Windows 小規模ビジネス Server 2008 更新プログラムのロールアップ 2 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 960911
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

Windows Small Business Server (Windows SBS) 2008年更新プログラムのロールアップ 2 が利用可能になりました。このプログラムのロールアップ パッケージ Windows Small ビジネス サーバー 2008年での以下の問題に対処します。

問題 1
Windows 小規模ビジネス サーバー 2008年を構成したら、グループ ポリシー管理コンソールを使用して、Windows Internet Explorer のお気に入りとリンクの設定でデフォルトのドメイン グループ ポリシーの設定を手動で変更します。ただし、インターネット アドレス管理ウィザードを実行すると、ウィザードが予期せず終了します。

問題 2
小規模なビジネス サーバーの 2008 の Windows を実行しているサーバーから、http://companyweb Web サイトにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
HTTP エラー 401.1
問題 3
新規ユーザー アカウント ウィザードの順序の追加、 フィールドとは 最初の名前 フィールドが逆になります。この問題は、次の言語版の Windows Small ビジネス サーバー 2008年で発生します。
  • 簡易字中国語
  • 中国語 (従来)
  • 日本
  • 韓国語
問題 4
Windows 小規模ビジネス サーバー] をクリックすると 2008 年のイタリア語のバージョンで コンピューターへの接続します。 リモート Web ワークプ レースで、無効な Web ページを参照します。

問題 5
Windows SBS コンソールは、ウイルス対策プログラムの重複したエントリがクライアント WMI データベースに報告するときを応答を停止します。

問題 6
Windows SBS コンソールは、「クライアント コンピューターにインストールされている一部のファイアウォール プログラムを不明」報告します。

この更新プログラムのロールアップには、以下の更新プログラム リリース版の Windows Small ビジネス サーバー 2008年にはが含まれます。
958715 Windows 小規模ビジネス サーバー 2008年の更新プログラム ロールアップ 1 の説明

詳細

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムは、次の Microsoft Update Web サイトから利用可能です。
http://update.microsoft.com

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要があります。この更新プログラムをインストールする前に、コンピューターの再起動を回避するには、すべてのアプリケーションを終了します。これには、SBS コンソールを終了が含まれます。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは、他の更新プログラムを置き換えられません。

ファイル情報

この英語版の更新プログラムには、次の表に表示されるファイル属性(またはそれ以降のファイル属性)があります。これらのファイルの日付と時刻は世界協定時刻 (UTC) で表示されます。ファイル情報を表示すると、そのローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン で、 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名のプロパティを確認します。ファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Addmultipleusers.exe6.0.5601.84259,9922009 の 3 月 31 日20: 07x 64
Adduser.exe6.0.5601.84186,2642009 の 3 月 31 日20: 07x 64
Console.exe6.0.5601.845,531,5442009 の 3 月 31 日20: 07x 64
Sbssetup.exe6.0.5601.84980,8882009 の 3 月 31 日20: 20x 64

プログラムのアンインストール情報

この更新プログラムをインストールした後、http://companyweb Web サイトの認証モードは NTLM 認証から Kerberos 認証に変更されます。マイクロソフトでは Kerberos 認証 NTLM 認証の代わりに強くお勧めします。

この更新プログラムをインストールした後、[プログラムと機能スナップイン コントロール パネルから削除できます。ただし、この更新プログラムを削除するとが自動的に元に戻すを以前の設定に変更するには、http://companyweb Web サイトの認証モードが。以前の認証モードは、http://companyweb Web サイトに戻すには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、、ポイント 管理ツールプロパティ SharePoint 3.0 サーバーの全体管理.
  2. で、 アプリケーション構成の管理 タブで、クリックしてください 認証プロバイダー.
  3. で、 Web アプリケーション ボックスの一覧で、認証モードを変更する対象の Web アプリケーションを選択します。
  4. クリックして、 既定値 ゾーンです。
  5. [認証の編集] ページをクリックします。 NTLMIIS 認証の設定プロパティ 保存.

この更新プログラムの既知の問題

問題 1

現象
この更新プログラムをインストールすると、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
コード 6BA Windows 更新プログラムを検出し、原因不明のエラー。
原因
この問題は、1 つまたは複数、次の理由の発生します。
  • SharePoint サーバーの全体管理コンソールに http://companyweb サイト ゾーンが変更されます。
  • 外部ドメイン名が指定はされていない、または、PublicFQDNPrefix レジストリ エントリの値が設定されていません。
    PublicFQDNPrefix レジストリ エントリは、次のレジストリ サブキーの下です。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\SmallBusinessServer\Networking
  • Http://companyweb サイトが壊れています。
トラブルシューティングを行う
この問題を解決するには、次の Microsoft TechNet のブログ サイトを参照してください。 記事 160324LinkID 152658 =

問題 2

現象
この更新プログラムをインストールした後、http://companyweb サイトからドキュメントを開きます。読み取り専用モードでは、Windows Internet Explorer でドキュメントを開くことができることを確認します。

回避策
SharePoint 3.0 サーバーの全体管理では、クライアント統合機能を有効にします。クライアント統合機能を有効にする手順の詳細については、「解決方法」セクション次の Microsoft TechNet のブログ サイトを参照してください。 記事 160324LinkID 152659 =

問題 3

現象
この更新プログラムをアンインストールすると、Windows で小規模ビジネス サーバー 2008年インストール DVD を挿入する求められます。

回避策
この問題を回避するには、次の手順を実行します。
  1. セットアップ フォルダーをローカルのハード ディスクに、Windows Small ビジネス サーバー 2008 DVD2 からをコピーします。
  2. DVD を挿入するように求められますダイアログ ボックスをクリックします。 参照.
  3. セットアップ フォルダーをローカルのハード ディスクに SBS.msi ファイルを見つけます。
  4. アンインストール プロセスを続行します。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムを説明するために使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 960911 - 最終更新日: 2012年4月19日 - リビジョン: 6.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo atdownload kbexpertiseadvanced kbmt KB960911 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:960911
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com