Windows Server 2003 フェールオーバー クラスター上の既存のファイル共有リソースにアクセスできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 961657 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Server 2003 フェールオーバー クラスターでは、可能性があります。1 つまたは複数、以下の現象が発生します。

「回避策」のセクションは非クラスタ シナリオにも適用されます。場所をファイル共有にアクセスできません。

現象 1

既存のファイル共有リソースも場合をこれらアクセスできません。リソースは、クラスター アドミニストレーター スナップインによってオンラインです。さらに、次のエラーがイベント ログに記録される場合があります。
作成日: 日付
時刻: 時間
ソース: ClusSvc
種類: エラー
イベントID: 1055年
ユーザー: 該当なし
コンピューター: サーバー名
説明:
クラスター ファイル共有リソース '共有名' は、ステータス チェックに失敗しました。、エラー コードは 64 です。

現象 2

次のエラー メッセージのいずれか、Cluster.log に記録されます。ファイルです。

エラー メッセージ 1
00000930.00000af8::{2003/01/01 23:00:00.001}ファイル共有 共有名: 共有はオフラインになったが、エラー 64 =!
00000930.00000934::{2003/01/01 23:00:00.001} ファイルの共有 共有名: 共有はオフラインになったが、エラー 64 =!

クリックして開始、実行、cmd.exe で
タイプ"Net HelpMsg64"
「指定されたネットワーク名が利用できないです。」
エラー メッセージ 2
説明: クラスター ファイル共有リソース'共有名' は、ステータス チェックに失敗しました。エラーコードは、32 です。

クリックして開始、実行、cmd.exe で
タイプ"Net HelpMsg32"
"その他のユーザーから使用されているため、プロセス ファイルにアクセスできません。プロセス"です。

現象 3

ローカルの共有にアクセスすることはできません。

原因

クラスター サービス (ClusSvc.exe)、ファイル共有リソースに対するIsAliveのテストを実行できない場合は、イベント ID 1055 がログに記録されます。クラスター サービスに接続できないため、通常は、 IsAliveのテストが失敗した、Server サービス (Srv.sys)。この原因は、サーバー サービスネットワーク作業の項目に対して、要求に対応するのには、ネットワーク層の入出力ストリームのキューします。

詳細についてはIsAlive テストについては、資料を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。マイクロソフト サポート技術で。
914458LooksAlive と IsAlive 関数は、Windows Server 2003 で Windows Server クラスタ リング コンポーネントが含まれているリソースの動作
これらの現象の 1 つ以上の発生する可能性があります。次のような:
  • ディスクの応答時間には、低速のディスク I/O ストリームを発生します。向上します。(この現象の最も一般的な原因です)。
  • サーバー高負荷です。
  • アプリケーションまたはサービスとサーバーで、デッドロックが発生します。サービスです。
  • サーバー上のデバイス ドライバーが古いです。例えば、ネットワーク アダプター ドライバーが古いです。
  • ファイル システム フィルター ドライバーを使用するアプリケーションします。サーバー上で実行します。通常は、次のアプリケーションでは、ファイル システムを使用します。フィルター ドライバーの。
    • ウイルス対策ソフトウェア
    • バックアップ ・ アプリケーション
    • クォータ管理アプリケーション
  • サーバーにテープ デバイスが同じストレージに接続されています。クラスターを使用しているエリア ネットワーク (SAN)。テープ デバイスのドライバーが低下SAN 上のディスク キューの長さ。この操作で各サーバーに影響します。SAN に接続されています。この問題を回避するのには、ディスク キューの長さを増やすことができます。状況。

回避策

重要このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリ誤ってします。そのため、これらの手順を実行することを確認します慎重にします。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリを復元する次の資料をクリックする方法について「サポート技術情報」資料を参照する数。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

「回避策」のセクションは非クラスタ シナリオにも適用されます。場所をファイル共有にアクセスできません。

この問題を回避するには、これらの手順を実行します。

手順 1: 容量を増やすには、Server サービスを調整します。

1.5 ギガバイト (GB) を超えるサーバーを持つ場合は、この手順を実行します。システム メモリの。それ以外の場合に移動、"ステップ 2: するに Workstation サービスの調整容量を増加する"セクション。

この手順を実行するには、いずれかを使用して、以下の方法します。

方法 1

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 ファイル名を指定プロパティ].
  2. レジストリ エディターで、検索し、右クリック、次のレジストリ サブキー:
    探して
  3. MaxFreeConnections のレジストリ エントリを作成し、設定1000 (16 進) の値です。以下が手順例となります:
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 MaxFreeConnections、、ENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 1000 下にあります。 [値のデータプロパティ ].
  4. MinFreeConnections のレジストリ エントリを作成し、設定64 (16 進) の値。以下が手順例となります:
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 MinFreeConnections、、ENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 64 下にあります。 [値のデータプロパティ ].
  5. MaxRawWorkItems のレジストリ エントリを作成し、設定を200 (16 進) の値です。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 MaxRawWorkItems、しENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 200 下にあります。 [値のデータプロパティ ].
  6. MaxWorkItems レジストリ エントリを作成し、設定を2000 (16 進) の値です。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 MaxWorkItems、しENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 2000 下にあります。 [値のデータプロパティ ].
  7. MaxMpxCt レジストリ エントリを作成し、値を設定するには800 (16 進数)。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 MaxMpxCt、し、キーを押します。入力します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 800 下にあります。 [値のデータプロパティ ].

方法 2

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 メモ帳プロパティ].
  2. 次のテキストをコピーし、メモ帳に貼り付けます。
    Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanserver\parameters]
    "MaxFreeConnections"=dword:00001000
    "MinFreeConnections"=dword:00000064
    "MaxRawWorkItems"=dword:00000200
    "MaxWorkItems"=dword:00002000
    "MaxMpxCt"=dword:00000800
  3. .Reg ファイルの種類としてファイルを保存し、終了メモ帳します。
  4. Windows エクスプ ローラーで、インポートするファイルをダブルクリックしてください。レジストリの設定。

手順 2: 容量を増やすには、ワークステーション サービスを調整します。

この手順を実行するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 ファイル名を指定プロパティ].
  2. レジストリ エディターで、検索し、右クリック、次のレジストリ サブキー:
    します
  3. MaxCmds レジストリ エントリを作成し、値を設定するには1000 (16 進数)。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 MaxCmds、し、キーを押します。入力します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 1000 下にあります。 [値のデータプロパティ ].

方法 2

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 メモ帳プロパティ].
  2. 次のテキストをコピーし、メモ帳に貼り付けます。
    Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanworkstation\parameters]
    "MaxCmds"=dword:00001000
  3. .Reg ファイルの種類としてファイルを保存し、終了メモ帳します。
  4. Windows エクスプ ローラーで、インポートするファイルをダブルクリックしてください。レジストリの設定。

手順 3: SessTimeout レジストリ エントリ設定は、ワークステーション サービスを有効にします。

だけで、分散ファイル システム (DFS) がある場合この手順を実行します。共有します。

この手順を実行するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 ファイル名を指定プロパティ].
  2. レジストリ エディターで、検索し、右クリック、次のレジストリ サブキー:
    します
  3. SessTimeout エントリを作成し、値を設定300 (10 進数) にします。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 SessTimeout、し、キーを押します。入力します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 10 進数 下にあります。 ベース] 300 下にあります。 [値のデータプロパティ ].

方法 2

  1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 メモ帳プロパティ].
  2. 次のテキストをコピーし、メモ帳に貼り付けます。
    Windows Registry Editor Version 5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\lanmanworkstation\parameters]
    "SessTimeout"=dword:0000012c
  3. .Reg ファイルの種類としてファイルを保存し、終了メモ帳します。
  4. Windows エクスプ ローラーで、インポートするファイルをダブルクリックしてください。レジストリの設定。
SessTimeout レジストリに関する詳細についてはエントリは、お客様が資料を表示するには、次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
102067SESSTIMEOUT 情報

手順 4: ディスク I/O のパフォーマンスを向上させる

ディスクの断片化追加データ シークを実行するためにディスクを原因します。処理とデータ転送の速度が遅くなります。ディスク I/O の向上パフォーマンスは、以下の手順を実行します。
  1. 高負荷では、最適化分析を実行します。ボリューム。

    ディスクの断片化は、低速のディスク I/O があります。場合は、ディスクネットワークの負荷が増加する、ディスクの応答時間を受けることができません。、確認するには、高負荷ボリュームには、最適化分析を実行できます。かどうか、ボリュームを最適化する必要があります。

    実行するには分析の最適化は、次の手順を実行します。

    重要最適化の分析がボリューム上で実行しないでください。アクティブなユーザー操作。
    1. クリックしてください。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] Dfrg.mscプロパティ ].
    2. ディスク デフラグ ツール スナップインで、[ボリューム] をクリックして、分析しをクリックします。 分析.
  2. 分析と次のメッセージが表示される場合完全なでの最適化はボリュームの再構築スケジュールする必要があります、ボリュームです。
    分析を完了しています。(移します:)
    これを最適化する必要があります。ボリュームです。
    200 GB 以上のデータがボリュームにある場合は、高速です。ボリュームを最適化するよりも、ボリュームを再構築します。ボリュームを再構築するには、次の手順を実行します。
    1. 新しい論理ユニット番号 (LUN) を作成します。
    2. ボリューム上のデータは、LUN にコピーします。
    3. ボリュームへデータをコピー、LUN。
    ボリュームを再構築した後、サード ・ パーティ製を実行する必要があります。ディスクは、ボリューム高いであることを確認するのには、ユーティリティのデフラグ断片化されました。
  3. ボリュームに対して Chkdsk.exe ユーティリティを実行します。

    最適化分析が終了する場合は、この手順を実行します。迅速かつエラーなし。

    ディスクのチェック タスクをスケジュールすることはできません。システムの起動時に共有ディスクにします。したがって、対話形式で実行している、Chkdsk.exe ユーティリティを Windows サーバーでサポートされている唯一の方法です。2003 フェールオーバー クラスターです。

    注意してください、上の重大な破損が存在する場合Chkdsk.exe ユーティリティを実行して、ボリュームをディスクをオフラインにしてすべてのユーザーを切断します。対話形式で、Chkdsk.exe ユーティリティを実行すると、Chkdsk.exe ユーティリティが重大なエラーを生成した場合、ユーティリティは停止できます。場合は、Chkdsk.exe ユーティリティを終了する、ボリュームを再構築する必要があります。ディスクが破損することができます。読み取られる場合は、I/O ボトルネックが発生するか、ボリューム上の書き込み操作が発生します。大規模なボリュームに対して Chkdsk.exe ユーティリティを実行する場合は、それがあります注意してください。非常に長い時間を完了するには、Chkdsk.exe ユーティリティを実行します。実際にことができます。1 日から 2 〜 3 週間に異なります。そのため、実行する前に、Chkdsk.exe ユーティリティをする必要があります考慮のダウンタイムを計画、ボリュームです。

    オンライン ボリュームに対して Chkdsk.exe ユーティリティを実行するには、入力します。次のコマンドで、コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。
    Chkdsk.exe X:
    プレース ホルダー X ドライブを表します。文字。確認するには、複数のボリュームがある場合は、個々 のコマンドを実行する必要があります。ボリュームごとにします。

手順 5: Windows コンポーネントによっては最新の修正プログラムを適用します。

以下の Windows コンポーネントの最新の修正プログラムが適用されます。
  • Server サービスのドライバー
  • Windows カーネル
  • SMB ミニ リダイレクター ドライバー
  • TCP/IP ドライバー
これらのコンポーネントの最新の修正プログラムを入手するには、以下を実行します手順:
  1. Microsoft のサポート センターを参照してください。これを行うを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
    http://support.microsoft.com/
  2. 「Windows xp と共に"Srv.sys kbqfe"文字列を使用します。Server サービスのドライバーについての記事を検索するサーバー 2003"文字列です。の例では、Knowledge Base 資料 950298 検索] が表示されます。結果。
  3. "NTOSKrnl.exe kbqfe"文字列を使用して、Windows カーネルに関する記事を検索するには、「Windows Server 2003"文字列ドライバーです。たとえば、マイクロソフト サポート技術情報の記事 942835 が表示されますで、検索結果です。
  4. "MrxSmb.sys kbqfe"文字列を使用して、SMB に関する記事を検索するには、"Windows Server 2003"文字列ミニ リダイレクター ドライバーです。たとえば、マイクロソフト サポート技術資料 925903検索結果に表示されます。
  5. 「Windows xp と共に"TCPIP.sys kbqfe"文字列を使用します。TCP/IP ドライバーについての記事を検索するサーバー 2003"文字列です。の例では、マイクロソフト サポート技術情報の記事 950224 での検索が表示されます。結果。

手順 6: 最新のデバイス ドライバーを入手します。

古いデバイスのドライバーは、サーバーのパフォーマンスを減らすことができます。そのため、これらの手順を実行することを推奨します。
  1. 最新のデバイス ドライバーの更新プログラムを入手します。たとえば、ドライバーの更新を HP 塗りつぶし状態ドライブ (SSD) を取得します。使用できます、IBM UpdateXpress ツールを使用してデバイスのファームウェアを更新してください。多くの場合、メーカーボトルネックの問題を解決するには、更新されたデバイス ドライバーをリリースします。ハードウェアにお問い合わせください。製造元のドライバーの最新の更新プログラムを入手するのには、使用していることを確認するにはデバイスのファームウェアの現在のバージョンです。行うことが特に重要です。これは、ディスク サブシステムのハードウェア。
  2. San を使用すると、次の手順を実行します。
    1. ドライバーの構成を確認してください。たとえば、チェック、ドライバーとファームウェアを San のホストバス アダプター (Hba) をホストします。
    2. 最も最近の版があることを確認してください、Storport 記憶域ドライバー (Storport.sys)。
    3. 次の項目を確認します。
      • HBA のキューの深さの設定
      • マルチパス ・ ソフトウェア
      • ファイバ ・ チャネル接続

手順 7: 可能な場合、ファイル システム フィルター ドライバーを無効にします。

通常、クォータ管理アプリケーションは、エージェントのファイルを開くし、ファイルレプリケーション アプリケーションはファイル システム フィルター ドライバーを使用します。このため場合は、これらのアプリケーションを無効にする、ファイル システム フィルター ドライバーを無効にします。後この操作を実行、問題があるかどうかを決定することができます。解決します。

サーバーでウイルス対策ソフトウェアを構成します。すべてのファイルのリアルタイム スキャンを無効にします。場合は、リアルタイムを無効にすることはできません。すべてのファイルをスキャンする、ウイルス対策ソフトウェアを構成することおそれをスキャンするように唯一の受信ファイルし、次のいずれかでスキャンしません。ファイル:
  • ページファイル
  • .vhd ファイル
  • .tmp ファイル
  • .shd ファイル
  • .spl ファイル

手順 8: サーバーの負荷を理解しておくし、この問題が再び発生する場合は、システム情報を収集

上記の 7 つのステップを実行すると、問題がある必要があります。解決します。ただし、負荷のあることいることを確認する必要がありますサーバーを本番環境にすると、サーバー。さらに、次をする必要があります。この問題が発生した場合に備えて、システム情報を収集することを確認してください。もう一度。

サーバーから一般的なパフォーマンス データを収集することができます。サーバー上の負荷を理解を入手してください。

少なくとも 3 時間は、データを収集することをお勧め1 日あたり。

サーバーから全般的なパフォーマンス データを収集するには、実行します。これらの手順します。
  1. セッションの NetコマンドおよびNet Filesコマンドからの出力を取得します。これを 1 つずつを行うには、次のコマンドを入力します。コマンド プロンプトと ENTER キーを押します。

    次のコマンドで、プレース ホルダーサーバー名 サーバーの名前を表しますこの問題が発生します。プレース ホルダー MMDDYEARMMDDYear の形式で日付を表します。たとえば、入力します。01012008MMDDYEAR.
    Net.exe ファイル > C:\NetFiles_サーバー名_MMDDYEAR.log

    Net.exe セッション > C:\NetSessions_サーバー名_MMDDYEAR.log
  2. パフォーマンス モニターのログを収集します。

    Windows のバージョンに応じて、適切な手順を実行します。コンピューターで実行されているサーバー 2003。

    X 86 ベース バージョンの Windows Server 2003
    1. PerfWiz.exe ユーティリティを入手します。これを行うを参照してください、次の Microsoft ダウンロード Web サイト:
      http://download.microsoft.com/download/b/0/e/b0e8dae9-b8ba-49a8-8ae7-5a967a7421a1/PerfWiz.zip
    2. リモート コンピューターからパフォーマンス モニターを実行します。ウィザード ユーティリティ (PerfWiz.exe) をクリックし. 次へ.
    3. 次へ コンピューターの監視、入力、ローカルのコンピューターとクリックの名前 次へ.
    4. クリックしてください。 新しいログを作成します。プロパティ 次へ.
    5. クリックしてください。 標準的なパフォーマンスプロパティ 次へ.
    6. 発生したサーバーの名前を入力、問題をクリックし. 次へ.
    7. 次へ ログ名を入力して、] をクリックして、ログを使用します。 次へ.使用することができます。既定のサイズの横に表示される 200 MB ログ ファイルのサイズログのサイズにします。異なるサイズを指定する場合は、そうしないことを確認します。250 mb を超えるサイズを指定します。250 以上のログ サイズが大きい場合MB の遅延のため、ログを参照するのには、システムは、ほぼ不可能です。システムのパフォーマンス カウンターを読み込んでいるときに発生します。
    8. 次の操作のいずれかを実行します。
      • 下にあります。 発行する平均時間] 6 時間.
      • 下にあります。 サンプリング間隔] 300 秒.
    9. クリックしてください。 次へ.
    10. クリックしてください。 開始プロパティ 次へ.
    11. クリックしてください。 「完了」.
    12. 別を作成するのには、PerfWiz.exe ユーティリティを実行します。パフォーマンス モニターのログします。これを行うには、標準的なログ プロファイルを使用して、次の設定:
      • セット ログ ファイルのサイズ 150 にMB です。
      • セット 発行する平均時間 11 時間。
    Windows Server 2003、x64 ベースおよび Itanium ベースのバージョン x
    1. リモート コンピューターをクリックします。 ボタンをクリックし、,クリックしてください。 Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] パフォーマンス モニタープロパティ ].
    2. パフォーマンス スナップインで展開します。 パフォーマンスログと警告.
    3. Usbehci.sys カウンター ログ、しクリックしてください。 新しいログの設定.
    4. で、 新しいログの設定 ダイアログ ボックスで、新しいログの名前を入力しをクリックしてください ].
    5. で、 LogName ダイアログ ボックスをクリックして カウンターを追加します。.

      プレース ホルダー LogName 表す、前の手順で作成されたログの名前です。
    6. で、 カウンターを追加します。 ダイアログ ボックスをクリックして コンピューターからカウンターを選ぶをクリックしての名前を指定この問題が発生したサーバーの名前。サーバー名の指定、次の形式:
      \\サーバー名
    7. 下にあります。 パフォーマンス オブジェクトを選択 プロセス.
    8. クリックしてください。 すべてのカウンター[ すべてインスタンスプロパティ 追加.
    9. 次に追加するには、前の 2 つの手順を繰り返します。オブジェクト:
      • キャッシュ
      • メモリ
      • オブジェクト
      • ページング ファイル
      • LogicalDisk
      • NBT 接続
      • ネットワーク ・ インタ フェース
      • PhysicalDisk
      • プロセッサ
      • リダイレクター
      • サーバー
      • サーバー作業キュー
      • システム
      • スレッド
      一部のオブジェクトは、 すべてのインスタンス オプションします。適用できません。
    10. で、 カウンターを追加します。 ダイアログ ボックスをクリックして 閉じる.
    11. で、 LogName ダイアログ ボックス、入力 600 次へ 間隔、し、選択 次へ 単位.
    12. クリックして、 ログ ファイル タブの選択 バイナリ循環ファイル 下にあります。 ログ ファイルの種類、、クリックして、 構成します。.
    13. で、 ログ ファイルを構成します。 ダイアログ ボックスで、種類 250 下にあります。 制限します。プロパティ ]

      サイズの制限を 250 MB に設定する場合は、十分な履歴を確認できます。この傾向を認識するように。ログは非常にサイズが大きくなることに注意してください。ただし、ログが元のサイズの約 20% に自動的に圧縮されます。ログが最大サイズに達した場合は、そのため、ログ自動的になります。約 50 MB に圧縮します。
    14. で、 LogName ダイアログ ボックスをクリックして ].
    15. 作成するには、このサブセクション o を介して手順 c. を繰り返します別のログします。たとえば、入力します。 5 次へ 間隔 手順 k を選択します。
  3. 一般に、ファイルの説明を取得します。サーバーで、サーバーの役割の説明を開きます。の例では、サーバー、ファイル サーバーまたはターミナル サーバーとして機能します。
ネットワーク モニター ユーティリティを使用してネットワーク キャプチャできます。トラフィックの場合もこの問題が再び発生します。

ネットワーク トラフィックをキャプチャもネットワークの割り当てと呼ばれる原因を追跡します。

ネットワーク モニター ユーティリティをダウンロードするを参照してください、次の Microsoft ダウンロード Web サイト:
Microsoft ネットワーク モニター 3.4
詳細についてはネットワーク モニター ユーティリティのバージョン情報を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。記事は、マイクロソフト サポート技術。
933741ネットワーク モニターの 3 について
ネットワーク モニター ユーティリティを使用して、キャプチャするにはネットワーク トラフィックを以下の手順を実行します。

3.2.1303.0 のネットワーク モニターで、次の手順に基づいています。
  1. ネットワーク モニター ユーティリティを設定します。これを行うには、実行します。これらの手順します。
    1. ネットワーク モニター ユーティリティを起動します。
    2. 下にあります。 ネットワークを選択します。を選択する] をクリックします。、 [ローカル エリア接続 チェック ボックスします。
    3. クリックしてください。 新しいキャプチャ.
    4. で、 ツール メニューをクリックして オプション.
    5. で、 オプション ダイアログ ボックスをクリックして、 キャプチャ タブします。
    6. 下にあります。 一時キャプチャ ファイルを変更します。、 サイズ 設定します。 20 するには 30.
    7. クリックしてください。 ].
  2. この問題を再現する準備ができたら、ping を実行、クライアントがサーバーから。これを行うには、次のコマンドでコマンドを入力します。、プロンプトを表示し、ENTER キーを押します。
    ping <ClientName></ClientName>
  3. ネットワーク モニター ユーティリティをクリックします。ボタンをクリックし、 キャプチャを開始します。

    HH:MM:SS の形式で起動すると、時間に注意してください、トレースします。
  4. 通常実行されているアプリケーションを起動する、サーバーです。
  5. この問題が発生すると、時刻は HH:MM:SS に注意してください。形式です。
  6. アプリケーションを停止します。
  7. ネットワーク モニター ユーティリティをクリックします。停止.
  8. トレースを保存します。以下が手順例となります:
    1. で、 ファイル メニューをクリックして 保存として.
    2. で、 ファイル名 ボックスで、名前を指定します。次の形式では。
      ProblemDescription_サーバー名_ユーザー名_HHMM_MMDDYear
      プレース ホルダー ProblemDescriptionこの問題の簡単な説明を表します。プレース ホルダー サーバー名 サーバーの名前を表す、この問題が発生します。プレース ホルダー ユーザー名サーバーにログオンする使用するアカウントを表します。プレース ホルダー HHMM トレースを停止すると、時間を表します。プレース ホルダー MMDDYear 日付を表す場合トレースを停止します。
    3. クリックしてください。 保存.
重要また、IP アドレス、サーバーの ip アドレスを収集します。クライアントのアドレスです。

クライアントを作成するネットワークの負荷を最適化する方法

サーバーの負荷の種類を分析した後、ネットワーク トレースでは、キャプチャする、ネットワークを最適化することができますは、ロード、クライアントを作成します。これを行うには、ネットワークを減らすために、レジストリを微調整します。サーバー上のファイル共有リソースに接続します。

後サーバーの負荷の種類を分析し、ネットワーク トレースは、キャプチャは、クライアントを作成するネットワークの負荷を最適化できます。これを行うには、ネットワークを減らすために、クライアント コンピューターのレジストリを微調整します。サーバー上のファイル共有リソースに接続します。クライアント コンピューターをこれを行う必要があります、次が含まれます。
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows Server 2003 ターミナル サーバー
  • Windows Server 2008 ターミナル サーバー
レジストリを微調整するには、次の方法のいずれかを使用します。

重要このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリ誤ってします。そのため、これらの手順を実行することを確認します慎重にします。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリを復元する次の資料をクリックする方法について「サポート技術情報」資料を参照する数。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法

方法 1

  1. レジストリ エディターを起動します。
    • Windows Vista では、Windows 7 および Windows Server2008 年をクリックします。 ボタンをクリックし、
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      ] をクリックし、 続いて 検索を開始します。 ボックスで、ENTER キーを押します。

      元に戻す画像を拡大する
      [ユーザー アカウント制御アクセス許可
      管理者のパスワードを求められた場合確認の上、パスワードを入力または確認を提供します。
    • Windows XP および Windows Server 2003 をクリックします。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] をクリックし、 続いて と入力して [ ].
  2. レジストリ エディターを見つけて、[以下] をクリックしてくださいレジストリ サブキー:から
  3. NoRemoteRecursiveEvents レジストリ エントリを作成し、値は 1 (16 進数) に設定します。以下が手順例となります:
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 NoRemoteRecursiveEvents,ENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更 .
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース ] 1 続いて [値のデータ [ ].
  4. NoRemoteChangeNotify レジストリ エントリを作成し、設定値に 1 (16 進数) です。以下が手順例となります:
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 NoRemoteChangeNotify、、ENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 1 続いて [値のデータ [ ].
  5. でHKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\MRxSmb\Parameters を作成します。InfoCacheLevel レジストリ エントリと値 (16 進) に設定します。行うにはこれには、次の手順を実行します。
    1. で、 編集 メニューのポイント 新しいプロパティ DWORD 値.
    2. 種類 InfoCacheLevel、しENTER キーを押します。
    3. で、 編集 メニューをクリックして 変更.
    4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ボックスで、クリックしてください。 16 進数 下にあります。 ベース] 10 続いて [値のデータ ボックスで、しクリックしてください。 ].
  6. レジストリ エディターを終了します。

方法 2

  1. メモ帳を起動します。
    • Windows Vista では、Windows 7 および Windows Server2008 年をクリックします。 ボタンをクリックし、
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      ] メモ帳 続いて 検索を開始します。 ボックスで、ENTER キーを押します。
    • Windows XP および Windows Server 2003 をクリックします。 ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] メモ帳 続いて と入力して ボックスで、しクリックしてください。 ].
  2. 次のテキストをコピーし、メモ帳に貼り付けます。
    Windows Registry Editor Version 5.00 
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\policies\explorer]
    "NoRemoteRecursiveEvents"=dword:00000001
    "NoRemoteChangeNotify"=dword:00000001
    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\MRxSmb\Parameters]
    "InfoCacheLevel"=dword:000000010
  3. .Reg ファイルの種類としてファイルを保存し、終了メモ帳します。
  4. Windows エクスプ ローラーで、インポートするファイルをダブルクリックしてください。レジストリの設定。
微調整する方法の詳細については、レジストリ内のアーティクルを表示するには、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
292504Windows XP の [スタート] メニューのポリシー設定
306850 プログラムの起動や、ホーム フォルダーへのネットワーク接続が遅い場合は、ログオンが遅くなります。
330929 Windows XP 余分な SMB 変更通知トラフィックが発生する可能性があります。
829700 リモート ネットワーク コンピューター上の共有フォルダーにあるファイルを開くとネットワークのパフォーマンスが低下します。
830903 ネットワーク フォルダー内のファイルは読み取り専用で開きますまたはファイルの種類を認識できないことエラー メッセージを返す
831129 Microsoft Windows エクスプ ローラーで、マップされたネットワーク ドライブを表示すると、フォルダー ツリーがちらつく
834350 ネットワーク リソースへのアクセスでは、Windows XP より以前のバージョンの Windows で遅い
840309 Windows エクスプ ローラーでネットワーク共有 Windows XP ベースのコンピューターから上の [マイ ドキュメント] フォルダーを参照する予想よりも長い時間がかかる
905890 ホーム フォルダーへのネットワーク接続では、Windows Server 2003 または Windows XP で低速である場合は、プログラムを実行可能性がありますが非常に遅い

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

関連情報

の詳細について、「内のアーティクルを表示するには、以下資料番号をクリックします。技術情報:
317249イベント ID 2021 およびイベント ID 2022 のトラブルシューティング方法
818894 Windows 2000、Windows Server 2003、および Windows XP に開かれているファイルの数を増やすに変更
822219 サーバーのパフォーマンスが低下が発生して、置かれているファイルをファイル サーバー上で作業しているときに遅延が発生します。
830901 イベント ID 2022 が記録され、Windows 2000 ベースのコンピューターが応答を停止可能性があります。
843584 ASP.NET、または ASP アプリケーションを再起動または Web サーバーが処理できるよりもより多くの SMB 要求が存在する場合、セッション オブジェクト失う可能性があります。
889100 Windows Server 2003 用の最新の service pack を入手する方法
892422 イベント ID 1123 およびイベント ID 1122 が Windows 2000 ベースのログ記録および Windows Server 2003 ベースのサーバー クラスターの概要
923360 ファイルをネットワーク経由で Windows Server 2003 ベースまたは Windows 2000 Server ベースのコンピューターで使用するとさまざまな問題が発生する可能性があります。

プロパティ

文書番号: 961657 - 最終更新日: 2012年7月18日 - リビジョン: 8.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbhowto kbinfo kbmt KB961657 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:961657
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com