ファイルを保持する 削除 DoubleSpace の方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 96250 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

どのバージョンの MS-DOS に応じて使用しているドライブの圧縮を解除する手順は、異なります。 MS-DOS 6.2 を使用している場合、 DoubleSpace の管理プログラムを実行し、ツール メニューから Uncompress を選択します。 MS-DOS 6.22 を使用している場合、ドライブスペース管理プログラムを実行し、ツール メニューから Uncompress を選択します。 MS-DOS 6.0 を使用している、またはドライブの圧縮を解除している MS-DOS 6.2 DoubleSpace に問題があっている場合、この資料に説明された手順に従います。

次の手順は、ファイルを保存するうちに、ハード・ディスクから DoubleSpace を削除する方法を示します。 長いプロシージャで、のみ DoubleSpace の削除が必要な場合、従われる必要があります。 DoubleSpace のボリュームのサイズを変更する必要がある場合、入力します。 help dblspace MS-DOS でプロンプトのためにコマンドで、ヘルプ トピックの DBLSPACE /SIZE を参照します。

必要がない、 DoubleSpace が DoubleSpace と(圧縮ドライブに保管されたすべてのデータ)を削除したいのにファイルを保存する手動介入を使わないで圧縮ドライブを削除する方法を提供します。 DoubleSpace の保守プログラム インターフェイスまたはコマンド ライン インターフェイスを使用している圧縮ボリューム ファイル(CVF)が削除できます。 DoubleSpace の管理プログラムを使用している DoubleSpace を削除するために、ドライブ メニューの削除をクリックします。

詳細

*が H. が DoubleSpace のホスト パーティションなのが前提前提がこの例は、(ブート ドライブ C)とします。 DoubleSpace がホスト パーティションを割り当てる方法での詳細については、次のサポート技術情報(Microsoft Knowledge Base)の単語で照会します。
doublespace と割り当てホスト
また、使用例が MS-DOS 6.2 と DoubleSpace を排他的に参照します。 MS-DOS 6.22 を使用している場合、 DBLSPACE コマンド DBLSPACE.SYS の DRVSPACE.SYS とDBLSPACE.*のDRVSPACE.*の DRVSPACE を代入します。

ブート ドライブから DoubleSpace を取り出さないならば、手順 2 - 7 を省略します。

  1. 再度すべてのファイルの Microsoft バックアップまたは他社製バックアップ ユーティリティを使用すると、(圧縮ドライブ C)から保持したいです。 (Microsoft バックアップの使い方の詳細については、「 Microsoft MS-DOS ユーザーズ ガイド」に基づいて第 3 章「 管理なんじ システム」を参照してください)
  2. DoubleSpace を削除すると、今すぐ何が H ドライブなのが H. ドライブから起動することを意味するドライブ C になります。 DoubleSpace のホスト パーティションには、 H ドライブからブートができそしてバックアップ ファイルを復元するために、必要な MS-DOS システム ファイルと必要なユーティリティが含まれる必要があります。 またネットワーク ドライブ上のバックアップ ファイルを保存した場合、ネットワーク リダイレクタが使用できる必要があります。

    MS-DOS ファイルと(MS-DOS ネットワーク リダイレクタ)を DoubleSpace のホスト パーティション(H ドライブ)にコピーする必要があるために、より空き領域を調べます。 そのために、 DIR コマンドを使用します。 たとえば、どんなくらいの領域は、 MS-DOS ファイル必要なのか表示するために、次のコマンドを入力します。
    dir c:\dos
    出力は、次のように表示されます。
           ...
           UNFORMAT.COM
           VALIDATE.COM
           VSAFE.COM
           XCOPY.EXE
           194 file(s)    7003143 bytes
                         12959744 bytes free
    						
    next-to-last 行は、 DOS ディレクトリのファイルで使用するバイト数を示します。 この番号は、必要なファイルと必要なユーティリティを DoubleSpace が削除された後に、格納するのに必要な空きディスク領域に全容量です。
  3. 圧縮 DoubleSpace のボリュームからの未使用のディスク領域を解放するために、次のように /SIZE スイッチを使用します。
           dblspace /size
  4. そこでどんなくらいの空き領域が DoubleSpace のホスト パーティションにあるのか確認します。 これを実行するために、 H ドライブに変更し、 DIR /A コマンドを使用します。 DIR コマンドの出力の最後の行は、 H. ドライブに空きバイト数を示します。 この番号が数より大きい場合、一度、 2 がステップ インしそして必要なファイルと必要なユーティリティをコピーするための十分な領域がある、そして手順 6 が続行できる検索しました。 十分な領域が DoubleSpace のホスト パーティションにない場合、手順 5 に進みます。
  5. 十分なドライブ C の手順 2 の間、調べた必要な領域を作成するファイルを削除します。 (それらのファイルがこの手順に存在する必要があるメモ: MS-DOS またはネットワーク ファイルを削除しません . )

    DELTREE コマンドを使用すると、これを行うことができます。 (DELTREE がディレクトリを全体一度に削除します) たとえば、含まれるファイルとすべての WORD ディレクトリとサブディレクトリを削除するために、次のように入力します。
    deltree /y c:\word
    いくつかのファイルを削除した後に、再度次のように入力することで DoubleSpace のボリューム ファイルを圧縮します。
    dblspace /size
    十分な空きディスク領域を作成したかどうか検索する場合、 H ドライブに変更し、 DIR コマンドを使います。 使用中のバイトと空きバイトが再び表示されます。 最後の「空きバイト」行が十分な空きディスク領域を示すならば、手順 6 を続行します。 特に手順 5 を繰り返します。
  6. (手順 2 の間、必要判断したファイル)が必要に DoubleSpace にパーティション(H ドライブ)をホストするすべての MS-DOS とネットワーク ファイルをコピーします。 ファイルとディレクトリ構造を保持するために、 /S スイッチと共に XCOPY コマンドが使用できます。 たとえば、 H での DOS ディレクトリにすべての MS-DOS ファイルをコピーするために、次のように入力します。
    md h:\dos
    xcopy c:\dos\*.* h:\dos /s
  7. 次のように入力することで存在することを確認します。
    dir h:\command.com
    COMMAND.COM が存在しない場合、(次のコマンドでのブート ドライブ C)からコピーします。
    copy c:\command.com h:\
    AUTOEXEC.BAT と CONFIG.SYS ファイルにこの手順を繰り返します。 これらのファイルは、ホスト DoubleSpace の同様パーティションのルートにある必要があります。

    今すぐ圧縮されないドライブから起動してそしてバックアップ ファイルを復元する必要があるすべてのファイルがあります。 DoubleSpace のボリュームを削除することが開始できます。
  8. 次のように入力することで DoubleSpace のホスト パーティションのルートに切り替えます。
    h:
    cd\
  9. 次のコマンドを使って、 DoubleSpace のファイルを削除します。
           deltree /y dblspace.*
  10. ブート ドライブから DoubleSpace を取り出すならば、 DoubleSpace の MS-DOS Editor などテキスト エディタでの(H)ホスト パーティションから CONFIG.SYS ファイルを開きます。 ブート ドライブから DoubleSpace を取り出さないならば、 CONFIG.SYS ファイルに C.削除 ドライブから DBLSPACE.SYS のすべての参照を開きます。 たとえば、次のように DBLSPACE.SYS DEVICE が表示される DBLSPACE.SYS DEVICE コマンドを変更します。
           rem device=c:\dos\dblspace.sys
  11. Ctrl + Alt + Del キーを押したら、コンピュータを再起動します。
  12. バックアップ ファイルを復元します。
今すぐシステムから DoubleSpace が削除されています。

プロパティ

文書番号: 96250 - 最終更新日: 1999年12月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft MS-DOS 6.0 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.2 Standard Edition
  • Microsoft MS-DOS 6.22 Standard Edition
キーワード:?
KB96250 KbMtja kbmt
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。もし誤訳を発見された場合には、この KB 下部よりフィードバックをお寄せください。
英語版 KB:96250
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com