[MS09-008] DNS サーバーのセキュリティ更新プログラム (2009 年 3 月 10 日) について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 961063 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトはセキュリティ情報 MS09-008 を公開しました。セキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

ホーム ユーザーの場合、無料サポートが提供されています。米国およびカナダのユーザーは電話で 1-866-PCSAFETY にお問い合わせください。他の地域については、各地域の支社にお問い合わせください。セキュリティ更新プログラムのサポートに関する各地域の支社の問い合わせ先については、マイクロソフトの世界のサポート Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/common/international.aspx?rdpath=4
北米のお客様は、次のマイクロソフト Web サイトから、無条件の無償電子メール サポートまたは無条件の個人チャット サポートもご利用ください。
http://support.microsoft.com/oas/default.aspx?&prid=7552
企業のお客様の場合、セキュリティ更新プログラムに対するサポートは、通常のサポート窓口を通じて提供されます。

このセキュリティ更新プログラムに関する既知の問題

MS09-008 は、MS08-037 に置き換わる DNS サーバー専用の更新プログラムです。ただし、MS08-037 は 2 つの更新プログラムから構成され、1 つは DNS サーバー コンポーネント用 (951746) で、もう 1 つは DNS クライアント コンポーネント用 (951748) です。そのため、影響を受ける Windows サーバーには両方の更新プログラムが必要です。整合性を維持するために、DNS サーバー サービスをホストしている Windows サーバーには 2 つの更新プログラムをインストールする必要があります。

要件を明確にすると、MS09-008 (961063) DNS サーバー更新プログラムをインストールした場合、サーバーの DNS クライアント コンポーネント用の MS08-037 (951748) DNS クライアント更新プログラムのインストールが依然として必要です。


この更新プログラムにより、DNS イベント ログ ファイルのサイズが既定値の 512 KB に設定されます

Windows 2000 または Windows Server 2003 を搭載しているコンピューターにマイクロソフト セキュリティ情報 MS09-008 で説明されている DNS 更新プログラム (KB961063) をインストールした後、DNS イベント ログ ファイルのサイズが既定値の 512 KB にリセットされることがあります。必要なイベント ログ ファイル サイズを維持するには、この更新プログラムをインストールした後、イベント ログ サイズをリセットする必要があります。また、更新プログラムをインストールする前にレジストリ値をエクスポートし、更新プログラムをインストールした後に値をインポートすることもできます。

MaxSize REG_DWORD レジストリ エントリの詳細については、以下のマイクロソフト Web ページを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc976195.aspx


重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法


MaxSize レジストリ エントリを構成するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに「regedit」と入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\DNS Server
  3. [MaxSize] を右クリックし、[修正] をクリックします。
  4. [値のデータ] ボックスに、使用する値を入力して、[OK] をクリックします。 このオプションの既定値は 0x80000 (512 KB) です。
  5. レジストリ エディターを終了します。この変更を有効にするためにコンピューターを再起動する必要はありません。
注: 一部のシステムでは、MaxSize レジストリ エントリは、以下のいずれかの場所にある場合があります。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Application
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\DNS Server
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\Security
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Eventlog\System

リソースの消費量の問題

Windows DNS サーバー システムでは、MS08-037 に記載されているセキュリティ更新プログラムがインストールされているシステムで、メモリ使用量およびファイル ハンドルのリソース消費量の増加が確認されることがあります。この動作は仕様で、Windows ベース サーバーでこのセキュリティ上の脆弱性を解決するために実装された SocketPool ランダム生成機能が原因です。DNS サーバーのセキュリティ更新プログラムの実装では、一連のポートを予約します。送信 DNS クエリごとに、1 つのポートがランダムに選択されます。Windows ベースのクライアントよりも非常に大量のクエリを処理および発行する DNS サーバーのパフォーマンス上の問題に対処するために、このような設計上の決定が行われました。DNS サーバーにより予約されるポートのセットは「ソケット プール」と呼ばれています。Windows ベースのサーバーのソケット プールの既定サイズは 2,500 ソケットです。このサイズを構成するには、レジストリで以下のサブキーの SocketPoolSize レジストリ エントリを変更します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DNS\Parameters\SocketPoolSize

この問題の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
956188 DNS サーバー サービスのセキュリティ更新プログラム 953230 (MS08-037) をインストールした後、UDP に依存するネットワーク サービスで問題が発生する

関連情報については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://blogs.technet.com/sseshad/archive/2008/12/03/windows-dns-and-the-kaminsky-bug.aspx

ファイル情報

セキュリティ更新プログラム (日本語版) のファイル属性は、セキュリティ情報 MS09-008 の「ファイル情報」セクションをご覧ください。

プロパティ

文書番号: 961063 - 最終更新日: 2011年10月4日 - リビジョン: 3.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 4
  • Microsoft Small Business Server 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbsurveynew kbfix kbbug kbsecvulnerability kbsecbulletin kbsecurity kbqfe kbexpertiseinter kbregistry KB961063
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com