ロータス ノーツ リンクは Outlook 2007 または Word 2007 では、クリック可能ではないです。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 961812
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

現象 1

ロータス ノーツのリンクを新しい電子メール メッセージの本文に貼り付けてしようとすると Microsoft Office Outlook の 2007 年には、ロータス ノーツのリンク クリック可能ではありません。これは、ロータス ノーツで「ドキュメント リンクとしてコピー」コマンドを使用してリンクをコピーする場合 true です。

現象 2

Outlook 2003 ユーザーから電子メール メッセージを受信します。メッセージにロータス ノーツのリンクが含まれています。Outlook 2007 でメッセージを開くと、ロータス ノーツのリンクがクリック可能ではありません。

メモ 現象 1 および 2 Microsoft Office Outlook 2003 では発生しません。

現象 3

Microsoft Office Word 2007 ドキュメントにロータス ノーツのリンクを貼り付けるしようとすると、ロータス ノーツのリンクがクリック可能ではありません。

解決方法

メモ この解決方法のいずれか、次の操作を実行したときに発生する問題のみを修正されます。
  • 新しいリッチ テキスト形式のメッセージを Outlook 2007 には、ロータス ノーツのリンクを貼り付けます。
  • Outlook 2007 では、Lotus Notes を Outlook 2003 のリッチ テキストのメッセージで受信したリンクを開くしようとしました。
  • Word 2007 文書には、ロータス ノーツのリンクを貼り付けます。
この解像度で、html 形式のメッセージとテキスト形式のメッセージにロータス ノーツのリンクを貼り付ける場合に発生する問題は修正されません。

手順 1 と 2 が Outlook 2007 および Word 2007 文書をロータス ノーツのリンクを新しいリッチ テキスト形式のメッセージ内でクリック可能にするに従います。言い換えれば、現象 1 および 3 で問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 2008 年 12 月 16 日にリリースされた修正プログラム パッケージをインストールします。

    この修正プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    959645Word.msp (Wordconv.msp) [Word 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2008 年 12 月 16 日
  2. [埋め込み OLE オブジェクトのインプレース アクティベーションを許可する] グループ ポリシー設定を有効にするには、次の方法のいずれかを使用しています。
    • Outlook テンプレート (Outlk12.adm) を使用します。
    • 手動でレジストリを変更します。
    • Microsoft Exchange Server パブリック フォルダーに発行された Exchange セキュリティ フォームを使用します。
手順 1 と手順 2 を実行すると現象 2 に記載されている問題を修正するには、新しいウィンドウで開くには、メッセージをダブルクリックします。次に、Lotus Notes リンクをダブルクリックします。これは Outlook 2003 のリッチ テキスト メッセージに含まれている Lotus Notes リンクを開くに Outlook 2007 を使用することができます。

メモ 受信した Outlook 2003 のリッチ テキスト メッセージを Outlook 2007 の閲覧ウィンドウで表示する場合は、でも、これらの手順を実行すると、ロータス ノーツのリンクがクリック可能なです。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法
[埋め込み OLE オブジェクトのインプレース アクティベーションを許可する] グループ ポリシー設定を有効にするには、レジストリを変更することによって。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
    • Windows Vista では、スタート ボタンをクリックします。
      元に戻す画像を拡大する
      [スタート] ボタン
      、タイプ レジストリ エディター で、 検索を開始します。 ボックス、および ENTER キーを押します。

      元に戻す画像を拡大する
      [ユーザー アカウント制御
      管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または確認を提供します。
    • Windows XP をクリックします。 開始をクリックして 実行、タイプ レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキーを選択します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\Security
  3. で、 編集 メニューのポイント 新しい、し DWORD 値.
  4. いずれかの次の値の名前を入力し、ENTER キーを押します。
    • AllowInPlaceOLEActivation
    • AdminSecurityMode
  5. 右クリックします。 AllowInPlaceOLEActivation、し 変更.
  6. で、 [値のデータ ボックスの種類 1、し [OK].
  7. 右クリックし、
    AdminSecurityMode
    、し 変更.
  8. で、 [値のデータ ボックスの種類 3、し [OK].

    メモ 場合は、AdminSecurityMode の値を設定するのには 3、Outlook レジストリの添付ファイルおよびアドインのセキュリティに設定されているグループ ポリシー設定だけを使用します。この例では、Outlook の設定、Exchange パブリック フォルダーに公開されるセキュリティ フォームを使用しません。
  9. で、 ファイル メニューをクリックして 終了 レジストリ エディターを終了します。
Exchange セキュリティ フォームを使用して Outlook のセキュリティを管理する場合は、セキュリティ フォームの設定と組み合わせて、「埋め込み OLE オブジェクトのインプレース アクティベーションを許可する」の設定を構成できます。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc179156.aspx

関連情報

Outlook 2007 で電子メールのセキュリティ設定の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
926512Outlook 2007 で電子メールのセキュリティ設定に関する管理者向け情報
この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。明示、黙示、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

プロパティ

文書番号: 961812 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbmt KB961812 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:961812
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com