Forefront Security の詳細については、SharePoint と Service Pack 3

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 967995 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料は Microsoft Forefront Security で SharePoint Service Pack 3 (SP3) で修正される SharePoint の問題を Microsoft Forefront Security を説明します。

詳細

Service Pack 3 の新機能

  • Service Pack 3 には、Forefront Server セキュリティ (FSS) の更新機能を拡張することによって、最新のマルウェア防御に顧客を提供する新しい機能が含まれています。 この機能はすばやくのスキャン エンジンまたは計画的な変更を既存のスキャン エンジンが新しい脅威が利用できるユーザーを通知できます。 これらの通知の管理者変更を有効にする前に、製品の構成に適切な変更を加える方法を案内します。 通知 FSS のイベント ログ エントリが記録されます。 これらも電子メールの配信を「ウイルス管理者」通知グループを構成できます。 この機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。:
    http://technet.microsoft.com/en-us/forefront/serversecurity/dd940095.aspx
  • スキャンできない場合、大きな圧縮ファイルを許可する新しい機能が追加されます。 既定では、Forefront Security を SharePoint に SP3 がサイズ制限を超えるサイズの大きいファイルを削除します。 "SkipLargeCompressedFileDeletion"DWORD を追加する必要がありますこの機能を有効にするレジストリ キーのエントリ。この機能の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
    972072FSE の SharePoint ファイルが破損していない場合でも、大規模な圧縮ファイル"CorruptedCompressed"として検出します。
  • FSE の SharePoint SP3 は、Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 2 になりました。
  • 次の新しいスキャン エンジンのパフォーマンス カウンター リアルタイムおよび手動スキャン ジョブが追加されています。
    • 1 秒あたりに、エンジンによってスキャンされたメッセージの平均数です。
    • メッセージをスキャンするのには、エンジンによって実行の平均時間です。

修正される問題の一覧

この Service Pack は次の問題が修正されます。
967996Forefront Security でのキーワード フィルターの一致通知を SharePoint で、フィルター名がありません。
968117リアルタイム スキャン ジョブのドキュメントをスキャンするとメモリ不足のエラー メッセージで Forefront Security SharePoint の受信します。

968112Forefront Security を SharePoint の修正プログラムをアンインストールしようとすると、警告メッセージが表示されます。
968166Forefront Security を SharePoint には、期待どおりに、スキャン エンジンが更新されていないと、"ファイルの抽出に失敗しましたというエラーが ProgramLog.txt ファイルに記録されます。

968169FSE の SharePoint 2007 Office ファイル、UnwritableCompressedFile ウイルスが含まれていることを検出することがあります。

968231Forefront Security で SharePoint のフィルタ リングを構成することはできません。
968261The FSCController service in Forefront Security for SharePoint stops responding after a restart of the server, and the Realtime scan job becomes disabled
968235Forefront Security for SharePoint does not correctly detect MP3 files after you use selected file types to create a file filter
968237Scan engines are not updated in Forefront Security for SharePoint, and an error is logged in the ProgramLog.txt file
968238The GetEngineFiles.exe process incorrectly deletes some files on a computer that is running Microsoft Forefront Security for SharePoint
968317The FSCController.exe process stops and then restarts, and e-mail notifications stop working in Forefront Security for SharePoint
968989Manual scans and Quick scans do not mark .eml files as "ExceedinglyNested" files in Forefront Security for SharePoint
969043Forefront Security for SharePoint cleans infected documents even though the "Attempt to clean infected documents" option in SharePoint is not selected
969051Detection of an Office 2007 file is logged two times in the Forefront Security for SharePoint logs
970513You receive "out of memory" error messages in Forefront Security for SharePoint
970607You cannot enable a keyword filter list after you disable the list in Forefront Security for SharePoint
970676When a manual scan job detects a keyword filter match, Forefront Security for SharePoint sends a notification that contains incorrect detection information
970677The Realtime scan job may time out multiple times and then crash in Forefront Security for SharePoint
968156Forefront Security for SharePoint cannot initiate the Realtime scan jobs at startup, and error codes "0x80030020" and "0x80030021" are generated
968163You cannot download files from a SharePoint Web site when Forefront Security for SharePoint is installed, and you receive an "Unknown Error" error message
968164Description of improved resource use that optimizes performance in Forefront Security for SharePoint with Service Pack 3
968158The FSCDiag.exe tool in Forefront Security for SharePoint prompts you to add "Exchange" versions instead of "SharePoint" versions
968267Forefront Security for SharePoint may incorrectly detect an attachment as an .rar file
968268SharePoint の Forefront Security では、によって既定値の削除メッセージは、ユーザーまたは誤ってエラーが発生したことや、ウイルスが見つかったことを仮定すると、管理者になる場合があります。
968154Getenginefiles.exe プロセスでは、SharePoint には応答を停止し、「バケット ID 766111704」を参照して、クラッシュが生成されます。
968155FSE の SharePoint ブロック エンジン エラーが発生すると 2007 Office ファイルをクリーニングします。
972072FSE の SharePoint ファイルが破損していない場合でも、大規模な圧縮ファイル"CorruptedCompressed"として検出します。
972074FSE の SharePoint の多くの小さなファイルで構成される大規模な圧縮ファイルをスキャンする場合はエラーを返します

既知の問題

アップグレードのデータベースのパスと、インストール パスに異なっている、サーバー上で SharePoint 10.2.942.0 の Forefront Security をインストールすると、次のエラーが表示されます。
ライセンス: ELI ELI パス (Databasepath%\Engines\ %) に正常することはありません。 インストール パス (% InstallPath %) を使用してください。
エラー: SybLicense: CAB ファイルを読み込めませんでした: (%InstallPath%)\EngineInfo.cab
インストールを実行する前に、DatabasePath 設定と、InstallPath 設定の異なる値を持つサーバーがある場合は、手動で EngineInfo.cab ファイルがインストール パッケージから抽出し、サーバーは、"%DatabasePath%\Engines"フォルダーにコピーする必要があります。 Engineinfo.cab ファイルをインストール実行可能ファイルに埋め込まれているため、ディスク上の一時的な場所に Setup.exe をコピーして、その内容を抽出するのには、次の手順に従ってくださいする必要があります。
  1. コマンド プロンプト ウィンドウを開きます。
  2. タイプsetup.exe/x、Enter キーを押します。
  3. ファイルを抽出する場所のパスを確認するメッセージが表示されたら、パスを入力し、OK.
  4. Engineinfo.cab ファイルが抽出されると、正しい %Database%\Engine フォルダーにコピーします。 [%Database%\Engine] フォルダーの既定の場所は次のとおりです。
    ドライブ: \Program ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\SharePoint\Data\Engines
メモ
  • 次のパスは、データベースの既定のパスです。ドライブ: \Program ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\SharePoint\Data
  • 次のパスは、既定のインストール パスです。ドライブ:\ プログラム ファイル (x 86) \Microsoft Forefront Security\SharePoint

詳細

Service Pack 情報

Windows Server 2008 では、Service Pack をインストールする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=126289

インストール方法

この更新プログラムは、マイクロソフト ボリューム ライセンス サービス (MVLS に) 表示されます。
https://licensing.microsoft.com/eLicense/L1033/Default.asp
評価版も Microsoft TechNet で利用可能です。
FSE の SharePoint SP3 の評価

前提条件

この Service Pack をインストールするための前提条件はありません。

再起動について

この Service Pack を適用後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この Service Pack のすべての以前の Service Pack と修正プログラム ロールアップが置き換えられます。

レジストリについて

この Service Pack を使用するには、レジストリを変更する必要はありません。

プロパティ

文書番号: 967995 - 最終更新日: 2010年11月11日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Security for SharePoint Service Pack 3
キーワード:?
kbinfo kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB967995 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:967995
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com