Windows Server 2008 ベースのコンピューター上でシステム状態のバックアップに失敗した場合イベント Id 12290 16387 記録されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 968128
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows Server 2008 ベースのコンピューター上でシステム状態の自動システム回復 (ASR) バックアップを実行しようとすると、バックアップは失敗し、アプリケーション ログに、次のようなエラー メッセージが記録されます。

ログ名: アプリケーション
ソース: VSS
イベント ID: 12290
レベル: 警告
説明:ボリューム シャドウ コピー サービスの警告: ASR ライター エラー 0x80070001。hr = 0x00000000。

ログ名: アプリケーション
ソース: SPP
イベント ID: 16387
レベル: エラー
説明:シャドウ コピーの作成に ASR ライターによって報告されたエラーのため失敗しました。詳細: 無効な関数。(0x80070001)。

原因

この問題はコンピューター アクティブな EISA パーティションが隠しパーティションである場合に発生します。ASR ライターで、Windows Server 2008 は、非アクティブなパーティションをサポートしていません。新しいオペレーティング システムのインストール最初製造元の初期ボックス エクスペリエンス (OOBE) のプログラムを終了せずまたはを最初のディスク ユーティリティがディスクから消去するのには使用しないを新しいコンピューターに完了すると隠し EISA パーティションをアクティブとしてマークする可能性があります。

Windows をインストールする前に、コンピューターの製造元の OOBE プログラムが実行されている場合この問題は、新しいコンピューターでは発生しません。このシナリオでは、OOBE プログラムが完了すると、隠しパーティションがアクティブでないマークされます。後に Windows をインストールして、バックアップは正常に完了します。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツールをクリックして [コンピューターの管理、し ディスクの管理.
  2. 既存の Windows Server 2008 のインストールが含まれているボリュームをクリックします。通常、これは C ドライブです。
  3. ボリュームを右クリックしをクリックしてください アクティブとしてマーク パーティション.
  4. クリックしてください。 [はい] 操作を確認します。

    メモ 残りの手順が完了するまでこのシナリオでは、Windows の既存のインストールを開始できません。
  5. [コンピューターの管理] を閉じます。
  6. Windows Server 2008 のインストール DVD を DVD ドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。
  7. 次のオプションを選択し、クリックしてください 次へ:
    • インストール言語
    • 時刻と通貨の形式
    • キーボード レイアウト
  8. クリックしてください。 コンピューターを修復します。.
  9. で、 [システム回復オプション ダイアログ ボックスで、修復、および、クリックするオペレーティング システムをクリックします。 次へ.
  10. 下にあります。 回復ツールを選択します。をクリックして コマンド プロンプト.
  11. コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    c:\windows\boot\PCAT\bootmgr c:\bootmgr をコピーします。
  12. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Attrib + h + s c:\bootmgr
  13. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Bootrec/fixboot
  14. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    Bootrec/rebuildbcd
  15. インストールをブート一覧に追加するメッセージが表示されたら、Y キーを押します。
  16. コンピューターを再起動します。
  17. 完全なシステム状態の ASR バックアップを再度実行してください。バックアップが成功したことを確認します。

詳細

非アクティブな EISA パーティションと同じディスク上に存在しないパーティションにオペレーティング システムがインストールされている場合は、EISA パーティションと同じドライブ上にあるパーティションをアクティブとしてマークすることがあります。EISA パーティションと同じドライブ上のパーティションが存在しない場合は、パーティションを作成し、アクティブとしてマークすることがあります。

プロパティ

文書番号: 968128 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertiseadvanced kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB968128 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:968128
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com