システム センター Essentials 2007 Service Pack 1 監視ネットワーク デバイス 2, 147, 483, 647 Gbps (1 秒あたり 2 GB) より大きい、インターフェイス速度を報告することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 960569 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft システム センター Essentials 2007 Service Pack 1 (SP1) は、ネットワーク デバイスのインターフェイスの速度をレポートが 2, 147, 483, 647 Gbps (1 秒あたり 2 GB) より大きいことを監視しません。

この問題が発生した場合、次の現象が発生します。
  • ネットワーク デバイスはインターフェイスについてをレポートしていないし、ネットワーク インターフェイスは [ダイアグラム] ビューに表示されません。
  • Operations Manager イベント ログには、次のイベントが含まれます:
    Event Type: Error
    Event Source: HealthService
    Event Category: Health Service 
    Event ID: 4000
    Date: <date>
    Time: <time>
    User: N/A
    Computer: <Essentials Server>
    Description:
    A monitoring host is unresponsive or has crashed. The status code for the host failure was 2164195371.
    
メモ イベント ID 4000 は、監視のホストが応答を停止またはがクラッシュしたときに報告される一般的なイベントです。 該当するこの修正プログラムの両方の現象が発生している必要があります。

システム センター Essentials 2007 でネットワーク インターフェイスの使用率が一部のネットワーク インターフェイスに対応あるしないことを確認がします。 具体的には、Operations Manager イベント ログに次のイベントの インスタンス名 の行に記載されているネットワーク インターフェイスは使用状況に関する情報がありません。 この問題は高い使用率が高速のネットワーク インターフェイス上で発生:
The process started at <time> failed to create System.PropertyBagData. Errors found in output:
C:\Program Files\System Center Essentials 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 9\47937\UtilizationCalc.vbs(13, 19) Microsoft VBScript runtime error: Overflow: 'CLng'
 
Command executed: "C:\WINDOWS\system32\cscript.exe" /nologo "UtilizationCalc.vbs" 100000000 -4255196172. 300 true
Working Directory: C:\Program Files\System Center Essentials 2007\Health Service State\Monitoring Host Temporary Files 9\47937\ 
One or more workflows were affected by this. 
Workflow name: Microsoft.SystemCenter.NetworkDevice.Interface.InboundUtilizationThresholdMonitor 
Instance name: 1.Router interface 
Instance ID: {0E94B2BF-C10F-CB48-B4F1-9A076C2DD290} 
Management group: <Essentials MG>

原因

とき、ネットワーク デバイスは、インターフェイスの速度が予期せず 1 秒間、MonitoringHost.exe プロセスの終了の 2 GB を超える報告します。

解決方法

以下のファイルが、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
システム センター最低限必要なのための 2007 SP1 の Microsoft System Center ネットワーク デバイス監視管理パック

元に戻す画像を拡大する
Download
Download the 960569 package now.

修正プログラムについて

前提条件

この修正プログラムを適用するには、コンピューターにインストールされているシステム センター Essentials 2007 SP1 が必要です。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

修正プログラムをこの適用置き換えはられることに以前にリリースされた修正プログラムありません。

ファイル情報

英語版のこの修正プログラムにファイルの属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表は、されている可能性もします。 日付およびこれらのファイルの時間で世界協定時刻 (UTC) と記載します。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC と現地時刻の差を検索するには、コントロール パネルの [ 日付と時刻 タイム ゾーン タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Microsoft.systemcenter.networkdevice.monitoring.library.mp6.0.1885.4105,3522008 年 12 月 9 日03: 51適用しません。
システム センター ネットワーク デバイス監視ライブラリの更新版をインストールします。

既存の Microsoft システム センター ネットワーク デバイス監視ライブラリ管理パックはこの更新されたバージョンにアップグレードできません。

この修正プログラムを適用するには、既存の Microsoft システム センター ネットワーク デバイス監視ライブラリ管理パックを削除してから、更新、システム センター ネットワーク デバイス監視ライブラリの管理パックをインポートします。

更新、管理パックをインポートする、既存のバージョンの管理パック削除していない場合と、次のエラーが表示されます:
The requested management pack was invalid. See inner exception for details.
Parameter name: managementPack ManagementPack Version [6.0.1885.4] is not upgrade compatible with older version [6.0.1885.0]. Compatibility check failed with 1 errors:
-------------------------------------------------------
Error 1:
: ClassType: [Microsoft.SystemCenter.NetworkDevice.Interface] is not upgrade compatible. 
ClassProperty: [ifSpeed] is not upgrade compatible. The property [Type] has a value that is not upgrade compatible. OldValue= [int], NewValue=[double].
このエラーの解決するに既存のネットワーク デバイス監視ライブラリの管理パックを更新されたバージョンをインポートする前に削除します。

回避策

この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します:
  • ネットワーク デバイス上のファームウェアをアップグレードします。 ネットワーク デバイス、インターフェイスの速度を 1 秒あたりの 2 GB を超えるを誤って報告する場合にのみ行います。
  • 管理からのネットワーク デバイスを除外します。

状況

マイクロソフトとして認識していますこの問題を記載されているいるマイクロソフト製品の問題。

詳細

この修正プログラムの適用後、は、1 秒あたり 4 GB のネットワーク デバイスを高速のインターフェイスを持つ場合は 1 秒あたり 4 GB を超えるシステム センター Essentials 2007 は、インターフェイスの速度報告されます。 これは予想される動作です。 他のシナリオでシステム センター Essentials 2007 の実際のインターフェイスの速度を報告します。

既存の管理パックを削除するには、次の手順に従います。
  1. System Center Essentials 2007 コンソールを開きます。
  2. 管理領域を参照します。
  3. 管理パック ノードをクリックします。
  4. ] をスクロールし、ネットワーク デバイス監視ライブラリの管理パックを選択します。
  5. アクション ペインで 削除 をクリックします。
更新、管理パックをインポートするには、次の手順に従います。
  1. System Center Essentials 2007 コンソールを開きます。
  2. 管理領域を参照します。
  3. 管理パックのインポート 操作をクリックします。
  4. 抽出されたことの場所から、管理パックを選択します。
  5. 管理パックのインポートが完了したらまで指示に従います。
ソフトウェア更新の用語についてについては、資料の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) を表示する次の資料番号をクリック。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 960569 - 最終更新日: 2009年4月1日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Essentials 2007 Service Pack 1
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbpubtypekc atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB960569 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:960569
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com