Windows Vista で常駐アプリケーションを停止する方法

文書番号: 961232 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

Microsoft Windows Vista では、コンピューターの起動時に「常駐アプリケーション」が自動的に実行されます。常駐アプリケーションは、他のアプリケーションとの競合でトラブルの原因となる場合があります。ここでは、常駐アプリケーションを一時的にすべて停止してトラブルが解消されるか確認する方法いったん設定を元に戻す方法、常駐アプリケーションがトラブルの原因であることが判明した場合、個別にアプリケーションを有効にして問題のアプリケーションを特定する方法を説明します。

この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

常駐アプリケーションを停止してトラブルの原因を確認する方法

A : すべての常駐アプリケーションを一時的に停止する方法

注意 : この操作をするためには、管理者権限を持つユーザー アカウントでログインして下さい。
  1. [スタート]
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    msconfig
  2. [システム構成] が表示されます。[全般] タブの [スタートアップのオプションを選択] を選択し、[スタートアップの項目を読み込む] チェック ボックスをオフにし [適用] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    resident systemconfig 2
  3. 次に [サービス] タブをクリックします。画面下の [Microsoftのサービスをすべて隠す] チェック ボックスをオンにします。 次に [すべて無効] をクリックして、常駐アプリケーションのチェック ボックスがオフになったのを確認して [OK] をクリックします。

    注意 : オペレーティング システムの実行に必要なアプリケーションの停止を防ぐために、必ず[Microsoftのサービスをすべて隠す] チェック ボックスをオンにしてください。

    元に戻す画像を拡大する
    resident 3
  4. [再起動] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    resident restart 4
  5. 再起動をすることで、常駐アプリケーションがすべて無効になる設定が有効になります。再起動時に通知領域にメッセージが表示されます。

    元に戻す画像を拡大する
    resident message 5
問題が解決したかどうか確認してください。問題が解決した場合は、常駐アプリケーションと他のアプリケーションとの競合がトラブルの原因となっている可能性があります。方法の C で常駐アプリケーションを個別に有効にして問題のアプリケーションを特定してください。

問題が解決しない場合は、問題の原因が常駐アプリケーションやサービスにない可能性があります。方法の B で常駐アプリケーションやサービスを元に戻してください。

B : 常駐アプリケーションと起動時に読み込まれるサービスの設定を元に戻す方法

  1. [スタート]
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに msconfig と入力し、Enter キーを押します。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御
    管理者のパスワードを要求するダイアログ ボックスが表示された場合はパスワードを入力して [OK] をクリックし、確認を要求するダイアログ ボックスが表示された場合は [続行] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    msconfig
  2. [システム構成] ウインドウが表示されます。[通常スタートアップ] を選択し、[OK] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    resident 6
  3. [再起動] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    resident restart 4
  4. 再起動をすることで、常駐アプリケーションと起動時に読み込まれるサービスの設定を元に戻す設定が有効になります。

C : 常駐アプリケーションを個別に有効にして、問題を特定する方法

方法の A で問題が解決した場合は、スタートアップのオプションで無効にした項目のいずれかに問題がある可能性があります。以下の手順で問題の原因となっている常駐アプリケーションを特定してください。
  1. [システム構成] ウインドウの [スタートアップ] タブを開きます。無効になっているスタートアップ プログラムの中の 1 つのチェック ボックスをオンにして [ OK ] ボタンをクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    resident 7
  2. コンピュータを再起動して、問題が発生するかどうか確認してください。問題が発生しない場合は、問題が発生するまでスタートアップ項目のチェック ボックスを 1 つずつオンにし再起動を繰り返します
  3. すべてのスタートアップ項目をオンにしても問題が発生しない場合は、方法 A で無効にした [サービス] タブの項目に対して、同様に 1 つずつチェック ボックスをオンにして再起動を繰り返します。
  4. 問題が発生した直前にチェックを入れた原因のファイルまたはサービスを特定してください。問題の原因となっている項目が特定された場合、その項目を無効にして Windows Vista を使用することをお勧めします。
問題の原因となるアプリケーションまたはサービスが特定でき、それらのアプリケーションやサービスを停止したまま Windows Vista を使用する場合、コンピュータを起動するたびに以下のメッセージが表示されます。
スタートアップ プログラムの一部が Windows でブロックされています Windows 開始時に、実行にアクセス許可が必要なプログラムはブロックされています。ブロックされたプログラムを表示するにはクリックしてください。
このメッセージを表示させないようにする方法については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
961327 Windows Vista でシステム構成を変更後、コンピューターを起動した際に表示される "スタートアップ プログラムの一部が Windows でブロックされています" というメッセージを非表示に設定する方法

プロパティ

文書番号: 961232 - 最終更新日: 2008年12月19日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Ultimate
キーワード:?
kbharmony kbexpertisebeginner kbtshoot kbhowto KB961232
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com