されない場合は既にこのデータを固定すると、これをもう一度、再確認します。



手順 2: 重複している年の AA のデータを確認します。


年 AAG30000 開く AAG40000 の履歴テーブルを持つテーブルに重複がないかどうかを確認するこれらのスクリプトを実行します。毎年異なる必要があります、1 つのテーブルのどちらかだけでのみ存在します。
select distinct(YEAR1) from AAG30000
select distinct(YEAR1) from AAG40000
見つかった場合に問い合わせてサポート インシデントを開くことをお勧めし、年、両方のテーブルに重複します。この問題は通常レコードをインポートするために作成、サポート案件は有料です。あるデータの修正が必要な場合は、このする必要がありますコンサルティング、参照する、請求可能な経費になります注意してください。


手順 3: は、AA と GL 間の一致のテーブルを開くと過去の間の年を確認します。


年が、AA にあるかどうかを確認して次に、テーブルが、同じ GL テーブルと開いているか閉じて年間。開いている AAG30000、GL20000 テーブルは、同じ年が必要です。歴史的 AAG40000 と GL30000 テーブルは同じの終了した年を含める必要があります。
select distinct(YEAR1) from AAG30000
select distinct(OPENYEAR) from GL20000

select distinct(YEAR1)from AAG40000 order by YEAR1
select distinct(HSTYEAR) from GL30000 order by HSTYEAR
-、AAG30000 年年を終了する前にテーブルを開くを検索する場合は手順を移動するデータを履歴下履歴を年の履歴データを移動するもする必要があります。GL. で現在開いている年である年の間、AAG30000 テーブルはデータがあるだけGL の年を終了しようとすると、このメッセージに求められます。

統合トランザクションを実行し、詳細履歴ユーティリティ、分析会計の残高に転送を作成し直すの閉じた年に転送する必要があります。

ように手順を移動するデータを履歴を実行する必要があるかどうかを確認する上記のスクリプトを使用して、発生 durng からは、上記のメッセージを防ぐため、GL の年度末プロセスを終了します。


履歴データを移動する手順
初めての GP 10.0 SP2 より高いまたはそれ以降のバージョンでの GL を閉じます (AA がアクティブになる) と、システムは、GL の年度を終了するを許可する前に、履歴に AA のデータを移動するように求められます。システムは AA データが対応する開くと歴史的一連の AA テーブルであることを確認として、GL GL. 内のオープン/履歴テーブルには位置データその場合ではないと、GL の年度末決算を続行することができます前に AA の移動履歴ユーティリティを実行するメッセージが表示されます。

ただし、(AA の有効化) を使用して GL の年度を閉じていない場合は、バージョン 10.0 で GP 2010 へのアップグレードの SP2 より後で service pack をインストールした後に「をする必要がありますトランザクションを統合し、詳細に転送履歴のユーティリティを閉じるには、年」というメッセージが表示されたら可能性があります。コードは、AA の年、会社の会計年度期間の設定で過去の年では、テーブルを開き、終了プロセスを比較するのに追加されました。AA にはデータがテーブルの AAG3000X シリーズは、過去 1 年間場合は、エラーが届きます。その年の統合に次の手順に従います。

1)財務をポイントに分析会計、指すし、をクリックし、[スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GP ユーティリティ指すの履歴データを移動します

2) 古い年オープンの AAG3000x テーブルに記載されて、システムにはデフォルトで。一度に 1 つの年に移動することのみできます。

3) 適切なオプションを選択します。

トランザクションの詳細の履歴に転送? このオプションは、AA の詳細レコードからオープンに移動履歴テーブルと BBF エントリは作成されません。AA テーブルは BBF エントリがないことを確認する必要がありますそれ以外の場合はするこのオプションを選択することです。このオプションは、レコード、AAG30000 テーブルから AAG40000 のテーブルにだけ移動します。

統合トランザクションと転送の詳細の履歴] に、このオプション、履歴テーブルをオープンからの AA の詳細レコードを移動し、BBF エントリを作成します。オプションを説明する必要がありますただし、BBF エントリを作成するために以前に選択されています。このオプションは、すべてのトランザクション ディメンション コード年の閉じた (統合されるマークされて) いる残高を統合し、履歴テーブルに AA の情報を転送します。

統合残高は、新しい年に継承に注意してください。閉じた年から BBF エントリが作成されます。

転送プレビュー レポートの印刷のみ: これになりますが、実際にデータを移動することがなく移動するトランザクションを表示します。レポートのプレビューは実行される連結を表示します。

このデータは変更されませんに注意してください。

4) をクリックして[ok] します

5.) このプロセスに手順を繰り返します各 '過去' 年。(年は、AAG30000 テーブルを開くには、履歴 GL30000 テーブルにします。年する必要があります一致するように、AA の履歴テーブルに移動します。)

注: もう一度「手順 3」の上で、異なる年のスクリプトを再実行する場合は、異なる年オープンの AA と GL テーブルと過去の AA と GL テーブル間で一致するを入手してください。



手順 4: 重複するヘッダーの AA テーブルを確認する ID


実行は、会社のデータベースに対してこのスクリプトを同じヘッダー ID ものかどうかを参照してくださいが、テーブル間に存在します。
select * from AAG30000 where aaGLHdrId in (select aagLHDrId from AAG40000)
重複が見つかった場合は ID、両方のテーブルのヘッダーからに問い合わせてサポート インシデントを開くことをお勧めします。サポートは有料です。あるデータの修正が必要な場合は、このする必要がありますコンサルティング、参照する、請求可能な経費になります注意してください。

Dynamics データベースの AAG00102 テーブルに格納されている次の利用可能な番号をバックに設定されますのでと現在、Dynamics データベースの上に古い Dynamics データベースを復元した場合は、この問題が発生します。GP 使用されて既に場合、YEAR1 の別の値に使用される同じ aaGLHdrID 値になります。 これらの値をインクリメントし続けます。


手順 5: 更新プログラムの AACOPYSTATUS の値

次の不適切な aacopystatus AAG40001 テーブルに値を確認します。このスクリプトを実行します。

select count(*) from AAG40001 where aaCopyStatus<>8 

上記のスクリプトでは、結果を返す場合は、GL の年度終了を実行する前に、aaCopyStatus に '8' を更新する: ('8' の値は、年度末決算プロセスが受け付ける値です)。

update AAG40001 set aaCopyStatus=8


手順 6: 会計年度末に含まれる分析コードの設定を確認します。

AA コードが残高に転送、仕訳帳のエントリにリンクできるように決算期末に含まれる必要な AA ディメンションをマークしたことを確認します。

総勘定元帳をまだ閉じていないが、次の決算プロセスに含まれるディメンションが正しくマークされているかどうかを確認する手順を実行します。
  1. マーク分析会計で、年度末を含めるには、セットアップ オプションは次のように終了します。
    1. [スタート] メニューの [ Microsoft Dynamics GPツール] をポイントし、設定] をポイントし、会社を指す、分析会計、指すおよび [オプション] をクリックします。
    2. 年終了閉じるに含める] チェック ボックスをオンにし、[ OK] をクリックします。

      メモ このオプションは、ディメンションのバランスに前方のエントリを作成する機能を有効にするのには。このオプションがマークされているかどうかに関係なく、総勘定元帳が閉じられるときにも、分析会計データは AAG40000 シリーズのテーブルに移動します。
  2. 次のように年度末に含まれる分析コードを個別に指定します。
    1. カードメニューの財務をポイントし、分析会計、指すおよびトランザクションの分析コード] をクリックします。
    2. トランザクション ・ ディメンション] ボックスの一覧で、年度末決算プロセスで使用するディメンションをクリックします。
    3. 年終了閉じる] 領域で、年終了閉じるに含める] チェック ボックスをオンに、[保存] をクリックしてください
    4. B および c を年度末決算プロセスで使用する各ディメンションに対して、手順を繰り返します。


ステップ 7 - 実行 GL 年度末決算プロセス作成 BBF の AA の残高を移動をします。

常に、現在のバックアップを作成、GL の年度末決算プロセスを開始する前にします。エラーが表示されないことを確認するには、まずテスト会社の GL 期末決算を実行してテストすることをお勧めします。GL の年度末決算プロセス仕訳帳エントリ (BBF) 繰上のバランスと実際に作成するには、総勘定元帳と分析会計の両方のテーブルに終了する年度のレコードに移動.GL と AA の両方のテーブルでは、BBF エントリが作成されます。総勘定元帳の年度末決算手順の KB 888003 で説明した処理を参照してください。

詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
888003 Microsoft Dynamics GP で、総勘定元帳の年度末の決算手続き


ステップ 8 - 貸借対照表レポートを確認します。

全般的な元帳の試算表レポート、勘定残高、新しい年に継承が正しいことを確認するには、Microsoft Dynamics GP のバランス シート管理 Reporter でレポートと比較することをお勧めします。これらの残数が一致しない場合は、バックアップを復元し、Microsoft Dynamics GP をサポートの詳細については、サポート インシデントを開くを問い合わせてください。



プロパティ

文書番号: 960356 - 最終更新日: 2013年11月20日 - リビジョン: 0.13
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics GP 2013
  • Microsoft Dynamics GP 2010
  • Microsoft Dynamics GP 10.0?を以下の環境でお使いの場合
    • Analytical Accounting
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbmbsmigrate kbexpertisebeginner kbmt KB960356 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:960356
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com