FIX リンク サーバーで SQL Server 2005 と 2008 年の SQL Server でクエリを実行しているセッションを終了することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 961237
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年や 2008 の Microsoft SQL Server として 1 つのダウンロード可能なファイルが修正されます。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 または Microsoft SQL Server 2008年に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

現象 1

Microsoft SQL Server 2005年または 2008 の Microsoft SQL Server では、リンク サーバーにクエリを実行します。クエリを実行しているセッションを強制終了しようとすると、セッションを強制終了することはできません。また、SQL Server のパフォーマンスは、非常に低速になります。

SQL Server のログ フォルダーにミニダンプ ファイルが生成されます。クエリを実行すると、 sys.dm_os_waiting_tasks 動的管理ビューは、次のような結果が表示されます。
session_id request_id  ecid        blocking_session_id blocking_ecid task_state      wait_type      wait_duration_ms     
---------- ----------- ----------- ------------------- ------------- --------------- ------------------------------- 
        14        NULL        NULL                NULL             0 NULL                             0 
        20           0           0                   0             0 SUSPENDED       WRITELOG         1360 
        53           0           0                  58             0 SUSPENDED       LCK_M_S          31982080 
        55           0           0                   0             0 RUNNING                          0 
        58           0           0                   0             0 SUSPENDED       LOGBUFFER        1350 
        59           0           0                   0             0 SUSPENDED       LOGBUFFER        1350 
        60           0           0                   0             0 RUNNING                          0 
        61           0           0                   0             0 SUSPENDED       LOGBUFFER        1350 
        63           0           0                  14             0 SUSPENDED       LCK_M_X          76460 
        66           0           0                   0             0 SUSPENDED       LOGBUFFER        1350 
        68           0           0                   0             0 SUSPENDED       LOGBUFFER        1330 
        70           0           0                   0             0 RUNNING                          0 
        77           0           0                   0             0 SUSPENDED       LOGBUFFER        1350 
        84           0           0                   0             0 SUSPENDED       WRITELOG         1230 
        87           0           0                   0             0 SUSPENDED       WRITELOG         3970 
        88           0           0                   0             0 SUSPENDED       WRITELOG         1210 
メモ この問題を解決するのには、SQL Server サービスを再起動する必要があります。

現象 2

SQLAgent メモリの拡張を通常とは異なるサイズも発生する可能性があります。これは、ストアド プロシージャ、リンク サーバーに SQLAgent のスケジュールがジョブを実行するために発生します。ストアド プロシージャは、OLEDB エラーが発生します。SQLAgent へ戻る、ole DB のエラー テキストが渡され、継続的には、テキスト メッセージを割り当てられているメモリが決して解放します。これは SQLAgent メモリの増加が発生します。Indefinate ループ、メモリ割り当ての数が多いに SQLAgent でが発生します。

コール スタック情報

 # Child-SP          RetAddr           Call Site
00 00000000`1e29c548 00000000`77adccec ntdll!memcpy+0x314 
01 00000000`1e29c550 00000000`77adbed4 ntdll!RtlpReAllocateHeap+0x741 
02 00000000`1e29c800 00000000`73e62504 ntdll!RtlReAllocateHeap+0xa4 
03 00000000`1e29c910 00000000`73de8356 sqlncli10!XxMpHeapReAlloc+0xca 
04 00000000`1e29c950 00000000`73de82de sqlncli10!MpHeapReAlloc+0x44 
05 00000000`1e29c9e0 00000000`73de826e sqlncli10!MpReallocZeroMemory+0x69 
06 00000000`1e29ca10 00000000`73dfb015 sqlncli10!SQLReAllocateMemoryEx+0x2a 
07 00000000`1e29ca50 00000000`73df8b7b sqlncli10!PlAddNewIEx+0x8e 
08 00000000`1e29caa0 00000000`73df869b sqlncli10!SortErrors+0x6b 
09 00000000`1e29cae0 000007fe`f6448d44 sqlncli10!SQLGetDiagFieldW+0x2bc 
0a 00000000`1e29d180 000007fe`f64471b9 odbc32!DriverGetDiagField+0x124 
0b 00000000`1e29d200 00000000`743a253e odbc32!SQLGetDiagFieldW+0x471 
0c 00000000`1e29d750 00000000`7439d0d3 sqlsvc!GetInfoMessage+0x4e 
0d 00000000`1e29d7b0 00000000`7439fee2 sqlsvc!dbQSQLMessageHandler+0x3a3 
0e 00000000`1e2a1b50 00000000`0021c416 sqlsvc!QSQLExecDirectAsync+0x1a2 
0f 00000000`1e2a1bb0 00000000`0021bac7 SQLAGENT!DoSQL+0x316 
10 00000000`1e2a21a0 00000000`002339a3 SQLAGENT!ExecuteTSQL+0xd97 
11 00000000`1e2a6cd0 00000000`00231f8a SQLAGENT!StartStep+0x693 
12 00000000`1e2a77d0 00000000`00230daf SQLAGENT!DoStep+0x3ba 
13 00000000`1e2ac7a0 00000000`756437d7 SQLAGENT!JobManager+0xa6f

原因

クエリを実行しているセッションを強制終了しようとすると、内部例外が発生します。SQL Server は、無限ループの反復処理が開始されます。したがって、セッションを強制終了できませんし、パフォーマンスが低下します。

解決方法

SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラムについて

最初に SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新 12 この問題に対する修正プログラムがリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
962970 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 12
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 2 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 2 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新情報

この問題に対する修正は、SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム 3 で初めてリリースされました。SQL Server 2005 の累積的な更新プログラム パッケージを入手する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967909 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新パッケージ 3
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。

SQL Server 2008年のリリース バージョンの累積的な更新プログラムについて

この問題に対する修正は累積的な更新 4 にまずリリースされました。SQL Server 2008 年にこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
963036 SQL Server 2008年の累積的な更新プログラム パッケージ 4
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
956909 SQL Server の 2008 SQL Server 2008年のリリース以降後にリリースされたビルドします。

SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新情報

この問題に対する修正は、SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新 1 でまずリリースされました。SQL Server 2008 年にこの累積的な更新プログラム パッケージの入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
969099 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1
メモ ビルドは累積的であるため、各新しい修正プログラム リリースにはすべての修正プログラムが含まれています、以前の SQL Server 2008 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。この修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365 SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。

回避策

回避するのには 現象 1、式を使用して、 SQLStatementSource 変数を使用して、SELECT ステートメントを指定するのには、SQL の実行タスクのプロパティです。たとえば、次の式を設定、 SQLStatementSource SQL の実行タスクのプロパティです。
SELECT filed1 AS a FROM table1 WHERE filed1="+ @[User::variable1]
現象 2、SQLAgent メモリの異常な増加が見られた場合、ole DB エラーの根本原因する必要がありますもが調査し、SQL Server プロセスに、累積的な更新プログラムを適用すると解決します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

SQL Server 2005 Service Pack 2 の累積的な更新プログラム パッケージの 12 の詳細について

変更されるファイルの詳細については、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
962970 SQL Server 2005 Service Pack 2 用の累積的な更新プログラム パッケージ 12

SQL Server 2005 Service Pack 3 の累積的な更新プログラム パッケージ 3 の詳細について

変更されるファイルの詳細については、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
967909 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新パッケージ 3

SQL Server 2008年のリリース バージョンの累積的な更新プログラム パッケージ 4 の詳細については、

変更されるファイルの詳細については、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
963036 SQL Server 2008年の累積的な更新プログラム パッケージ 4

SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 1 の詳細について

変更されるファイルの詳細については、この Knowledge Base 資料に記載されている修正プログラムを含む累積的な更新プログラム パッケージを適用するのには、前提条件の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
969099 SQL Server 2008 Service Pack 1 用の累積的な更新プログラム パッケージ 1

コール スタック情報

0:053> kL30
Child-SP          Child-BSP         RetAddr           Call Site
00000000`46a3b320 00000000`46a41a78 00000000`77b99750 ntdll!RtlVirtualUnwind+0x100
00000000`46a3bc80 00000000`46a418f8 00000000`781a5900 ntdll!RtlUnwindEx+0x110
00000000`46a3c890 00000000`46a41870 00000000`781a2d40 msvcr80!_UnwindNestedFrames+0x2a0
00000000`46a3c970 00000000`46a41810 00000000`781a3950 msvcr80!CatchIt+0xe0
00000000`46a3c9d0 00000000`46a41730 00000000`781a41a0 msvcr80!FindHandler+0x710
00000000`46a3d480 00000000`46a416b8 00000000`781a4d90 msvcr80!__InternalCxxFrameHandler+0x4e0
00000000`46a3d480 00000000`46a41628 00000000`77c28860 msvcr80!__CxxFrameHandler3+0x370
00000000`46a3d4a0 00000000`46a41628 00000000`77b9a2d0 ntdll!RtlpExecuteEmHandlerForException+0x50
00000000`46a3d4c0 00000000`46a414a8 00000000`77b993a0 ntdll!RtlDispatchException+0x3f0
00000000`46a3e170 00000000`46a41450 00000000`77b99440 ntdll!RtlpRaiseException+0x120
00000000`46a3ec00 00000000`46a41438 00000000`76eb1d40 ntdll!RtlRaiseException+0x20
00000000`46a3ec00 00000000`46a413c8 00000000`781a5aa0 kernel32!GetDateFormatW+0x7a6d8
00000000`46a3eca0 00000000`46a41360 00000000`014f2d30 msvcr80!_CxxThrowException+0x160
00000000`46a3ecf0 00000000`46a412f0 00000000`014f3150 sqlservr!TurnUnwindAndThrowImpl+0x2f0
00000000`46a3ee50 00000000`46a411f0 00000000`014f37b0 sqlservr!ex_raise2+0x6b0
00000000`46a3f110 00000000`46a41190 00000000`038ee0e0 sqlservr!ex_raise+0xc0
00000000`46a3f150 00000000`46a41158 00000000`028bffa0 sqlservr!`anonymous namespace'::LogTdsProtocolError+0xd0
00000000`46a3f160 00000000`46a41138 00000000`0200eed0 sqlservr!`anonymous namespace'::RaiseErrorOnNestedStream+0x60
00000000`46a3f160 00000000`46a41088 00000000`01172180 sqlservr!CPostHydraTds::SendMsgImpl+0xe98100
00000000`46a3f1c0 00000000`46a41030 00000000`01172040 sqlservr!ODS_SENDFULLMSG+0x100
00000000`46a3f220 00000000`46a40fa0 00000000`011738b0 sqlservr!SendErrorToUser+0x1d0
00000000`46a3f290 00000000`46a40f20 00000000`01105a00 sqlservr!CErrorReportingManager::SendErrorToUser+0x260
00000000`46a3f320 00000000`46a40e10 00000000`0118a3d0 sqlservr!CErrorReportingManager::CwchFormatAndPrint+0x610
00000000`46a3f470 00000000`46a40dd8 00000000`0118a2f0 sqlservr!ex_vcallprint+0xb0
00000000`46a3f4b0 00000000`46a40d80 00000000`024cbfb0 sqlservr!ex_callprint+0xa0
00000000`46a3f4f0 00000000`46a40c90 00000000`02514e20 sqlservr!COledbError::FRelayErrorInfo+0x960
00000000`46a3f570 00000000`46a40c58 00000000`02f82030 sqlservr!COledbError::FPrintSQLServerError+0x190
00000000`46a3f5a0 00000000`46a40c10 00000000`0441b450 sqlservr!COledbError::GatherAndPrintMultipleResultsError+0x30
00000000`46a3f5b0 00000000`46a40b28 00000000`0164d160 sqlservr!CQScanRmtQueryNew::GetRow+0xad0
00000000`46a3f660 00000000`46a40a28 00000000`01768560 sqlservr!CQScanNLJoinTrivialNew::GetRow+0x1a90
00000000`46a3f690 00000000`46a40928 00000000`01333d30 sqlservr!CXStmtQuery::ErsqExecuteQuery+0xe50
00000000`46a3f760 00000000`46a407c8 00000000`0130ce40 sqlservr!CMsqlExecContext::ExecuteStmts<1,1>+0x19d0
00000000`46a3f870 00000000`46a406d0 00000000`0130ac70 sqlservr!CMsqlExecContext::FExecute+0x7c0
00000000`46a3f960 00000000`46a405f0 00000000`010fa300 sqlservr!CSQLSource::Execute+0x5f0
00000000`46a3fa10 00000000`46a404f8 00000000`010fa5c0 sqlservr!process_request+0x5c0
00000000`46a3fbe0 00000000`46a40478 00000000`0100e4b0 sqlservr!process_commands+0x6d0
00000000`46a3fdf0 00000000`46a40420 00000000`0100e210 sqlservr!SOS_Task::Param::Execute+0x1a0
00000000`46a3fe70 00000000`46a40378 00000000`0100dc30 sqlservr!SOS_Scheduler::RunTask+0x190
00000000`46a3fe90 00000000`46a402b0 00000000`01061ea0 sqlservr!SOS_Scheduler::ProcessTasks+0x170

関連情報

SQL Server 2005 Service Pack 3 後利用可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後利用可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
970365SQL Server の 2008 SQL Server 2008 Service Pack 1 のリリース後にリリースされたビルドします。
SQL Server 2008 年のリリース後利用可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
956909SQL Server の 2008 SQL Server 2008年のリリース以降後にリリースされたビルドします。
SQL Server サービス パック 2 の後の可能なビルドの一覧の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
937137 SQL Server 2005 Service Pack 2 のリリース以降後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 2 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
新機能と機能強化では、SQL Server 2005 Service Pack 2 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 71711 =
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 961237 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 10.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbsql2005engine kbmt kbsurveynew KB961237 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:961237
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com