Communicator 2007 の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 3 月

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 961552
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料でMicrosoft Office Communicator 2007年で修正される問題について説明します、3 月日オフィス Communicator 2007 の修正プログラム ロールアップ パッケージ2009。
この資料では、修正プログラム ロールアップ パッケージに関する以下の項目をについて説明します。
  • 問題は、修正プログラム ロールアップ パッケージ修正されます。
  • 修正プログラムのロールアップをインストールするための必要条件パッケージです。
  • インストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますかこの修正プログラム ロールアップ パッケージします。
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージによって置き換えられますかどうかその他の修正プログラムのロールアップ パッケージします。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • この修正プログラム ロールアップ パッケージに含まれるファイル。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 961595 Communicator 2007 を実行しているコンピューターにアクセスするのには、リモート デスクトップ クライアントを使用すると自分のプレゼンス状態が予期せず「退席中」に設定され、この状態を変更することはできません。
  • 961598 Citrix 環境での office Communicator 2007 原因でアクセス違反
  • 968490 Communicator 2007 のタブでは、Tabs.xml ファイルで指定されたイメージ一貫して読み込まれない
  • 968505 Communicator 2.0.6362.97 のバージョンの Office を使用すると、通話を転送することはできませんまたはそれ以降
  • 968506 Communicator の他のクライアントからの呼び出しを受信すると、Communicator 2007 クライアントがクラッシュします。
  • 968507 同じコンピューターに Office 2003 または Office 2007 Office Communicator 2007 を使用すると、MAPI (Messaging API) タスクの実行中に発生したエラー
この累積的な更新次以前も更新プログラムをリリースしました。
  • 960423 EnableURL レジストリ値を有効にすると office Communicator 2007 Url で中国語の文字を表示できません。
  • 960424 通話転送設定を制御 Office Communicator 2007 を防ぐことはできません。
  • 942566 Communicator 2007 でエラー メッセージ:「、電話会議を開始しているときにエラーが発生しました」または」このメッセージすべての参加者に配信されませんでした"
  • 942568 電子メール メッセージ内のテキストの配置は Communicator 2007 で不適切な場合があります。
  • 942569 ロシア語の言語の名前が誤って Communicator 2007 で利用できる言語の一覧で、正しいです。
  • 942570 言語がアラビア語またはヘブライ語に設定されている場合、電話番号、Communicator 2007 ポップアップ ウィンドウの着信呼び出しは、文字列が正しい方向
  • 942671 Communicator 2007 を使用して、連絡先を保存する] を指定するのには、新しいポリシーが
  • 942674 Communicator 2007 で使用される統合コミュニケーション デバイスの表示の日付フィールドに判読できない文字を表示します。
  • 942857 Communicator 2007 のヘブライ語版のメニュー項目が切り詰められます
  • 943066 プレゼンス状態「で、会議から」Communicator 2007「利用可能」に変わらないこと
  • 943223 Communicator 2005 のクライアント コンピューターは、Live Communications Server 2005 のプールの名前の多くの DNS クエリを送信可能性があります。
  • 944687 IM 会話をマルチパーティの会議 Communicator 2007 で変更しようとするとエラー メッセージ:「電話会議を開始するには、失敗しました"。
  • 945079 Communicator 2007 で通話の転送に失敗した場合、呼び出しが保留中、transferor と、譲渡しです。
  • 945287 Communicator 2007 [パスワード] ボックスに、特殊文字を入力できません。
  • 945542 Communicator 2007 で 100 個を超えるメンバーを含む配布グループにインスタント メッセージを送信するとエラー メッセージ:「GroupName です表示するには大きすぎます」
  • 945543 連絡先を検索すると Communicator 2007 ユーザーのキャッシュされたオブジェクトを解放しません。
  • 945545 通知音がメディア フォルダーにある .wav ファイルに変更すると、通知音 Communicator 2007 で再生されません。
  • 945546 Communicator 2007 電話番号が SIP アカウントの使用のカスタム タブを持たないユーザーはユーザー名に追加されます。
  • 945678 Communicator 2007 のポーランド語バージョンの「フリー」の単語の翻訳が違います
  • 945856 プログラムをインストールした後 Communicator 2007 の起動方法を変更するのには、更新プログラムの説明
  • 945858 デバイスのダイヤル パッドを使用して電話番号を入力するとき Communicator 2007 がインストールされているコンピューターで、デュアル トーン Multi-Frequency 音が鳴らない
  • 945859 Microsoft Office Communicator 2007年を起動すると、Office Communicator、アクセス違反が発生します。
  • 948120 マルチパーティの会議を作成するのには、新しい参加者を招待しようとすると、オーディオ会議やビデオ会議 Communicator 2007 で問題が発生します。
  • 948159 Communicator Outlook プロファイル ファイルの名前にアルファベット以外の文字が含まれている場合は、2007年でエラー メッセージ:「Microsoft Office Outlook への接続に問題がありました」
  • 948733 Office Communicator 2007 を実行しているクライアントのコンピューターをシャット ダウンしようとするとエラー メッセージ:"データ ファイル 'メールボックス - ユーザー' が正しく閉じられていません"
  • 948734 Windows 2000 Service Pack 4 を実行しているクライアント コンピューターでは、Office Communicator 2007 からは、音声呼び出しを開始した後、ボリュームが、オーディオ呼び出し時にフェードが表示可能性があります。
  • 948735 Communicator 2007 と Office 2000 を統合することはできません。
  • 948737 Communicator 2007 ユーザーが USB テレフォニー デバイス受話器オフ フックを受け取り、ストリーム オーディオを別のアプリケーションから、デバイスを使用する場合をストリーミング オーディオ混在長い発信音聞くことになります
  • 949498 Communicator 2007 ユーザー Communicator 2005 ユーザーに日本語の文字のみを含むメッセージを送信するとエラー メッセージ:「ユーザ名ことはできませんメッセージが表示されます、使用する形式で」
  • 949894 プレゼンス機能、クライアント コンピューター上で部分的な時間、負の値が含まれているタイム ゾーンを使用する場合 Communicator 2007 で無効になっています。
  • 950492 ポータブル コンピューターを使用して、リモート コンピューターに接続するとき、Communicator 2007「退席中」の状態を手動で変更できません。
  • 951868 レジストリ設定を特定のプロトコルは上書きされます、Communicator 2007 なり、これらのプロトコルは、既定のアプリケーション Communicator 2007 にログオンするとき
  • 951870 スケジュールを設定し、Communicator の 2007 年の会議をキャンセルするとイベント Id 8239 8206 記録されます。
  • 951871 退席中のすべてのターミナル サーバー ユーザーの管理者のデスクトップをロックすると、スクリーン セーバーの Communicator 2007 で実行することができますプレゼンス状態変更
  • 954642 Communicator 2007 を終了することがなく、Windows からログオフ ログオン後に Outlook を再起動すると、エラー メッセージ:「データ ファイルが使用されていて、チェック アウトされている、前回の問題は閉じない」
  • 954647 Communicator 2007 はできません以外の番号に電話して
  • 954648 Communicator 2007 でのインスタント メッセージングを無効にする方法
  • 954649 GN9350 ヘッドセットと一緒に Communicator 2007 を使用して、呼び出しを行う場合は、マイクをミュートすると、呼び出し終了します。
  • 954650 Communicator 2007 を使用して、Communicator 2007 をインストールした後、アドレス帳ファイルの変更をダウンロードするのには、再試行ロジック 2008 年 10 月 24 日公開のパッケージを更新します。
  • 954651 Communicator 2007 は 30 日間の完全なオフライン アドレス帳をダウンロードします。
  • 956734 1 人のユーザーが Windows Server 2008 ベースのコンピューター デスクトップをロックすると、プレゼンス Communicator 2007「退席中」にすべてのターミナル サーバー ユーザーが変わる
  • 957793 Communicator 2007 クライアントが起動時に異常に遅いです。
  • 958659 テレフォニー モードを使用すると、= 4、Communicator の 2007 年には、手動で URI 情報を設定できます

詳細

修正プログラムの情報

は、次のファイルは、マイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード利用します。センター:


元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロードCommunicator.msp パッケージ今すぐします。

リリース日: 3 月2009

詳細についてはマイクロソフトのサポートをダウンロードする方法ファイル、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。

前提条件

前提条件はありません。この修正プログラムをインストールします。

再起動の必要性

そのこの修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するありませんが。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージは、957465 の修正プログラム パッケージを置き換えます。

レジストリ情報

修正プログラムのいずれかを使用するのにはこのパッケージを変更する必要はありませんがレジストリに。

ファイル情報

この修正プログラムを含むことはできません。製品を最新のビルドに更新する必要がありますすべてのファイル。この修正プログラムには、問題を修正するために必要ファイルのみが含まれています。この資料に記載されては。

は、この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、Microsoft Windows インストーラーを使用してください。この修正プログラム パッケージをインストールするには、[パッケージ] をクリックします。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイル情報の表示、日付はローカル時刻に変換されます。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルの。
元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイルのバージョン ファイルのサイズ 日付 時間 プラットフォーム
Communicator.exe 2.0.6362.129 5,731,152 2009 の 3 月 14 日 16: 12 x 86
Gdiplus.dll 5.2.3790.4377 1,738,576 2009 の 3 月 14 日 16: 12 該当なし
Rtmpltfm.dll 3.0.6362.129 5,444,424 2009 の 3 月 14 日 16: 12 x 86
Uccp.dll 2.0.6362.129 3,118,912 2009 の 3 月 14 日 16: 12 x 86

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして次資料番号を表示するのには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 961552 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB961552 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:961552
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com